tech-seminar.jp - 技術者向けセミナー・研修・講習会のポータルサイト https://tech-seminar.jp/seminar tech-seminar.jpでは技術者向けセミナーの企画・広告を手がけております。 最適な教育を提供するため、多数のセミナー企画会社と提携し、分野ごとにセミナー・出版物を探していただけます。 ja 試作データの評価方法 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E8%A9%A6%E4%BD%9C%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%A9%95%E4%BE%A1%E6%96%B9%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 試作データの評価方法</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> <span class="option">演習付き</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1206" rel="tag" title="品質・信頼性">品質・信頼性</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/7" rel="tag" title="統計">統計</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24087/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24087&date=2017-07-04&title=試作データの評価方法">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:00:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>得られたデータから現状の商品と比較してばらつきが改善されたのか、平均値が変化したかどうかの評価が行える</li> <li>市場に出荷されてからクレームが発生しないよう、どのような評価をすべきかが解る</li> <li>適切な試作評価段階で評価する方法を習得できる</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 現場で起きている間違えやすい11の評価事例を取り上げ、そのやり方のどこが間違っていてどのように評価するのが適切かを演習で学ぶ。<br />  試作段階で適切に評価できていない具体的な評価方法を演習で取りあげて、適切でない理由を考えるグループ演習を行い、適切な試作評価段階で評価する方法を習得する。</p> <ol> <li>試作品の評価段階における適切な評価方法 <ol> <li>20試作の5個の平均をプロットして評価した場合</li> <li>下限規格のみを評価した場合</li> <li>0.5%以下の不良率であることを確認したいときに、200個の試作品で評価した場合</li> <li>協力工場の出荷検査成績書の有効数字のデータが10データ全て同じで、標準偏差が“0”でばらつきがないため合格であると評価した場合</li> <li>10個の評価データについて、最大値,最小値と平均値だけでばらつきを評価した場合</li> <li>10個のデータの平均値、標準偏差を計算し、工程能力指数 (Cp,Cpk) 評価した場合</li> <li>120個のサンプルの平均値、標準偏差を計算し、工程能力指数 (Cp,Cpk) 評価した場合</li> <li>2つの部品で構成されている中間材の評価を片側部品のみロットを変えて120個評価した場合</li> <li>2つの機械の優劣の評価をしたい。複数のロットからランダムにサンプリングした製品についてF検定、t検定し、差がないとはいえないという計算結果が得られたので、両方の機械を量産工程に導入した場合</li> </ol></li> <li>試作品の耐久試験の評価方法 <ol> <li>従来の部品 (部材) をコスト低減のために社内規格に基づき6項目の評価を行った結果、全ての項目で合格となった場合</li> <li>設計変更を行い、体積を50%低減し社内規格に基づき6項目の評価を行った結果、全ての項目で合格となった場合</li> </ol></li> <li>品質工学による評価方法 <ol> <li>従来の商品開発と品質工学の評価方法 (解説)</li> <li>後戻りしない商品開発 (解説)</li> <li>製品のばらつきを改善し、コストを低減する方法 (解説)</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/8663"><span itemprop="name">林 裕人</span></a> 氏 <div>有限会社アイウエル</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>11F 講義室3</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24087&date=2017-07-04&title=試作データの評価方法">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 品質・信頼性 統計 Wed, 26 Apr 2017 02:39:01 +0000 admin 24087 at https://tech-seminar.jp データインテグリティ (Data Integrity) 対応セミナー https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3-Data-Integrity-%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> データインテグリティ (Data Integrity) 対応セミナー</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~FDA 483指摘事例とPIC/S査察官向けガイダンスにまなぶ~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1228" rel="tag" title="ER/ES指針">ER/ES指針</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23708/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23708&date=2017-07-04&title=データインテグリティ (Data Integrity) 対応セミナー">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> <p><strong class="caution">会場の掲載が誤っておりました。正しくは大阪府 ドーンセンターにて開催となります。</strong></p></div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:30:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>データインテグリティで課題を抱えている方</li> <li>以下、部門の方 <ul> <li>QC QA 薬事監査 (社内監査、委託先監査)</li> <li>製造 製造技術 エンジニアリング IT</li> <li><span class="caps">CMC</span> 製剤研究 分析研究 など</li> </ul></li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><span class="caps">ERES</span>/CSVの基礎</li> <li>ラボ機器のデータ完全性確保のポイント</li> <li>ラボ機器の合理的CSV方法</li> <li>適正管理ガイドラインの解釈と実務対応</li> <li>適正管理ガイドライン査察への対応</li> <li>FDAコンピュータ指摘の実際</li> <li><span class="caps">PIC</span>/SおよびEMA (欧州医薬品庁) のコンピュータ要件</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> FDA査察およびメガファーマのオーディットにおいて、データインテグリティ不適合指摘が増加している (2013年〜2016年 FDAウォーニングレター:52件) 。我が国においても、データインテグリティ不適合を指摘したFDAウォーニングレターがたてづけに2件 (2016/11、2017/1) 発せられるにいたり、データインテグリティ対応は待ったなしの状況となった。データインテグリティ対応を適切に実施するには、査察官の期待、すなわち査察現場における生の指摘事項を把握する必要がある。ウォーニングレターを読んだだけでは生の指摘事項は判らない。生の指摘事項を把握するには483における観察指摘 (Observation) を知る必要がある。<br />  本講座では、データインテグリティ指摘ウォーニングレターの対応経験と多くの483における観察指摘をもとに、データインテグリティの実務対応をERESの基礎から判りやすく解説する。また、200スライドを超えるセミナーテキストと豊富な付録資料により、受講後に詳細にわたり理解を深めていただくことができる。<br />  MHRA (英国医薬品庁) が2015年1月~10月にかけ実施したGMP査察において指摘したデータインテグリティ不適合は339件であった。その内の121件がMajor指摘であり、20件のMajor指摘は出荷停止等の規制措置となった。<br />  データインテグリティ不適合があると出荷判定根拠が否定されてしまい、リコールや出荷停止等の規制措置となり得る。そのため、海外の規制当局は下記のようにデータインテグリティガイダンスを矢継ぎ早に発出し、業界にデータインテグリティ対応を求めている。また、PIC/Sは査察官向けにデータインテグリティガイダンスを発出した。</p> <ul> <li><span class="caps">MHRA</span> 2015/1</li> <li><span class="caps">WHO</span> 2015/9</li> <li><span class="caps">FDA</span> 2016/4</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S 2016/8 (査察官むけ)</li> </ul> <p> 我が国を含むPIC/Sの加盟当局は50にもおよび、世界の多くの査察官がPIC/S査察官向けガイダンスを参照することになる。そのため、業界はPIC/S査察官向けガイダンスの内容を把握し査察官の期待に応える必要がある。</p> <ol> <li>ERES対応の基礎 <ol> <li>真正性 <ul> <li>アクセス管理</li> <li>監査証跡</li> </ul></li> <li>見読性</li> <li>バックアップとアーカイブ</li> <li>生データ</li> </ol></li> <li>データインテグリティとは <ol> <li>ALCOA原則</li> <li>信頼性基準など</li> </ol></li> <li>FDAとEMAの査察指摘</li> <li>国内におけるFDAの指摘 <ol> <li>に見る査察現場における指摘</li> </ol></li> <li>データインテグリティ対応における用語 <ol> <li>メタデータ</li> <li>ダイナミックレコード</li> <li>スタティックレコード</li> <li>オリジナルレコード</li> <li>真正コピー</li> </ol></li> <li>MHRAガイダンスの要旨</li> <li>FDAガイダンスの要旨</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S査察官むけガイダンスの要旨</li> <li>実務対応 <ol> <li>記録の特定 <ul> <li>生データ</li> <li>メタデータ</li> <li>ダイナミック</li> <li>スタティック</li> </ul></li> <li>インテグリティの確保 <ul> <li>アカウント管理/権限</li> <li>システム管理者</li> <li>データレビュー</li> <li>監査証跡のレビュー</li> <li>QAレビュー</li> <li>監査証跡のバリデーション</li> </ul></li> <li>記録の維持 <ul> <li>バックアップ/リストア</li> <li>アーカイブ/リトリーブ</li> </ul></li> <li>HPLC試し打ち指摘への対応</li> </ol></li> <li>紙ベースシステムにおける対応 <ol> <li>ブランク書式の管理</li> <li>ブランク書式ファイルの管理</li> <li>印鑑の使用</li> <li>記録の検証方法など</li> </ol></li> <li>業務委託における対応 <ol> <li>定期監査</li> <li>委託業務のデータレビュー</li> <li>データインテグリティの評価方法など</li> </ol></li> <li>良くある質問 (<span class="caps">FAQ</span>)</li> <li>質疑応答</li> </ol> <h4>「良くある質問 (<span class="caps">FAQ</span>) 」</h4> <p>以下をはじめとする質問、および事前に提出いただいた質問にお答えする。</p> <ul> <li>監査証跡の定期的レビュ-をどのようなタイミングで行えばよいのか</li> <li>監査証跡の定期的レビュ-をどのような方法で行えばよいのか</li> <li>監査証跡機能がない場合どのように対応すればよいのか</li> <li>監査証跡はどのようにバリデートすればよいのか</li> <li>試験関係者がシステム管理者になるとなぜ指摘を受けるのか</li> <li>HPLCのプリントアウトを生データとすると指摘を受けるのか</li> <li>データインテグリティはどのように査察されるのか</li> <li>工程内検査のインテグリティは査察されるのか</li> <li>個別のアカウントを設定できない器機/システムは更新が必要か</li> <li>電子生データはどのように管理・運用すればよいのか</li> <li>スタンドアロン器機のデータインテグリティ対応はどの程度必要か</li> <li>ハイブリッドシステムはどのように対応すればよいか</li> <li>FDA査察をのりこえるにはどのような対策が必要か</li> </ul> <h4>付録資料</h4> <p>豊富な付録資料により、講演では説明しきれなかった内容の詳細を習得いただけます。</p> <ul> <li>データインテグリティ入門 … 19ページ</li> <li>HPLC試し打ち指摘とその対応 … 3ページ</li> <li>MHRAガイダンス 意訳 (対訳) … 28ページ</li> <li>WHOガイダンス・ドラフト 要旨訳 … 11ページ</li> <li>FDAガイダンス・ドラフト 意訳 (対訳) … 32ページ</li> <li>FDAガイダンス・ドラフト 解説 … 27ページ</li> <li><span class="caps">PIC</span>/Sガイダンス・ドラフト 意訳 (対訳) … 62ページ</li> <li><span class="caps">PIC</span>/Sガイダンス・ドラフト 要旨と解説 … 42ページ</li> </ul> <h4>付録CD</h4> <ul> <li>データインテグリティ</li> <li>Part 11</li> <li>Annex11</li> <li>CSV関連の解説</li> <li>邦訳など 160ファイル</li> </ul></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/8922"><span itemprop="name">望月 清</span></a> 氏 <div>合同会社 エクスプロ・アソシエイツ</div> <div>代表</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 中会議室2</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>2名同時にお申し込みいただいた場合、2名で46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23708&date=2017-07-04&title=データインテグリティ (Data Integrity) 対応セミナー">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 ER/ES指針 Sun, 05 Mar 2017 13:58:20 +0000 admin 23708 at https://tech-seminar.jp 製造業における高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E9%AB%98%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%80%81%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AE%E5%BE%B9%E5%BA%95%E8%A7%A3%E5%89%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 成功事例から学ぶ</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 製造業における高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~継続して高収益を生む企業は何を押さえているのか~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">愛知県 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24024/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24024&date=2017-07-04&title=製造業における高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:30:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>研究開発部門および設計開発部門</li> <li>経営企画部門、新事業開発部門、技術営業部門、知財部門</li> <li>戦略構想において異業種の事例を参考にしたい方</li> <li>ベンチマーキング手法について学びたい方</li> <li>自身の開発テーマの経営層への説得において悩んでいる技術者</li> <li>自社の製品や技術についてどのようなマーケティングに取り組むべきか悩んでいる方 など</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>成功事例や失敗事例からの事業成功のポイント</li> <li>戦略策定の流れとポイント</li> <li>技術マーケティング戦略のポイント</li> <li>事業として勝つためのベンチマーキング手法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 競争の厳しい事業環境においても業績を出し続けている製造業がいます。そのような企業はどのような成功要因を押さえて事業を行っているのでしょうか?自社の事業にその成功要因をそのまま当てはめても上手くいきませんが、戦略構想における有益な視点にはなりえます。多くの視点を知ることで、いざ自社の戦略検討の際に有望な戦略発想ができる可能性が高まります。<br />  当セミナーでは、消費財および生産財のベストプラクティス事例や失敗事例を考察し成功要因を具体的に学び、自社への応用アイデアについて考えていただきます。一方、応用アイデアを自社戦略にするためにベースとなる、戦略構想の基本や製造業に必須の「技術マーケティング戦略」のポイントについて理解していただくことも目的とします。</p> <ol> <li>事例から学ぶ高収益ビジネスのポイントとは ~消費財の場合~ <ol> <li>アップル (エコシステム戦略)</li> <li>アマゾン vs ソニー (エコシステム戦略)</li> <li>シマノ (技術ブランド戦略)</li> <li>花王 (プロダクトイン戦略) など</li> </ol></li> <li>例から学ぶ高収益ビジネスのポイントとは ~生産財の場合~ <ol> <li>東レ (ソリューション戦略、グローバル戦略)</li> <li>ダイキン工業 (アライアンス戦略)</li> <li>アーム (エコシステム戦略)</li> <li>ミシュラン (アライアンス戦略)</li> <li>GE (IoT戦略) など</li> </ol></li> <li>戦略構想の流れと技術マーケティングとは <ol> <li>戦略企画のアウトプット項目</li> <li>経営トップからみた戦略企画の評価視点 ~「経営層は投資家である」という認識をもつ~</li> <li>戦略策定の流れ ~仮説形成から戦略策定まで~</li> <li>戦略を財務視点から定量的に表現し、経営者とのコミュニケーションを図る</li> <li>技術マーケティングとは ~技術を顧客価値につなげるマーケティング</li> <li>技術者の行うマーケティングとは</li> <li>マーケティング・ミックス</li> <li>製品戦略:技術、製品からエコシステムまでを1セットで考える</li> <li>価格戦略:価格設定による主な要因、価格弾力性</li> <li>広告宣伝、販促戦略:広告宣伝と営業の連動、マルチチャネル戦略</li> <li>販売チャネル戦略:直接販売、間接販売、電子商取引</li> </ol></li> <li>競合他者に圧倒的な差をつけるための「ベンチマーキング」とは <ol> <li>競合他社ベンチマーキングと異業種ベンチマーキングを組み合わせる</li> <li>競合ベンチマーキングのポイント</li> <li>競合他社ベンチマーキングにより自社・他社の強み・弱みを把握する</li> <li>バランスド・スコアカードによる競合他社分析とは</li> <li>競合他社の今後の戦略を想定し、予め競争戦略を構想</li> <li>ベンチマーキングの体制 ~社内に「ビジネスインテリジェンス」をもつ~</li> <li>異業種ベンチマーキングのポイント</li> <li>競合が思いつかないできない戦?を構想するための「異業種ベンチマーキング」</li> <li>異業種ベンチマーキングが必要とされる場面、対象</li> <li>異業種ベンチマーキングの進め方</li> <li>ベストプラクティスとエネイブラー</li> <li>開示情報の範囲と機密管理</li> <li>異業種ベンチマーキング企業のリストアップ、評価・選定</li> <li>ベンチマーキング先とのコンタクト方法</li> <li>異業種ベンチマーキング企業訪問前の準備と実行</li> <li>異業種のベストプラクティスの自社への適合計画立案</li> </ol></li> <li>ケース演習 ~異業種ベストプラクティスからの学びと応用アイデア発想~ <ol> <li>キーエンス</li> <li>ボーズ</li> </ol></li> <ul> <li>参考資料1 : 市場調査のポイント ~2次情報と1次情報</li> <li>参考資料2 : 戦略実行力を高める ~ブレークスループロジェクトとは~</li> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5448"><span itemprop="name">福島 彰一郎</span></a> 氏 <div>株式会社 ニューチャーネットワークス</div> <div>取締役 シニアコンサルタント</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%8A%B4%E5%83%8D%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1">愛知県産業労働センター ウインクあいち</a> <p>10F 1004</p> <meta itemprop="name" content="愛知県産業労働センター ウインクあいち" /> <meta itemprop="telephone" content="052-571-6131" /> <meta itemprop="url" content="winc-aichi.jp‎" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="450-0002" /> <span itemprop="addressRegion">愛知県</span> <span itemprop="addressLocality">名古屋市中村区</span> <span itemprop="streetAddress">名駅4丁目4-38</span> </div> <a href="/node/6360"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;markers=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24024&date=2017-07-04&title=製造業における高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT マーケティング 技術ロードマップ 研究開発 経営戦略 Thu, 06 Apr 2017 15:15:01 +0000 admin 24024 at https://tech-seminar.jp リアル脳と人工知能の融合による次世代インターフェース技術の開発 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E8%84%B3%E3%81%A8%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD%E3%81%AE%E8%9E%8D%E5%90%88%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> リアル脳と人工知能の融合による次世代インターフェース技術の開発</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~意思伝達支援からロボット制御まで~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/237" rel="tag" title="信号処理">信号処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1079" rel="tag" title="インタフェース">インタフェース</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/68" rel="tag" title="ユーザインタフェース">ユーザインタフェース</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1451" rel="tag" title="ロボット">ロボット</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/330" rel="tag" title="人工知能">人工知能</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/884" rel="tag" title="生体信号処理">生体信号処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/864" rel="tag" title="脳機能マッピング">脳機能マッピング</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24027/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24027&date=2017-07-04&title=リアル脳と人工知能の融合による次世代インターフェース技術の開発">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:30:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>脳波を利用した製品に関連する技術者、開発者</li> <li>電子機器 <ul> <li>医療機器</li> <li>車載機器</li> <li>機械</li> <li>ロボット など</li> </ul></li> <li>新規ビジネス企画担当者</li> <li>脳波に興味がある方</li> <li>研究・商品・製品開発等に使ったみたいが脳波がよく分からない方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>脳波、脳機能の基礎知識</li> <li>「ニューロコミュニケーター」の技術原理と応用研究例</li> <li>脳波を利用した各種応用の展望・課題・可能性</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ol> <li>脳を活用するニューロテクノロジーの概要け <ol> <li>医療分野への展開</li> <li>福祉分野への展開</li> <li>教育/娯楽分野への展開</li> <li>マーケティング分野への展開</li> </ol></li> <li>外部機器制御のための生体信号の取得 <ol> <li>直観的インターフェース</li> <li>ワンボタンスイッチ+意思伝達ソフト</li> <li>視線入力</li> <li>筋電インターフェース</li> <li>ブレイン &#8211; マシン インターフェース (<span class="caps">BMI</span>)</li> </ol></li> <li>脳波BMI技術による意思伝達支援 <ol> <li>重度運動機能障がい者における意思伝達障害</li> <li>残存運動機能を利用した意思伝達支援技術</li> <li>脳波による意思伝達システムの開発動向</li> <li>実用的脳波BMI装置「ニューロコミュニケーター」</li> <li>ニューロコミュニケーターを用いた臨床研究</li> </ol></li> <li>BMIによるロボット制御 <ol> <li>ロボットカメラの遠隔操作</li> <li>タイヤ式ロボットの移動制御</li> <li>小型二足歩行ロボットを用いたジェスチャー制御</li> <li>小型二足歩行ロボットを用いた道具使用</li> <li>大型ロボットや外骨格ロボットへの応用の可能性</li> </ol></li> <li>BMIとスマートロボットのコラボレーション <ol> <li>ユーザーとしての人工知能の位置づけ</li> <li>音声認識技術の搭載とその活用例</li> <li>顔や動作に関する画像解析</li> <li>対人コミュニケーションにおける文脈理解</li> <li>BMIとスマートロボットの融合が拓く未来</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22313"><span itemprop="name">長谷川 良平</span></a> 氏 <div>国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 ニューロテクノロジー研究グループ</div> <div>研究グループ長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%A0%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2">ちよだプラットフォームスクウェア</a> <meta itemprop="name" content="ちよだプラットフォームスクウェア" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-0054" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-21</span> </div> <a href="/node/3575"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-21&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-21&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ちよだプラットフォームスクウェアの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46000円</span> (税別) / 49,680円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="46000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24027&date=2017-07-04&title=リアル脳と人工知能の融合による次世代インターフェース技術の開発">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 信号処理 機械学習 インタフェース ユーザインタフェース ロボット 人工知能 生体信号処理 脳機能マッピング Mon, 10 Apr 2017 07:03:47 +0000 admin 24027 at https://tech-seminar.jp 発泡成形技術の基礎と高機能化・トラブル対策・最新動向 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E7%99%BA%E6%B3%A1%E6%88%90%E5%BD%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E9%AB%98%E6%A9%9F%E8%83%BD%E5%8C%96%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%83%BB%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%8B%95%E5%90%91 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 発泡成形技術の基礎と高機能化・トラブル対策・最新動向</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~基礎から応用まで詳解~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1438" rel="tag" title="断熱">断熱</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1439" rel="tag" title="断熱材">断熱材</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1509" rel="tag" title="遮熱">遮熱</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24085/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24085&date=2017-07-04&title=発泡成形技術の基礎と高機能化・トラブル対策・最新動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、高分子系断熱材の特性、設計、成形技術を中心に幅広く解説いたします。<br /> また、新しい省エネ基準 (改正省エネ法) への対応方法も紹介いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:30:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>発泡成形研究開発者・製造技術者</li> <li>用途開発担当者</li> <li>発泡成形用原材料開発技術者</li> <li>発泡成形品物性研究者 など</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>発泡成形技術</li> <li>発泡体の特徴</li> <li>発泡理論</li> <li>物性論</li> <li>気泡微細化</li> <li>難燃化対策</li> <li>用途展開</li> <li>成形トラブル対策</li> <li>化学物質の管理</li> <li>環境・労働安全衛生問題対策</li> <li>法規制動向</li> <li>新規格動向</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 高分子材料 (プラスチックス) を何らかの形で発泡成形させたものが「発泡プラスチックス」であり、それらの成形技術を「発泡成形技術 (発泡成形法) 」と呼んでおります。発泡成形技術は経験的な要素が大きく支配しておりますが、今回のセミナーではそれらの支配要因を出来るだけ体系的に解説致します。また、従来のセミナーとは切り口を変えて、発泡成形技術について原料・反応条件・成形条件などの基本的な面から、製品開発・用途開発などの応用展開に到るまでの全般について解説致します。特に、応用分野では、高機能化対策、トラブル対策、新製品開発などの事例を中心に採り上げます。トラブル対策に関して、トラブル対策前の確認事項、トラブル原因・結果の因果関係、原因の切り口、再発防止対策の考え方などの対応方法につき解説したいと思います。<br />  また、発泡成形技術に関連する技術動向、統計資料、法規制動向、規格動向などは最新版管理を実施しておりますので、最新版の情報を提示致します。<br />  発泡成形技術を担当している研究者・技術者・製造担当者の皆様 (メーカーの皆様) 、発泡プラスチックスを利用されている皆様 (ユーザーの皆様) など多くの方々のご参加を期待しております。また、質疑応答の時間では、現時点でお持ちの疑問点などにも応えて行きたいと考えていますので、お気軽にご相談下さい。</p> <ol> <li>発泡成形技術の基礎 <ol> <li>発泡成形技術のキーポイント</li> <li>発泡成形技術の分類</li> <li>発泡成形技術の理論的考察</li> <li>発泡体の物性論</li> <li>試験方法 (製品規格、性能試験方法)</li> </ol></li> <li>発泡成形技術 (各論) <ol> <li>発泡成形の概論 (需要動向など)</li> <li>ポリウレタン系フォームの発泡成形技術 (PUR、PIR)</li> <li>ポリスチレン系フォームの発泡成形技術 (BPS、XPS、PSP)</li> <li>ポリオレフィン系フォームの発泡成形技術 (PE、PP、EVAなど)</li> <li>ホルムアルデヒド架橋系フォームの発泡成形技術 (PF、MFなど)</li> <li>その他のフォームの発泡成形技術 (マイクロセルラー、ゴム系など)</li> </ol></li> <li>高機能化対策 (品質向上・信頼性向上対策など) <ol> <li>気泡の微細化対策</li> <li>難燃化対策 (燃焼現象の解析)</li> <li>耐久性向上対策 (劣化機構の解析)</li> <li>機械的強度の向上対策</li> <li>その他の対策</li> </ol></li> <li>成形トラブル対策 <ol> <li>トラブル対策の共通点 (前提条件、因果関係、ブラックボックスの対応など)</li> <li>溶融発泡成形法のトラブル対策</li> <li>固相発泡成形法のトラブル対策</li> <li>注型発泡成形法のトラブル対策</li> <li>その他各成形法共通の対策 (製品不良、寸法不良対策など)</li> </ol></li> <li>発泡成形技術の最新動向 <ol> <li>技術的課題とその対応 (耐熱性、断熱性、発泡剤対策など)</li> <li>法規制動向とその対応</li> <li>新製品開発動向</li> <li>その他 (コンファレンス、関係文献紹介など)</li> </ol></li> <li>質疑応答</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5131"><span itemprop="name">岩崎 和男</span></a> 氏 <div>岩崎技術士事務所</div> <div>所長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 大会議室3</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24085&date=2017-07-04&title=発泡成形技術の基礎と高機能化・トラブル対策・最新動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 断熱 断熱材 遮熱 Wed, 26 Apr 2017 02:29:51 +0000 admin 24085 at https://tech-seminar.jp 高分子系繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズムと特性および耐久性向上方策 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E7%B3%BB%E7%B9%8A%E7%B6%AD%E5%BC%B7%E5%8C%96%E8%A4%87%E5%90%88%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AE%E7%96%B2%E5%8A%B4%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A8%E7%89%B9%E6%80%A7%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E8%80%90%E4%B9%85%E6%80%A7%E5%90%91%E4%B8%8A%E6%96%B9%E7%AD%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 高分子系繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズムと特性および耐久性向上方策</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/663" rel="tag" title="複合材料">複合材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/462" rel="tag" title="CFRP (炭素繊維強化プラスチック)">CFRP (炭素繊維強化プラスチック)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/984" rel="tag" title="CFRTP (炭素繊維強化熱可塑性プラスチック)">CFRTP (炭素繊維強化熱可塑性プラスチック)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/985" rel="tag" title="GFRTP (ガラス繊維強化熱可塑性プラスチック)">GFRTP (ガラス繊維強化熱可塑性プラスチック)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1090" rel="tag" title="セルロースナノファイバー">セルロースナノファイバー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/646" rel="tag" title="強度設計">強度設計</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/133" rel="tag" title="強度評価">強度評価</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/362" rel="tag" title="疲労破壊">疲労破壊</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24086/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24086&date=2017-07-04&title=高分子系繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズムと特性および耐久性向上方策">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:30:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>複合材料の基礎</li> <li>各種F-PMCの特性</li> <li>複合材料の種類ごとの静的破壊メカニズム</li> <li>材料疲労の基礎</li> <li>一般材料の疲労寿命設計</li> <li>各種F-PMCの疲労破壊 (過程)</li> <li>耐久性を増す技術</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> FRPに代表されるように、高分子系繊維強化複合材料 (F-<span class="caps">PMC</span>) は今日大変身近な存在となっています。主としてガラス繊維を強化材とするGFRPでは、大きな漁船や数百トンの掃海艇、遊園地のボート、家庭ではバスタブなど幅広く使われています。最近では、カーボン繊維を強化材とするCFRPも航空機 (B787やA350) にフルに使われ、新聞紙上でこれらが大きな荷重を支える構造用材料として活躍している様子を見ます。これらの素材では、軽くて丈夫 (強い) 、錆びないなどの特長が喧伝されますが、耐久性について言及されることはほとんどありません。<br />  荷重が繰り返し作用する場合、人と同じく材料も疲労します。鉄鋼材料では明確な疲労限があり、長期間使用される構造物、機械要素では疲労限を目安に耐久性を考えた構造設計がなされます。しかし、F-PMCの場合、その形態が複雑で多様 (強化繊維の種類も多数ある、積層材の形態も多種多様) なため、代表的な疲労寿命曲線は存在しません。材料や複合材料の構造形態により破壊様相も異なります。また、疲労限も存在しません。そのため、耐久性を考えた設計そのものを合理的に進めることが難しいのが現状です。アルミ合金に替えて、プレス成形ができ、軽量で腐食にも強いカーボン繊維を使ったSMCによる自動車用ホイールは上市されなかったのでしょうか。<br />  F-PMCを用いた構造物、機械要素の耐久性も考えた設計、開発を行うためにはそれらの疲労損傷メカニズムを知るとともに、その特性がいろいろな要因によって影響されることを理解する必要があります。耐久性を高めるためには、それらの知識が欠かせません。本講座では、異なるF-PMCの種類ごと、疲労破壊に至る過程を示し、そのメカニズムを解説するとともに、耐久性向上の方策についても説明します。加えて、疲労寿命推定方法についても言及します。</p> <ol> <li>複合材料とは? <ol> <li>複合材料の定義とはじまり</li> <li>複合材料を分類する <ul> <li>金属基材複合材料 (<span class="caps">MMC</span>)</li> <li>セラミックス基材複合材料 (<span class="caps">CMC</span>)</li> <li>高分子系複合材料 (<span class="caps">PMC</span>)</li> </ul></li> <li>高分子系繊維強化複合材料 (F-<span class="caps">PMC</span>) <ul> <li>強化繊維</li> <li>樹脂母材</li> <li>副資材</li> <li>成形法 (作り方)</li> </ul></li> </ol></li> <li>高分子系繊維強化複合材料の特性 <ol> <li>種々のF-PMCの機械的性質</li> <li>異なるF-PMC、異なる破壊</li> <li>時間依存性と破壊 (時間とともに伸びる=クリープ、応力緩和)</li> </ol></li> <li>材料と疲労 (損傷発生から破壊に至るまで) <ol> <li>金属材料</li> <li>高分子材料</li> <li>疲労しない繊維</li> </ol></li> <li>高分子系繊維強化複合材料の疲労と破壊 <ol> <li>各種F-PMCの疲労破壊とそのメカニズム</li> <li>疲労のモニタリング</li> </ol></li> <li>F-PMCの耐久性を高める <ol> <li>母材樹脂の特性と疲労寿命 (耐久性に及ぼす母材性能の影響)</li> <li>母材を物理的に変性する (高じん化)</li> <li>ナノ繊維による疲労寿命の飛躍的向上 <ul> <li><span class="caps">CNF</span> (セルロースナノ繊維) による母材の変性</li> <li>剛性の小さいナノ繊維による母材の変性</li> <li>剛性の高いナノ繊維 (サブミクロンガラス繊維) による母材の変性</li> </ul></li> </ol></li> <li>ナノ繊維はFRTP (熱可塑性線強化プラスチックス) にも役立つか?</li> <li>長期耐久性を保証する? <ol> <li>鉄鋼材料の疲労設計</li> <li>Master曲線法は役に立つ?