技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオ医薬品のセミナー・研修・出版物

バイオ医薬品の原薬製造における連続生産プロセスと求められる要素技術

2021年9月17日(金) 13時30分16時30分
東京都 開催 会場 開催

本セミナーでは、バイオ医薬品原薬製造の連続化について取り上げ、連続生産プロセスのメリット・デメリット、乗り越えるべき技術的な課題について現職のバイオ医薬品担当者がわかりやすく解説いたします。

エンドトキシン試験法・規格値設定とバリデーション

2021年9月6日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エンドトキシン試験の進め方、評価手法、バリデーション、データインテグリティについて基礎から分かりやすく解説いたします。

バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去/高品質化の細胞構築

2021年8月27日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、液剤のバイオ医薬品の品質試験・物理化学分析の基礎を解説し、バイオ医薬品の溶液物性の基礎、そして品質管理のポイントについて詳解いたします。

バイオ医薬品の開発・申請に見られる大きな齟齬について

2021年8月23日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、バイオ医薬品の開発・申請データや報告書・CTD資料における齟齬の事例を提示するとともに、各試験の本来の趣旨とその実施例をプロジェクトマネージャーとして開発段階と承認後の両方でバイオ医薬品の製法変更・製剤処方変更を数多く経験してきた講師が解説いたします。

細胞培養のための撹拌型バイオリアクターのスケールアップとGMP対応

2021年7月29日(木) 10時30分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、バイオリアクターについて基礎から解説し、バイオリアクターを使用するためのノウハウを始め、より高度に使いこなすために必要な操作設計に関わる知識まで幅広く解説いたします。

バイオ/抗体医薬品における品質試験/安定性試験と品質規格設定の実際

2021年7月28日(水) 14時00分16時30分
オンライン 開催

バイオ/抗体医薬品の品質管理においては、適切な品質規格の設定と分析手法の選択が重要となっています。
本セミナーでは、バイオ/抗体医薬品の試験手法、規格設定及び安定性試験実施に関する知見を解説いたします。

複数データの組み合わせによる開発早期の売上予測と薬価戦略

2021年7月27日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、事業価値を決定付ける変数である薬価、 原価方式と比較方式の有利/不利、R&D段階での見極めについて詳解いたします。

バイオリアクターの装置および操作の設計とスケールアップ時の留意点

2021年7月20日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、バイオリアクターについて基礎から解説し、バイオリアクターを使用するためのノウハウを始め、より高度に使いこなすために必要な操作設計に関わる知識まで幅広く解説いたします。

凍結乾燥技術の注射剤・バイオ製剤への応用とスケールアップ・バリデーション

2021年7月20日(火) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、凍結乾燥 (フリーズドライ) について基礎から解説し、凍結・乾燥工程で起こる現象、品質を決定する因子、品質変化について詳解いたします。

メッセンジャーRNA医薬の基礎から最前線まで

2021年7月14日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

バイオ医薬品用原薬製造工場の施設・設備設計のポイント

2021年7月13日(火) 13時00分16時00分
オンライン 開催

抗体医薬品の構造改変による至適化とその特許戦略

2021年6月28日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、抗体医薬品の構造改変による至適化とその特許戦略について説明し、今後の課題と対応策について解説いたします。

CMC申請資料における効率的な作成に向けた最低限要件と照会事項/再照会低減

2021年6月25日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CMC申請 (低分子/バイオ医薬品) について、照会事項を低減するために最低限必要なデータのとり方と申請書および添付資料の作成の際に留意すべき点について、申請経験が豊富な講師が最近の照会・回答事例を交えながら解説いたします。

医薬品、医療機器、再生医療製品におけるエンドトキシン試験基礎講座

2021年6月15日(火) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、エンドトキシン試験の進め方、評価手法、バリデーション、データインテグリティについて基礎から分かりやすく解説いたします。

バイオ医薬品生産用の遺伝子組換え体細胞の構築とセルバンク化

2021年5月31日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーではセルバンク化作業を中心に、規制対応とともに生産用細胞に必要とされる各種試験の効率的な手法と留意点について解説いたします。

バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化に関する取組み方、品質管理、ストラテジー

2021年5月28日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、液剤のバイオ医薬品の品質試験・物理化学分析の基礎を解説し、バイオ医薬品の溶液物性の基礎、そして品質管理のポイントについて詳解いたします。

バイオ医薬品におけるCMC・CTD 申請の3極の記載レベルの差と照会事項における要求の違い

2021年5月28日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、バイオ医薬品の一般的な特性から説明し、ICHガイドラインに基づき、3極での違いを踏まえ、原薬・製剤の製造方法・規格・試験方法、安定性試験などの承認申請書 (M1.2) 、品質に関する概括資料 (M2.3) 及び個々の報告書 (M3.2) の記載要点、当局からの最新照会事項の傾向などを解説いたします。

バイオ医薬品・再生医療等製品における国内外の規制当局の考え方をふまえたセルバンク管理と申請資料への記載方法

2021年5月27日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、最新のバイオ医薬品審査における規制当局の考え方を踏まえ、セルバンク管理のポイントについて解説いたします。
セルバンクの管理の実際、申請書への具体的な記載内容について詳解いたします。

バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 (2日間)

2021年5月27日(木) 10時30分16時30分
2021年5月28日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催
コンテンツ配信