技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品のセミナー・研修・出版物

分析法バリデーション入門講座

2017年11月10日(金) 10時30分16時30分
大阪府 開催

本セミナーでは、分析能パラメータ、分析法バリデーションに必要な統計の基礎、分析バリデーションの実施例、分析能パラメータの基準値設定の考え方について分かりやすく解説致します。

かゆみの診断・治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像と治療薬開発

2017年11月7日(火) 10時45分15時40分
大阪府 開催

本セミナーでは、国内外のかゆみ治療の現状と医療ニーズをふまえた今後開発すべきポイントについて詳解いたします。

オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール

2017年9月29日(金) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、オイルゲル処方設計の基礎、物性制御の考え方から、ブルーミング、発汗、ゲル物性の経時変化などの品質トラブル抑制、物性制御による使用感触のコントロール、今後のゲル化剤・オイルゲル開発の指針まで解説いたします。

原薬を変更する際の留意点と同等性評価のポイント

2017年9月26日(火) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、原薬を変更する際の留意点と同等性評価のポイントについて詳解いたします。

EUとASEANの化粧品規制比較と実務対応

2017年9月26日(火) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、日本が主として輸出入している国/地域としてEU/ASEAN圏の化粧品規制を分類、届出/許可、名称/効能表現、表示内容/全成分表示、成分/生産規制等の考え方を日本での実際と比較しながら考察し、輸出入における注意点を概説いたします。

PIC/S GMPの最新動向を踏まえたGDP対応におけるポイント

2017年9月25日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、GMP担当者の必須知識、GMPの最新動向、専門用語、具体的事例について、講師の経験に基づいて解説いたします。

不確実性がある中での医薬品の売上予測実施ノウハウ

2017年9月22日(金) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、医薬品についてのマーケティング理論を総括的に説明すると同時に、それらの理論をどのように活用すべきかを実例交えて解説いたします。

体外診断用医薬品 (IVD) の中国市場の現状と進出・販売戦略

2017年9月19日(火) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、体外診断用医薬品 (IVD) の中国市場の現状と進出・販売戦略、最新動向について解説いたします。

コンピュータバリデーション

2017年9月8日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、厚生労働省ER/ES指針・CSVへの具体的な実施方法、文書作成方法、査察対応の際の留意点について詳解いたします。

コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー

2017年9月7日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、GAMP 5、CSV、厚生労働省ER/ES指針、21 CFR Part 11について基礎から解説いたします。

コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間)

2017年9月7日(木) 10時30分16時30分
2017年9月8日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーは、コンピュータバリデーションの入門編、中級編のセミナーを2テーマセットにしたコースです。
セット受講で特別割引にてご受講いただけます。
通常受講料 : 92,340円(税込) → 割引受講料 61,560円(税込)

GMP入門講座

2017年9月6日(水) 10時30分16時30分
大阪府 開催

GMP査察の実際と事前準備、GMP用語 (日英) ・通訳の際の留意点

2017年9月5日(火) 12時30分16時30分
大阪府 開催

本セミナーでは、GMP査察時の基本的な流れから実践的対応ポイント、「データ・インテグリティ」について解説いたします。

スキンケア製品における化粧品有用性評価の試験デザイン作成と実施例

2017年8月31日(木) 13時00分16時00分
東京都 開催

本セミナーでは、化粧品、食品、サプリメント等、スキンケア製品の有用性試験について被験者検討の際に、被験者として外してはいけないポイント、データの解析において用いる統計処理の基本的な考え方について詳解いたします。

PIC/S GMPサイトマスターファイル作成 (英文・ひな形) ・図面作図例/記載内容のレベル感と査察の印象をよくする方法

2017年8月31日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、英文作成時に参考となるガイドライン、参考としない方がよいガイドライン、手順書の作成事例、GMP査察対応において英訳する手順書、査察時のOHP、応対の基本について解説いたします。

生体ビッグデータ・AI (とくにディープラーニング) を用いた創薬・ドラッグリポジショニングの実際

2017年8月31日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、生体ビッグデータを用いて、創薬・DRを行う研究の現状、AIの創薬での使用法の実際、有望視されるビッグデータ創薬・DRおよびAI創薬・DRの方法と実際について詳解いたします。

製造部門におけるバリデーション・キャリブレーションの基礎講座

2017年8月30日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、医薬品製造において、キャリブレーション・バリデーションを実施する場合の必要項目とその手順、注意事項をわかりやすく解説いたします。

中堅製薬会社の生存戦略と研究テーマの方向性

2017年8月29日(火) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針、集中すべき研究テーマの方向性について解説いたします。

注射剤製造所における検査員のための異物・外観目視検査入門講座

2017年8月25日(金) 10時00分2017年12月25日(月) 18時00分

本通信講座では、検査員に必要な基礎知識から検査結果の活用方法まで解説いたします。
全3回の講座を通して異物・外観目視検査員の教育をこの講座で行えます。

コンペティティブ・インテリジェンス (CI) 機能、部門の構築と意思決定システムの考え方

2017年8月24日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、インテリジェンスの考え方、インテリジェンス組織機能の高め方、分析に使われる技法の紹介、製薬研究開発でのインテリジェンスの役割について解説いたします。
また、日本の製薬企業でのインテリジェンス機能導入について詳解いたします。

PIC/S GMPに対応した製薬用水製造管理の基礎

2017年8月23日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

医薬品・バイオ技術のライセンスイン・アウトの実践講座

2017年8月23日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、自社有利を勝ち取るための技術紹介の仕方、交渉前の仕掛け、有利な契約条項の書き方、交渉の仕方、デッドロックの解決方法、有利な経済条件の決め方、契約終了時の取り決めについて詳解いたします。

FDA 483指摘に学ぶデータインテグリティ実務対応

2017年8月10日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

CAPA (是正措置/予防措置) の実践

2017年8月9日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、FDA査察で指摘の多いCAPAについて、基礎から解説いたします。

腎性貧血の新薬開発とEPO抵抗性の克服

2017年8月7日(月) 10時30分16時20分
東京都 開催
コンテンツ配信