</li> <li>Miner則</li> <li>加速試験</li> </ol></li> <li>おわりに</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5573"><span itemprop="name">藤井 透</span></a> 氏 <div>同志社大学 理工学部 機械システム工学科</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 視聴覚大講義室</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24086&date=2017-07-04&title=高分子系繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズムと特性および耐久性向上方策">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 複合材料 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) CFRTP (炭素繊維強化熱可塑性プラスチック) GFRTP (ガラス繊維強化熱可塑性プラスチック) セルロースナノファイバー 強度設計 強度評価 疲労破壊 Wed, 26 Apr 2017 02:33:47 +0000 admin 24086 at https://tech-seminar.jp スラリーの上手な取り扱いの勘どころとその活かし方 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%89%B1%E3%81%84%E3%81%AE%E5%8B%98%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%97%E6%96%B9 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> スラリーの上手な取り扱いの勘どころとその活かし方</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~スラリー中の粒子分散状態に関する基礎知識 / 評価技術とデータの解釈 / 取り扱う上でのトラブル例や解決指針~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">愛知県 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1220" rel="tag" title="スラリー">スラリー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1047" rel="tag" title="分散分析">分散分析</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/679" rel="tag" title="微粒子分散">微粒子分散</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/872" rel="tag" title="界面活性剤">界面活性剤</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24308/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24308&date=2017-07-04&title=スラリーの上手な取り扱いの勘どころとその活かし方">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、粒子の分散状態の評価について、その手法、分散安定性に影響を及ぼす様々な要因などの基礎から解説し、実例を用いた種々のスラリー特性評価、適切な分散剤の選定などの応用的な内容、また、最新動向について紹介いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T10:30:00+09:00">2017年7月4日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>スラリー調製に関する基礎知識</li> <li>スラリー評価法の理解とデータの解釈</li> <li>スラリー中の微粒子の挙動に関する基礎知識</li> <li>スラリーを取り扱うプロセスでのトラブル解決指針</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 固液分散系スラリーを取り扱うプロセスは、各種材料プロセス、製薬、食品、水処理、リチウムイオン電池電極製造といった非常に幅広い分野に存在します。これらのプロセスのスタート地点であるスラリーの特性が最終製品の品質と密接な関係にあることは経験的に広く知られていますが、製品特性とスラリー特性とのつながりが無いまま測定できそうな特性を測定するだけで、結局はプロセスごとに試行錯誤を繰り返すことがほとんどです。また、せっかく調製法を確立したはずなのに、日によって全く異なる特性を持つスラリーができ上がることも珍しくありません。<br />  そこで本セミナーでは、粒子の分散制御および分散状態の評価について、その手法、分散安定性に影響を及ぼす様々な要因などの基礎的な内容から、実例を用いた種々のスラリー特性評価、適切な分散剤の選定などの応用的な内容、また、最新動向について紹介します。</p> <ol> <li>スラリーに関する基礎知識 <ol> <li>スラリーとは? (スラリーの定義)</li> <li>微粒子をスラリーとして取り扱うプロセスとその理由</li> <li>なぜスラリーの取り扱いで問題が発生するのか</li> <li>分散状態変化の一例</li> </ol></li> <li>粒子の特性 <ol> <li>粒子径,比表面積,密度</li> <li>粒子径分布測定,粒子の構造</li> </ol></li> <li>粒子と媒液の界面の理解 <ol> <li>粒子と媒液の界面 <ol> <li>粒子と媒液の親和性</li> <li>溶媒和 (水和)</li> <li>ぬれ性</li> </ol></li> <li>粒子の帯電 <ol> <li>帯電機構</li> <li>電気二重層</li> <li>ゼータ電位測定</li> </ol></li> <li>分散剤 (界面活性剤) の吸着 <ol> <li>界面活性剤</li> <li>吸着機構</li> <li>吸着量の測定</li> <li>分散剤の選び方</li> </ol></li> </ol></li> <li>粒子感に働く力と粒子の分散・凝集 <ol> <li>DLVO理論 <ol> <li>静電ポテンシャル</li> <li>ファンデルワールスポテンシャル</li> <li>全相互作用 (DLVO理論)</li> </ol></li> <li>吸着高分子による作用</li> <li>その他の相互作用と吸着高分子による作用とその測定法 <ol> <li>帯電機構</li> <li>電気二重層</li> <li>ゼータ電位測定</li> </ol></li> <li>粒子の分散・凝集の原理</li> <li>凝集機構と凝集形態</li> <li>さまざまな分散・凝集状態の評価法とその原理</li> </ol></li> <li>スラリーの流動特性と評価 <ol> <li>流動挙動の種類 (流動曲線)</li> <li>流動性評価法</li> <li>流動性評価の実例 <ol> <li>流動特性評価結果</li> <li>使用機器による評価結果の違い</li> <li>使用機器による違いの補正</li> </ol></li> </ol></li> <li>スラリー中の粒子の沈降挙動と充填特性評価 <ol> <li>粒子の沈降堆積挙動</li> <li>堆積層の流動性評価 <ol> <li>堆積層の流動性と固化</li> <li>堆積層の固化防止</li> </ol></li> <li>重力、遠心沈降による評価 <ol> <li>重力、遠心沈降試験の測定原理</li> <li>試験結果の実例</li> </ol></li> <li>沈降静水圧法による評価 <ol> <li>沈降静水圧法の原理</li> <li>測定結果の実例と結果から予測できるスラリー特性</li> </ol></li> <li>粒子径分布測定による評価 <ol> <li>様々な粒子径分布測定法とその問題</li> <li>測定結果の実例</li> <li>高濃度スラリーの粒子径分布直接測定</li> </ol></li> </ol></li> <li>スラリー調製 <ol> <li>スラリー化および均質化,最適化</li> <li>さまざまなスラリー調製技術</li> </ol></li> <li>スラリーの分散状態および充填特性評価の実例 <ol> <li>分散剤添加スラリー中の溶存イオンの影響</li> <li>スラリー特性の経時変化 <ol> <li>スラリー中の分散剤の状態</li> <li>分散剤の吸着形態の評価法</li> <li>分散剤の吸着形態が分散安定性に及ぼす影響</li> <li>スラリーの分散状態の変化を防止するには</li> </ol></li> <li>非水系スラリーの評価 (リチウムイオン二次電池電極材料を例として)</li> <li>多成分系スラリーの評価 (リチウムイオン二次電池電極材料を例として)</li> <li>過去に受けた相談とその解決例</li> </ol></li> <li>まとめと今後の展望,応用例</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/8993"><span itemprop="name">佐藤根 大士</span></a> 氏 <div>兵庫県立大学 大学院 工学研究科 化学工学専攻 </div> <div>准教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%8A%B4%E5%83%8D%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1">愛知県産業労働センター ウインクあいち</a> <p>13F 1307</p> <meta itemprop="name" content="愛知県産業労働センター ウインクあいち" /> <meta itemprop="telephone" content="052-571-6131" /> <meta itemprop="url" content="winc-aichi.jp‎" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="450-0002" /> <span itemprop="addressRegion">愛知県</span> <span itemprop="addressLocality">名古屋市中村区</span> <span itemprop="streetAddress">名駅4丁目4-38</span> </div> <a href="/node/6360"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;markers=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24308&date=2017-07-04&title=スラリーの上手な取り扱いの勘どころとその活かし方">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> スラリー 分散分析 微粒子分散 界面活性剤 Mon, 15 May 2017 07:04:16 +0000 admin 24308 at https://tech-seminar.jp Pythonによるパターン認識・機械学習入門と実装 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-04-Python%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%83%BB%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E5%85%A5%E9%96%80%E3%81%A8%E5%AE%9F%E8%A3%85 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> Pythonによるパターン認識・機械学習入門と実装</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~各手法の利用からDeep Learningまで~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/361" rel="tag" title="AdaBoost">AdaBoost</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1899" rel="tag" title="Deep Learning">Deep Learning</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/328" rel="tag" title="サポートベクターマシン">サポートベクターマシン</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1910" rel="tag" title="Python">Python</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24063/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24063&date=2017-07-04&title=Pythonによるパターン認識・機械学習入門と実装">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-04T11:00:00+09:00">2017年7月4日(火) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-04T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-04T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-04T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 本セミナーでは、Pythonによるパターン認識・機械学習の導入から基礎について解説します。<br />  近年、SVM、AdaBoost、Random Forestなどのこれまで広く利用されてきた機械学習ツールだけでなく、Deep Learningも様々なところで利用されています。<br />  Python及びその様々なライブラリを利用することで、機械学習に基づく様々なクラス分類器が簡単に利用できることを知り、それらを使いこなせるようになることを目的としています。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>パターン認識・機械学習とは</li> <li>パターン認識の例</li> <li>パターン認識における機械学習の枠組み</li> </ol></li> <li>Pythonの概要 <ol> <li>Pythonとは</li> <li>Pythonの利用環境</li> <li>Pythonの文法</li> <li>基礎となるPythonライブラリ</li> </ol></li> <li>Pythonでの機械学習 <ol> <li>scikit-learnを用いた機械学習の枠組み</li> <li>特徴量の読み込み</li> <li>各種クラス分類手法の切り替え</li> <li>各種クラス分類手法の比較</li> </ol></li> <li>Deep Learningの利用 <ol> <li>クラス分類器としてのDeep Learning</li> <li>特徴抽出を含めたDeep Learning</li> </ol></li> <li>まとめ・質疑応答</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/20574"><span itemprop="name">川西 康友</span></a> 氏 <div>名古屋大学 大学院 情報科学研究科</div> <div>助教</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46000円</span> (税別) / 49,680円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">56000円</span> (税別) / 60,480円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="46000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="56000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24063&date=2017-07-04&title=Pythonによるパターン認識・機械学習入門と実装">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 機械学習 AdaBoost Deep Learning サポートベクターマシン Python Wed, 26 Apr 2017 00:17:23 +0000 admin 24063 at https://tech-seminar.jp ドライバー状態の計測技術、疲労・居眠り検知への応用 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E7%8A%B6%E6%85%8B%E3%81%AE%E8%A8%88%E6%B8%AC%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%81%E7%96%B2%E5%8A%B4%E3%83%BB%E5%B1%85%E7%9C%A0%E3%82%8A%E6%A4%9C%E7%9F%A5%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%BF%9C%E7%94%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> ドライバー状態の計測技術、疲労・居眠り検知への応用</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/82" rel="tag" title="画像処理">画像処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1447" rel="tag" title="自動車">自動車</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/884" rel="tag" title="生体信号処理">生体信号処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/352" rel="tag" title="生理反応測定">生理反応測定</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/620" rel="tag" title="車載システム">車載システム</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/831" rel="tag" title="車載機器">車載機器</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24251/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24251&date=2017-07-05&title=ドライバー状態の計測技術、疲労・居眠り検知への応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T10:00:00+09:00">2017年7月5日(水) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 体動からみるドライバの疲労・漫然特性評価、個人差の考え方</h4> <p>(2017年7月5日 10:00~11:30)</p> <p> 運転席に圧力センサを仕込んでドライバの姿勢や体動を評価するというアプローチは、必ず計測ができること、見られているという嫌な感じを与えづらいこと、様々な用途に利用できる可能性があること、などのメリットがあると考えられ、少しずつ注目する人が増えつつあります。<br />  本講座では、圧力センサを用いたドライバの体動分析研究の事例をいくつか紹介し、 具体的にどのようなことができそうか、どこまでのことができそうかをイメージできるように なることを狙います。</p> <ol> <li>ドライバの状態評価に体動を用いることの意義 <ol> <li>自動車の運転中は、必ず運転席にドライバの体重がかかる</li> <li>見られているという感覚を覚えにくい</li> <li>様々な用途に利用可能である</li> </ol></li> <li>体動の評価に用いるセンサ</li> <li>体動を用いた研究例:疲労、眠気の検出 <ol> <li>疲労や眠気と体動との関係の分析:運転行動に現れる予兆をつかめる可能性</li> <li>疲労や眠気を検出する方法</li> </ol></li> <li>体動を用いた研究例:運転姿勢の評価 <ol> <li>長距離運転中に実際に起こるドライバ行動</li> <li>不適切な運転姿勢の検出手法</li> </ol></li> <li>体動を用いた研究例:危険への備えの評価</li> <li>体動に関する個人差と個人内差 <ol> <li>体格の影響</li> <li>体動を伴う眠気と伴わない眠気</li> <li>眠気による体動と眠気によらない体動</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 自動走行ストレス &#8211; 自動走行車の搭乗者の快適性向上 &#8211; </h4> <p>(2017年7月5日 11:40〜13:10)</p> <p> 自動走行車が実現されれば、安全性・効率性の向上が期待される反面、&#8220;搭乗者が運転から解放されることに起因するストレス要因&#8220;が新たに発生することが知られています。搭乗者の快適性を維持するストレスフリー自動走行環境を実現するには、走行時に搭乗者が感じるストレス要因を実時間予測し、それらの適切に解決する技術が必要となります。しかしこれまでは安全性・効率性が重視されており、十分な研究調査が実施されていませんでした。<br />  本発表では、快適性の低減要因の予測技術、予測された要因を解決する自動走行車両の挙動設計技術および、マルチモーダル情報提示技術開発の取り組みを紹介します。</p> <ol> <li>自動走行ストレス <ol> <li>自動走行化がもたらす新たな技術課題</li> <li>自動走行レベル</li> <li>生理指標に基づく快適性指標</li> <li>ストレス要因と解決法</li> </ol></li> <li>ストレス要因の推定手法 <ol> <li>ストレス要因推定の分類</li> <li>車載カメラ映像からのストレス要因推定手法</li> </ol></li> <li>ストレス要因の解決手法 <ol> <li>情報提示によるストレス軽減手法</li> <li>車両制御によるストレス軽減手法</li> </ol></li> <li>その他のストレス要因</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 多次元生理指標を用いた覚醒状態推定と低負担計測の可能性</h4> <p>(2017年7月5日 13:50〜15:20)</p> <ol> <li>背景 <ol> <li>自動運転とドライバ状態</li> <li>覚醒水準と覚醒努力</li> <li>覚醒状態の外的基準</li> </ol></li> <li>方法 <ol> <li>データ収集</li> <li>顔表情評定</li> <li>瞬目解析</li> <li>その他の生理指標の解析</li> </ol></li> <li>結果と考察 <ol> <li>データ取得状況</li> <li>覚醒状態カテゴリ (顔表情評定) 結果</li> <li>覚醒状態カテゴリによる各種指標値の違い</li> <li>多次元生理指標を用いた顔表情評定値の推定</li> <li>課題</li> </ol></li> <li>今後の展望 <ol> <li>低負担計測の可能性</li> <li>自動運転への適用</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 顔画像センシングと時系列ディープラーニングによるドライバー状態モニタリング技術</h4> <p>(2017年7月5日 15:30〜17:00)</p> <p> 運転中のドライバの顔をセンシングすることにより、手動運転/自動運転含むさまざまなシーンで車の安全性・快適性向上に貢献する機能が実現できる。<br />  本講座では、画像によるドライバモニタリングの基礎となる、顔画像センシング技術についての全般的な知識を得られるほか、ドライバのさまざまな動作・状態を高精度にとらえるための時系列ディープラーニングを活用した高精度なドライバ状態推定技術について最新の知見が得られる。</p> <ol> <li>自動運転社会に求められるドライバー理解</li> <li>顔画像センシングの概要 <ol> <li>顔検出</li> <li>顔向き、視線、眼開閉状態検出</li> <li>その他の顔画像センシング技術</li> <li>ドライバー理解に求められる顔画像センシング</li> </ol></li> <li>時系列ディープラーニングを活用したドライバー状態モニタリング <ol> <li>運転集中度センシングの概要</li> <li><span class="caps">CNN</span></li> <li><span class="caps">RNN</span></li> </ol></li> <li>おわりに</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/19846"><span itemprop="name">伊藤 誠</span></a> 氏 <div>筑波大学 システム情報系</div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24249"><span itemprop="name">神原 誠之</span></a> 氏 <div>奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科</div> <div>准教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24250"><span itemprop="name">大須賀 美恵子</span></a> 氏 <div>大阪工業大学 ロボティクス&amp;デザイン工学部 ロボット工学科</div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22200"><span itemprop="name">木下 航一</span></a> 氏 <div>オムロン 株式会社 技術・知財本部 センシング研究開発センタ</div> <div>技術専門職</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24251&date=2017-07-05&title=ドライバー状態の計測技術、疲労・居眠り検知への応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 画像処理 自動車 機械学習 生体信号処理 生理反応測定 車載システム 車載機器 Sun, 14 May 2017 14:49:42 +0000 admin 24251 at https://tech-seminar.jp EV向けワイヤレス給電の電力伝送技術と実用化動向 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-EV%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E7%B5%A6%E9%9B%BB%E3%81%AE%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E4%BC%9D%E9%80%81%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A8%E5%AE%9F%E7%94%A8%E5%8C%96%E5%8B%95%E5%90%91 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> EV向けワイヤレス給電の電力伝送技術と実用化動向</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/302" rel="tag" title="無線充電">無線充電</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/101" rel="tag" title="電気自動車">電気自動車</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/810" rel="tag" title="電気自動車用充電器">電気自動車用充電器</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/369" rel="tag" title="非接触電力伝送">非接触電力伝送</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24376/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24376&date=2017-07-05&title=EV向けワイヤレス給電の電力伝送技術と実用化動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T10:00:00+09:00">2017年7月5日(水) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 電磁誘導方式によるワイヤレス給電技術とEVへの応用</h4> <p>(2017年7月5日 10:00〜11:30)</p> <p> 近年注目されているワイヤレス電力伝送 (非接触給電) について、特に電磁誘導方式の基礎理論から応用技術まで解説します。ワイヤレス給電は接点不良、磨耗、火花が無く、クリーンルーム内の搬送車や電話受話器などの家電品に用いられている技術で、電力を効率良く伝送するために電気的な共振現象が用いられ、主に磁界共振と電界共振の方式が使われています。磁界共振方式の中でも電磁誘導方式は比較低い周波数で数kWの大電力を伝送でき、一次と二次に適切な共振コンデンサを配置すれば、効率90%以上での給電が可能です。特に電気自動車 (EV) などの電動モビリティ用のワイヤレス充電システムの開発は重要で、プラグ抜忘れの安全対策やケーブルレス化による利便性向上など様々な利点があります。<br />  本講演では、まず、電磁誘導方式の原理や給電パット部分の形状や磁界分布の種類と特徴について研究開発の流れに沿って解説します。次に、実用化しつつあるEV用非接触給電の現状や最新技術動向 (標準化) についてお話し、その課題と解決策などについて説明いたします。そして、ワイヤレス電力伝送技術の今後の応用 (走行中給電やマイクロモビリティー向けなど) についてもお話しします。</p> <ol> <li>はじめに</li> <li>磁気共鳴方式ワイヤレス送電システム <ol> <li>磁気共鳴方式の等価回路</li> <li>回路パラメータの導出</li> <li>帯域フィルタ理論に基づく設計理論</li> <li>最大有能電力効率</li> </ol></li> <li>フラクタルループの設計 <ol> <li>はじめに</li> <li>形状の最適化</li> <li>性能評価</li> <li>フラクタルの適用効果</li> </ol></li> <li>配置を工夫した長方形コイル</li> <li>開発事例 <ol> <li>走行中セニアカーへの送電システム</li> </ol></li> <li>まとめ</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 磁気共鳴方式による走行中ワイヤレス給電技術の開発</h4> <p>(2017年7月5日 12:10〜13:40)</p> <p> 電磁誘導や磁気共鳴現象を利用し、路面下に送電コイルを並べ、その上を、受電コイルを持つ車両が走行するシステムが提案されています。このような方法では、送受電コイルが正対していれば高効率で送電できますが、位置がずれると、送電効率が大きく低下します。<br />  伝送効率を高く維持したまま移動中の車両にワイヤレス送電できるシステムの考え方と事例について解説します。</p> <ol> <li>はじめに</li> <li>磁気共鳴方式ワイヤレス送電システム <ol> <li>磁気共鳴方式の等価回路</li> <li>回路パラメータの導出</li> <li>帯域フィルタ理論に基づく設計理論</li> <li>最大有能電力効率</li> </ol></li> <li>フラクタルループの設計 <ol> <li>はじめに</li> <li>形状の最適化</li> <li>性能評価</li> <li>フラクタルの適用効果</li> </ol></li> <li>配置を工夫した長方形コイル</li> <li>開発事例 <ol> <li>走行中セニアカーへの送電システム</li> </ol></li> <li>まとめ</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 e-mobilityの国際的市場動向とワイヤレス給電の標準化・法規制動向</h4> <p>(2017年7月5日 13:50〜15:20)</p> <p> フォルクスワーゲン (VW) 社の燃費不正などを契機にEV化への機運が欧州を中心に高まっています。2016年のパリモーターショーに続きジュネーブモータショーでもEV展示が多くなっています。ダイムラーはパリでワイヤレス充電機能の世界初搭載のアナウンスを行いました。欧州では乗用車型のEVに留まらず、バス・トラック等のEV化を含めてe &#8211; mobilityと括って、地球環境の改善を視野に総合的に取り組んでいます。中国でもpm2.5問題などもあり、新エネ車の普及政策が熱を帯びています。主要な通信機器メーカのZTE (中興) までEVバス会社を買収して、公共交通向けワイヤレス給電に取り組んでいます。中国はe &#8211; mobilityの一大市場になっています。<br />  日本は2011年ころから先駆的にワイヤレス給電の検討が進められて、総務省による規則の見直し、ARIBによる標準化が先行しました。一方でIEC、ISOにおける標準化が最終段階に入ってきています。研究レベルでは非常に活発な状況が続いていますが、今こそ日本企業が国際的な市場で、存在感を示すことが求められています。本セミナーがその一助になればと考えます。</p> <ol> <li>はじめに</li> <li>ワイヤレス給電技術とe &#8211; mobilityの市場動向 <ol> <li>世界のBEV・PHEV市場の動向</li> <li>充電インフラとワイヤレス給電の市場</li> </ol></li> <li>ワイヤレス給電の法制度と規則 <ol> <li>日本国内での法制度・規則の整備</li> <li><span class="caps">CISPR</span> (国際無線,障害特別委員会) における国際的検討</li> <li>利用周波数の選定;<span class="caps">ITU</span>,WRCでの国際的検討</li> <li>ICNIRP・電波防護指針での人体安全の側面</li> </ol></li> <li>EV向けワイヤレス給電の国際標準化 <ol> <li><span class="caps">IEC</span>/ISOでの標準化動向</li> <li><span class="caps">SAE</span>/ULでの標準化</li> </ol></li> <li>EV向けワイヤレス給電と自動充電の今後の展開</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 磁界共鳴方式を用いた無人搬送車用ワイヤレス給電システムのEVへの応用と展望</h4> <p>(2017年7月5日 15:30〜17:00)</p> <p> 電磁誘導現象を利用したワイヤレス給電システムは古くから様々な用途に利用されてきたが、2006年のMITによる磁界共鳴方式発表により議論や研究開発が活発化し、特に電気自動車向けの利便性の高い充電技術として期待されている。ダイヘンでは産業機器向けシステムの販売を先行させているが、自動車業界では電気自動車の実用化・製品化を前倒しし普及を早める取り組みを行っており、電気自動車向けワイヤレス給電システムの需要も早期に広がる可能性が高い。<br />  今回の発表ではダイヘンのワイヤレス給電システム開発の取り組みを中心に、産業機器向けから電気自動車向けへの展開について述べる。</p> <ol> <li>磁界共鳴方式ワイヤレス給電システム技術について <ol> <li>ワイヤレス給電システムの分類</li> <li>磁界共鳴方式の原理</li> </ol></li> <li>無人搬送車用ワイヤレス給電システム開発への取り組みについて <ol> <li>ワイヤレス給電導入の利点</li> <li>ダイヘン製品の特長</li> <li>導入事例</li> </ol></li> <li>走行中ワイヤレス給電システム開発に関する取り組みについて</li> <li>電気自動車向けワイヤレス給電システム開発に関する取り組みについて <ol> <li>無人搬送車用との違い</li> <li>電気自動車向けシステムの概要</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/8677"><span itemprop="name">金子 裕良</span></a> 氏 <div>埼玉大学 大学院 理工学研究科 数理電子情報部門 電気電子システム領域 </div> <div>准教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/13395"><span itemprop="name">桑原 義彦</span></a> 氏 <div>静岡大学 工学部 電気電子工学科 情報処理システム講座</div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24374"><span itemprop="name">横井 行雄</span></a> 氏 <div>拓殖大学</div> <div>客員講師</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24375"><span itemprop="name">鶴田 義範</span></a> 氏 <div>株式会社 ダイヘン ワイヤレス給電システム部</div> <div>部長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24376&date=2017-07-05&title=EV向けワイヤレス給電の電力伝送技術と実用化動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 無線充電 電気自動車 電気自動車用充電器 非接触電力伝送 Wed, 17 May 2017 02:54:43 +0000 admin 24376 at https://tech-seminar.jp 画像フィルタリングの基本と最新動向 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%8B%95%E5%90%91 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> MATLABを併用し、実際にアルゴリズムを提示、実行し、結果を確認しながら、解説を進める</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 画像フィルタリングの基本と最新動向</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~ノイズ除去 / 劣化改善 / 画像復元~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/237" rel="tag" title="信号処理">信号処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/82" rel="tag" title="画像処理">画像処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/41" rel="tag" title="MATLAB">MATLAB</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23519/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=23519&date=2017-07-05&title=画像フィルタリングの基本と最新動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T10:30:00+09:00">2017年7月5日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 画像処理の多くはディジタルフィルタリングである。その設計方法を理解し、実行方法を習得することにより、多種多様な画像処理が可能となる。<br />  最近では、画像認識/画像理解への応用が注目を集めている。<br />  本セミナーでは、主要なフィルタ設計法を取り上げ、その理論をできる限り詳細に説明することを心がける。また、MATLABを併用し、実際にアルゴリズムを提示、実行し、結果を確認しながら、解説を進める。<br />  現場で利用するフィルタ選択のノウハウ、最近評判のフィルタリング方法を紹介しつつ、特に画像の復元問題においては、複雑なアルゴリズムの中に存在するキーテクニックの特徴をわかりやすく解説する。最近の研究動向にも触れ、オリジナリティをどのように生み出すかにも言及する。</p> <ol> <li>画像処理の基礎 <ol> <li>画像表現</li> <li>フーリエ変換</li> <li>畳み込み</li> <li>空間領域と周波数領域のフィルタリング</li> </ol></li> <li>ノイズ除去フィルタの設計 <ol> <li>平均値フィルタ</li> <li>メディアンフィルタ</li> <li>ガウシアンフィルタ</li> <li>バイラテラルフィルタ</li> <li>2次元フィルタ</li> </ol></li> <li>エッジ検出 (強調) フィルタの設計 <ol> <li>Prewittフィルタ</li> <li>Sobelフィルタ</li> <li>ラプラシアンフィルタ</li> <li>鮮鋭化フィルタ</li> </ol></li> <li>画像復元のためのフィルタリング <ol> <li>劣化の種類</li> <li>ウィーナーフィルタ</li> <li>ARMAモデリング</li> <li>圧縮センシング</li> <li>画像復元フィルタの選択</li> </ol></li> <li>最近の研究動向</li> <li>画像認識/画像理解への応用</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5212"><span itemprop="name">島村 徹也</span></a> 氏 <div>埼玉大学 大学院 理工学研究科</div> <div>教授 / 情報メディア基盤センター長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46000円</span> (税別) / 49,680円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="46000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=23519&date=2017-07-05&title=画像フィルタリングの基本と最新動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 信号処理 画像処理 MATLAB Thu, 02 Mar 2017 05:05:43 +0000 admin 23519 at https://tech-seminar.jp 設計トラブルの再発防止と未然防止に向けた仕組みづくりと改善ポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E8%A8%AD%E8%A8%88%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%86%8D%E7%99%BA%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%A8%E6%9C%AA%E7%84%B6%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%9F%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%A8%E6%94%B9%E5%96%84%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 設計トラブルの再発防止と未然防止に向けた仕組みづくりと改善ポイント</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1206" rel="tag" title="品質・信頼性">品質・信頼性</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/291" rel="tag" title="デザインレビュー">デザインレビュー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1550" rel="tag" title="プロダクトデザイン">プロダクトデザイン</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/942" rel="tag" title="製造物責任法 (PL法)">製造物責任法 (PL法)</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24088/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24088&date=2017-07-05&title=設計トラブルの再発防止と未然防止に向けた仕組みづくりと改善ポイント">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T10:30:00+09:00">2017年7月5日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>設計トラブル防止のための考え方</li> <li>再発防止および未然防止の仕組みの構築方法</li> <li>実務における設計ツールの効果的な活用方法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 各種専門書において、設計トラブル防止のための手法が数多く紹介されています。しかし、実務では様々な問題が発生し、うまく効果が上げられないということが多いのではないでしょうか。設計はインプットからアウトプットまで一連の流れ (設計プロセス) があります。どんなに優れた手法も、設計プロセス全体の中でうまく調和していなければ、効果を上げることはできません。例えば、FMEAという手法について、その効果を絶賛する声がある一方で、ほとんど効果が見込めないという声もあります。これは、FMEAという手法の問題ではなく、FMEAを設計プロセス全体の中でどのように位置付けし、自社に合った形で活用しているかどうかによるところが大きいのです。<br />  本セミナーでは、実際に設計トラブル防止のための仕組みづくりに奔走してきた講師が、設計プロセス全体を見据えた上で、再発防止と未然防止の仕組みをどのように構築すればよいかについて解説します。