技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

再生医療のセミナー・研修・出版物

細胞培養の基礎と品質管理/品質評価の実践ノウハウ

2022年10月11日(火) 10時30分2022年10月20日(木) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、細胞培養の基礎から解説し、細胞培養における品質管理、細胞培養・管理のトラブルとその対処法、細胞の応用と産業活用について詳解いたします。

細胞培養の基礎と品質管理/品質評価の実践ノウハウ

2022年9月28日(水) 13時00分16時30分
2022年9月29日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、細胞培養の基礎から解説し、細胞培養における品質管理、細胞培養・管理のトラブルとその対処法、細胞の応用と産業活用について詳解いたします。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年9月22日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

エンドトキシン試験法実務講座 試験を行う上での留意点・規格値設定

2022年9月1日(木) 13時00分2022年9月14日(水) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エンドトキシン試験の進め方、評価手法、バリデーション、データインテグリティについて基礎から分かりやすく解説いたします。

バイオリアクターの装置および操作の設計とスケールアップ時の留意点

2022年8月30日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、バイオリアクターについて基礎から解説し、バイオリアクターを使用するためのノウハウを始め、より高度に使いこなすために必要な操作設計に関わる知識まで幅広く解説いたします。

生体親和性材料の表面設計と評価・分析法

2022年8月25日(木) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、材料と生体の初期反応であるタンパク質吸着から細胞接着のメカニズムを解説し、生体適合性発現機構について解説いたします。
また、表面・界面工学に基づく医療材料の分析技術、生体適合性材料を医療デバイスへ応用する際の技術課題と将来展望について紹介いたします。

エンドトキシン試験法実務講座 試験を行う上での留意点・規格値設定

2022年8月23日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エンドトキシン試験の進め方、評価手法、バリデーション、データインテグリティについて基礎から分かりやすく解説いたします。

初心者のための細胞培養入門講座

2022年8月18日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、研究室の作法として身につけてきた細胞培養に関する知識と技能を標準化という観点で一から見直し、ルーチン化した培養操作に根拠の意識付けを行うとともに、これまで見落としていたポイントに気づきを与えます。
また、これから細胞培養の知識と技能を身に着けたいと考えている初心者の方にも、細胞培養を理解することができるわかりやすい内容となっています。

再生医療を具現化するバイオマテリアル技術の具体的事例と事業化

2022年8月2日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、バイオマテリアル技術を活用して細胞能力を高める再生医療について基礎から解説し、再生医療業界の最新動向と開発課題を踏まえて、再生医療分野の研究と事業化の今後の方向性について言及いたします。

再生医療等製品申請における生物由来原料基準の要件とカルタヘナ法対応

2022年7月20日(水) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、再生医療等製品について基礎から、規制動向から開発のポイント、審査における留意点まで解説いたします。

再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向

2022年7月5日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、機能性高分子材料の観点から基礎から応用例まで、研究動向を概説いたします。

再生医療等製品におけるCMC薬事・申請の主な課題とそのポイント

2022年7月4日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、再生医療等製品の様々なタイプとその特性を示し、基本的な開発プロセスを解説いたします。
また、再生医療等製品における課題の原因と開発プロセスとの関連について解説いたします。
さらに、その主な課題と対応を事前に理解することで、再生医療等製品の開発上のリスクを回避または低減し、不要な開発コスト及び開発期間を抑制する方策を見出すことにより製品化の成功確率を上げる留意点を解説いたします。

再生医療等製品「CMC薬事・申請」「承認申請 (品質・非臨床・臨床試験) 」コース

2022年6月23日(木) 13時00分16時30分
2022年6月24日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、再生医療等製品の様々なタイプとその特性を示し、基本的な開発プロセスを解説いたします。
また、再生医療等製品における課題の原因と開発プロセスとの関連について解説いたします。
さらに、その主な課題と対応を事前に理解することで、再生医療等製品の開発上のリスクを回避または低減し、不要な開発コスト及び開発期間を抑制する方策を見出すことにより製品化の成功確率を上げる留意点を解説いたします。

再生医療等製品におけるCMC薬事・申請の主な課題とそのポイント

2022年6月23日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、再生医療等製品の様々なタイプとその特性を示し、基本的な開発プロセスを解説いたします。
また、再生医療等製品における課題の原因と開発プロセスとの関連について解説いたします。
さらに、その主な課題と対応を事前に理解することで、再生医療等製品の開発上のリスクを回避または低減し、不要な開発コスト及び開発期間を抑制する方策を見出すことにより製品化の成功確率を上げる留意点を解説いたします。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年6月17日(金) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

次世代抗体の特許戦略

2022年6月6日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、次世代抗体の特許動向について解説したうえで、先行技術調査と特許性判断のほか、特許侵害の考え方について説明し、今後の特許戦略の方向性について解説いたします。

アンチセンス、siRNA医薬 (核酸) に特化した特許動向と特許実務 (特許性判断・侵害性判断)

2022年5月30日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、アンチセンス、siRNA医薬品に関する最新の特許動向について解説し、先行技術調査と特許性判断、特許侵害の判断手法について説明し、今後の特許戦略の方向性について解説いたします。

コンテンツ配信