</p> <ol> <li>ものづくりにおける設計の位置付け <ol> <li>設計とは</li> <li>リコール事例から見る設計の重要性</li> <li>品質、コストの大部分が設計段階で決定する</li> </ol></li> <li>設計トラブルを防ぐための考え方 <ol> <li>再発防止と未然防止は車の両輪</li> <li>品質を確保するための4つのポイント <ol> <li>企業文化</li> <li>人材 (設計者/チェッカー/レビュア/承認者/仕組み構築者)</li> <li>設計資産 (ナレッジ)</li> <li>設計プロセス</li> </ol></li> <li>設計の仕組みはMECE (ミーシー) で構築する</li> </ol></li> <li>再発防止 <ol> <li>再発防止の考え方</li> <li>起こしてよい失敗と起こしてはいけない失敗</li> <li>失敗の原因究明と対策を進めて、設計資産 (ナレッジ) を構築する <ol> <li>直接原因の究明と対策</li> <li>根本原因の究明と対策</li> <li>再発防止策の改善</li> </ol></li> <li>設計者のエラーをいかに防ぐか <ol> <li>設計のルール化 (設計基準、設計プロセスなど)</li> <li>チェックリスト</li> </ol></li> </ol></li> <li>未然防止 <ol> <li>未然防止の考え方</li> <li>問題発見能力が未然防止のベース</li> <li>設計資産 (ナレッジ) と人材の力で問題を発見する「知恵」を生み出す</li> <li>密度の高い設計レビューが問題発見の確率を向上させる <ol> <li>設計レビューの考え方</li> <li>設計レビューで問題を発見しやすくする工夫</li> </ol></li> <li>実務における未然防止の進め方 <ol> <li>未然防止の仕組みは設計プロセスに組み込む</li> <li>簡易FMEAの実践的活用方法</li> <li>FTAの実践的活用方法</li> </ol></li> </ol></li> <li>設計トラブル防止の仕組みのさらなる改善 <ol> <li>シンプルな仕組みを磨き上げる</li> <li>設計効率向上のための取り組み</li> <li>設計資産 (ナレッジ) に対する意識の変革と活用</li> <li>近い将来の設計トラブル防止活動 (AIの活用など)</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22106"><span itemprop="name">田口 宏之</span></a> 氏 <div>田口技術士事務所</div> <div>代表</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 視聴覚大講義室</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24088&date=2017-07-05&title=設計トラブルの再発防止と未然防止に向けた仕組みづくりと改善ポイント">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 品質・信頼性 デザインレビュー プロダクトデザイン 製造物責任法 (PL法) Wed, 26 Apr 2017 02:43:55 +0000 admin 24088 at https://tech-seminar.jp 再生医療等に用いる細胞製品を製造する細胞培養加工施設の要求事項と品質構築手順 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%AD%89%E3%81%AB%E7%94%A8%E3%81%84%E3%82%8B%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%82%92%E8%A3%BD%E9%80%A0%E3%81%99%E3%82%8B%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%9F%B9%E9%A4%8A%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%AE%E8%A6%81%E6%B1%82%E4%BA%8B%E9%A0%85%E3%81%A8%E5%93%81%E8%B3%AA%E6%A7%8B%E7%AF%89%E6%89%8B%E9%A0%86 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 再生医療等に用いる細胞製品を製造する細胞培養加工施設の要求事項と品質構築手順</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~細胞培養製品に求められる工程設計と製造管理の考え方とは / 製造工程および細胞培養加工施設の設計に係る要件と運用手順とは~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/665" rel="tag" title="医療機器">医療機器</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1875" rel="tag" title="GCTP省令">GCTP省令</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1380" rel="tag" title="バリデーション">バリデーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1108" rel="tag" title="再生医療">再生医療</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1058" rel="tag" title="薬機法 (薬事法)">薬機法 (薬事法)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1261" rel="tag" title="製剤">製剤</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23958/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23958&date=2017-07-05&title=再生医療等に用いる細胞製品を製造する細胞培養加工施設の要求事項と品質構築手順">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、改正薬事法と新法に関連する重要な省令・通知を踏まえ、再生医療製品の品質確保に必要な、開発から製品製造工程設計、および細胞培養加工施設の要件について、実施された再生治療の実例を交えて解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T12:30:00+09:00">2017年7月5日(水) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>再生医療製品に関連する技術者、開発者、管理者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>再生医療に係る臨床の現状に係る情報</li> <li>再生医療等製品製造に係るGCTP省令の考え方</li> <li>再生医療等安全性確保法下での特定細胞加工物製造の進め方</li> <li>細胞培養・加工を実施する細胞培養加工施設 (<span class="caps">CPF</span>/CPC) の要求事項</li> <li>工程設計における品質構築方法 (バリデーション・ベリフィケーション)</li> <li>施設の適格性評価とバリデーションおよび経済性評価</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 2014年11月に施行された、再生医療製品に関する新法 (改正薬事法および医師法/医療法における再生医療等安全性確保法) により、再生医療の産業化に向けた環境が変化し始めています。改正薬事法 (薬機法) 下では、一昨年に条件及び期限付承認 (早期承認制度) の適用を含む2製品が承認され、新たな治験も開始されています。また、再生医療等安全性確保法下では、既に数多くの臨床が開始されています。<br />  これらの流れにより、製造支援などを含む、細胞製品 (再生医療等製品あるいは特定細胞加工物) の製造に係る、多くの関連企業が参入を開始しています。一方で、生きた細胞をそのまま製品とする細胞製造において必要とされる、原料 (細胞) から最終製品まで、一貫した品質マネジメントの経験はまだ非常に少なく、これまでの無菌医薬品等の製造と異なる、新たな課題も生じています。<br />  本セミナーでは、再生医療等に用いる細胞製品の形態や特徴に係る基礎的な知識や、新法の概要および要点について、最近のトピックスをふまえて説明します。また、細胞製品の品質確保のために必要な細胞製造性の考え方や、製造工程設計および細胞培養加工施設の設計に係る要件について概要をお話しします。</p> <ol> <li>再生医療等に用いる細胞製品について <ol> <li>新法における「再生医療等」とは</li> <li>再生医療等製品の作用機序と製品形態の考え方</li> <li>細胞製品の移植方法と再生医療の多様性</li> </ol></li> <li>再生医療等安全性確保法と改正薬事法 (薬機法) について <ol> <li>新法施行により変わったことは</li> <li>医療法/医師法下での治療・臨床研究の実施手順</li> <li>薬機法下での再生医療等製品に係る法令</li> <li>GCTP省令とは~無菌医薬品製造との違い</li> <li>バリデーションとベリフィケーションの概念</li> </ol></li> <li>細胞培養製品に求められる工程設計の考え方 <ol> <li>細胞製造性を考慮した工程設計の要求</li> <li>無菌医薬品製造と再生医療等製品製造の違い</li> <li>再生医療等と細胞製品の多様性</li> <li>細胞培養加工施設と工程設計における留意点</li> <li>施設の適格性評価とプロセスバリデーション</li> <li>細胞培養製品の品質規格とその課題</li> </ol></li> <li>細胞培養加工施設設計の要点 <ol> <li>無菌的環境の構築のために求められる要件</li> <li>現状の施設における無菌操作環境の構築手順</li> <li>施設の典型例紹介</li> <li>施設の設計における留意点</li> </ol></li> <li>製造コスト低減の考え方 <ol> <li>製造におけるコスト低減可能な運用方法</li> <li>施設の稼働率とチェンジオーバーの考え方</li> </ol></li> <li>最終製品の形態と輸送について</li> <li>今後の展開予想</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/10306"><span itemprop="name">水谷 学</span></a> 氏 <div>大阪大学 大学院 工学研究科 生命先端工学専攻</div> <div>特任研究員</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 中会議室2</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23958&date=2017-07-05&title=再生医療等に用いる細胞製品を製造する細胞培養加工施設の要求事項と品質構築手順">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 医療機器 GCTP省令 バリデーション 再生医療 薬機法 (薬事法) 製剤 Wed, 05 Apr 2017 13:45:18 +0000 admin 23958 at https://tech-seminar.jp ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%83%BB%E5%BF%9C%E7%94%A8%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BB%8A%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%B1%95%E9%96%8B <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/118" rel="tag" title="表面処理">表面処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/670" rel="tag" title="コーティング">コーティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/79" rel="tag" title="表面硬化処理">表面硬化処理</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23959/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23959&date=2017-07-05&title=ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、ハードコート技術の開発に必要な材料設計の考え方とそれに基づく具体的な材料創製、最近の技術動向をから今後の展開まで詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T12:30:00+09:00">2017年7月5日(水) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>防汚、耐指紋、反射防止などハードコートが求められる製品の技術者、製造担当者、品質担当者 <ul> <li>タッチパネル</li> <li>保護フィルム</li> <li>モニター</li> <li>ディスプレイ</li> <li>携帯機器</li> <li>家電</li> <li>精密機器</li> <li>自動車外装</li> <li>建築材料</li> <li>ドアノブ など</li> </ul></li> <li>ハードコーティングに関連する技術者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>ハードコートの基礎</li> <li>表面硬度の評価方法</li> <li>ハードコート材料の高機能化</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> ハードコート技術の開発に必要な材料設計の考え方とそれに基づく具体的な材料創製に関して、講師の経験と参考書や報文をベースに基礎から応用までを概説する。<br />  とくに、ポリシロキサン系材料に代表される無機材料のハードコートへの展開において理解しておかねばならない基礎化学についても触れる。<br />  さらには該ハードコート分野における最近の技術動向を踏まえて今後の展開についても概説する。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>ハードコート (HC) のニーズは?</li> <li>表面硬度評価方法</li> </ol></li> <li>ハードコート (HC) の基礎 <ol> <li>ダイヤモンドはなぜ硬い?</li> <li>HC材料設計指針</li> <li>代表的プラスチック用HC材料</li> <li>無機材料反応の基礎</li> </ol></li> <li>無機系ハードコート (HC) 材料の基礎と応用 <ol> <li>HC材料開発の歴史</li> <li>ポリシロキサン (PS) 系HC材料と実用化例</li> <li>PS系HC材料の課題</li> </ol></li> <li>ハードコート (HC) 材料の高機能化 <ol> <li>有機 &#8211; 無機架橋構造導入による均一系可撓性 (かとうせい) HC材料の創製</li> <li>エポキシシラン系HC材料の硬化メカニズム</li> <li>無機酸化物ナノ粒子導入による不均一系可染性 (かせんせい) HC材料の創製</li> <li>高屈折率HC材料のニーズと実用化例</li> <li>低屈折率HC材料のニーズと実用化例</li> </ol></li> <li>ハードコート (HC) 材料の今後の展開 <ol> <li>屈折率制御技術の深化 (高屈折率化、低屈折率化etc.)</li> <li>更なる高機能化に向けた取り組み (導電性、帯電防止etc.)</li> <li>革新的HC膜複合化技術によるさらなる高機能化 (多層膜化etc.)</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5561"><span itemprop="name">谷口 孝</span></a> 氏 <div>ティーエーケミカル 株式会社 </div> <div>顧問</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 講義室1</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23959&date=2017-07-05&title=ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 表面処理 コーティング 表面硬化処理 Wed, 05 Apr 2017 13:47:04 +0000 admin 23959 at https://tech-seminar.jp ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%BB%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E7%89%B9%E6%80%A7%E3%81%A8%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E9%9D%A2%E3%81%AE%E8%A6%B3%E5%AF%9F%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E8%A9%95%E4%BE%A1%E6%96%B9%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/9" rel="tag" title="ゴム">ゴム</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/313" rel="tag" title="トライボロジー">トライボロジー</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24090/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24090&date=2017-07-05&title=ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、トライボロジーについて基礎から解説し、表面で生じる現象から接触面の観察まで、実演を交えて分かりやすく解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T12:30:00+09:00">2017年7月5日(水) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>摩擦の法則のゴムへの適用法</li> <li>ゴムの摩擦摩耗の基礎</li> <li>パターン摩耗機構の理解</li> <li>真実接触面の観察原原理と観察手法の習得</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> タイヤ、シール、ベルト、ワイパー、ゴムローラーをはじめとして、ゴム製品はさまざまなところで使われており、高い摺動性や耐摩耗性を求められています。したがって、ゴム製品を扱うエンジニアは、ゴムの摩擦・摩耗のメカニズムや支配する因子について理解を深め、摩耗の予測や摩耗特性改善などに取組む必要があります。<br />  本講義では、ゴムのトライボロジーを専門とする講師が、その基礎知識をわかりやすく解説します。まず、ゴムのトライボロジーの基礎として、一般的な摩擦の法則と、その適応限界としてのゴム材料への応用を説明します。次に、ゴムの摩耗でしばしば生ずるパターン摩耗機構を解説し、そのメカニズムについて理解を深めます。また、トライボロジーは主に表面で生ずる現象であり、そのため接触面の観察は重要であるということから、光の干渉法および反射法を利用した真実接触面積の観察法を解説し、簡単な実演も実施します。</p> <ol> <li>トライボロジーの基礎的知識 <ol> <li>トライボロジーの歴史</li> <li>アモントン・クーロンの摩擦の法則</li> </ol></li> <li>ゴムの摩擦の基礎 <ol> <li>ヘルツの弾性接触理論</li> <li>摩擦の起因</li> <li>見かけの接触面積と真実接触面積</li> <li>掘り起こし摩擦</li> <li>弾性ヒステリシス損失による摩擦</li> <li>ゴムの摩擦における摩擦の法則の適用限界</li> </ol></li> <li>ゴムの摩耗の基礎 <ol> <li>摩耗の起因</li> <li>凝着摩耗とアブレシブ摩耗</li> <li>パターン摩耗と疲労摩耗</li> </ol></li> <li>パターン摩耗機構 <ol> <li>パターン摩耗の基礎</li> <li>リッジ形成とき裂進展の測定・実験紹介</li> <li>パターン摩耗機構</li> </ol></li> <li>接触面観察手法の紹介と実演 <ol> <li>光学の基礎 (反射・屈折と干渉)</li> <li>干渉法によるゴム真実接触面の観察</li> <li>全反射法によるゴム真実接触面の観察</li> </ol></li> <li>まとめ</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24089"><span itemprop="name">岩井 智昭</span></a> 氏 <div>金沢大学 理工研究域 機械工学系 トライボロジー研究室</div> <div>講師</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 大会議室3</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24090&date=2017-07-05&title=ゴム・高分子材料のトライボロジー特性と接触面の観察および評価方法">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 ゴム トライボロジー Wed, 26 Apr 2017 02:48:00 +0000 admin 24090 at https://tech-seminar.jp 車載デバイスの低周波~高周波電磁対策用吸収・遮蔽材入門講座 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-05-%E8%BB%8A%E8%BC%89%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BD%8E%E5%91%A8%E6%B3%A2%EF%BD%9E%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E9%9B%BB%E7%A3%81%E5%AF%BE%E7%AD%96%E7%94%A8%E5%90%B8%E5%8F%8E%E3%83%BB%E9%81%AE%E8%94%BD%E6%9D%90%E5%85%A5%E9%96%80%E8%AC%9B%E5%BA%A7 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 車載デバイスの低周波~高周波電磁対策用吸収・遮蔽材入門講座</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~考え方と基本的な設計法、測定法~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/57" rel="tag" title="EMC">EMC</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1112" rel="tag" title="EMI (Electromagnetic Interference / 電磁波障害)">EMI (Electromagnetic Interference / 電磁波障害)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1113" rel="tag" title="EMS (Electro Magnetic Susceptibility / 電磁耐性)">EMS (Electro Magnetic Susceptibility / 電磁耐性)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/164" rel="tag" title="ノイズ対策">ノイズ対策</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/831" rel="tag" title="車載機器">車載機器</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24257/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/stbook.co.jp/seminar?id=24257&date=2017-07-05&title=車載デバイスの低周波~高周波電磁対策用吸収・遮蔽材入門講座">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-05T13:00:00+09:00">2017年7月5日(水) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-05T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-05T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-05T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 自動車は情報化が急速に進められており、ミリ波レーダなど各種の車載用電子デバイスが開発されている。これら車載デバイスの機能確保のために漏洩電磁波の抑制、不要電磁波吸収などへの電磁環境整備が必要とされることが多い。電磁環境整備に用いられるのが電磁遮蔽材、電磁波吸収材である。<br />  本講座では、電磁遮蔽、電磁波吸収の考え方や基本設計法を、専門分野が異なる方々へ分かりやすく解説することを目的とする。また、この分野の最新の傾向なども取り入れる。</p> <ol> <li>はじめに</li> <li>電磁遮蔽材の考え方と基本設計法 <ol> <li>電磁遮蔽の工学モデル</li> <li>電子機器からの電磁波漏洩 (複数の漏洩成分)</li> <li>低周波用、高周波用電磁遮蔽の基本的な考えかた (遠方界、近傍界)</li> <li>低周波用大電力系の電磁遮蔽手法 (車載系デバイスの遮蔽)</li> <li>高周波用遮蔽手法</li> <li>自動車レーダ用のフィルタ構造遮蔽材設計例</li> <li>各種の遮蔽手法</li> </ol></li> <li>電波吸収体の考え方と基本設計法 <ol> <li>電磁波エネルギーの吸収とは</li> <li>平面波の伝搬と伝送線路</li> <li>インピーダンス整合の概念</li> <li>各種電波吸収体の基本構造と吸収特性</li> <li>電波吸収体設計例</li> <li>自動車レーダ用電波吸収体の設計</li> </ol></li> <li>電磁波吸収・遮蔽材の展望 <ol> <li>損失材開発の歴史</li> <li>人工誘電体、人工材料</li> <li>人工誘電体、人工材料を用いる吸収体、遮蔽材の例</li> </ol></li> <li>電波吸収材、電磁遮蔽材の評価法 <ol> <li>損失材料評価法の分類</li> <li>均質材料、不均質材料の評価法</li> <li>電波吸収特性評価装置の例</li> <li>電磁遮蔽特性評価装置の例</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23426"><span itemprop="name">畠山 賢一</span></a> 氏 <div>兵庫県立大学 大学院 工学研究科 電子情報工学専攻</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/stbook.co.jp">S&amp;T出版 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">40000円</span> (税別) / 43,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引</h3> <p>S&amp;T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。</p> <ul> <li>Eメール案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 37,963円(税別) / 41,000円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,963円(税別) / 73,400円(税込)</li> <li>さらに3名様以上で追加1名あたり27,963円(税別) / 30,200円(税込) で受講いただけます。</li> </ul></li> <li>Eメール案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/stbook.co.jp/seminar?id=24257&date=2017-07-05&title=車載デバイスの低周波~高周波電磁対策用吸収・遮蔽材入門講座">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> EMC EMI (Electromagnetic Interference / 電磁波障害) EMS (Electro Magnetic Susceptibility / 電磁耐性) ノイズ対策 車載機器 Mon, 15 May 2017 02:13:56 +0000 admin 24257 at https://tech-seminar.jp ポリマーアロイの相構造・分散制御技術 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%81%AE%E7%9B%B8%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%83%BB%E5%88%86%E6%95%A3%E5%88%B6%E5%BE%A1%E6%8A%80%E8%A1%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> ポリマーアロイの相構造・分散制御技術</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1160" rel="tag" title="ポリマーアロイ">ポリマーアロイ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1650" rel="tag" title="ポリマーブレンド">ポリマーブレンド</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1139" rel="tag" title="成形加工">成形加工</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1115" rel="tag" title="混練">混練</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24241/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24241&date=2017-07-06&title=ポリマーアロイの相構造・分散制御技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、相溶性・非相溶性の考え方から相溶化剤設計、混練・成形加工技術まで詳説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:00:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:20:00+09:00">16時20分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:20:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>相溶性に関する基礎的知見</li> <li>流動場における構造形成</li> <li>ポリマーブレンドのレオロジー</li> </ul> <ul> <li>ポリマーブレンドの強度,弾性率および靭性に関する初歩理論</li> <li>ポリマーブレンドの成形加工温度と強度および靭性の関係</li> <li>ポリマーブレンドの力学特性に関する反応性相溶化剤と非反応性相溶化剤の役割</li> </ul> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 レオロジー特性を利用したポリマーアロイの高性能化・機能性付与</h4> <p>(2017年7月6日 10:00〜11:20)</p> <p> 材料の高性能化、機能性の付与に必要となる構造の制御方法を中心に、ポリマーアロイ・ブレンドの基礎と応用について概説する。工業的応用を視野に入れた材料開発の観点から解説を行う。</p> <ol> <li>平衡状態の相構造 <ol> <li>相溶性の基礎</li> <li>ポリマーブレンドの相図</li> <li>静電的な相互作用が存在しない系の相溶性</li> <li>ブレンド表面の構造と局在化</li> </ol></li> <li>流動場における構造形成 <ol> <li>せん断誘起相分離と相混合</li> <li>流動場を利用した構造制御</li> </ol></li> <li>ブレンド・コンポジットのレオロジー特性とその制御 <ol> <li>動的粘弾性の解説</li> <li>ポリマーブレンド・コンポジットの溶融粘弾性</li> <li>成形加工性を改良する方法</li> </ol></li> <li>ポリマーアロイ・ブレンドの新展開 <ol> <li>相溶系ポリマーブレンドを利用した材料設計</li> <li>非相溶系ポリマーブレンドを利用した材料設計</li> <li>非相溶系ポリマーブレンドにおける第三成分の局在化と相間移動</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 ポリマーブレンド・高分子複合材料の 成形加工技術と高機能化</h4> <p>(2017年7月6日 11:30〜12:50)</p> <p> 本講座では、非相溶系ポリマーブレンドの力学特性に関する初歩理論から成形加工温度依存性や相溶化剤の役割について解説する。</p> <ol> <li>ポリマーブレンドの定義 <ol> <li>ポリマーブレンドの目的</li> <li>相溶系と非相溶系</li> <li>非相溶系ポリマーブレンドの相構造</li> </ol></li> <li>ポリマーブレンドの力学特性に関する初歩理論 <ol> <li>複合則 (Reuse則,Voigt則,対数複合則)</li> <li>粒子間距離 (Wuの式)</li> <li>分散相の分布と弾性率の関係</li> </ol></li> <li>ポリマーブレンドの成形加工温度と強度および靭性の関係 <ol> <li>成形加工時に生じる残留ひずみ</li> <li>射出成形温度と降伏応力の関係</li> <li>射出成形温度と靭性の関係</li> </ol></li> <li>ポリマーブレンドの力学特性に関する反応性相溶化剤と非反応性相溶化剤の役割 <ol> <li>相溶化剤の役割</li> <li>非反応系相溶化剤によるポリマーブレンドの力学特性改善</li> <li>反応系相溶化剤によるポリマーブレンドの靭性改善</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 アポリマーアロイ、フィラー含有ポリマーの電子顕微鏡を中心とした解析</h4> <p>(2017年7月6日 13:30〜14:50)</p> <ol> <li>透過型電子顕微鏡 <ol> <li>TEMとSTEM &#8211; EDXの原理</li> <li>試料作製方法について</li> </ol></li> <li>電子染色法の適用 <ol> <li>電子染色法とは</li> <li>ポリマーの官能基と有効な染色剤</li> </ol></li> <li>各種ポリマー材 料の適用例 <ol> <li>例1 PP/PA</li> <li>例2 PA/PB/PPO</li> <li>例3 PE/PPの界面</li> <li>例4 PLAアロイ</li> <li>例5 ポリウレタン (AFMの位相像との相関について)</li> <li>例6 トナー</li> <li>例7 ゴム/セルロースナノファイバー</li> <li>例8 自動車用タイヤ</li> <li>Ultra Sonicナイフの適用例</li> </ol></li> <li>超薄切片法とFIBの比較 <ol> <li>無機粒子含有ABS樹脂</li> <li>サングラスプラスチックレンズ</li> <li>トナー印刷紙</li> <li>超薄切片法とFIBの長所,短所</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 ポリマーアロイによるポリマー材料の高機能化</h4> <p>(2017年7月6日 15:00〜16:20)</p> <ol> <li>ポリマーアロイの相構造・分散状態の制御と物性 <ol> <li>ポリマーアロイ・ブレンドと相溶性/相容性</li> <li>ポリマーアロイ・ブレンドの構造形成</li> <li>発熱的相互作用による相溶化</li> <li>相溶性に対する外部場の影響</li> <li>相溶化、相容化の考え方</li> <li>非相溶系における分散機構</li> <li>ポリマーアロイ・ブレンドの材料設計</li> </ol></li> <li>ポリマーアロイによる物性制御<br /> ~ポリカーボネート樹脂におけるアロイの物性制御例~ <ol> <li>PC/ポリアリレート (<span class="caps">PAR</span>) 系</li> <li>PC/ポリ &#8211; ε &#8211; カプロラクトン (<span class="caps">PCL</span>) 系</li> <li>PC/ABS系</li> <li>PC/芳香族ポリエステル (PEs) 系</li> <li>PC/ポリアミド (PA) 系</li> <li>PC/ポリオレフィン系</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5754"><span itemprop="name">山口 政之</span></a> 氏 <div>北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系 物質化学領域 </div> <div>領域長 / 教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22466"><span itemprop="name">高山 哲生</span></a> 氏 <div>山形大学 大学院 有機材料システム研究科</div> <div>助教</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/16995"><span itemprop="name">増田 昭博</span></a> 氏 <div>株式会社 東レリサーチセンター 形態科学研究部 形態科学第2研究室 </div> <div>主任研究員</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24240"><span itemprop="name">弘中 克彦</span></a> 氏 <div>帝人 株式会社 樹脂事業本部 樹脂開発センター</div> <div>センター長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24241&date=2017-07-06&title=ポリマーアロイの相構造・分散制御技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 ポリマーアロイ ポリマーブレンド 成形加工 混練 Sun, 14 May 2017 14:28:41 +0000 admin 24241 at https://tech-seminar.jp 2軸押出機内の樹脂混練分散メカニズムと応用材料分散の実際 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-2%E8%BB%B8%E6%8A%BC%E5%87%BA%E6%A9%9F%E5%86%85%E3%81%AE%E6%A8%B9%E8%84%82%E6%B7%B7%E7%B7%B4%E5%88%86%E6%95%A3%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A8%E5%BF%9C%E7%94%A8%E6%9D%90%E6%96%99%E5%88%86%E6%95%A3%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%9A%9B <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 2軸押出機内の樹脂混練分散メカニズムと応用材料分散の実際</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~分散品質が予測可能な時代に~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/679" rel="tag" title="微粒子分散">微粒子分散</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1381" rel="tag" title="押出成形">押出成形</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1115" rel="tag" title="混練">混練</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23961/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23961&date=2017-07-06&title=2軸押出機内の樹脂混練分散メカニズムと応用材料分散の実際">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>押出成形・押出加工に関連する製品の技術者 <ul> <li>フィルム (光学フィルム・太陽電池関連フィルム・包装など)</li> <li>シート (発泡シートなど)</li> <li>パイプ・ホース・チューブ</li> <li>土木・建材用異形押出品</li> <li>電池セパレータ</li> <li>高機能複合材料 (ナノコンポジット)</li> <li>機能性薄膜・フィルム</li> <li>食品</li> <li>トイレタリー分野</li> <li>押出機 など</li> </ul></li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>2軸押出機の現在の技術守備範囲、不可能領域</li> <li>破砕分散と分配分散の基礎</li> <li>ナノ分散を実現する技術</li> <li>ナノ分散に付随する強度向上効果のメカニズム</li> <li>新しい分散品質を予測できる技術</li> <li>伸長流動分散の基礎</li> <li>分散特性の有意さが分かる</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 2軸押出機で分散を図る場合、ほとんどの場合最大粒子径が、最良条件でもミクロンサイズになる。 (ミクロン分散) 一方、最大粒子径が0.1ミクロンを条件とするナノ分散は特殊な技術、装置でしか実現できない。 (ナノ分散) その中間領域の1ミクロン以下0.1ミクロン以上の領域を特別にサブミクロン分散分野と呼ぶが、今、この領域の実現が大きな課題である。<br />  単なる2軸押出機では実現できない。最大の手法は分散性に均一性を十分実現すれば、可能になる。均一性を実現する技術を付加する必要がある。それらの付加技術全体を展望し、すでに完成した技術および今後われわれが実現しなくてはならない技術を紹介する。完成もしくはほぼできつつある技術であるので、実用化すれば大きな戦力になることは間違いない。<br />  従来の2軸押出機に、「送り込み分配分散」を精度よく実現すれば、サブミクロン分散が可能になる。無機フィラー分散では、「スラリー分散技術」を用いればサブミクロン~ナノ分散に入ったあたりが実現できる。ポリマーアロイ分散では「伸長流動分散技術」を用いれば、サブミクロン~ナノ分散に入ったあたりが実現できる。<br />  こうした技術は最近発達してきた新しい技術である。もう従来技術水準の2軸押出機にしがみつくことはない。一方分散品質を予測できる技術も確立できる時代になり、混練、分散技術分野が大きく展開してきている。これらの新しい技術の展望を詳細に説明する。</p> <ol> <li>2軸押出機のせん断作用特性、その他 <ol> <li>コンパウンド、ポリマーアロイ製造に2軸押出機が主流になった背景 <ul> <li>応用せん断速度 (応力) 領域特性の拡大</li> <li>高噛合化、高速化、高トルク化、高L/D化がもたらした応用技術</li> <li>2軸押出機応用技術の今後の方向性を推測する</li> </ul></li> <li>凝集粒子解砕特性 <ul> <li>凝集粒子の破壊力は、凝集次数と凝集粒子径の関数として解析できる</li> </ul></li> <li>理想的分散理論 <ul> <li>回転粒子分散理論<br /> (マッケルビーの2粒子分割理論以降とび抜けた分散理論がない中での理論)</li> </ul></li> <li>せん断分散と異なる伸長流動分散技術応用への目途が立ちつつある現状<br /> (より均一分散、高品質をトライする選択)</li> </ol></li> <li>フィラーのせん断分散性解析の最近の傾向 <ol> <li>これまでの研究・開発では「破砕分散」に重点を置き過ぎた <ul> <li>もっと均一分散性に注力しなければならない</li> <li>究極の目標に、ナノ分散達成がある</li> </ul></li> <li>「分配分散」を詳細に検証する <ol> <li>分配分散の2面性「送り込み分配分散」と「まき散らし分配分散」がある <ul> <li>「破砕分散品質到達点」前後の分配分散性の違いと実際</li> </ul></li> <li>橋爪の5段階分散モデルとパームグレンの4段階分散モデルの比較</li> <li>「送り込み分配分散」・・せん断破砕分散と同居する <ul> <li>どういう役目か、どのようにコントロール、評価するのか <ul> <li>ブリスターリング、リングセグメント, 絞り機構の応用、T関数の応用</li> <li>リングセグメント、絞りには、伸長流動分散効果の副次効果がある</li> </ul></li> <li>伸長流動分散の均一性が今後大きな分野に発展する可能性がある <ul> <li>米国のベーン押出機、伸長流動セグメント、ダイ方式など分散機構3分類</li> <li>せん断流動、伸長流動の共存流動における分散性</li> <li>HMWPEがHDPE中で分散できる (相対粘度≧100でも分散が可能)</li> </ul></li> <li>メルトフラクチャを送り込み分配分散に応用する新しい考え方と実際</li> </ul></li> <li>「まき散らし分配分散」 … 単独で作用する <ul> <li>どういう役目か、どのようにコントロール、評価するのか</li> <li>ギヤエレメントなど … 欧米の方式</li> <li><span class="caps">CTM</span>, スタティックミキサーなど … 日本の方式</li> </ul></li> </ol></li> </ol></li> <li>ナノ分散コンポジットの強度向上はバウンドポリマーが要因である<br /> ナノ分散ポリマーアロイの強度向上は粒子相互の応力拡散が要因である <ol> <li>材料の機械強度が向上する現象解明 <ol> <li>コンパウンドの場合</li> <li>ポリマーアロイの場合</li> </ol></li> <li>従来のナノ分散実現技術以外に、最近の技術トピックス <ol> <li>メルトソリューション法 <ul> <li>現在はグラフェンの完全分散に特下しているが、今後応用材料範囲が広がる</li> </ul></li> <li>リビング重合法において、流動相の高分子の末端に吸着性官能を導入し、無機ナノ粒子単体の表面を修飾する方法</li> </ol></li> </ol></li> <li>フィラーの分散品質が精度よく予測できる時代に入った <ol> <li>従来の相似側は役に立たない分散現象では相似実験ができないという悩み</li> <li>分散品質の事前予測技術 <ol> <li>時間無制約分散パラメータの応用 <ul> <li>有効時間の解析</li> </ul></li> <li>品質方程式の作成方法</li> <li>分散品質予測精度の確認 <ul> <li>精度を上げるため、ノイズ実験を消去する方法など</li> </ul></li> </ol></li> <li>完全解析事例の紹介</li> </ol></li> <li>質疑応答</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5247"><span itemprop="name">橋爪 慎治</span></a> 氏 <div>有限会社エスティア </div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 中会議室2</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23961&date=2017-07-06&title=2軸押出機内の樹脂混練分散メカニズムと応用材料分散の実際">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 微粒子分散 押出成形 混練 Wed, 05 Apr 2017 13:54:50 +0000 admin 23961 at https://tech-seminar.jp 医薬品の知財制度と特許戦略 入門講座 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E7%9F%A5%E8%B2%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%A8%E7%89%B9%E8%A8%B1%E6%88%A6%E7%95%A5-%E5%85%A5%E9%96%80%E8%AC%9B%E5%BA%A7 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 医薬品の知財制度と特許戦略 入門講座</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~知財制度/最新動向/医薬品LCM特許戦略/職務発明などポイントを解説~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/212" rel="tag" title="知的財産">知的財産</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1510" rel="tag" title="LCM (Life Cycle Management / ライフサイクルマネジメント)">LCM (Life Cycle Management / ライフサイクルマネジメント)</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23963/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23963&date=2017-07-06&title=医薬品の知財制度と特許戦略 入門講座">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> まずは知的財産制度とはどのようなものかを俯瞰した後、医薬特許の概略や特殊性などを述べ、その上で医薬品に関してどのような特許戦略が考えられるかを述べたい。また、医薬品の研究開発は、特許取得と侵害回避の両面を見据えて行われることも簡単に触れたい。更に、主に研究者を対象とするから、職務発明についても簡単に述べたい。<br />  知的財産 (特に特許) の基礎的知識の習得ないし復習にもなると思われる。また、医薬品が如何に知的財産と関わっているかも理解できるのではないかと思われる。</p> <ol> <li>はじめに</li> <li>知財 (主に特許) と知財制度について <ol> <li>知的財産と知的財産権</li> <li>特許取得の目的</li> <li>特許と事業との関係</li> <li>知的創造サイクル</li> <li>特許の強さ</li> <li>新規性喪失の例外について</li> </ol></li> <li>医薬品と特許 <ol> <li>薬業界の動き <ol> <li>後発医薬品の伸長</li> <li>長期収載品の販売委託</li> <li>オーソライズト・ジェネリック (AG)</li> <li>ドラッグ・リポジショニング</li> </ol></li> <li>新薬 (新規医薬品) の特殊性</li> <li>医薬品を取り巻く知的財産権</li> <li>医薬品開発の流れと特許</li> <li>医薬品の特許期間</li> <li>特許と薬事行政</li> </ol></li> <li>医薬品の特許戦略 <ol> <li>特許権によるLCM</li> <li>医薬品のLCM</li> <li>特許戦略の位置付け</li> <li>医薬品LCMにおける特許戦略</li> <li>特許戦略の例?</li> </ol></li> <li>職務発明 <ol> <li>従業員 (研究者) の発明</li> <li>職務発明の帰属</li> <li>従業員と会社との利益調整</li> <li>企業内ルール、利益の算定</li> <li>不合理か否か</li> </ol></li> <li>その他</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23962"><span itemprop="name">清水 尚人</span></a> 氏 <div>NSI国際特許事務所</div> <div>所長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 視聴覚大講義室</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23963&date=2017-07-06&title=医薬品の知財制度と特許戦略 入門講座">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 知的財産 LCM (Life Cycle Management / ライフサイクルマネジメント) Wed, 05 Apr 2017 13:58:31 +0000 admin 23963 at https://tech-seminar.jp コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-ER-ES%E6%8C%87%E9%87%9D%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 超入門</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~これだけわかれば、電子規制に関する要件はすべて大丈夫~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1227" rel="tag" title="21 CFR Part 11">21 CFR Part 11</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1228" rel="tag" title="ER/ES指針">ER/ES指針</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1239" rel="tag" title="GAMP 5">GAMP 5</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/858" rel="tag" title="コンピュータ化システムバリデーション (CSV)">コンピュータ化システムバリデーション (CSV)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/6" rel="tag" title="Microsoft Excel">Microsoft Excel</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24038/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24038&date=2017-07-06&title=コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> <p>以下、CSV関連セミナーとの同時申し込みで特別割引にて受講いただけます。 <ul> <li><a href="/node/24040">2017年7月7日「コンピュータバリデーション (中級編)」との同時受講</a><br /> (通常受講料 : 92,340円 → 割引受講料 61,560円)</li> </ul></p> <p><strong class="caution">新ガイドライン対応のためのSOPや供給者監査チェックリストなど、サンプルを配布いたします。</strong><br /> <strong class="caution">e-Learning教材にて復習を行っていただけます。</strong></p></div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、GAMP 5、CSV、厚生労働省ER/ES指針、21 <span class="caps">CFR</span> Part 11について基礎から解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>製薬企業の品質部門、IT部門、管理者、実務担当者</li> <li>製薬関連のコンサルタント</li> <li>IT企業の製薬関連部門 管理者、実務担当者</li> <li>これからバリデーションに携わる方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>バリデーションの基礎</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 5の概要</li> <li>V-Modelの基礎</li> <li>サプライヤの活用方法</li> <li>コンピュータ査察の対応方法</li> <li>IQ,OQ,PQの基礎</li> <li>作成すべき文書 (<span class="caps">SOP</span>) と記録</li> <li>ExcelのCSV実施方法とER/ES指針対応方法</li> <li>当局のCSV、ER/ES査察はどのように実施されるのか</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p>コンピュータバリデーション (<span class="caps">CSV</span>) と電子記録・電子署名 (ER/ES) に関する超入門編です。<br /> はじめてバリデーションやER/ESを学ぶ方に最適なセミナーです。<br /> CSV規制の歴史をご紹介した上で、製薬業界のスタンダードであるGAMP 5をわかりやすく解説します。<br /> CSVを実施する上で知っておかなければならないことは、構造設備とITアプリケーションでは、バリデーションの方法が全く違うということです。<br /> しかしながら、これまで構造設備とITアプリケーションの違いについて解説を行うセミナーはありませんでした。<br /> システムを4つに分類し、それぞれのCSV実施方法を解説いたします。<br /> また、電子記録や電子署名を使用する場合、どういった管理が必要かを基本から解説いたします。<br /> 特に多くの業務で使用されているMS-ExcelのCSV実施方法と、ER/ES指針対応方法をわかりやすく解説いたします。<br /> FDAの査察官は、電子記録の不正に関して、徹底的に査察方法を教育されています。<br /> いったい、どのように電子記録 (Excel) を管理すれば良いのでしょうか。<br /> 本セミナーでは、初心者の方に向けて、CSVとER/ES指針を超わかりやすく解説いたします。</p> <ol> <li>電子関連規制要件等の歴史 <ul> <li>参照すべき日米欧のCSV、ER/ESに関する規制要件</li> <li>参照すべき日米欧のCSV、ER/ESに関する業界標準</li> <li>コンピュータ化システムに関する規制要件等の歴史</li> <li>ER/ES規制の歴史</li> </ul></li> <li>GAMPとは <ul> <li><span class="caps">GAMP</span> (Good Automated Manufacturing Practice) って何?</li> <li>GAMPの改定 ~GAMP 4からGAMP 5へ~</li> <li>GAMPドキュメントセット</li> <li>GAMP5ガイダンス 目次</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 5における5つのキーコンセプト</li> </ul></li> <li>医薬におけるバリデーションとは <ul> <li>プロセスバリデーションとは</li> <li>医薬品GMP省令におけるバリデーション</li> <li>GMPにおけるバリデーションの種類</li> <li>バリデーション基準 (2005年3月30日、薬食監麻発第0330001号)</li> </ul></li> <li>コンピュータ化システムとは <ul> <li>コンピュータ化システム導入の原則 ~ANNEX 11~ 2013.1.1改定</li> <li>コンピュータ化システムとは</li> <li>GMPにおけるコンピュータ化システム</li> <li>GMPで使用するコンピュータ化システムは4つのカテゴリに分類される</li> <li>コンピュータ化システムの種類と特徴</li> <li>コンピュータ化システムの変遷と品質保証</li> </ul></li> <li>PVとCSVの違い <ul> <li>GMPにおけるハードとソフト</li> <li>設備および製造支援システム (つまりGMPハード) についての適格性評価が必要</li> <li>CSV、適格性評価、バリデーションの関係</li> <li>プロセスバリデーション (PV) とCSVの違いについて</li> </ul></li> <li>CSVとは <ul> <li>なぜCSVが必要か</li> <li>品質の良いシステム (ソフトウェア) とは?</li> <li>コンピュータにおける「バリデーション」とは?</li> <li>GCP課長通知 (記録の保存等 第26条第1項)</li> <li>Computerized System Validation (<span class="caps">CSV</span>) とは?</li> <li>CSV実施に必要なスキルとは</li> </ul></li> <li>カテゴリ分類とは <ul> <li>ユーザ要求にシステム (ソフトウェア) を適合させる3つの方法</li> <li>ソフトウェアカテゴリ分類とは</li> <li>ソフトウェアカテゴリとシステムの例</li> <li>市販のパッケージソフトウェアの導入における成果物の種類</li> <li>Excelとソフトウェアカテゴリ分類</li> </ul></li> <li>システムライフサイクルとは <ul> <li>システムライフサイクルフェーズとステージ (段階)</li> <li>CSV成果物の種類と属性</li> <li>計画書と報告書</li> <li>トレーサビリティマトリックスとは</li> </ul></li> <li>V-Modelとは <ul> <li>一般的な仕様と検証のアプローチ ー Specification &amp; Verification Approach</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 4におけるV-Model</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 5におけるV-Model</li> <li>ライフサイクル内開発フェーズと支援プロセス</li> <li>Non-configured Software (設定変更しないパッケージ製品:カテゴリー3)</li> <li>Configured Software (設定変更するパッケージ製品:カテゴリー4)</li> <li>Custom Software (カスタムソフトウェア:カテゴリー5)</li> </ul></li> <li>サプライヤの活用 <ul> <li>コンピュータシステムの品質保証は製薬企業が行うべきか?</li> <li>サプライヤの活用方法</li> <li>サプライヤの責任</li> </ul></li> <li>リスクベースドアプローチとは <ul> <li><span class="caps">FDA</span> cGMPs for the 21st Century Initiative</li> <li>リスクベースドアプローチとは</li> <li>リスクベースドアプローチの効能</li> <li>cGMPの改革と21 <span class="caps">CFR</span> Part 11の改定</li> <li><span class="caps">ICH</span> Q8、Q9、Q10</li> <li><span class="caps">ICH</span> Q9 「品質リスクマネジメントに関するガイドライン」 2005.11</li> <li>どうやってリスクを定義するべきか</li> <li>Part11査察の現状と対応</li> </ul></li> <li>ER/ES指針入門 <ul> <li>ER/ES指針とは</li> <li>電子化のリスクとは</li> <li>真正性、見読性、保存性とは</li> <li>ER/ES指針対応の必要性 (QCラボ)</li> <li>ハイブリッドシステムの問題点</li> <li>MS-Excelによる電子記録の保管方法</li> </ul></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/3273"><span itemprop="name">村山 浩一</span></a> 氏 <div>株式会社 イーコンプライアンス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E4%B8%89%E7%94%B0NN%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9">三田NNホール&amp;スペース</a> <meta itemprop="name" content="三田NNホール&amp;スペース" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="108-0014" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">芝4丁目1番23号</span> 三田NNビル地下1階 </div> <a href="/node/3287"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区芝4丁目1番23号&amp;markers=東京都港区芝4丁目1番23号&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="三田NNホール&amp;スペースの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/ecompress.co.jp">株式会社 イーコンプレス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様でお申込みの場合、1名あたり 38,000円(税別) / 41,040円(税込) で受講いただけます。</li> <li>3名様でお申込みの場合、1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 76,000円(税別) / 82,080円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul> <h3>全2コース申込割引受講料について</h3> <ul> <li>通常受講料 : 92,340円(税込) → 全2コース申込 割引受講料 61,560円(税込)</li> <li>通常受講料 : 85,500円(税別) → 全2コース申込 割引受講料 57,000円(税別)</li> </ul> <h4>2日間コースのお申込み</h4> <ul> <li><a href="/node/24040">2017年7月6,7日「コンピュータバリデーション (2日間)」</a></li> </ul> <h4>割引対象セミナー</h4> <ul> <li><a href="/node/24038">2017年7月6日「コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー (超入門)」</a> <ul> <li>受講料 : 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> </ul></li> <li><a href="/node/24039">2017年7月7日「コンピュータバリデーション (中級編)」</a> <ul> <li>受講料 : 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24038&date=2017-07-06&title=コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 21 CFR Part 11 ER/ES指針 GAMP 5 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) Microsoft Excel Mon, 24 Apr 2017 03:46:11 +0000 admin 24038 at https://tech-seminar.jp コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-ER-ES%E6%8C%87%E9%87%9D%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC-2%E6%97%A5%E9%96%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 超入門 + 中級編</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー (2日間)</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1227" rel="tag" title="21 CFR Part 11">21 CFR Part 11</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1178" rel="tag" title="CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)">CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1228" rel="tag" title="ER/ES指針">ER/ES指針</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1239" rel="tag" title="GAMP 5">GAMP 5</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1732" rel="tag" title="PAT (Process Analytical Technology)">PAT (Process Analytical Technology)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1191" rel="tag" title="SOP (Standard Operating Procedure / 標準作業手順書)">SOP (Standard Operating Procedure / 標準作業手順書)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/858" rel="tag" title="コンピュータ化システムバリデーション (CSV)">コンピュータ化システムバリデーション (CSV)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/6" rel="tag" title="Microsoft Excel">Microsoft Excel</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24040/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24040&date=2017-07-06&title=コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間)">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> <p><strong class="caution">新ガイドライン対応のためのSOPや供給者監査チェックリストなど、サンプルを配布いたします。</strong><br /> <strong class="caution">e-Learning教材にて復習を行っていただけます。</strong></p> <p>コンピュータバリデーションの入門編、中級編を2テーマセットにした特別コース!</p> <ul> <li><a href="/node/24038">2017年7月6日「コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー (超入門)」</a></li> <li><a href="/node/24039">2017年7月7日「コンピュータバリデーション (中級編)」</a></li> </ul></div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーは、コンピュータバリデーションの入門編、中級編のセミナーを2テーマセットにしたコースです。<br /> セット受講で特別割引にてご受講いただけます。<br /> <strong class="caution">通常受講料 : 92,340円(税込) → 割引受講料 61,560円(税込)</strong></p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>製薬企業の品質部門、IT部門、管理者、実務担当者</li> <li>製薬関連のコンサルタント</li> <li>IT企業の製薬関連部門 管理者、実務担当者</li> <li>これからバリデーションに携わる方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>バリデーションの基礎</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 5の概要</li> <li>V-Modelの基礎</li> <li>サプライヤの活用方法</li> <li>コンピュータ査察の対応方法</li> <li>IQ,OQ,PQの基礎</li> <li>作成すべき文書 (<span class="caps">SOP</span>) と記録</li> <li>ExcelのCSV実施方法とER/ES指針対応方法</li> <li>当局のCSV、ER/ES査察はどのように実施されるのか</li> <li>具体的なCSV文書のサンプル</li> <li>適切かつ高効率な対応方法</li> <li>CSV、ER/ES指針対応はどこまでやれば良いのか</li> <li><span class="caps">CSV</span> SOPの作成方法</li> <li>バリデーション成果物の作成方法</li> <li>ITシステムののバリデーションの実施方法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4><a href="/node/24038">2017年7月6日「コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー (超入門)」</a></h4> <p>コンピュータバリデーション (<span class="caps">CSV</span>) と電子記録・電子署名 (ER/ES) に関する超入門編です。<br /> はじめてバリデーションやER/ESを学ぶ方に最適なセミナーです。<br /> CSV規制の歴史をご紹介した上で、製薬業界のスタンダードであるGAMP 5をわかりやすく解説します。<br /> CSVを実施する上で知っておかなければならないことは、構造設備とITアプリケーションでは、バリデーションの方法が全く違うということです。<br /> しかしながら、これまで構造設備とITアプリケーションの違いについて解説を行うセミナーはありませんでした。<br /> システムを4つに分類し、それぞれのCSV実施方法を解説いたします。<br /> また、電子記録や電子署名を使用する場合、どういった管理が必要かを基本から解説いたします。<br /> 特に多くの業務で使用されているMS-ExcelのCSV実施方法と、ER/ES指針対応方法をわかりやすく解説いたします。<br /> FDAの査察官は、電子記録の不正に関して、徹底的に査察方法を教育されています。<br /> いったい、どのように電子記録 (Excel) を管理すれば良いのでしょうか。<br /> 本セミナーでは、初心者の方に向けて、CSVとER/ES指針を超わかりやすく解説いたします。</p> <ol> <li>電子関連規制要件等の歴史 <ul> <li>参照すべき日米欧のCSV、ER/ESに関する規制要件</li> <li>参照すべき日米欧のCSV、ER/ESに関する業界標準</li> <li>コンピュータ化システムに関する規制要件等の歴史</li> <li>ER/ES規制の歴史</li> </ul></li> <li>GAMPとは <ul> <li><span class="caps">GAMP</span> (Good Automated Manufacturing Practice) って何?</li> <li>GAMPの改定 ~GAMP 4からGAMP 5へ~</li> <li>GAMPドキュメントセット</li> <li>GAMP5ガイダンス 目次</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 5における5つのキーコンセプト</li> </ul></li> <li>医薬におけるバリデーションとは <ul> <li>プロセスバリデーションとは</li> <li>医薬品GMP省令におけるバリデーション</li> <li>GMPにおけるバリデーションの種類</li> <li>バリデーション基準 (2005年3月30日、薬食監麻発第0330001号)</li> </ul></li> <li>コンピュータ化システムとは <ul> <li>コンピュータ化システム導入の原則 ~ANNEX 11~ 2013.1.1改定</li> <li>コンピュータ化システムとは</li> <li>GMPにおけるコンピュータ化システム</li> <li>GMPで使用するコンピュータ化システムは4つのカテゴリに分類される</li> <li>コンピュータ化システムの種類と特徴</li> <li>コンピュータ化システムの変遷と品質保証</li> </ul></li> <li>PVとCSVの違い <ul> <li>GMPにおけるハードとソフト</li> <li>設備および製造支援システム (つまりGMPハード) についての適格性評価が必要</li> <li>CSV、適格性評価、バリデーションの関係</li> <li>プロセスバリデーション (PV) とCSVの違いについて</li> </ul></li> <li>CSVとは <ul> <li>なぜCSVが必要か</li> <li>品質の良いシステム (ソフトウェア) とは?</li> <li>コンピュータにおける「バリデーション」とは?</li> <li>GCP課長通知 (記録の保存等 第26条第1項)</li> <li>Computerized System Validation (<span class="caps">CSV</span>) とは?</li> <li>CSV実施に必要なスキルとは</li> </ul></li> <li>カテゴリ分類とは <ul> <li>ユーザ要求にシステム (ソフトウェア) を適合させる3つの方法</li> <li>ソフトウェアカテゴリ分類とは</li> <li>ソフトウェアカテゴリとシステムの例</li> <li>市販のパッケージソフトウェアの導入における成果物の種類</li> <li>Excelとソフトウェアカテゴリ分類</li> </ul></li> <li>システムライフサイクルとは <ul> <li>システムライフサイクルフェーズとステージ (段階)</li> <li>CSV成果物の種類と属性</li> <li>計画書と報告書</li> <li>トレーサビリティマトリックスとは</li> </ul></li> <li>V-Modelとは <ul> <li>一般的な仕様と検証のアプローチ ー Specification &amp; Verification Approach</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 4におけるV-Model</li> <li><span class="caps">GAMP</span> 5におけるV-Model</li> <li>ライフサイクル内開発フェーズと支援プロセス</li> <li>Non-configured Software (設定変更しないパッケージ製品:カテゴリー3)</li> <li>Configured Software (設定変更するパッケージ製品:カテゴリー4)</li> <li>Custom Software (カスタムソフトウェア:カテゴリー5)</li> </ul></li> <li>サプライヤの活用 <ul> <li>コンピュータシステムの品質保証は製薬企業が行うべきか?</li> <li>サプライヤの活用方法</li> <li>サプライヤの責任</li> </ul></li> <li>リスクベースドアプローチとは <ul> <li><span class="caps">FDA</span> cGMPs for the 21st Century Initiative</li> <li>リスクベースドアプローチとは</li> <li>リスクベースドアプローチの効能</li> <li>cGMPの改革と21 <span class="caps">CFR</span> Part 11の改定</li> <li><span class="caps">ICH</span> Q8、Q9、Q10</li> <li><span class="caps">ICH</span> Q9 「品質リスクマネジメントに関するガイドライン」 2005.11</li> <li>どうやってリスクを定義するべきか</li> <li>Part11査察の現状と対応</li> </ul></li> <li>ER/ES指針入門 <ul> <li>ER/ES指針とは</li> <li>電子化のリスクとは</li> <li>真正性、見読性、保存性とは</li> <li>ER/ES指針対応の必要性 (QCラボ)</li> <li>ハイブリッドシステムの問題点</li> <li>MS-Excelによる電子記録の保管方法</li> </ul></li> </ol> <h4><a href="/node/24039">2017年7月7日「コンピュータバリデーション (中級編)」</a></h4> <p>CSVに関するセミナーや書籍は沢山ありますが、実際のCSVやER./ESの成果物の作成方法を解説したものはほとんどありません。<br /> 百聞は一見にしかずです。ぜひ具体的な文書の例を見て、CSV、ER/ES対応を体感してみてください。<br /> 本セミナーでは、実際のCSVやER/ES文書を開示しながら、成果物の作成方法とノウハウを徹底的に伝授いたします。<br /> CSVやER/ESを実践してきた経験から、難解なGAMP 5をわかりやすく解説し、適切かつ高効率な対応方法を解説いたします。<br /> これまで入門コースを受講された方にとって、次のステップアップとなる講座です。</p> <ol> <li>成果物の種類と作成の留意点 計画書 <ul> <li>報告書</li> <li>仕様書</li> <li>スクリプト</li> <li>ログ</li> <li>文書IDについて</li> </ul></li> <li>構想フェーズ <ul> <li>ユーザ要求仕様書 (<span class="caps">URS</span>) の書き方</li> </ul></li> <li>プロジェクトフェーズ <ol> <li>計画策定段階 <ul> <li>リスクアセスメントについて</li> <li>バリデーション計画書の書き方</li> </ul></li> <li>仕様、構成設定、およびコーディング段階 <ul> <li>機能仕様書の書き方</li> <li>トレーサビリティマトリックスの書き方</li> </ul></li> <li>検証段階 <ul> <li>テスト計画書の書き方</li> <li>テストスクリプトの書き方</li> <li>テスト報告書の書き方</li> </ul></li> <li>報告とリリース段階 <ul> <li>バリデーション報告書の書き方</li> </ul></li> </ol></li> <li>運用フェーズ <ul> <li>変更管理計画書の書き方</li> <li>障害管理計画書の書き方</li> <li>セキュリティ管理手順書の書き方</li> <li>災害対策計画書の書き方</li> <li>業務継続計画書の書き方</li> </ul></li> <li>査察対応の考え方 <ul> <li><span class="caps">CSV</span> SOPの書き方</li> <li>ER/ES手順書の書き方</li> <li>電子記録の保存方法と査察対応の具体</li> </ul></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/3273"><span itemprop="name">村山 浩一</span></a> 氏 <div>株式会社 イーコンプライアンス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E4%B8%89%E7%94%B0NN%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9">三田NNホール&amp;スペース</a> <meta itemprop="name" content="三田NNホール&amp;スペース" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="108-0014" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">芝4丁目1番23号</span> 三田NNビル地下1階 </div> <a href="/node/3287"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区芝4丁目1番23号&amp;markers=東京都港区芝4丁目1番23号&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="三田NNホール&amp;スペースの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/ecompress.co.jp">株式会社 イーコンプレス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">53000円</span> (税別) / 57,240円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="53000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様でお申込みの場合、1名あたり 53,000円(税別) / 57,240円(税込) で受講いただけます。</li> <li>3名様でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 57,000円(税別) / 61,560円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 106,000円(税別) / 114,480円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24040&date=2017-07-06&title=コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間)">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 21 CFR Part 11 CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置) ER/ES指針 GAMP 5 PAT (Process Analytical Technology) SOP (Standard Operating Procedure / 標準作業手順書) コンピュータ化システムバリデーション (CSV) Microsoft Excel Mon, 24 Apr 2017 03:48:27 +0000 admin 24040 at https://tech-seminar.jp レーザ溶接の基礎と異材接合への展開 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E7%95%B0%E6%9D%90%E6%8E%A5%E5%90%88%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%B1%95%E9%96%8B <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> レーザ溶接の基礎と異材接合への展開</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~金属とプラスチック・異種金属材料の直接接合技術と評価~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/208" rel="tag" title="接合">接合</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/423" rel="tag" title="レーザ">レーザ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/654" rel="tag" title="レーザ加工">レーザ加工</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1012" rel="tag" title="溶接">溶接</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24091/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24091&date=2017-07-06&title=レーザ溶接の基礎と異材接合への展開">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、レーザとレーザ溶接の基本、レーザ溶接現象、レーザ溶接欠陥の発生機構などを理解し、溶接欠陥防止への対処およびレーザ異材接合への展開を図るための基礎知識を解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>レーザ溶接・接合・ハイブリッド溶接・ブレージングを勉強・理解したい方</li> <li>レーザ溶接・接合法を利用・応用展開したい方</li> <li>レーザ溶接・接合において問題点・不明な点・わからない疑問点を持っておられる方</li> <li>レーザ溶接・接合をものづくりや設計に生かしたい方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>溶接用レーザの種類と動向</li> <li>レーザ溶接現象の基本原理</li> <li>レーザ溶接欠陥発生機構と防止法</li> <li>インプロセスモニタリングと適応制御の基本的な考え方</li> <li>レーザ異材接合のポイント</li> <li>レーザ溶接法の実際と応用例</li> <li>各種材料の特徴と注意点</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> レーザ溶接について、高速度ビデオ観察結果、X線透視観察結果などを用いて詳細に説明し、理解できるようにします。また、質問とその回答を通じて、さらに理解を深めるようにします。<br />  そして、レーザ溶接法の今後の展開が見えるようにします。</p> <ol> <li>レーザの種類・特徴とその溶接性 <ol> <li>溶接用レーザの種類と特徴</li> <li>各種レーザによる溶接の特徴</li> </ol></li> <li>レーザ溶接現象 <ol> <li>レーザスポット溶接現象 <ol> <li>溶込みおよびポロシティの生成に及ぼす溶接条件の影響</li> <li>スポット溶接性に及ぼすパルス波形の影響</li> <li>割れ発生機構と防止策</li> </ol></li> <li>レーザビード溶接現象 <ol> <li>レーザ誘起プルーム挙動と特徴</li> <li>レーザビームとプルームとの相互作用</li> <li>金属材料のレーザ吸収特性</li> <li>レーザビード溶接現象 (溶込み特性と湯流れ)</li> </ol></li> </ol></li> <li>レーザ溶接欠陥の発生機構と防止技術 <ol> <li>各種溶接欠陥の特徴</li> <li>ポロシティの発生機構と防止策</li> <li>割れの発生機構と防止策</li> <li>スパッタの発生機構と防止策</li> </ol></li> <li>レーザブレージング現象と欠陥発生・防止機構 <ol> <li>良好なブレージング部の作製条件と欠陥の発生条件</li> <li>欠陥発生機構と防止法</li> <li>最近のレーザブレージング法</li> </ol></li> <li>レーザ・アークハイブリッド溶接技術と開発動向 <ol> <li>各種熱源によるハイブリッド溶接法の特徴</li> <li>湯流れおよび溶接欠陥の発生と防止</li> <li>適用事例と開発動向</li> </ol></li> <li>レーザ溶接時のセンシング、モニタリングおよび適応制御 <ol> <li>レーザ溶接欠陥検出のためのモニタリング</li> <li>レーザ溶接時のインプロセスモニタリングと適応制御 <ol> <li>パルスレーザスポット溶接時のインプロセスモニタリングと適応制御およびインプロセスリペアリング</li> <li>連続発振レーザビード溶接時のインプロセスモニタリングと適応制御</li> </ol></li> </ol></li> <li>異種材料に応じた溶接・接合技術動向 <ol> <li>異種金属材料におけるレーザ溶接・接合法 <ol> <li>異種鉄鋼材料のレーザ溶接</li> <li>鉄鋼材料と軽金属とのレーザ異材接合</li> </ol></li> <li>金属とプラスチックのレーザ直接接合 <ol> <li>各種金属と各種プラスチックのレーザ直接接合法</li> <li>各種金属とCFRP (炭素繊維強化プラスチック) のレーザ直接接合</li> </ol></li> <li>異種材料でのレーザ接合部の接合機構</li> <li>実用化に向けての溶接・接合の評価結果 <ol> <li>異種金属接合における局所電池腐食防止用接合</li> <li>熱サイクル試験結果</li> <li>接合継手の信頼性評価</li> </ol></li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7536"><span itemprop="name">片山 聖二</span></a> 氏 <div>大阪大学</div> <div>名誉教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 講義室1</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24091&date=2017-07-06&title=レーザ溶接の基礎と異材接合への展開">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 接合 レーザ レーザ加工 溶接 Wed, 26 Apr 2017 02:51:28 +0000 admin 24091 at https://tech-seminar.jp 認知症治療薬に求められる有効性と臨床試験デザイン https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%E6%B2%BB%E7%99%82%E8%96%AC%E3%81%AB%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%9C%89%E5%8A%B9%E6%80%A7%E3%81%A8%E8%87%A8%E5%BA%8A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 認知症治療薬に求められる有効性と臨床試験デザイン</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~相次ぐドロップアウトの要因を理解し、新薬開発を目指す~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1059" rel="tag" title="臨床試験">臨床試験</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24389/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24389&date=2017-07-06&title=認知症治療薬に求められる有効性と臨床試験デザイン">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. アルツハイマー病治療の現状とドロップアウト要因をふまえた臨床試験デザイン</h4> <p>(2017年7月6日 10:30〜12:00)</p> <p> アルツハイマー病発症機序仮説の中でもっとも上流に位置し、老人斑の主要構成蛋白であるAsを標的とした根本治療薬の開発が進められているが、現在まで成功に至っていない。これらの原因について検討し、特にエントリー時のドロップアウトについてその現状と解決策を治験担当医師の立場から考えたい。</p> <ol> <li>本邦の認知症治療,ケアの現状</li> <li>アルツハイマー病の発症機序仮説 <ol> <li>神経病理学・生化学で分かったこと</li> <li>分子遺伝学で分かったこと</li> <li>アミロイドカスケード仮説の提唱</li> <li>Asワクチン療法の発見</li> <li>アルツハイマー病根本治療薬開発の現状</li> <li>その他の分子標的の可能性</li> </ol></li> <li>アルツハイマー病根本治療薬開発におけるドロップアウト <ol> <li>認知機能検査でのドロップアウト</li> <li>アミロイドPETあるいは髄液マーカーによるドロップアウト</li> <li>治験途中でのドロップアウト</li> </ol></li> <li>神経変性疾患の根本治療薬開発に重要なこと</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部. 臨床試験を見据えたモデル動物作成とその評価~ドロップアウトを防ぐ</h4> <p>(2017年7月6日 13:00〜14:45)</p> <p> 大学発シーズが前臨床試験から臨床試験まで切れ間無く開発できるロードマップができている。本講座では臨床試験でドロップアウトを防ぐための、モデル動物作製と評価系の実例を紹介する。</p> <ol> <li>神経変性疾患に対する低分子治療薬開発の現状</li> <li>臨床試験を見据えたモデル動物 <ol> <li>うつ病モデル動物の作成と評価</li> <li>アルツハイマー病モデル動物の作成と評価</li> <li>レビー小体病モデル動物の作成と評価</li> <li>パーキンソン病モデル動物の作成と評価</li> </ol></li> <li>疾患修飾治療薬の開発は可能か <ol> <li>アルツハイマー病について</li> <li>レビー小体病について</li> </ol></li> <li>大学発シーズ開発への期待</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. 認知症におけるバイオマーカーの開発</h4> <p>(2017年7月6日 15:00〜16:30)</p> <p> 認知症のバイオマーカーを開発する意義について考える。現在のバイオマーカーの課題を認識し、今後の展望を考察したい。</p> <ol> <li>認知症とは <ol> <li>認知症の原因</li> <li>認知症の症状</li> <li>何が問題か</li> </ol></li> <li>認知症のバイオマーカーの意義 <ol> <li>バイオマーカーとはどのようなものか</li> <li>なぜバイオマーカーが必要か</li> <li>良いバイオマーカーとは?</li> </ol></li> <li>どれくらいのバイオマーカー候補が存在するか <ol> <li>研究の経緯</li> <li>バイオマーカーの種類</li> <li>現在の課題</li> </ol></li> <li>私たちの取り組み <ol> <li>神経回路形成のメカニズム</li> <li>神経ガイダンス分子</li> <li>CRMPとはどのようなタンパク質か</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24386"><span itemprop="name">古和 久朋</span></a> 氏 <div>神戸大学 大学院 保健学研究科 リハビリテーション科学領域 脳機能・精神障害分野</div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24387"><span itemprop="name">福永 浩司</span></a> 氏 <div>東北大学 大学院 薬学研究科</div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24388"><span itemprop="name">五嶋 良郎</span></a> 氏 <div>横浜市立大学 大学院 医学研究科 分子薬理神経生物学 </div> <div>教授 / 副学長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="55000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24389&date=2017-07-06&title=認知症治療薬に求められる有効性と臨床試験デザイン">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 臨床試験 Wed, 17 May 2017 04:36:20 +0000 admin 24389 at https://tech-seminar.jp 抗体医薬における品質・不純物の分析とシングルユースの導入 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E6%8A%97%E4%BD%93%E5%8C%BB%E8%96%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%93%81%E8%B3%AA%E3%83%BB%E4%B8%8D%E7%B4%94%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%B0%8E%E5%85%A5 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 抗体医薬における品質・不純物の分析とシングルユースの導入</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1499" rel="tag" title="バイオ医薬品">バイオ医薬品</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24395/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24395&date=2017-07-06&title=抗体医薬における品質・不純物の分析とシングルユースの導入">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T10:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:40:00+09:00">16時40分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:40:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 培養環境の細胞代謝への影響と代謝産物の測定・ピックアップのポイント</h4> <p>(2017年7月6日 10:30〜12:00)</p> <ul> <li>細胞代謝のメカニズム</li> <li>代謝モデルを用いた品質測定</li> <li>培地中の代謝産物の検出</li> <li>培養環境による細胞代謝への影響</li> <li>質疑応答</li> </ul> <h4>第2部. 抗体医薬高品質生産にむけた原薬不均一性評価技術</h4> <p>(2017年7月6日 12:50〜14:50)</p> <p> 医薬品の製造において最も大切なことは、その安全性と有効性を確保することであり、その達成は原薬および製薬の品質保証により実現されている。分析評価技術は、これらの品質保証のための重要な要素である。<br />  本講座では、抗体医薬品の品質分析に関する実務を概説するとともに、高品質生産にむけた原薬不均一性評価技術の開発状況に関して解説する。</p> <ol> <li>バイオ医薬品の品質分析試験 <ol> <li>品質分析の目的と原則</li> <li>バイオ医薬品のICH品質ガイドライン</li> <li>バイオ医薬品を構成する成分</li> <li>申請前/申請後に行われる品質分析</li> <li>バイオ医薬品の特性解析</li> <li>バイオ医薬品の規格及び試験方法</li> <li>原薬・製剤の安定性試験</li> </ol></li> <li>品質管理からみた化学合成医薬品との違い <ol> <li>バイオシミラーとジェネリック</li> <li>分子不均一性</li> <li>バイオシミラーのためのガイドライン</li> </ol></li> <li>バイオ医薬品の品質分析の課題と原薬不均一性評価技術の開発 <ol> <li>FDAの指摘</li> <li>品質分析のフロンティア &#8211; 翻訳後修飾、凝集化、立体構造変化</li> <li>免疫原性のリスク管理</li> <li>次世代抗体医薬等の製造技術プロジェクト</li> <li>バイオ医薬品の立体構造変化に伴う不均一性評価技術の開発</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. バイオ医薬製造設備におけるシングルユース製品の導入とバリデーション</h4> <p>(2017年7月6日 15:10〜16:40)</p> <p> バイオ医薬品の製造工程では、単回使用のシングルユース製品が使用される。シングルユース製品の内、シングルユースバッグを中心にサプライヤーの製品設計思想、およびバリデーションについて概説する。<br />  また、ユーザーが導入する時の注意点、バリデーションについても紹介する。さらに、シングルユース製品の技術や規制の最新動向についても紹介する。</p> <ol> <li>シングルユースバッグとは? <ol> <li>シングルユースの製造プロセス</li> <li>シングルユース製品のメリット、デメリット</li> <li>ガイドラインについて</li> <li>シングルユース製品に使用される素材/製造工程</li> </ol></li> <li>シングルユースバッグの設計 <ol> <li>リスクアセスメント</li> <li>製造工程のリスク</li> <li>材質由来のリスク</li> <li>輸送、使用状況のリスク</li> </ol></li> <li>シングルユースのバリデーション <ol> <li>不純物について</li> <li>無菌性の保証</li> <li>シングルユース製品の安定供給</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/18802"><span itemprop="name">渋谷 啓介</span></a> 氏 <div>株式会社 日立製作所 研究開発グループ </div> <div>主任研究員</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/6749"><span itemprop="name">本田 真也</span></a> 氏 <div>国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 </div> <div>副研究部門長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7363"><span itemprop="name">松田 博行</span></a> 氏 <div>藤森工業 株式会社 ライフサイエンス事業本部 先端医療事業推進部 バイオサイエンス課 </div> <div>主任</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="55000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24395&date=2017-07-06&title=抗体医薬における品質・不純物の分析とシングルユースの導入">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 バイオ医薬品 Wed, 17 May 2017 05:00:19 +0000 admin 24395 at https://tech-seminar.jp 信号処理・画像処理のための凸最適化 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E5%87%A6%E7%90%86%E3%83%BB%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%87%B8%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 信号処理・画像処理のための凸最適化</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~近接分離最適化の使い方を中心に~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/237" rel="tag" title="信号処理">信号処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/82" rel="tag" title="画像処理">画像処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/41" rel="tag" title="MATLAB">MATLAB</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24205/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24205&date=2017-07-06&title=信号処理・画像処理のための凸最適化">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T11:00:00+09:00">2017年7月6日(木) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 近接分離原理に基づく凸最適化 (以下、近接分離最適化) は、L1ノルムのような微分できない関数を含む大規模凸最適化問題の解を効率的に計算する技術であり、信号処理・画像処理分野で幅広く応用されている。<br />  本セミナーでは、応用例とサンプルコード (<span class="caps">MATLAB</span>) を紹介しながら、詳細な理論に立ち入ることなく、近接分離最適化を使いこなすためのポイントを解説する。後半では、講師が関わってきた発展的な応用についても触れる。</p> <ol> <li>信号処理・画像処理と凸最適化 <ol> <li>背景・歴史</li> <li>凸最適化とは?</li> <li>凸最適化の利点</li> </ol></li> <li>近接分離原理に基づく凸最適化アルゴリズムとその応用 <ol> <li>近接写像の導入</li> <li>近接勾配法とスパース信号復元</li> <li>交互方向乗数法とロバスト主成分分析</li> <li>主 &#8211; 双対近接分離法と画像復元</li> </ol></li> <li>発展的な応用例の紹介 <ol> <li>色線形性を保つ正則化による色ムラ・偽色除去</li> <li>画像の構造/テクスチャ成分分離</li> <li>輝度 &#8211; 色差分離型ベクトル性全変動</li> <li>グラフ信号処理のための一般化全変動</li> <li>確率的交互方向乗数法による効率的画像復元</li> <li>非凸L0勾配を制約条件として用いた画像平滑化</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/19638"><span itemprop="name">小野 峻佑</span></a> 氏 <div>東京工業大学 像情報工学研究所</div> <div>助教</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%A0%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2">ちよだプラットフォームスクウェア</a> <meta itemprop="name" content="ちよだプラットフォームスクウェア" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-0054" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-21</span> </div> <a href="/node/3575"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-21&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-21&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ちよだプラットフォームスクウェアの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">45000円</span> (税別) / 48,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">56000円</span> (税別) / 60,480円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="45000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="56000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24205&date=2017-07-06&title=信号処理・画像処理のための凸最適化">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 信号処理 画像処理 MATLAB Thu, 11 May 2017 01:09:15 +0000 admin 24205 at https://tech-seminar.jp 撹拌・混合操作の基礎と最適化 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E6%92%B9%E6%8B%8C%E3%83%BB%E6%B7%B7%E5%90%88%E6%93%8D%E4%BD%9C%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 撹拌・混合操作の基礎と最適化</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1114" rel="tag" title="撹拌 (攪拌)">撹拌 (攪拌)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/268" rel="tag" title="数値流体力学 (CFD / Computational Fluid Dynamics)">数値流体力学 (CFD / Computational Fluid Dynamics)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/914" rel="tag" title="混合">混合</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24092/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24092&date=2017-07-06&title=撹拌・混合操作の基礎と最適化">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、均相系撹拌に関する基礎から、装置スケールアップの考え方を分かりやすく解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T12:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>撹拌に関連する技術者、研究開発者 <ul> <li>一般化学</li> <li>石油化学</li> <li>ゴム・樹脂・接着剤</li> <li>インク・塗料工業</li> <li>製紙</li> <li>食品</li> <li>医薬品</li> <li>化粧品 など</li> </ul></li> <li>撹拌装置を利用する技術者、研究者</li> <li>撹拌・撹拌装置に関連する技術者、設計者、開発者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>撹拌・混合の基礎</li> <li>撹拌槽における装置設計</li> <li>操作条件の決定</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 均相系撹拌に関する基礎的な項目から、装置スケールアップの考え方までを分かりやすく解説します。理解を深める目的で簡単な演習も行います。<br />  また撹拌槽における流動・混合・分散状態に関する諸現象の可視化手法 (数値流動解析 (<span class="caps">CFD</span>) や電気抵抗方式トモグラフィ計測法 (<span class="caps">ERT</span>) ) とその適用事例についても紹介します。</p> <ol> <li>均相撹拌における基礎理論 <ol> <li>撹拌・混合操作の基礎事項 <ol> <li>撹拌の目的</li> <li>撹拌装置の概略</li> <li>撹拌にまつわる無次元数</li> </ol></li> <li>撹拌翼の形状と流動状態 <ol> <li>小型翼</li> <li>大型翼ならびに大型特殊翼</li> <li>撹拌Re数と流動状態</li> <li>流動状態の可視化例</li> </ol></li> <li>撹拌所要動力 <ol> <li>流動特性指数</li> <li>完全邪魔板条件</li> <li>動力数</li> <li>永田らの式</li> <li>最高撹拌所要動力</li> </ol></li> <li>混合状態とその定量的評価法 <ol> <li>対流混合と拡散混合</li> <li>分離の強度と分離のスケール</li> <li>混合度</li> <li>混合時間と混合速度</li> <li>混合時間の測定法</li> <li>混合時間の推算</li> </ol></li> <li>撹拌槽伝熱 <ol> <li>均相系での伝熱操作ならびに伝熱特性</li> <li>乱流状態における熱伝達係数の無次元相関式</li> <li>層流状態における熱伝達係数の無次元相関式</li> </ol></li> </ol></li> <li>均相系撹拌・混合におけるスケールアップ <ol> <li>撹拌・混合におけるスケールアップの基本的考え方 <ol> <li>各種スケールアップ基準</li> </ol></li> <li>非ニュートン流体の取り扱い <ol> <li>非ニュートン流体のレオロジー特性</li> <li>メッツナー・オットーの手法 (その1) 擬塑性流体</li> <li>メッツナー・オットーの手法 (その2) 降伏応力流体</li> </ol></li> </ol></li> <li>簡単な演習と質疑応答</li> <li>ミキシング装置における可視化事例</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/20114"><span itemprop="name">上ノ山 周</span></a> 氏 <div>横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%B1%9F%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E7%94%A3%E6%A5%AD%E4%BC%9A%E9%A4%A8">江東区産業会館</a> <p>第2会議室</p> <meta itemprop="name" content="江東区産業会館" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3699-6011" /> <meta itemprop="url" content="http://www.koto-sangyokaikan.or.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="135-0016" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">東陽4丁目5-18</span> </div> <a href="/node/2363"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区東陽4丁目5-18&amp;markers=東京都江東区東陽4丁目5-18&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="江東区産業会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24092&date=2017-07-06&title=撹拌・混合操作の基礎と最適化">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 撹拌 (攪拌) 数値流体力学 (CFD / Computational Fluid Dynamics) 混合 Wed, 26 Apr 2017 02:53:19 +0000 admin 24092 at https://tech-seminar.jp 機械学習・ディープラーニングの基礎とデータ処理の仕方 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%96%B9 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 極力数式を使わない</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 機械学習・ディープラーニングの基礎とデータ処理の仕方</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/2016" rel="tag" title="Chainer">Chainer</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1899" rel="tag" title="Deep Learning">Deep Learning</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1978" rel="tag" title="TensorFlow">TensorFlow</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/327" rel="tag" title="ニューラルネットワーク">ニューラルネットワーク</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/2025" rel="tag" title="強化学習">強化学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1910" rel="tag" title="Python">Python</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24173/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24173&date=2017-07-06&title=機械学習・ディープラーニングの基礎とデータ処理の仕方">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、機械学習について基礎から解説し、ディープラーニングの具体的な実践方法をわかりやすく解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T12:30:00+09:00">2017年7月6日(木) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>データ処理の基本 (理論と実践)</li> <li>機械学習/ディープラーニングの基本 (理論と実践)</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ol> <li>機械学習/ディープラーニングを行う際に必要なデータ処理の基本 (1日目) <ol> <li>データの定義</li> <li>扱うデータの特性を把握する <ol> <li>時間軸/場所の考慮</li> <li>データを発生させるもの</li> </ol></li> <li>データの前処理 <ol> <li>データの抜け、異常値への対応</li> <li>データの量を調整する (増やす/減らす)</li> <li>データの次元を削減する</li> </ol></li> <li>ディープラーニングの精度を上げるためにどのようなデータを用意するか? <ol> <li>必要となるデータの量</li> <li>データクレジング</li> <li>フレームワークでの処理</li> </ol></li> <li>サンプルデータの説明 <ol> <li>デモで使用するサンプルデータの説明</li> </ol></li> </ol></li> <li>機械学習/ディープラーニングの数理・確率論 (1日目) ~対象物を数値情報へ変換する~ <ol> <li>分布</li> <li>次元とベクトル</li> <li>画像を数値情報へ変換する</li> <li>言語を数値情報へ変換する</li> <li>音を数値情報へ変換する</li> <li>状態を数値情報へ変換する</li> </ol></li> <li>機械学習の基礎と実践 (1日目) <ol> <li>機械学習の基本 <ol> <li>データがモデルをつくる</li> <li>学習結果をどう受け取るべきか</li> </ol></li> <li>学習の種類 <ol> <li>教師あり学習の基本</li> <li>教師なし学習の基本</li> <li>強化学習の基本</li> </ol></li> <li>結果の分類 <ol> <li>回帰</li> <li>クラス分類</li> </ol></li> <li>bWindowsで機械学習環境をオープンソースにて構築 <ol> <li>使用可能なオープンソース一覧</li> <li>Pythonの設定 (Windows7端末の例)</li> </ol></li> <li>サンプルデータを機械学習で処理 <ol> <li>何を導き出したいか?の定義</li> <li>使用できるモデルは?</li> <li>Pythonを実行し結果を得る</li> </ol></li> <li>機械学習のプログラム解説</li> </ol></li> <li>ディープラーニングの基礎と実践 (2日目) <ol> <li>機械学習とディープラーニングの違いは? <ol> <li>ニューラルネットワークとは</li> <li>生じた誤差の吸収</li> <li>特微量の抽出/学習の方法</li> </ol></li> <li>ディープラーニングを分類し、その特徴を把握する <ol> <li>畳み込みニューラルネットワーク <span class="caps">CNN</span> (Convolutional Neural Network)</li> <li>再帰型ニューラルネットワーク <span class="caps">RNN</span> (Recurrent Neural Network)</li> <li>強化学習 (Deep Q-learning)</li> </ol></li> <li>Windowsでディープラーニング環境をオープンソースにて構築 <ol> <li>TensorFlow</li> <li>Chainer</li> </ol></li> <li>サンプルデータをディープラーニングで処理 <ol> <li>TensorFlowで動かし結果を得る</li> <li>Chainerで動かし結果を得る</li> </ol></li> <li>ディープラーニングのプログラム解説 <ol> <li>TensorFlowの解説</li> <li>Chainerの解説</li> </ol></li> <li>解析結果の考察とチューニング <ol> <li>TensorFlow</li> <li>Chainer</li> </ol></li> <li>精度を上げるためにいかにパラメータを最適化するか?</li> <li>過学習の判断基準</li> <li>その他、実践にあたり注意すべきこと</li> </ol></li> <li>このセミナーだけで終わらせないために (2日目) <ol> <li>twitter/ブログを通じた情報の収集</li> <li>より高速な環境を求める場合</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23506"><span itemprop="name">太田 桂吾</span></a> 氏 <div>応用技術 株式会社 ソリューション本部 産業事業部 西日本開発部 第二グループ </div> <div>主査</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">70000円</span> (税別) / 75,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">65000円</span> (税別) / 70,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="65000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="70000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 65,000円(税別) / 70,200円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 70,000円(税別) / 75,600円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 130,000円(税別) / 140,400円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 195,000円(税別) / 210,600円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24173&date=2017-07-06&title=機械学習・ディープラーニングの基礎とデータ処理の仕方">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 機械学習 Chainer Deep Learning TensorFlow ニューラルネットワーク 強化学習 Python Mon, 08 May 2017 07:11:57 +0000 admin 24173 at https://tech-seminar.jp 事例を中心とした異物混入の分析・原因解明技術 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-06-%E4%BA%8B%E4%BE%8B%E3%82%92%E4%B8%AD%E5%BF%83%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E7%95%B0%E7%89%A9%E6%B7%B7%E5%85%A5%E3%81%AE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%83%BB%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E8%A7%A3%E6%98%8E%E6%8A%80%E8%A1%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 事例を中心とした異物混入の分析・原因解明技術</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~検出から異物分析、成分同定・原因解明までのフロー~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> <span class="option">個別相談付き</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/267" rel="tag" title="クリーンルーム">クリーンルーム</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1068" rel="tag" title="異物分析">異物分析</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/987" rel="tag" title="異物混入対策">異物混入対策</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23960/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23960&date=2017-07-06&title=事例を中心とした異物混入の分析・原因解明技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、各種製品・原材料中に混入する異物について発生原因と防止策から、発生した場合の分析、原因解明まで、異物問題について具体的事例を基にわかりやすく解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-06T12:45:00+09:00">2017年7月6日(木) 12時45分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-06T12:45:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-06T16:15:00+09:00">16時15分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-06T16:15:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>異物混入対策が求められる製品の技術者、品質担当者、管理者 <ul> <li>工業用途 <ul> <li>精密機械</li> <li>半導体製造</li> <li>電子機器・エレクトロニクス</li> <li>液晶工場</li> <li>ガラス・光学加工</li> <li>プラスチック成形</li> <li>塗装</li> <li>フィルム加工</li> </ul></li> <li>医療用途 <ul> <li>研究室</li> <li>無菌室</li> <li>手術室</li> </ul></li> <li>食品用途 <ul> <li>調理場</li> <li>製造ライン</li> </ul></li> <li>製薬工場</li> <li>バイオハザード施設</li> <li>動物実験施設</li> <li>RI (環境) 施設</li> </ul></li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>異物の基礎・種類</li> <li>異物の検知</li> <li>異物分析の前処理</li> <li>分析機器の特徴</li> <li>異物混入の原因特定と対策</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 異物問題において、担当者は以下の点に留意して取り組む必要があります。</p> <ul> <li>何が異物とされるかは、その時代の価値観によって刻々と変化する。</li> <li>混入原因は、原材料・製造環境と関係する。</li> <li>分析依頼に至る場合、相手は何らかのトラブルを抱えている。</li> <li>異物の成分が分かっただけでは、意味がない。</li> <li>異物が生のままで混入しているとは限らない。</li> <li>形状・性状などを拠り所に判断する重要性。</li> </ul> <p> これらのポイントを踏まえながら解説しますので、混入異物への対処方法について短時間で理解できます。製品検査、品質管理、分析・組成解析等を担当されている技術者の方、ならびに顧客相談窓口、営業の方にも役立つ内容です。<br />  セミナーの最後に異物分析相談会を実施します。異物混入でお困りのサンプル、写真等をお持ち下さい。その場で測定法のご提案、分析可否の判断、分析依頼についてのご相談などお受け致します。</p> <ol> <li>なぜ異物は発生するのか? (被害拡大防止のために) <ol> <li>異物の定義・種類</li> <li>最近の異物発生事例と特徴</li> <li>代表的な混入物質 (繊維、毛髪、昆虫、カビ、その他)</li> </ol></li> <li>異物の検知 (見えない異物をどのように捕らえるか?) <ol> <li>濾過捕集 &#8211; 光学顕微鏡観察、その他検知法</li> <li>X線マイクロCT等、各種検査装置</li> </ol></li> <li>検知した異物を分析する前に <ol> <li>事前の情報収集ならびに混入形態の確認</li> <li>異物の分野ごとの特徴</li> </ol></li> <li>異物分析の前処理 <ol> <li>異物の性状確認 (簡易識別)</li> <li>サンプリングに必要なツール</li> </ol></li> <li>分析機器の原理・特徴および組み合わせ <ol> <li><span class="caps">EPMA</span> (<span class="caps">SEM</span> &#8211; <span class="caps">EDX</span>) 、顕微IR、XRD、Raman、その他代表的手法</li> <li>成分同定に至るまでのフロー</li> <li>異物分析事例と結果の解釈について</li> </ol></li> <li>分析結果から正確な組成情報を得るには? <ol> <li>原因解明への道程</li> <li>異物の分析結果が原因物質と直結しないケース</li> </ol></li> <li>質疑応答・個別相談会</li> </ol> <h4>個別相談会について</h4> <ul> <li>個別相談は、セミナー終了後にご希望の方を対象に行います。</li> <li>受講者の方には、主催より事前に相談シートをお送りします。</li> <li>受講者が多い場合は、相談の順番や時間を調整させていただく場合があります。</li> </ul></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5371"><span itemprop="name">末広 省吾</span></a> 氏 <div>株式会社 住化分析センター 大阪ラボラトリー 技術開発センター</div> <div>主幹部員</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 大会議室3</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23960&date=2017-07-06&title=事例を中心とした異物混入の分析・原因解明技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> クリーンルーム 異物分析 異物混入対策 Wed, 05 Apr 2017 13:49:33 +0000 admin 23960 at https://tech-seminar.jp 3Dセンシング技術 (Light Coding / Time of Flight / Infrared Depth) の動作原理と非接触生体センシング https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-3D%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%8A%80%E8%A1%93-Light-Coding-Time-Flight-Infrared-Depth-%E3%81%AE%E5%8B%95%E4%BD%9C%E5%8E%9F%E7%90%86%E3%81%A8%E9%9D%9E%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E7%94%9F%E4%BD%93%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 3Dセンシング技術 (Light Coding / Time of Flight / Infrared Depth) の動作原理と非接触生体センシング</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~Microsoft Kinect V2, Intel RealSense F-200, R-200など~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/82" rel="tag" title="画像処理">画像処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/542" rel="tag" title="センサ">センサ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/2023" rel="tag" title="C#言語">C#言語</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/2022" rel="tag" title="Hololens">Hololens</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1508" rel="tag" title="Kinect">Kinect</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/883" rel="tag" title="拡張現実 (AR : Augmented Reality)">拡張現実 (AR : Augmented Reality)</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24102/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24102&date=2017-07-07&title=3Dセンシング技術 (Light Coding / Time of Flight / Infrared Depth) の動作原理と非接触生体センシング">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、3Dセンシング技術の基礎から解説し、非接触バイタルセンシングの測定原理から人間センシングまでを詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:00:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>Kinectの活用が期待できる関連部門の担当者、管理者 <ul> <li>製造業</li> <li>医療</li> <li>ヘルスケア</li> <li>エンターテイメント</li> <li>画像機器</li> <li>教育、教材関連</li> <li>広告</li> <li>研究機関 等</li> </ul></li> <li>Kinect for Windows V2センサに興味をお持ちの方</li> <li>骨格トラッキングの様々な映像技術への応用を考えている開発担当者</li> <li>距離画像センサ (ToFカメラやストラクチャ系カメラ) の開発を検討している開発担当者</li> <li>Kinectの応用等で課題を抱えている方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>Kinect for WindowsV1, V2の基本機能、概要、応用と動作原理について</li> <li>赤外線パルスの飛行時間を測定するTime of Flight (ToF) 方式</li> <li>普通のWebカメラをデプスカメラに変えるMicrosoft社の次世代学習型Infrared Depth方式</li> <li>KinectのLight Coding方式デプデプス・カメラの動作原理</li> <li>Kinectを使った具体的なアプリケーションとシステム事例とその動作原理</li> <li>非接触生体情報センシング技術 (呼吸や心拍等の検出原理)</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> デプス・センシング・アルゴリズム ( Structured Light技術[V1/RealSense] / Time of Flight技術[V2] / Infrared Depth [次世代] ) の理解から、それを用いた非接触生体センシングの動作原理、ヒューマン・ヘルスケア関連アプリケーションへの展開、及び次世代デバイスHololensのデモまで解説いたします。</p> <ol> <li>第1章 3Dセンサの開発動向 <ul> <li>3Dセンサの開発動向を方式別に紹介します。</li> <ol> <li>ストラクチャ光照明方式 (Kinect V1, Carmine, Intel RealSense F-200 / R-200)</li> <li>ToF (Time of Flight) 方式 (Kinect V2, Senz3D他)</li> <li>InfraredDepth方式 (SIGGRAPH2014:Microsoft)</li> <li>Stereoカメラ方式</li> <li>Leap Motion (魚眼レンズステレオカメラ+赤外線照明)</li> <li>PTAM方式 (単眼カメラ)</li> <li>Make3D方式 (単眼カメラ) Cornell大学</li> <li>3Dセンサの現状</li> <li>日本の3Dの開発動向</li> </ol></li> </ul></li> <li>第2章 Kinect V2イントロダクション <ul> <li>Microsoft社Kinect V2の実機デモによる概要説明 (Kinect for Windows <span class="caps">SDK</span> 2.0の基本機能) を行います。</li> <ol> <li>推奨ハードウェア条件とPCの適合性診断方法</li> <li>ハードウェア編 <ol> <li>接続構成と接続台数の制約</li> <li>フルHDカラーカメラ</li> <li>赤外線カメラ</li> <li>赤外線レーザ</li> <li>3軸直交加速度センサ</li> <li>マイクロフォン・アレイ</li> </ol></li> <li>ソフトウェア編 (SDK2.0 Build1409版) <ol> <li>Color フルHDカラーカメラのキャプチャ</li> <li>Depth ToF (Time of Flight) 方式デプスデータの画像化</li> <li>BodyIndex 人検出 (人物のいる領域を示すデータ)</li> <li>Infrare アクティブ赤外線画像データ</li> <li>Body 骨格トラッキング (25点の関節3次元座標、手のグー、チョキ、パー検出)</li> <li>Audio 音声データ (音源方向検出とビームフォーミング、音声認識)</li> <li>Face 5つ (両眼、鼻、口角) の特徴点の3次元座標と数種類の表情や状態を検出</li> <li>HD Face 2,000点の顔モデルと多数の特徴点のキャプチャ</li> <li>Kinect Fusion 3Dスキャナ</li> <li>捕捉事項</li> </ol></li> <li>Appendix A 3次元グラフィックスの基礎知識~3D-CGモデルについて、ポリゴン描画について、透視変換と光源計算について、Kinect Fusionと光源計算について、光源計算について、Bone、Boneと物理演算 <ol> <li>3D-CGモデルについて</li> <li>ポリゴン描画について</li> <li>透視変換と光源計算について</li> <li>Kinect Fusionと光源計算について</li> <li>光源計算について</li> <li>Bone</li> <li>Boneと物理演算</li> </ol></li> </ol></li> </ul></li> <li>第3章 RealSense F-200 / R-200イントロダクション <ul> <li>Intel社RealSense SR-200 / R-200の実機デモによる概要説明 (RealSense SDKの基本機能) を行います。</li> <ol> <li>推奨ハードウェア条件とPCの適合性診断方法</li> <li>ハードウェア編 <ol> <li>F-200 (後継機はSR-300)</li> <li>R-200</li> </ol></li> <li>ソフトウェア編 <ol> <li>Color</li> <li>Depth</li> <li>Infrared</li> <li>Hand Tracking</li> <li>Face Tracking</li> <li>3Dスキャン</li> <li>捕捉事項</li> </ol></li> <li>Appendix B Kinect V1~Kinect for Windows [V1]の概略構造~ <ol> <li>拡張現実とは?</li> <li>拡張現実関連の時代の流れ</li> <li>Kinectとは?</li> <li>Kinectの差異</li> <li>推奨ハードウェア条件 <ul> <li>本体形状</li> <li>USB2.0 I/Fと電源</li> <li>スティックPCでも動作</li> </ul></li> <li>Kinectの概略構成 <ul> <li>RGBカメラ</li> <li>赤外線プロジェクタ</li> <li>赤外線カメラ</li> <li>3軸直交加速度センサ</li> <li>仰角制御モータ</li> <li>4つのマイクロフォン</li> </ul></li> <li>Kinectの内部構造</li> <li>Kinectの赤外線プロジェクタ</li> <li>デプスカメラ</li> <li>Kinectの機能概要</li> <li>Kinect V1ソフトウェア編~Kinect for Windows <span class="caps">SDK</span> Ver.1.8の基本機能紹介とデモ~ <ol> <li>カラー画像キャプチャ</li> <li>デプスイメージ (カラールックアップテーブル方式を例示)</li> <li>赤外線カメラ</li> <li>骨格トラッキング</li> <li>人物検出</li> <li>カメラ位置補正の方法</li> <li>3軸加速度センサと仰角制御</li> <li>オーディオ <ul> <li>音声認識と音声合成</li> <li>音源方向検出とビームフォーミング</li> </ul></li> <li>アバターアニメーション</li> <li>顔トラッキング</li> <li>手の状態検出 (手のGrab/Pan検出)</li> <li>Kinect Fusion</li> <li>動画作成フリーウェアMikuMikuDance</li> </ol></li> </ol></li> <li>Appendix C LeapMotion</li> </ol></li> </ul></li> <li>第4章 アプリケーション事例紹介 <ol> <li>基本技術 <ul> <li>骨格トラッキングにより取得した関節3次元座標の時間履歴をFIFOメモリを用いて残像表示。</li> </ul></li> <li>拡張現実センシング <ul> <li>センサ1個で物理量の分布状態を可視化する</li> </ul></li> <li>非接触加速度センシング</li> <li>平衡感覚の衰えをセンシング</li> <li>ハンド・モーション判定</li> <li>円運動推定</li> <li>ハンドジェスチャによる家電制御</li> <li>エア楽器</li> <li>Cyber Eye <ul> <li>聴覚で視覚を代替する知覚コンバータ</li> </ul></li> <li>赤外線近接NUIによる指先トラッキング</li> <li>ロボット視線トラッキング</li> <li>非接触バイタルセンシング <ul> <li>在宅介護見守りシステムなど</li> </ul></li> </ol></li> <li>第5章 ToF方式デプスカメラの動作原理<br /> ~Kinect for Windows V2のTime of Flight方式~ <ol> <li>ToF方式デプスカメラのジッターノイズ</li> <li>ジッターノイズの大きくなる条件 <ul> <li>ビーム指向性</li> <li>赤外線吸光度</li> <li>法線ベクトル</li> <li>距離減衰 (距離の2乗に反比例)</li> </ul></li> <li>ToF方式デプスカメラの基本動作原理</li> <li>ToF方式デプスカメラの測定ステップ</li> <li>ToF方式デプスカメラの演算動作 <ul> <li>環境光オフセット除去</li> <li>アクティブ赤外線</li> <li>デプス値の演算</li> </ul></li> <li>Microsoft社の米国特許出願内容</li> <li>C.E.Shannonのチャンネル容量の法則</li> <li>フレーム移動平均処理 (チャンネル容量の法則)</li> <li>法線ベクトルセンシング</li> <li>Depth Fusion <ul> <li>光源計算 (Lighting) による陰影付け (Shading)</li> </ul></li> <li>床面法線ベクトル学習によるポイントクラウドの活用 <ol> <li>見守りシステム (病院、介護施設、在宅)</li> <li>浴室見守り</li> </ol></li> <li>非接触バイタルセンシングへの応用 <ul> <li>矩形領域内加算平均処理と時間履歴データの最小2乗法放物線補間処理 (チャンネル容量の法則)</li> <li>呼吸・心拍センシング</li> </ul></li> <li>補足説明</li> </ol></li> <li>第6章 Light Coding方式の動作原理、デプスカメラの動作原理 <ul> <li>デプスカメラを1から作り、機能を再現する</li> <li>乱数パターンの相互相関で距離を演算</li> <ol> <li>光切断法による測距 (レーザポインタ)</li> <li>光切断法による測距の多重化 (ラインレーザ)</li> <li>Light Codingとは <ul> <li>ランダム・ドット・パターンの自己相関特性による個別ドットの識別方法</li> </ul></li> <li>イスラエルのPrime Sense社の米国特許出願内容</li> <li>乱数投影パターンの数学的性質と相互相関</li> <li>可視光プロジェクタとWebカメラによる検証</li> <li>pre-convoluted patter法 (高速アルゴリズム)</li> <li>ランダムドットプロジェクタ</li> <li>Hyper Depth</li> <li>RealSense SR300</li> <li>Appendix E Stereo Ir_Cam + Projector</li> </ol></li> </ul></li> <li>第7章 InfraredDepth方式の動作原理 <ul> <li>学習で普通のWebカメラをデプスカメラにしてしまう</li> <ol> <li>Microsoft社のSIGGRAPH2014発表内容</li> <li>Webカメラを赤外線カメラに改造</li> <li>InverseSquare法とは</li> <li>InverseSquare法の検証結果</li> <li>InverseSquare法の問題点</li> <li>InverseSquare法の改善策</li> <li>NeoTechLabのオリジナル・アルゴリズム</li> </ol></li> </ul></li> <li>第8章 非接触バイタルセンシングの基礎知識 <ol> <li>心拍・呼吸に関する基礎知識 <ol> <li>心臓の構造と心電図</li> <li>呼吸動作と酸素供給の関係</li> <li>呼吸と心拍揺らぎの関係</li> <li>入浴中の心拍揺らぎと年齢</li> </ol></li> <li>心拍・呼吸センシングの原理 <ol> <li>カラー画像または赤外線画像からの心拍センシング</li> <li>デプスデータからの呼吸・心拍センシング</li> <li>KinectV1での非接触呼吸・心拍センシング</li> <li>スポット光方式 <ul> <li>反射光強度分布を放物面関数で近似して精密測距</li> </ul></li> <li>マーカー方式 <ul> <li>濃度分布関数または円形マーカーを用いた精密測距</li> </ul></li> </ol></li> </ol></li> <li>第9章 アルゴリズムの原理 <ol> <li>FIFOアルゴリズム <ol> <li><span class="caps">FIFO</span></li> <li>高速移動平均</li> <li>矩形波相関法</li> </ol></li> <li>基底遷移アルゴリズム <ol> <li>放物線補間と3軸加速度検出やノイズ除去</li> <li>放物面補間 (輝度分布中心の推定)</li> <li>線スペクトルとDCオフセットノイズ除去</li> <li>適応フィルタ</li> <li>デコンボリューション (逆畳み込み演算)</li> <li>2次元ポイントクラウド⇒円の中心座標⇒半径</li> <li>3次元ポイントクラウド⇒円の中心座標⇒半径</li> <li>3次元ポイントクラウド⇒球の中心座標⇒半径</li> </ol></li> <li>最小2乗法 <ol> <li>放物線補間</li> <li>放物面補間</li> </ol></li> </ol></li> <li>第10章 Kinect/RealSenseソフトウェア開発環境</li> <li>第11章 基本プログラミング編<br /> ~基本的な使い方~ <ol> <li>Kinect V2編 <ol> <li>Visual C#でWindows Form アプリケーションを作成</li> <li>Formデザイン</li> <li>コーディング (宣言部分)</li> <li>コーディング (初期化処理と終了処理)</li> <li>マルチ・ソース・フレーム</li> <li>表示例</li> </ol></li> <li>RealSense SR-300編 <ol> <li>Visual C#でWindows Form アプリケーションを作成</li> <li>Formデザイン</li> <li>コーディング (宣言部分)</li> <li>コーディング (初期化処理と終了処理)</li> <li>コーディング (キャプチャ処理部分)</li> <li>表示例</li> </ol></li> </ol></li> <li>第12章 東芝カラー開口撮像技術</li> <li>第13章 日立レンズレスカメラ</li> <li>第14章 付録</li> <ul> <li>付録1 赤外線ハンドモーションセンサ</li> <li>付録2 カメラで回転角度を検出する方法</li> <li>付録3 Webカメラで心拍センシング</li> <li>付録4 8Mピクセル以上のカメラ解像度で可能になること</li> <li>Appendix D Hololens <ul> <li>LCOSプロジェクタと直交リフレクタ</li> <li>WLOを用いたSLAMとHPU</li> <li>ToFカメラによるハンドトラッキング</li> <li>2017年春に登場する$299からのVR HMDとWindows10 Creators Update</li> <li>HP, <span class="caps">DELL</span>, <span class="caps">LENOVO</span>, <span class="caps">ACER</span>, ASUSがVR HMDに参入</li> </ul></li> <li>まとめ</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/8893"><span itemprop="name">上田 智章</span></a> 氏 <div>株式会社フォスメガ</div> <div>代表取締役社長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%A0%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2">ちよだプラットフォームスクウェア</a> <meta itemprop="name" content="ちよだプラットフォームスクウェア" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-0054" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-21</span> </div> <a href="/node/3575"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-21&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-21&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ちよだプラットフォームスクウェアの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">47000円</span> (税別) / 50,760円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">59000円</span> (税別) / 63,720円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="47000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="59000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24102&date=2017-07-07&title=3Dセンシング技術 (Light Coding / Time of Flight / Infrared Depth) の動作原理と非接触生体センシング">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 画像処理 センサ C#言語 Hololens Kinect 拡張現実 (AR : Augmented Reality) Wed, 26 Apr 2017 04:15:09 +0000 admin 24102 at https://tech-seminar.jp 機能性食品の海外マーケティング戦略 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%80%A7%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%88%A6%E7%95%A5 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 機能性食品の海外マーケティング戦略</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~マーケティング戦略に連動した機能性食品の研究開発~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1121" rel="tag" title="食品">食品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1120" rel="tag" title="栄養機能食品">栄養機能食品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1119" rel="tag" title="特定保健用食品">特定保健用食品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1403" rel="tag" title="食品衛生法">食品衛生法</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24391/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24391&date=2017-07-07&title=機能性食品の海外マーケティング戦略">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、新機能性表示制度をふまえた機能性食品における市場の実態と今後のマーケティング戦略について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:00:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T17:15:00+09:00">17時15分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T17:15:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>機能性食品市場</li> <li>関連法規に抵触しない広告表現</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 米国における機能性食品・健康食品の規制と参入の留意点</h4> <p>(2017年7月7日 10:00〜11:30)</p> <ul> <li>米国の機能性表示制度の全体像</li> <li>米国ダイエタリーサプリメント制度のスキーム</li> <li>同制度が制定された背景・目的 (消費者教育)</li> <li>日米の表示制度を比較</li> <li>ダイエタリーサプリメント制度導入後の米国内の動向</li> <li>同制度のもと行なわれる「構造・機能強調表示」とは</li> <li>「構造・機能強調表示」を行なうための要件</li> <li>FDAガイドラインのポイント</li> <li>「構造/能強調表示」に求められる科学的根拠とは</li> <li>同制度のもと可能な表示内容</li> <li>実際に米国の小売店頭で売られている商品の表示事例</li> <li>米国の表示・広告違反事例</li> <li>同制度をめぐる問題点</li> <li>届出制 (登録制) の義務づけ</li> <li>有害事象報告の義務づけ</li> <li>質疑応答</li> </ul> <h4>第2部. ブランドを活かした機能性食品の研究開発・マーケティングの国内外展開事例</h4> <p>(2017年7月7日 11:45〜13:15)</p> <p> 日本では「特定保健用食品」に加え、米国の届出型機能性表示制度を参考にした「機能性表示食品」が誕生したことにより、機能性食品市場はさらに大きく発展してきた。<br />  このように機能性食品が乱立していく中、差別化のポイントとなるのが、研究開発の効率とブランドを活用したマーケティング戦略である。これらについて事例を踏まえて解説する。</p> <ol> <li>機能性食品の状況 <ol> <li>国内外の機能性食品の市場</li> <li>日本と諸外国の機能性食品制度の違い</li> </ol></li> <li>機能性食品の効率的な研究開発とマーケティング戦略 <ol> <li>トクホ/機能性情事食品の仕組み</li> <li>開発ターゲットと機能性素材の選定</li> <li>データ取得・申請/届出のポイントと注意点</li> <li>ブランドを活かした国内外マーケティング事例</li> </ol></li> <li>機能性食品開発の今後 <ol> <li>機能性食品素材の課題</li> <li>今後の国内外機能性食品市場に向けて</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. 機能性食品における海外マーケティング戦略と広告表現</h4> <p>(2017年7月7日 14:00〜15:30)</p> <p> 機能性表示食品において、いかにして商品開発から販売に至るまでのマーケティング戦略を練るべきか、その実践手法について解説する。さらには、機能性表示食品においてどのような 広告表現が可能となるのか、具体事例を用いて詳細説明を行う。</p> <ol> <li>機能性表示食品における実践的なマーケティング戦略について</li> <li>機能性表示食品においてどのような広告表現が可能になるのか?</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部. 機能性食品におけるハラル対応と留意点</h4> <p>(2017年7月7日 15:45〜17:15)</p> <p> 17億人を超える人口を抱え、経済成長の著しいイスラム諸国では、生活を便利にする食品 (加工食品、冷凍食品、外食など) への需要増加は一巡し、生活を豊かにする食品 (機能性食品・健康食品、輸入食品) への需要が爆発的に増加する段階に達している。しかし、機能性食品等は、微量の有効成分の製造過程におけるハラルの確保、イスラム市場開発が難しく、多くの企業はその対応に苦慮している。<br />  本講演では、機能性食品におけるハラル対応と留意点を整理する。</p> <ol> <li>イスラム市場の魅力 <ol> <li>人口規模の大きさ、急激な経済成長、食料品市場規模の拡大</li> <li>加工食品への需要増大</li> </ol></li> <li>イスラム市場の変質 <ol> <li>国民所得の増加、可処分所得の増大</li> <li>食品周辺分野の需要増大 <ul> <li>機能性食品</li> <li>医薬品</li> <li>化粧品</li> </ul></li> </ol></li> <li>ハラル制度の概要 <ol> <li>ハラル制度とは何か</li> <li>ハラル制度の食品周辺分野への拡大 <ul> <li>機能性食品</li> <li>医薬品</li> <li>化粧品</li> </ul></li> </ol></li> <li>ハラル制度の難しい点 <ol> <li>宗教性の強さ、フードチェーン・中間投入・派生物の概念、結果責任の論理</li> <li>機能性食品のハラル対応の難しい点</li> </ol></li> <li>イスラム市場開発の難しい点 <ol> <li>制度の国際的な不整合性、互換性の欠如、非成文性、非科学性</li> <li>機能性食品のイスラム市場開発の難しい点</li> </ol></li> <li>先行事例 <ol> <li>イスラム市場における食品周辺分野 <ul> <li>機能性食品</li> <li>医薬品</li> <li>化粧品</li> </ul></li> </ol></li> <li>トラブル事例 <ol> <li>トラブルの事例とその本質</li> </ol></li> <li>結論 <ol> <li>日本企業の採るべき対応</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/10781"><span itemprop="name">武田 猛</span></a> 氏 <div>株式会社グローバルニュートリショングループ</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/16053"><span itemprop="name">若林 英行</span></a> 氏 <div>キリン 株式会社 R&amp;D本部 飲料技術研究所 </div> <div></div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/16052"><span itemprop="name">渡邉 憲和</span></a> 氏 <div>株式会社 薬事法マーケティング事務所 </div> <div>代表取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12526"><span itemprop="name">並河 良一</span></a> 氏 <div>帝京大学 経済学部 経済学科 </div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24391&date=2017-07-07&title=機能性食品の海外マーケティング戦略">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 食品 マーケティング 栄養機能食品 特定保健用食品 食品衛生法 Wed, 17 May 2017 04:50:31 +0000 admin 24391 at https://tech-seminar.jp なるほど 納得 シリコーン https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%A9-%E7%B4%8D%E5%BE%97-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> なるほど 納得 シリコーン</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~シリコーンを自由自在に使いこなし、あなたの強い味方にするための時間~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1167" rel="tag" title="シランカップリング剤">シランカップリング剤</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1512" rel="tag" title="シリコーン">シリコーン</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23153/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=23153&date=2017-07-07&title=なるほど 納得 シリコーン">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーは、シリコーンを扱う方を対象に、シリコーンの基礎からシリコーンの配合設計、機能付与について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>シリコーンを扱うすべての分野の方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>シリコーンの基礎</li> <li>シリコーンの配合設計</li> <li>シリコーンへの機能付与 <ul> <li>耐熱性</li> <li>難燃性</li> <li>導電性</li> <li>透明性</li> <li>成形性</li> </ul></li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 初夏の定番講座「なるほど 納得 シリコーン」は、今年で 6 年目を迎えます。それぞれの分野で活躍される技術のプロが、「シリコーン」を基礎から正確に学ぶための時間としても利用されており、既に多くの方々から感謝の言葉をいただいています。 全ての産業と何らかの接点を有するシリコーンは、広い視点と深い化学的理解が求められる化合物です。日本のシリコーンメーカー技術者は、レジン・オイル・カップリング剤・シーラント・ゴムなどの狭い領域だけを担当しています。ですから、シリコーンメーカーと接点があったとしても、全てに亘るシリコーン技術を学ぶ機会は永遠に訪れません。<br />  本講座はほとんどのシリコーン領域について、技術と活用法、誤用例などをユーザーの視点と共に解説いたします。この年に 1 度だけの“希少な機会”を、是非ご活用ください。</p> <ol> <li>教養としての基本的情報 <ol> <li>シリコーン 誕生と工業材料の歴史</li> <li>類似用語を明快解説 <ul> <li>シリル</li> <li>シラン</li> <li>シラザン</li> <li>シリカ</li> <li>シロキシ</li> <li>シリコン</li> <li>シロキサン</li> <li>シラノール</li> <li>シルセスキオキサン</li> </ul></li> <li>製造法と原価の構成</li> <li>シリコーンの弱点を整理する</li> </ol></li> <li>シリコーンの化学的理解 <ol> <li>全ての性質が [ 分子間力の弱さ ] に基因するという事実</li> <li>多様な架橋方式とその特徴</li> <li>シランカップリング剤の理論機構と現実挙動</li> <li>ローボラタイルの本質と対応策</li> </ol></li> <li>シリコーンゴムの配合設計 基礎入門 <ol> <li>基本的な配合設計情報の開示</li> <li>シリカが演ずる界面のナノ化学</li> <li>混練と加工に必要な技術</li> <li>耐熱性・難燃性・導電性・熱伝導性・透明性付与の着眼点</li> </ol></li> <li>使いこなすための実践知識 <ol> <li>シリコーンに材料変更する場合の典型的失敗例</li> <li>シリコーン系接着剤の選択定石</li> <li>フッ素ゴム vs. シリコーンゴム どちらを選ぶか</li> <li>シリコーンの安全性が保障できる範囲</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答・名刺交換</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/4994"><span itemprop="name">渡辺 聡志</span></a> 氏 <div>材料技術研究所</div> <div>技術コンサルタント</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A%E9%A4%A8">連合会館</a> <p>4階 404会議室</p> <meta itemprop="name" content="連合会館" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3253-1771" /> <meta itemprop="url" content="http://rengokaikan.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-0062" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田駿河台三丁目2-11</span> </div> <a href="/node/1730"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田駿河台三丁目2-11&amp;markers=東京都千代田区神田駿河台三丁目2-11&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="連合会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">35750円</span> (税別) / 38,610円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="35750円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名で参加の場合、1名につき7,560円割引</li> <li>3名以上で参加の場合、1名につき10,800円割引</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=23153&date=2017-07-07&title=なるほど 納得 シリコーン">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> 高分子材料 シランカップリング剤 シリコーン Mon, 23 Jan 2017 03:52:38 +0000 admin 23153 at https://tech-seminar.jp 新しいコーティング技術 : コールドスプレーの基礎と応用 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%8A%80%E8%A1%93-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E5%BF%9C%E7%94%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 新しいコーティング技術 : コールドスプレーの基礎と応用</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~概要・プロセス原理・粒子積層メカニズム・成膜技術・応用展開・今後の展望~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/118" rel="tag" title="表面処理">表面処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/670" rel="tag" title="コーティング">コーティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1226" rel="tag" title="コールドスプレー法">コールドスプレー法</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/152" rel="tag" title="成膜">成膜</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23964/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23964&date=2017-07-07&title=新しいコーティング技術 : コールドスプレーの基礎と応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、厚膜創製技術として広く産業界で利用されている溶射技術の中で新しい技術であるコールドスプレーの基礎と応用について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> このセミナーでは、厚膜創製技術として広く産業界で利用されている溶射技術の中で新しい技術であるコールドスプレーの基礎と応用について解説する。コールドスプレーの他の溶射技術や微粒子積層コーティング技術との相違とそのプロセスの原理からその特徴を明らかにする。<br />  特に、重要な作動ガスの流れや粒子の挙動、ノズルの設計、粒子積層メカニズムなどについて説明するが、特に今回はノズルの設計に重点を置く。さらに、コールドスプレーによる各種皮膜材料とその応用事例などについて解説する。</p> <ol> <li>コールドスプレーの概要 <ol> <li>表面処理技術の重要性</li> <li>コールドスプレーとは</li> <li>溶射法ほか各種微粒子積層コーティング技術との相違</li> <li>コールドスプレーの開発の経緯</li> <li>コールドスプレーの原理 <ol> <li>作動ガスの高速化 (ノズル形状とガス種の影響)</li> <li>粒子の高速化・高温化 (ノズル形状と粒子の影響)</li> <li>粒子の衝突 (衝撃波と粒子の影響)</li> <li>粒子積層メカニズム、各種因子の影響</li> </ol></li> <li>コールドスプレーの区分、特徴とその皮膜特性と皮膜特性の改善方法 (前処理・後処理の効果)</li> <li>コールドスプレーの課題</li> </ol></li> <li>コールドスプレーのノズル設計 <ol> <li>超音速ノズルの設計概論</li> <li>ノズルのど径、出口径とそれらの膨張比</li> <li>ノズル各部の長さ</li> <li>ノズル断面形状</li> <li>ノズル内面粗さと粉末キャリアガスの影響</li> <li>ノズルの材質</li> </ol></li> <li>コールドスプレーの各種皮膜材料とその応用事例など <ol> <li>コーティング材料全般</li> <li>銅とその応用事例</li> <li>アルミニウムおよびアルミニウム合金とその応用事例 (各種基材へ成膜)</li> <li>アモルファス合金、準結晶粒子分散合金</li> <li>ステンレス鋼とその応用事例チタンおよびその応用事例</li> <li>セラミックとその応用事例</li> <li>WC系サーメット複合皮膜</li> <li>その他の応用事例 (特許からみる動向など)</li> </ol></li> <li>課題解決に向けた技術開発と将来展望</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12438"><span itemprop="name">榊 和彦</span></a> 氏 <div>信州大学 工学部 機械システム工学科</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 視聴覚大講義室</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23964&date=2017-07-07&title=新しいコーティング技術 : コールドスプレーの基礎と応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 表面処理 コーティング コールドスプレー法 成膜 Wed, 05 Apr 2017 14:00:39 +0000 admin 23964 at https://tech-seminar.jp "ぬめり" の科学と評価・対策・開発 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E3%81%AC%E3%82%81%E3%82%8A-%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%A8%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%83%BB%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%83%BB%E9%96%8B%E7%99%BA <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> &quot;ぬめり&quot; の科学と評価・対策・開発</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~医療・食品・衛生・土木・建築・船舶・土壌・自動車/各産業上のぬめりの問題とは~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1050" rel="tag" title="バイオフィルム">バイオフィルム</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1051" rel="tag" title="微生物制御">微生物制御</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1938" rel="tag" title="抗菌">抗菌</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23965/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23965&date=2017-07-07&title="ぬめり" の科学と評価・対策・開発">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 日常水回りで経験する“ぬめり”の本質は、実は細菌と材料との相互作用にある。<br />  本講演では、細菌の材料への付着という、小さな一歩が、日常生活だけでなく、大きな産業上の問題へとつながっていくかを、基礎から応用、評価と開発に触れながら、長い時間軸とともにその顔を変えていく“ぬめり”をわかりやすく捉えて解説する。</p> <ol> <li>ぬめりという現象 <ol> <li>日常生活で出くわすぬめり <ul> <li>水回りの数々</li> </ul></li> <li>産業上のぬめりの問題 <ul> <li>医療</li> <li>食品</li> <li>衛生</li> <li>土木・建築</li> <li>船舶</li> <li>土壌</li> <li>自動車</li> </ul></li> <li>ぬめりとは何か?</li> <li>なぜぬめるのか?</li> </ol></li> <li>細菌とぬめり <ol> <li>抗菌、バイオフィルムとぬめり</li> <li>バイオファウリングとバイオフィルム</li> <li>バイオフィルムの形成プロセス</li> <li>バイオフィルムとスケール、スライムの関係</li> </ol></li> <li>ぬめりの科学 <ol> <li>ぬめりの構成要素</li> <li>ぬめりの原因となる細菌のこと</li> <li>細胞外重合物質 (<span class="caps">EPS</span>) とその作用</li> <li>ぬめりの水分のこと</li> <li>バイオミネラリゼーションとぬめり</li> <li>ぬめりをどのように実験室的に再現するか?</li> <li>ぬめりをどのように検出し、評価するか?</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12034"><span itemprop="name">兼松 秀行</span></a> 氏 <div>国立高等専門学校機構 鈴鹿工業高等専門学校 材料工学科</div> <div>校長補佐 / 教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%BB%8B%E6%85%B6%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6">滋慶医療科学大学院大学</a> <p>9F 講義室1</p> <meta itemprop="name" content="滋慶医療科学大学院大学" /> <meta itemprop="telephone" content="06-6150-1336" /> <meta itemprop="url" content="www.ghsj.ac.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="532-0003" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">淀川区宮原1-2-8</span> </div> <a href="/node/20059"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;markers=大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="滋慶医療科学大学院大学の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">48130円</span> (税別) / 51,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">24065円</span> (税別) / 25,990円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="24065円" /> <meta itemprop="highPrice" content="48130円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 45,602円 (税別) / 49,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 24,065円 (税別) / 25,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 48,130円 (税別) / 51,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23965&date=2017-07-07&title="ぬめり" の科学と評価・対策・開発">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> バイオフィルム 微生物制御 抗菌 Wed, 05 Apr 2017 14:03:11 +0000 admin 23965 at https://tech-seminar.jp コンピュータバリデーション https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 中級編</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> コンピュータバリデーション</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~テンプレートを利用したCSV &amp; ER/ES文書の具体的な作成方法と例~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1227" rel="tag" title="21 CFR Part 11">21 CFR Part 11</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1178" rel="tag" title="CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)">CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1228" rel="tag" title="ER/ES指針">ER/ES指針</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1239" rel="tag" title="GAMP 5">GAMP 5</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1732" rel="tag" title="PAT (Process Analytical Technology)">PAT (Process Analytical Technology)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1191" rel="tag" title="SOP (Standard Operating Procedure / 標準作業手順書)">SOP (Standard Operating Procedure / 標準作業手順書)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/858" rel="tag" title="コンピュータ化システムバリデーション (CSV)">コンピュータ化システムバリデーション (CSV)</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24039/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24039&date=2017-07-07&title=コンピュータバリデーション">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> <p>以下、CSV関連セミナーとの同時申し込みで特別割引にて受講いただけます。 <ul> <li><a href="/node/24040">2017年7月6日「コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー (超入門編)」との同時受講</a><br /> (通常受講料 : 92,340円 → 割引受講料 61,560円)</li> </ul></p> <p><strong class="caution">新ガイドライン対応のためのSOPや供給者監査チェックリストなど、サンプルを配布いたします。</strong><br /> <strong class="caution">e-Learning教材にて復習を行っていただけます。</strong></p></div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、厚生労働省ER/ES指針・CSVへの具体的な実施方法、文書作成方法、査察対応の際の留意点について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>製薬企業の品質部門、IT部門、管理者、実務担当者</li> <li>製薬関連のコンサルタント</li> <li>IT企業の製薬関連部門 管理者、実務担当者</li> <li><span class="caps">CSV</span> 入門編を受講された方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>具体的なCSV文書のサンプル</li> <li>適切かつ高効率な対応方法</li> <li>CSV、ER/ES指針対応はどこまでやれば良いのか</li> <li><span class="caps">CSV</span> SOPの作成方法</li> <li>バリデーション成果物の作成方法</li> <li>ITシステムののバリデーションの実施方法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-back-knowledge"> <h3 class="field-label">予備知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>CSVの基本的な知識</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p>CSVに関するセミナーや書籍は沢山ありますが、実際のCSVやER./ESの成果物の作成方法を解説したものはほとんどありません。<br /> 百聞は一見にしかずです。ぜひ具体的な文書の例を見て、CSV、ER/ES対応を体感してみてください。<br /> 本セミナーでは、実際のCSVやER/ES文書を開示しながら、成果物の作成方法とノウハウを徹底的に伝授いたします。<br /> CSVやER/ESを実践してきた経験から、難解なGAMP 5をわかりやすく解説し、適切かつ高効率な対応方法を解説いたします。<br /> これまで入門コースを受講された方にとって、次のステップアップとなる講座です。</p> <ol> <li>成果物の種類と作成の留意点 計画書 <ul> <li>報告書</li> <li>仕様書</li> <li>スクリプト</li> <li>ログ</li> <li>文書IDについて</li> </ul></li> <li>構想フェーズ <ul> <li>ユーザ要求仕様書 (<span class="caps">URS</span>) の書き方</li> </ul></li> <li>プロジェクトフェーズ <ol> <li>計画策定段階 <ul> <li>リスクアセスメントについて</li> <li>バリデーション計画書の書き方</li> </ul></li> <li>仕様、構成設定、およびコーディング段階 <ul> <li>機能仕様書の書き方</li> <li>トレーサビリティマトリックスの書き方</li> </ul></li> <li>検証段階 <ul> <li>テスト計画書の書き方</li> <li>テストスクリプトの書き方</li> <li>テスト報告書の書き方</li> </ul></li> <li>報告とリリース段階 <ul> <li>バリデーション報告書の書き方</li> </ul></li> </ol></li> <li>運用フェーズ <ul> <li>変更管理計画書の書き方</li> <li>障害管理計画書の書き方</li> <li>セキュリティ管理手順書の書き方</li> <li>災害対策計画書の書き方</li> <li>業務継続計画書の書き方</li> </ul></li> <li>査察対応の考え方 <ul> <li><span class="caps">CSV</span> SOPの書き方</li> <li>ER/ES手順書の書き方</li> <li>電子記録の保存方法と査察対応の具体</li> </ul></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/3273"><span itemprop="name">村山 浩一</span></a> 氏 <div>株式会社 イーコンプライアンス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E4%B8%89%E7%94%B0NN%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9">三田NNホール&amp;スペース</a> <meta itemprop="name" content="三田NNホール&amp;スペース" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="108-0014" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">芝4丁目1番23号</span> 三田NNビル地下1階 </div> <a href="/node/3287"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区芝4丁目1番23号&amp;markers=東京都港区芝4丁目1番23号&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="三田NNホール&amp;スペースの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/ecompress.co.jp">株式会社 イーコンプレス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様でお申込みの場合、1名あたり 38,000円(税別) / 41,040円(税込) で受講いただけます。</li> <li>3名様でお申込みの場合、1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 76,000円(税別) / 82,080円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul> <h3>全2コース申込割引受講料について</h3> <ul> <li>通常受講料 : 92,340円(税込) → 全2コース申込 割引受講料 61,560円(税込)</li> <li>通常受講料 : 85,500円(税別) → 全2コース申込 割引受講料 57,000円(税別)</li> </ul> <h4>2日間コースのお申込み</h4> <ul> <li><a href="/node/24040">2017年7月6,7日「コンピュータバリデーション (2日間)」</a></li> </ul> <h4>割引対象セミナー</h4> <ul> <li><a href="/node/24038">2017年7月6日「コンピュータバリデーション &amp; ER/ES指針セミナー (超入門)」</a> <ul> <li>受講料 : 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> </ul></li> <li><a href="/node/24039">2017年7月7日「コンピュータバリデーション (中級編)」</a> <ul> <li>受講料 : 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24039&date=2017-07-07&title=コンピュータバリデーション">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 21 CFR Part 11 CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置) ER/ES指針 GAMP 5 PAT (Process Analytical Technology) SOP (Standard Operating Procedure / 標準作業手順書) コンピュータ化システムバリデーション (CSV) Mon, 24 Apr 2017 03:46:14 +0000 admin 24039 at https://tech-seminar.jp 非ITO系導電性材料および透明導電膜・フィルム研究開発の最新動向 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E9%9D%9EITO%E7%B3%BB%E5%B0%8E%E9%9B%BB%E6%80%A7%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%B0%8E%E9%9B%BB%E8%86%9C%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%8B%95%E5%90%91 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 非ITO系導電性材料および透明導電膜・フィルム研究開発の最新動向</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~導電性高分子、ナノ炭素、銀・銅金属材料の高導電化と複合化技術~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> <span class="option">個別相談付き</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1592" rel="tag" title="導電性フィラー">導電性フィラー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/691" rel="tag" title="導電性高分子">導電性高分子</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/420" rel="tag" title="透明導電膜">透明導電膜</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24094/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24094&date=2017-07-07&title=非ITO系導電性材料および透明導電膜・フィルム研究開発の最新動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、非ITO系導電性材料、透明導電膜・フィルムについて、研究開発の最新情報・文献および講師の実験データ・成果を交えて分かり易く説明いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>導電性材料 (導電性フィラー、導電性高分子) の基礎及び開発動向</li> <li>導電性高分子の導電性向上策の基本コンセプト及び研究開発動向</li> <li>各種導電性材料の複合化法及び応用動向</li> <li>非ITO系導電フィルム (透明導電膜) の開発動向</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 非ITO系フレキシブル透明導電膜材料として注目されている、ポリアニリン (<span class="caps">PANI</span>) 、ポリチオフェン (<span class="caps">PEDOT</span>) 、ポリピロールなどの導電性高分子、カーボンナノチューブ (<span class="caps">CNT</span>) 、グラフェン、フラーレンなどのナノ炭素、銀・銅ナノ粒子・ナノワイヤなどの金属ナノフィラーの基本特性および開発動向について解説する。<br />  そして各種デバイスへの応用にあたり重要な導電性高分子やナノ炭素の導電性向上策や汎用樹脂との複合化法の最新動向につき筆者の研究成果を交えて紹介する。<br />  そして上記導電材を中心にフレキシブル透明導電膜材料・フィルムの開発動向に付き解説する。</p> <ol> <li>はじめに~導電の基礎~ <ol> <li>表面・体積抵抗とその評価法</li> <li>導電機構と特徴 <ul> <li>イオン伝導</li> <li>電子伝導</li> </ul></li> </ol></li> <li>透明導電膜材料の基本特性、開発動向、課題 <ol> <li>酸化物半導体粒子 <ul> <li><span class="caps">ITO</span></li> <li><span class="caps">ATO</span>)</li> </ul></li> <li>金属微粒子 <ul> <li>Agナノ粒子</li> <li>Agナノワイヤ</li> <li>Cuナノ粒子</li> </ul></li> <li>ナノ炭素粒子 <ul> <li>カーボンナノファイバー (<span class="caps">CNF</span>)</li> <li>カーボンナノチューブ (<span class="caps">CNT</span>)</li> <li>グラフェン</li> <li>フラーレン</li> </ul></li> <li>導電性高分子 <ul> <li>ポリチオフェン (<span class="caps">PEDOT</span>)</li> <li> ポリアニリン (<span class="caps">PANI</span>)</li> <li>水溶性スルホン化ポリアニリン</li> </ul></li> </ol></li> <li>各種導電材の導電性向上法及び複合化方法 <ol> <li>ナノ炭素粒子の導電性向上と複合化法 <ul> <li>パーコレーション</li> <li>ダブルパーコレーション理論とその有用性</li> </ul></li> <li>導電性高分子の導電性向上と複合化法 <ul> <li>ドーパント種・量効果</li> <li>セカンドドーパント効果 (溶解・配向・結晶化促進効果)</li> <li>高分子バインダー (希釈材) 効果</li> <li>無機酸化物ナノ粒子添加効果</li> <li>セルロースナノファイバー (吸着) 効果</li> <li>(酸化) グラフェン添加効果</li> <li>フェノール誘導体添加効果</li> <li>その他</li> </ul></li> </ol></li> <li>各種導電材を用いたフレキシブル非ITO系透明導電材・フィルムの開発動向 <ol> <li>導電性高分子系 <ul> <li><span class="caps">PANI</span></li> <li><span class="caps">PEDOT</span></li> </ul></li> <li>ナノ炭素粒子系 <ul> <li>カーボンナノチューブ (<span class="caps">CNT</span>)</li> <li>グラフェン</li> </ul></li> <li>金属・金属酸化物粒子 <ul> <li>銀系ナノ粒子・ナノワイヤ</li> <li>銅系ナノ粒子・ナノワイヤ</li> <li>そのほか (ZnOなど)</li> </ul></li> </ol></li> <li>まとめ及び課題</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5323"><span itemprop="name">小長谷 重次</span></a> 氏 <div>公益財団法人 名古屋産業科学研究所</div> <div>上席研究員</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 中会議室2</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24094&date=2017-07-07&title=非ITO系導電性材料および透明導電膜・フィルム研究開発の最新動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 導電性フィラー 導電性高分子 透明導電膜 Wed, 26 Apr 2017 03:05:30 +0000 admin 24094 at https://tech-seminar.jp 粉体・微粒子の乾燥技術、乾燥条件設定、その応用 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E7%B2%89%E4%BD%93%E3%83%BB%E5%BE%AE%E7%B2%92%E5%AD%90%E3%81%AE%E4%B9%BE%E7%87%A5%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%81%E4%B9%BE%E7%87%A5%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BF%9C%E7%94%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 粉体・微粒子の乾燥技術、乾燥条件設定、その応用</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/235" rel="tag" title="乾燥">乾燥</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24236/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24236&date=2017-07-07&title=粉体・微粒子の乾燥技術、乾燥条件設定、その応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、効果的な乾燥を行うための適切な操作法を基礎から解説いたします。<br /> また、乾燥速度の向上、省エネルギー化、トラブルを解決するための方法を分かりやすく説明いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>乾燥技術に関連する技術者 <ul> <li>乾燥機</li> <li>食品</li> <li>医薬品</li> <li>化粧品</li> <li>セラミックス</li> <li>電子材料</li> <li>化学品</li> <li>塗装</li> <li>記録媒体</li> <li>機能性フィルム</li> <li>コーティング</li> <li>印刷物</li> <li>農薬 など</li> </ul></li> <li>乾燥実務に携わっている技術者</li> <li>乾燥について問題を抱えている方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>端部と中央部、表層部と深層部など乾燥ムラを防ぐ方法</li> <li>粒子へのダメージレス乾燥</li> <li>乾燥速度のコントロール</li> <li>ナノ粒子の乾燥</li> <li>新しい乾燥技術の活用法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 乾燥技術の基礎知識</h4> <p>(2017年7月7日 10:30〜12:00)</p> <p> 本セミナーでは、まず乾燥操作の基本事項について詳しく解説します。 次に既存の様々な乾燥機について紹介し、エネルギー面、製品品質面か ら見た乾燥機選定方法を使用事例と合わせて説明します。また、簡単な乾燥機の設計計算を例にとり、乾燥機設計時の留意事項を解説します。</p> <ol> <li>乾燥の基礎 <ol> <li>乾燥の進行</li> <li>乾燥操作と熱風の湿度、温度との関係</li> <li>定率乾燥期間</li> <li>減率乾燥期間</li> <li>乾燥材料の性質と乾燥特性</li> </ol></li> <li>乾燥装置の紹介と選定法 <ol> <li>乾燥装置の選定方法</li> <li>対流伝熱乾燥機 <ul> <li>箱型乾燥機</li> <li>気流乾燥機</li> <li>噴霧乾燥機</li> <li>流動層乾燥機 etc.</li> </ul></li> <li>伝導伝熱乾燥機 <ul> <li>円盤乾燥機</li> <li>攪拌乾燥機</li> <li>ドラム乾燥機</li> <li>凍結乾燥機 etc.</li> </ul></li> <li>輻射伝熱乾燥機 <ul> <li>赤外線乾燥機</li> <li>太陽熱利用乾燥機 etc.</li> </ul></li> <li>その他の乾燥機 <ul> <li>マイクロ波</li> <li>過熱水蒸気</li> <li>最近の乾燥機 etc.</li> </ul></li> </ol></li> <li>乾燥時の留意点 <ol> <li>省エネルギー</li> <li>乾燥操作時に生ずる問題とその解決</li> </ol></li> <li>乾燥機設計の基礎 <ol> <li>乾燥機設計の基礎</li> </ol></li> <li>最近の研究・開発動向 <ol> <li>学会に見る動向</li> <li>特許に見る動向</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 粉体・微粒子の乾燥技術について</h4> <p>(2017年7月7日 12:40〜13:55)</p> <p> 乾燥という単位操作において、その被乾燥物性状により乾燥技術は異なります。 今回は微粒子 (~50μm) にテーマを絞り、微粒子特有の難しさを踏まえて最適プロセス構築について実施例を中心に解説します。</p> <ol> <li>微粒子に対応した乾燥装置の種類 <ol> <li>直接加熱型 (伝導伝熱)</li> <li>間接加熱型 (熱風受熱)</li> </ol></li> <li>微粒子のための最適機種選定のチェックポイント <ol> <li>微粒子を乾燥するということ</li> <li>乾燥機排気系</li> <li>乾燥工程の前処理 (脱水) 後処理 (凝集解砕)</li> <li>トラブルに学ぶ (漏れる、流れる、飛散する、爆発する)</li> </ol></li> <li>微粒子乾燥の実施例 <ol> <li>伝導伝熱型乾燥機 (パドルドライヤー)</li> <li>熱風受熱型乾燥機 (媒体流動層乾燥機)</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 赤外線による乾燥プロセスの効率化</h4> <p>(2017年7月7日 14:05〜15:20)</p> <p> 各種乾燥工程において、熱風方式への依存性はいまだ根強く、赤外線ヒータについては、その効 果は認知されながらも、温度制約等の要件から積極的に導入されていないのが現状です。ここでは 乾燥理論およびふく射伝熱の概要を説明するとともに、従来の問題点を克服しうる新たな赤外線乾 燥方式についてできるだけ実例を交えながら解説します。</p> <ol> <li>乾燥工程について <ol> <li>乾燥工程の位置づけ</li> <li>従来乾燥炉の概要と問題点</li> </ol></li> <li>赤外線加熱の基礎 <ol> <li>原理と特徴</li> <li>塗布膜における赤外線吸収</li> <li>従来赤外線技術の問題点</li> </ol></li> <li>熱ふく射域の波長制御技術について <ol> <li>波長制御とは</li> <li>近赤外線波長制御技術</li> <li>波長制御の可能性</li> </ol></li> <li>塗布膜乾燥過程のモデル化 <ol> <li>乾燥過程概要</li> <li>乾燥過程における物質移動</li> <li>赤外線吸収を考慮した支配方程式</li> </ol></li> <li>赤外線乾燥炉内解析の具体的手法 <ol> <li>モデル概要</li> <li>解析例、実測比較等</li> </ol></li> <li>新たな乾燥プロセスの考察 <ol> <li>ヒータ配置のアレンジ</li> <li>処理温度の最適化</li> <li>省エネルギー性の考察</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 マイクロ波を利用した乾燥技術と 粉体微粒子への応用</h4> <p>(2017年7月7日 15:30〜16:30)</p> <p> 湿式成形法で作製されたセラミックスの微細粒子成形体の乾燥は、通常の急速乾燥法では成形体の反りや密度むらが大きかった。そこで、マイクロ波を用いた乾燥法を使用することによりこの欠点を改善し、その要因について解説する。</p> <ol> <li>マイクロ波の基礎知識 <ol> <li>マイクロ波とは</li> <li>セラミックスへの応用について</li> </ol></li> <li>マイクロ波乾燥の具体例 <ol> <li>泥漿鋳込み成形体への適用</li> <li>テープ成形体への適用</li> </ol></li> <li>マイクロ波乾燥の高度利用 <ol> <li>コンパクトプロセスについて</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/10750"><span itemprop="name">立元 雄治</span></a> 氏 <div>静岡大学 大学院総合科学技術研究科 </div> <div>准教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24233"><span itemprop="name">高島 久継</span></a> 氏 <div>株式会社 奈良機械製作所 プロジェクトチームデルタ</div> <div>技術次長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24234"><span itemprop="name">近藤 良夫</span></a> 氏 <div>日本ガイシ 株式会社 産業プロセス事業部 技術部 開発グループ</div> <div>サブマネージャー</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24235"><span itemprop="name">安岡 正喜</span></a> 氏 <div>国立研究開発法人 産業技術総合研究所 磁性粉末冶金研究センター 磁性材料プロセスチーム</div> <div>主任研究員</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="55000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24236&date=2017-07-07&title=粉体・微粒子の乾燥技術、乾燥条件設定、その応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 乾燥 Sun, 14 May 2017 14:14:43 +0000 admin 24236 at https://tech-seminar.jp 再生医療等製品製造での無菌性保証のポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%AD%89%E8%A3%BD%E5%93%81%E8%A3%BD%E9%80%A0%E3%81%A7%E3%81%AE%E7%84%A1%E8%8F%8C%E6%80%A7%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 再生医療等製品製造での無菌性保証のポイント</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~原料、工程資材、最終製品、設備からの無菌性確保する~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1875" rel="tag" title="GCTP省令">GCTP省令</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1733" rel="tag" title="SAL (Sterility Assurance Level / 無菌性保証水準)">SAL (Sterility Assurance Level / 無菌性保証水準)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1108" rel="tag" title="再生医療">再生医療</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24381/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24381&date=2017-07-07&title=再生医療等製品製造での無菌性保証のポイント">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T10:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 生きた細胞を製品とする再生医療等製品の製造では、最終製品の滅菌ができず、無菌化は困難です。そのため、原料から最終製品まで、一貫した無菌性維持の確保が不可欠となります。同時に、製造工程の構築では、一般的な生産ラインとは異なる、独特の課題が生じます。本セミナーでは、細胞製造において特有となる、無菌性の確保と、製造工程設計の考え方について概説します。</p> <h4>第1部 「再生医療等製品製造における原料と工程資材の取り扱い」</h4> <p>(2017年7月7日 10:30〜12:00)</p> <ol> <li>再生医療等製品 (細胞製品) <ol> <li>新法における「再生医療等」とは</li> <li>GCTP省令</li> <li>再生医療等製品の作用機序と製品形態の考え方</li> <li>細胞製品の移植方法と再生医療の多様性</li> <li>無菌性維持と細胞製造性</li> </ol></li> <li>原料と工程資材 <ol> <li>原料 (細胞,細胞以外) と工程資材および資材</li> <li>細胞以外の原料における無菌性の確保</li> <li>工程資材 (シングルユース品)</li> <li>リユースの工程資材における留意点</li> </ol></li> </ol> <h4>第2部 「最終製品の無菌性確保について」</h4> <p>(2017年7月7日 12:45〜14:15)</p> <ol> <li>細胞製品の無菌性確保 <ol> <li>製品における無菌性確保の要件</li> <li>ロット構成の有/無</li> <li>無菌性維持環境 (細胞製造施設)</li> <li>施設の典型例紹介</li> <li>細胞製造性を考慮した工程設計の要求</li> <li>製造工程設計と生産ラインの構築</li> <li>施設の適格性評価とプロセスバリデーション</li> <li>バリデーションとベリフィケーションの概念</li> </ol></li> </ol> <h4>第3部 「サプライヤーに求められるリスクマネジメント体制の構築」</h4> <p>(2017年7月7日 14:30〜16:00)</p> <ol> <li>製造における品質リスクマネジメント <ol> <li>開発時の製造工程手順との互換性確保</li> <li>施設の適格性評価時において生じる課題</li> <li>プロセスシミュレーションテストの考え方</li> <li>設備・機器の故障により発生するリスクへの対応</li> <li>再生医療等製品の製造コスト</li> </ol></li> <li>最終製品の品質保証について <ol> <li>再生医療等製品の分類と投与 (移植) 準備</li> <li>最終製品 (承認品) の輸送・搬送</li> <li>外工程による用事調製 (スケールアウト)</li> <li>製品の供給において考えられるリスク</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/10306"><span itemprop="name">水谷 学</span></a> 氏 <div>大阪大学 大学院 工学研究科 生命先端工学専攻</div> <div>特任研究員</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">45000円</span> (税別) / 48,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="45000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="50000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24381&date=2017-07-07&title=再生医療等製品製造での無菌性保証のポイント">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 GCTP省令 SAL (Sterility Assurance Level / 無菌性保証水準) 再生医療 Wed, 17 May 2017 04:11:46 +0000 admin 24381 at https://tech-seminar.jp プラスチック表面への3次元加飾と利用技術 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A1%A8%E9%9D%A2%E3%81%B8%E3%81%AE3%E6%AC%A1%E5%85%83%E5%8A%A0%E9%A3%BE%E3%81%A8%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%8A%80%E8%A1%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> プラスチック表面への3次元加飾と利用技術</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/118" rel="tag" title="表面処理">表面処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/76" rel="tag" title="プラスチック">プラスチック</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1332" rel="tag" title="加飾">加飾</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24109/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24109&date=2017-07-07&title=プラスチック表面への3次元加飾と利用技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、機械製造部門と成形加工部門を併せ持つ現場 (布施真空) においてTOM工法の基となっている真空成形機での成形加工とその実用例の展示品を見学し、また真空成形の進化したTOM加工の実際の加工現場と実用展示品を見ることにより、創造的商品開発の参考にしていただけます。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T11:00:00+09:00">2017年7月7日(金) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>3次元表面加飾技術の中でのTOM工法の位置付とその応用</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>セミナー: TOM~Neo-TOM迄の加工プロセスの詳細な説明と実用例の紹介、そして今後の展望</h4> <p>(2017年7月7日 11:00〜12:00)</p> <ol> <li>TOM工法 <ol> <li>TOM工法の解説</li> <li>その特徴とプラスチック加飾工法の中での位置付</li> <li>使用される表皮材</li> <li>実用化例</li> </ol></li> <li>Neo-TOM工法 <ol> <li>Neo-TOM工法の解説</li> <li>その特徴と受治具</li> </ol></li> <li>TOM工法を使ったアプリケーション <ol> <li>採用例から今後の展望</li> <li>活性化される市場</li> </ol></li> </ol> <h4>工場見学</h4> <p>(2017年7月7日 13:00〜14:00)</p> <p>真空成形機での成形加工とその実用例の展示品</p> <h4>スケジュール</h4> <ul> <li>11:00〜12:00: セミナー</li> <li>12:00〜13:00: 昼食休憩</li> <li>13:00〜14:00: 工場見学</li> <li>14:15〜16:00: セミナー + Q&amp;A</li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5242"><span itemprop="name">三浦 高行</span></a> 氏 <div>布施真空 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%B8%83%E6%96%BD%E7%9C%9F%E7%A9%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE">布施真空株式会社</a> <meta itemprop="name" content="布施真空株式会社" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="582-0027" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">羽曳野市</span> <span itemprop="streetAddress">駒ケ谷2-103</span> </div> <a href="/node/24110"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府羽曳野市駒ケ谷2-103&amp;markers=大阪府羽曳野市駒ケ谷2-103&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="布施真空株式会社の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">40000円</span> (税別) / 43,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="40000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="46278円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 40,000円 (税別) / 43,200円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=24109&date=2017-07-07&title=プラスチック表面への3次元加飾と利用技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 表面処理 プラスチック 加飾 Wed, 26 Apr 2017 04:33:11 +0000 admin 24109 at https://tech-seminar.jp 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-%E5%BE%AE%E7%B2%92%E5%AD%90%E6%9C%80%E5%AF%86%E5%85%85%E5%A1%AB%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%B2%92%E5%BA%A6%E5%88%86%E5%B8%83%E3%83%BB%E7%B2%92%E5%AD%90%E5%BD%A2%E7%8A%B6%E3%83%BB%E8%A1%A8%E9%9D%A2%E7%8A%B6%E6%85%8B%E5%88%B6%E5%BE%A1 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">大阪府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1427" rel="tag" title="充填">充填</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1047" rel="tag" title="分散分析">分散分析</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/888" rel="tag" title="微粒子凝縮">微粒子凝縮</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/679" rel="tag" title="微粒子分散">微粒子分散</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23764/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23764&date=2017-07-07&title=微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、粉体・粒子充填の基礎から解説し、密充填するために必要な粒子径、粒度分布、粒子形状、粒子の表面状態などを制御する方法を実験データ、シミュレーション結果・計算モデルを交えて詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T12:30:00+09:00">2017年7月7日(金) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>粒子密充填が求められる製品に関連する技術者・研究者・品質担当者 <ul> <li>セラミックス</li> <li>金属成型体</li> <li>プラスチックス用フィラー</li> <li>電子部品</li> <li>電池</li> <li>錠剤</li> <li>化粧品</li> <li>触媒 など</li> </ul></li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>粉体・粒子充填の基礎</li> <li>密充填するために必要な粒子径、粒度分布、粒子形状、粒子の表面状態などを制御する方法</li> <li>粉体充填状態の観察・評価</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 粒子密充填はセラミックス、金属成型体、プラスチックス用フィラー、電子部品、電池、錠剤、化粧品、触媒など様々な製品の製造、設計に関係する重要操作である。<br />  粒子充填層は多数の粒子から構成されているため、構成粒子の物性が充填性に大きな影響を与える。ここでは粉体や粒子を密充填するためには、粒子径、粒度分布、粒子形状、粒子の表面状態などを、どのように制御すれば良いのかを実験データ、シミュレーション結果や計算モデルなどを使って分かりやすく解説する。</p> <ol> <li>粒子充填と粒子物性 <ol> <li>粉体や微粒子の特徴</li> <li>充填状態の定量的表現法</li> <li>充填に関係する粒子物性</li> </ol></li> <li>充填性に対する粒子径の影響 <ol> <li>粒子間付着力への粒子径の影響</li> <li>限界粒子径とRollerの式</li> </ol></li> <li>充填性に対する粒度分布の影響 <ol> <li>大小2成分充填時の空間率を表すFurnasの式</li> <li>粒度分布から空間率を推定する鈴木のモデル式</li> <li>最密充填を得るためにはどのような粒度分布が良いのか?</li> </ol></li> <li>充填性、流動性に対する粒子形状の影響 <ol> <li>粒子形状の定量的表現法</li> <li>粉砕方法による粒子形状の違い</li> <li>粉体層剪断試験と流動性指数</li> <li>粒子形状と粉体の充填性、流動性との関係</li> </ol></li> <li>充填性、流動性に対する表面状態の影響 <ol> <li>メカノケミカル反応による粒子表面の疎水化</li> <li>充填性、流動性に及ぼす粒子表面疎水化の影響</li> </ol></li> <li>X線マイクロCTスキャン装置を用いた粉体充填状態の観察 <ol> <li>充填層内部の空間率分布</li> <li>充填方法の違いの影響</li> <li>壁面の影響</li> <li>粉粒体圧縮成型時の充填率分布変化</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5669"><span itemprop="name">鈴木 道隆</span></a> 氏 <div>兵庫県立大学 大学院 工学研究科 化学工学専攻 環境エネルギー工学部門 粉粒体工学研究室</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">ドーンセンター</a> <p>4F 大会議室3</p> <meta itemprop="name" content="ドーンセンター" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="540-0008" /> <span itemprop="addressRegion">大阪府</span> <span itemprop="addressLocality">大阪市</span> <span itemprop="streetAddress">中央区大手前1丁目3-49</span> </div> <a href="/node/1800"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;markers=大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="ドーンセンターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。 <ul> <li>1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)</li> <li>複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)</li> <li>案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23764&date=2017-07-07&title=微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 充填 分散分析 微粒子凝縮 微粒子分散 Tue, 14 Mar 2017 05:35:52 +0000 admin 23764 at https://tech-seminar.jp VAE (変分自己符号化器) の仕組みと応用 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-07-VAE-%E5%A4%89%E5%88%86%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%AC%A6%E5%8F%B7%E5%8C%96%E5%99%A8-%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%A8%E5%BF%9C%E7%94%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> VAE (変分自己符号化器) の仕組みと応用</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1899" rel="tag" title="Deep Learning">Deep Learning</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24262/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24262&date=2017-07-07&title=VAE (変分自己符号化器) の仕組みと応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-07T13:00:00+09:00">2017年7月7日(金) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-07T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-07T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-07T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 深層学習 (Deep Learning) は大量の正解ラベル付きデータを活用して画像や音声の識別や変換を行うことを得意としている。なのでいくら手元に大量のデータがあっても、まずは人の手で分類・タグ付けを行う必要があり、導入の障害となっていることがある。<br />  一方で深層学習を用いた生成モデルである変分自己符号化器 (variational autoencoder; <span class="caps">VAE</span>) は、正解ラベルが限られていたり、全く与えられていない状態でも、ある程度有益な情報を抽出・発見できることが知られている。<br />  本セミナーではVAEを中心に深層学習を用いた生成モデルについて、その構造や理論的背景、応用事例を解説する。</p> <ol> <li>深層学習の基礎的説明 <ol> <li>教師あり学習</li> <li>特徴抽出と転移学習</li> </ol></li> <li>自己符号化器 <ol> <li>自己符号化器 (autoencoder) 以前のニューラルネットワーク型生成モデル</li> <li>変分自己符号化器 (variational autoencoder) の解説</li> <li>その他の深層生成モデル</li> <li>VAEやその他の生成モデルの応用事例</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23284"><span itemprop="name">松原 崇</span></a> 氏 <div>神戸大学 大学院 システム情報学研究科 </div> <div>助教</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">45000円</span> (税別) / 48,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="45000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24262&date=2017-07-07&title=VAE (変分自己符号化器) の仕組みと応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 機械学習 Deep Learning Mon, 15 May 2017 02:36:08 +0000 admin 24262 at https://tech-seminar.jp 「異物不良ゼロ」を目指す管理者のためのクリーンルームと静電気対策講座 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-10-%E3%80%8C%E7%95%B0%E7%89%A9%E4%B8%8D%E8%89%AF%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%80%8D%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A8%E9%9D%99%E9%9B%BB%E6%B0%97%E5%AF%BE%E7%AD%96%E8%AC%9B%E5%BA%A7 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 「異物不良ゼロ」を目指す管理者のためのクリーンルームと静電気対策講座</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~実験動画や事例を交えて初心者の方にもわかりやすく、ノウハウを~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/267" rel="tag" title="クリーンルーム">クリーンルーム</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/987" rel="tag" title="異物混入対策">異物混入対策</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/971" rel="tag" title="静電気">静電気</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24136/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24136&date=2017-07-10&title=「異物不良ゼロ」を目指す管理者のためのクリーンルームと静電気対策講座">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、クリーン化技術の基礎から解説し、クリーンルームがなくとも塵埃を大きく低減させる方法について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-10T10:00:00+09:00">2017年7月10日(月) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-10T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-10T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-10T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>クリーンルーム管理、実務の担当者・責任者 <ul> <li>工業用途 <ul> <li>精密機械</li> <li>半導体製造</li> <li>電子機器・エレクトロニクス</li> <li>液晶工場</li> <li>ガラス・光学加工</li> <li>プラスチック成形</li> <li>塗装</li> <li>フィルム加工</li> </ul></li> <li>医療用途 <ul> <li>研究室</li> <li>無菌室</li> <li>手術室</li> </ul></li> <li>食品用途 <ul> <li>調理場</li> <li>製造ライン</li> </ul></li> <li>製薬工場</li> <li>バイオハザード施設</li> <li>動物実験施設</li> <li>RI (環境) 施設</li> </ul></li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>クリーンルームの基礎知識と塵埃の本質</li> <li>クリーン化の具体的方法とその根拠</li> <li>静電気が塵埃を付着させるメカニズムとその防止対策</li> <li>正しい清掃方法、現場での塵埃の観察法</li> <li>無塵服からの発塵、現場での色々な発塵とその理由</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 「客先からクリーンルームの異物管理について監査時に指摘されることが増えているが、従来のクリーンルーム管理からどのように対策していけばよいのか、正直よくわからない。」、「品質担当者が客先からの要求を聞いてくるが、現場が対応できずに困っている。」、このような声を聴くことが増えてきました。<br />  クリーンルーム管理と言えば、パーティクルカウンターを使用して浮遊微粒子数を測定するという方法で済まされていました。しかし、このような方法では異物不良ゼロを目指す最新のクリーン化管理では通用しません。また、客先から静電気対策による異物付着防止の管理や方法の指摘や質問が多くなっています。静電気対策は単にイオナイザー・除電ブロワーを付けるだけでは本当の管理とは言えません。<br />  そこで本講座では、異物不良ゼロを目指す上で必要となるクリーンルーム管理や静電気対策の手法について解説します。<br />  お使いのクリーンルームを評価するときにそのポイントはどこなのか?どういう判断基準で管理すればよいか?など、実験動画や事例を交えて初心者の方にもわかりやすく、ノウハウをお教えします。</p> <ol> <li>異物不良はなぜ起こる? <ol> <li>クリーンルームとは?</li> <li>クリーンルームの定義と規格。</li> <li>異物はどこから来る?</li> <li>クリーンルームは微小異物をどのように防いでいる?</li> <li>微小異物の大きさ</li> <li>微小異物の挙動を可視化</li> <li>微小異物の厄介な点</li> <li>微小異物の見える化 <ol> <li>クリーンルームライト</li> <li>気流可視化装置</li> <li>数値管理</li> <li>情報の共有</li> </ol></li> </ol></li> <li>除塵とクリーンルーム清掃 <ol> <li>付着のメカニズム・除塵のメカニズム <ol> <li>エア除塵</li> <li>ワイパー (布による拭き上げ)</li> <li>粘着ローラー</li> </ol></li> <li>クリーンルーム清掃 <ol> <li>クリーンルーム清掃の原則</li> <li>クリーンルーム清掃ツールの種類と特徴</li> <li>いつ清掃を行うか?</li> <li>床の清掃</li> <li>作業台の清掃</li> <li>装置内の清掃</li> <li>装置と局所クリーン化</li> <li>治具の清掃</li> <li>コンテナ、トレイの清掃</li> <li>清掃しやすいクリーンルーム/しにくいクリーンルーム</li> <li>清掃用具のメンテナンス</li> <li>クリーンルーム清掃の評価</li> <li>ここまでが、クリーンルーム清掃</li> </ol></li> </ol></li> <li>持ち込み異物の軽減 <ol> <li>クリーンウエアの管理 <ol> <li>クリーンクリーニング</li> <li>タンブリング試験</li> </ol></li> <li>前室の管理 <ol> <li>前室での交差汚染</li> <li>前室清掃のポイント</li> </ol></li> <li>エアシャワー <ol> <li>正しいエアシャワーの運用方法</li> <li>エアシャワーの除塵率</li> <li>エアシャワーと粘着ローラー</li> <li>エアシャワーの静電気対策</li> <li>インテリジェントエアシャワー</li> </ol></li> <li>クリーンルームワイパーを考える <ol> <li>不織布ワイパーからの発塵</li> <li>ワイパーの運用方法</li> </ol></li> </ol></li> <li>製品への異物の付着防止 <ol> <li>静電気による異物の付着とは? <ol> <li>クーロンの法則から対策を読み解く</li> <li>静電気付着対策の基本と根本原理</li> <li>静電気対策の対策実施例</li> <li>静電気対策、こんな時はどうするのか?</li> </ol></li> <li>クリーンルーム気流と付着 <ol> <li>気流による異物付着の例</li> <li>気流改善提案</li> </ol></li> <li>クリーン化管理のガイドライン <ol> <li>ガイドラインの設定と解説</li> <li>どのような管理が効果的か</li> <li>ガイドラインでの具体的実施事項</li> </ol></li> </ol></li> <li>作業員教育 <ol> <li>クリーン化推進のために…</li> <li>クリーン化の6S</li> <li>クリーン化推進委員会</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/9628"><span itemprop="name">園田 信夫</span></a> 氏 <div>クリーンサイエンスジャパン </div> <div>代表</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">47000円</span> (税別) / 50,760円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">59000円</span> (税別) / 63,720円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="47000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="59000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引特典について</h3> <ul> <li>複数名 同時受講:<br /> 1口 59,000円(税別) / 63,720円(税込) (3名まで受講可能)</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24136&date=2017-07-10&title=「異物不良ゼロ」を目指す管理者のためのクリーンルームと静電気対策講座">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> クリーンルーム 異物混入対策 静電気 Thu, 04 May 2017 06:59:15 +0000 admin 24136 at https://tech-seminar.jp スイッチOTC医薬品の処方動向と開発戦略 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-10-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81OTC%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E5%87%A6%E6%96%B9%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%A8%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%88%A6%E7%95%A5 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> スイッチOTC医薬品の処方動向と開発戦略</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~スイッチOTC申請における臨床データの要件、相談業務の勘所を解説~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1058" rel="tag" title="薬機法 (薬事法)">薬機法 (薬事法)</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24384/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24384&date=2017-07-10&title=スイッチOTC医薬品の処方動向と開発戦略">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-10T10:00:00+09:00">2017年7月10日(月) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-10T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-10T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-10T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 最近のスイッチOTC医薬品の処方分析から読み解く今後の展開</h4> <p>(2017年7月10日 10:00〜12:00)</p> <p> 本格的な高齢社会を迎え、医療費および医療資源の効率的な使用の観点から、医療用医薬品からの転換による「スイッチOTC医薬品」や「ダイレクトOTC医薬品」の開発の促進が期待されている。厚生労働省はスイッチOTC薬を医療費削減策の一つとして期待しているが、「医療用医薬品の処方数に影響を与える」「受診抑制につながる」という意見を仄聞する。そこで、本講座においては、スイッチOTC化後の医療用医薬品の処方実態をメディカル・データ・ビジョン株式会社が保有する1,785万人 (2017年2月末時点) の診療データを活用し考察する。<br />  医療用医薬品は歴史的にみれば、洋の東西を問わず教科書や文献の記述、あるいは先人の経験をよりどころにして医療行為を行ってきたのであって、この意味では「EBM:Evidence &#8211; Based Medicine」 (根拠に基づく医療) がなされたことに気づく。このような流れが生まれた背景には、医療行為を行う側の要請もさることながら、医療を受ける側の要請の高まりがあった。<br />  一方、スイッチOTC薬を含めたOTC医薬品は「医薬品」でありながら&#8220;モノの動き&#8220;と&#8220;ヒトの気持ち&#8220;のマーケティングが主流であり、集団を対象とした、疾病の秩序、いわゆる疫学について統計的・科学的に立証された根拠に基づく洞察はあまりなされてこなかったようにおもえる。<br />  本講座がスイッチOTC薬を含めたOTC医薬品の開発に携わるマーケター、マーチャンダイザー及び、セルフメディケーションのサポートを日々実践する皆様にとって、診療データに対する理解を深める機会となるとともに、H&amp;BC業界と消費者との良好な関係構築の一助になれば幸いである。</p> <h4>第2部. スイッチOTC医薬品で気をつける必要がある有害事象</h4> <p>(2017年7月10日 13:00〜14:45)</p> <p> 近年のわが国の高齢化や医療費の増大により,「セルフメディケーション」という考え方の重要性が高まっている。セルフメディケーション実践の手段として, 一般生活者がover the counter drug (<span class="caps">OTC</span>) を購入する機会が増えてきており、医療用医薬品からの転換によるスイッチOTC も幾つか販売されるようになってきている。<br />  OTC の購入がより容易になったが、その反面、OTC における有害事象を解析した報告は少ないのが現状である。<br />  近年、薬剤性有害事象の早期発見および発現傾向の把握を目的として,各国の規制当局により収集された有害事象の自発報告データベースを用いた、各種医薬品のリスク評価が数多く報告されており、このリスクを評価する指標として安全性シグナルを算出・数値化することが知られている。<br />  本邦においても独立行政法人医薬品医療機器総合機構 (<span class="caps">PMDA</span>) により,医療用医薬品および一般用医薬品・要指導医薬品による有害事象自発報告が2004 年から収集されており,有害事象自発報告データベース (<span class="caps">JADER</span>) が毎月更新されている. そこで本講座では、JADER を利用してスイッチOTC 化されている医薬品の成分を対象に有害事象のシグナル検出法を用いて、OTCとして使用を想定した安全性評価を行った結果について解説する。<br />  本結果がスイッチOTC医薬品で発生する有害事象の予測に役立つことが期待できる。</p> <h4>第3部. スイッチOTCの承認申請に係る臨床試験データの要件</h4> <p>(2017年7月10日 15:00〜17:00)</p> <ol> <li>スイッチOTC、ダイレクトOTCとは</li> <li>一般用医薬品・要指導医薬品の治験相談について <ol> <li>申請窓口への問合せ</li> <li>簡易相談</li> <li>対面助言 <ol> <li>対面助言の種類</li> <li>対面助言の効果的な利用</li> <li>事前面談の活用</li> </ol></li> </ol></li> <li>臨床試験データの具体例 <ol> <li>用法・用量の考え方</li> <li>効能・効果の考え方</li> <li>医療用と異なる規格の場合</li> <li>医療用と同じ規格の場合</li> <li>西洋ハーブ通知の利用</li> </ol></li> <li>照会事項対応について</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24382"><span itemprop="name">本多 功征</span></a> 氏 <div>MDVコンシューマー・ヘルスケア 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24383"><span itemprop="name">寺町 ひとみ</span></a> 氏 <div>岐阜薬科大学 実践薬学大講座 病院薬学研究室 </div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/6513"><span itemprop="name">齋藤 充生</span></a> 氏 <div>帝京平成大学 薬学部 薬学科</div> <div>准教授 </div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="55000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24384&date=2017-07-10&title=スイッチOTC医薬品の処方動向と開発戦略">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 薬機法 (薬事法) Wed, 17 May 2017 04:24:41 +0000 admin 24384 at https://tech-seminar.jp 自動運転時代に向けたドライバ状態検出・推定・制御技術と安全運転支援技術 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-10-%E8%87%AA%E5%8B%95%E9%81%8B%E8%BB%A2%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%9F%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E7%8A%B6%E6%85%8B%E6%A4%9C%E5%87%BA%E3%83%BB%E6%8E%A8%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%88%B6%E5%BE%A1%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A8%E5%AE%89%E5%85%A8%E9%81%8B%E8%BB%A2%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%8A%80%E8%A1%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 自動運転時代に向けたドライバ状態検出・推定・制御技術と安全運転支援技術</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1447" rel="tag" title="自動車">自動車</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1940" rel="tag" title="ADAS (Advanced Driving Assistant System / 先進運転支援システム)">ADAS (Advanced Driving Assistant System / 先進運転支援システム)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/884" rel="tag" title="生体信号処理">生体信号処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/620" rel="tag" title="車載システム">車載システム</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/831" rel="tag" title="車載機器">車載機器</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/71" rel="tag" title="運転支援">運転支援</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24460/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24460&date=2017-07-10&title=自動運転時代に向けたドライバ状態検出・推定・制御技術と安全運転支援技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基準にドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説すると共に、自動運転技術との結びつきについても説明いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-10T11:00:00+09:00">2017年7月10日(月) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-10T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-10T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-10T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>ドライバ状態検出技術</li> <li>自動運転技術のあり方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 現在注目を集めている予防安全技術の効果を一層高めるためには、運転しているドライバ自身の状態を検出し、推定することで、運転に適切な状態にさせる技術が必要となると考えられます。また、今後普及が期待されている自動運転技術についても、例えば、マニュアル運転と自動運転のシームレスな遷移をもたらすために、ドライバ状態検出・推定技術が役立つでしょう。<br />  本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基にして、ドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説すると共に、自動運転技術との結びつきについても説明します。</p> <ol> <li>なぜ予防安全技術が注目されているか? <ol> <li>統計データと連邦自動車安全基準から探る</li> <li>予防安全の分類</li> <li>2次安全から1次安全へ</li> <li>そして0次安全へ</li> <li>周辺環境認識技術の現状</li> <li>新しい0次安全に向けて</li> </ol></li> <li>ドライバを知る技術 <ol> <li>「外向き」から「内向き」へ</li> <li>ドライバを計測する</li> <li>ドライバ状態検出技術について (概論)</li> <li>ドライバ状態検出手法の長所と短所</li> </ol></li> <li>ドライバ状態検出技術 <ol> <li>視線挙動に基づくドライバ状態検出手法の研究紹介</li> <li>心拍に基づくドライバ状態検出手法の研究紹介</li> <li>その他のドライバ状態検出手法の研究紹介~脳波、 血圧、筋電位、呼気、発汗~</li> </ol></li> <li>統計科学的手法による推定の可能性</li> <li>「検出と推定」の先〜「お客様価値」を考える</li> <li>自動運転技術に向けて <ol> <li>ドライバを知る技術の自動運転技術との接点</li> <li>人と機械の機能配分</li> <li>自動運転技術のあり方</li> <li>システムズ・レジリエンス</li> </ol></li> <li>まとめ</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/15917"><span itemprop="name">荒川 俊也</span></a> 氏 <div>愛知工科大学 工学部 機械システム工学科</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46000円</span> (税別) / 49,680円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="46000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24460&date=2017-07-10&title=自動運転時代に向けたドライバ状態検出・推定・制御技術と安全運転支援技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 自動車 ADAS (Advanced Driving Assistant System / 先進運転支援システム) 生体信号処理 車載システム 車載機器 運転支援 Wed, 24 May 2017 00:29:46 +0000 admin 24460 at https://tech-seminar.jp パターン認識・画像認識の基礎と応用 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-11-%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%83%BB%E7%94%BB%E5%83%8F%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E5%BF%9C%E7%94%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> パターン認識・画像認識の基礎と応用</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~物体認識・パターン認識の基礎から映像探索、車載カメラ画像認識まで~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/82" rel="tag" title="画像処理">画像処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/361" rel="tag" title="AdaBoost">AdaBoost</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/360" rel="tag" title="HOG (Histograms of Oriented Gradients)">HOG (Histograms of Oriented Gradients)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/496" rel="tag" title="SIFT (Scale-Invariant Feature Transform)">SIFT (Scale-Invariant Feature Transform)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/328" rel="tag" title="サポートベクターマシン">サポートベクターマシン</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/217" rel="tag" title="パターン認識">パターン認識</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/931" rel="tag" title="動画像処理">動画像処理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/635" rel="tag" title="動画像認識">動画像認識</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/264" rel="tag" title="画像認識">画像認識</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1484" rel="tag" title="車載カメラ">車載カメラ</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24103/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24103&date=2017-07-11&title=パターン認識・画像認識の基礎と応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、画像認識・パターン認識の基礎から解説し、画像・映像の高速検索、応用として車載カメラでの認識について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-11T10:00:00+09:00">2017年7月11日(火) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-11T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-11T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-11T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>画質改善、画像復元、超解像技術に関連する技術者、開発者、研究者 <ul> <li>超高解像テレビ、ディスプレイ</li> <li>デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ</li> <li>医用画像処理、医用画像機器</li> <li>衛星画像処理</li> <li>外観検査装置、非破壊検査装置</li> <li>生体認証</li> <li>自動車、ロボットの環境認識</li> <li>計測制御機器、精密位置決め など</li> </ul></li> <li>信号処理に従事している技術者</li> <li>画像処理に従事している技術者</li> <li>パターン認識に従事している技術者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>画像認識の基礎</li> <li>パターン認識の基礎</li> <li>画像・映像の高速探索</li> <li>車載カメラ映像の認識</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ol> <li>画像認識と3次元物体認識 <ol> <li>画像認識の概要</li> <li>固有空間法による物体認識</li> <li>動画像認識、ビジュアルサーボ</li> <li>物体認識における照明の制御</li> </ol></li> <li>パターン認識の基礎 <ol> <li>画像認識、精度評価、前処理と特徴抽出</li> <li>主成分分析、判別分析</li> <li>最近傍法、ニューラルネット</li> <li>部分空間法</li> <li>SVM、カーネル法、アダブースト</li> <li>各種特徴 <ul> <li>Harr-like</li> <li><span class="caps">HOG</span></li> <li><span class="caps">SIFT</span></li> <li>Joint-特徴 等</li> </ul></li> </ol></li> <li>画像・映像の高速探索 <ol> <li>アクティブ探索法の原理</li> <li>画像中の物体の高速探索法</li> <li>長時間の音・映像の高速探索</li> </ol></li> <li>車載カメラ映像の認識 <ol> <li>画像照合による自車位置推定</li> <li>道路標識等の認識</li> <li>歩行者の検出</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5992"><span itemprop="name">村瀬 洋</span></a> 氏 <div>名古屋大学 大学院 情報科学研究科 メディア科学専攻</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A%E9%A4%A8">連合会館</a> <meta itemprop="name" content="連合会館" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3253-1771" /> <meta itemprop="url" content="http://rengokaikan.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-0062" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田駿河台三丁目2-11</span> </div> <a href="/node/1730"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田駿河台三丁目2-11&amp;markers=東京都千代田区神田駿河台三丁目2-11&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="連合会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">47000円</span> (税別) / 50,760円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="47000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24103&date=2017-07-11&title=パターン認識・画像認識の基礎と応用">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 画像処理 機械学習 AdaBoost HOG (Histograms of Oriented Gradients) SIFT (Scale-Invariant Feature Transform) サポートベクターマシン パターン認識 動画像処理 動画像認識 画像認識 車載カメラ Wed, 26 Apr 2017 04:16:27 +0000 admin 24103 at https://tech-seminar.jp 臨床医が製薬企業MR・MSLに望むこれからの情報提供方法 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-11-%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%8C%BB%E3%81%8C%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%81%E6%A5%ADMR%E3%83%BBMSL%E3%81%AB%E6%9C%9B%E3%82%80%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%8F%90%E4%BE%9B%E6%96%B9%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 臨床医が製薬企業MR・MSLに望むこれからの情報提供方法</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~MR減少/MSL時代の今、病院から望まれているコミュニケーション方法とは~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1534" rel="tag" title="MR (Medical Representative / 医薬情報担当者)">MR (Medical Representative / 医薬情報担当者)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/2033" rel="tag" title="MSL (Medical Science Liaison / メディカル・サイエンス・リエゾン)">MSL (Medical Science Liaison / メディカル・サイエンス・リエゾン)</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24385/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24385&date=2017-07-11&title=臨床医が製薬企業MR・MSLに望むこれからの情報提供方法">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-11T10:00:00+09:00">2017年7月11日(火) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-11T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-11T17:45:00+09:00">17時45分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-11T17:45:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 臨床医を取り巻く全てのメディア接触と評価、情報ニーズを見通す</h4> <p>~医師メディア調査SDMRデータを材料に~</p> <p>(2017年7月11日 10:00〜11:15)</p> <p> 製薬企業の医療現場への情報提供の形が、MRの役割の変化やICTの進化、さらに医療現場環境変化などにより、ここ数年大きく変わろうとしている。 その中でも、製薬企業にとって最も重要な情報提供先は様々な調査を見ても臨床医であることは明白である。 本講演では、臨床医を取り巻く全てのメディアの到達状況を紹介し、製薬企業がメディア戦略をどのように考えるべきかについての議論の参考とする。</p> <ul> <li>医薬品市場を取り巻く環境変化 (医薬品費、市場構造、企業戦略、)</li> <li>医薬品企業の情報提供方法の変化&lt;医師メディア調査結果より&gt;</li> <li>医師の勤務状況の理解</li> <li>マスメディアとの接触 (TV番組,新聞雑誌閲読、それらのトレンド)</li> <li>インターネットやモバイルの環境</li> <li>MR,MSL、学会などの状況</li> <li>DTCの認知・評価</li> <li>まとめ</li> <li>臨床医の情報ニーズのトレンドと情報提供の理想の姿</li> <li>質疑応答</li> </ul> <h4>第2部. 医療現場が医薬品情報提供に望む、デジタル/非デジタルコミュニケーションのバランス</h4> <p>(2017年7月11日 11:30〜12:45)</p> <p> 医療機関への医薬品情報提供において、製薬会社の医薬品情報担当者MR (medical representative) は重要な存在であると考えられる。しかし、現在「MR不要論」が叫ばれている事も事実である。その原因としてはデジタルソリューションによる情報伝達方法の変革は大きい。また、昨今のMRの関係する不祥事によるMRに対する世間の批判的視線、情報伝達におけるMRの独自性の低下は結果的に「MR不要論」に拍車をかけることになっている。<br />  今回、マルチチャネルマーケティングの有用性が高まっている中、医療現場の1人として医薬品情報提供におけるデジタル/非デジタルコミュニケーションのバランスについて意見を述べたい。</p> <ul> <li>医療現場における情報</li> <li>医薬品情報の特性</li> <li>MRとは</li> <li>当院におけるMRによる医薬品情報活動</li> <li>医薬品情報におけるデジタルソリューションの活用</li> <li>当院における医薬品情報伝達に関する問題事例</li> <li>デジタルと非デジタルの共存</li> <li>MR不要論について</li> <li>医薬品情報伝達における望むべき将来</li> <li>質疑応答</li> </ul> <h4>第3部. 臨床医が製薬企業に望む病院訪問と情報提供方法</h4> <p>(2017年7月11日 13:30〜14:45)</p> <p> 医師とMRとの間での情報共有のあり方について、薬剤情報提供の実際について、臨床医の立場で概説します。</p> <ul> <li>薬剤使用・処方を決定する際に欲しい情報</li> <li>新薬の使用時に欲しい情報</li> <li>製薬企業による情報提供の問題点</li> <li>質疑応答</li> </ul> <h4>第4部. 腫瘍内科医が必要とするがん治療薬および支持療法薬の情報とは</h4> <p>(2017年7月11日 15:00〜16:15)</p> <p> 多くの分子治療薬、免疫チェックポイント阻害薬などが開発されている。新しいがん治療薬が標準治療に組み入れられたとき、がん治療医はどのように情報収集をし、患者治療に役立てていくのか、また、これら情報をどのように応用し、がんチーム医療を行っているのか、実症例を示しながら説明する。</p> <ol> <li>腫瘍内科の業務内容 <ul> <li>外来、入院、外来化学療法センターマネジメント、コンサルテーション、院内がん治療整備</li> </ul></li> <li>新薬 (がん治療薬と支持療法) の情報収集方法 <ul> <li>使用上の注意と重大な副作用</li> </ul></li> <li>がん診療ガイドラインと院内がんレジメン登録 <ul> <li>治療選択のための情報とレジメン作成のための情報</li> </ul></li> <li>レジメンオーダーから投与、副作用対策まで <ul> <li>チームで共有すべき情報とは</li> </ul></li> <li>併存症のある症例に対するがん治療のリスク</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第5部. 薬剤選定にあたり臨床医が製薬企業に望む医薬品情報およびその提供方法</h4> <p>(2017年7月11日 16:30〜17:45)</p> <p> 遺伝子技術や製造法の進歩により毎年50種類ほどの新規薬剤が市場に登場している。特に分子標的薬や抗体製剤など治療ターゲットを定めた新規薬剤が増え、その効果は著しいものの高額であるという問題もある。一方、一定期間を経て特許切れとなった薬剤は、ジェネリック医薬品やバイオ医薬品として少し安価となり、市場に登場する。我々、臨床医は、専門家でさえも、使いこなすことが困難なほどの数の薬剤を、市場に出て速やか特徴を捉えて使うには効率よく情報を得る必要がある。インターネット、学会、研究会などを通じてオピニオンリーダーから知識を得たり、製薬メーカーの学術担当者を頼って効率よく医薬品情報を獲得したりすることが重要である。<br />  本講演では、自身が日常臨床で実践し、感じていることについて私見を交えながら解説する。</p> <ul> <li>最近の新薬の動向</li> <li>新たな作用機序による薬剤</li> <li>ジェネリック医薬品とバイオ後発品</li> <li>治療薬の使用・処方を決定する際に必要な情報とは</li> <li>新薬の使用時に欲しい情報とは</li> <li>新薬の採用検討時にあったら良い情報とは</li> <li>最近の医薬品情報収集をどのように実施しているか?</li> <li>製薬企業による情報提供の問題点</li> <li>これからのdrug informationのあり方</li> <li>質疑応答</li> </ul></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/15829"><span itemprop="name">傳農 寿</span></a> 氏 <div>株式会社 社会情報サービス</div> <div>専務取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22539"><span itemprop="name">生島 五郎</span></a> 氏 <div>国保松戸市立病院 薬局薬剤科</div> <div>薬局長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/17165"><span itemprop="name">飯野 則昭</span></a> 氏 <div>新潟大学医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター 腎膠原病内科</div> <div>腎臓内科部長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/16726"><span itemprop="name">岡元 るみ子</span></a> 氏 <div>千葉西総合病院 </div> <div>腫瘍内科医 / 外来化学療法センター長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/18899"><span itemprop="name">角田 慎一郎</span></a> 氏 <div>一般財団 住友病院 膠原病・リウマチ内科</div> <div>主任部長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">65000円</span> (税別) / 70,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="60000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="65000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 60,000円(税別) / 64,800円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 65,000円(税別) / 70,200円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 120,000円(税別) / 129,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 180,000円(税別) / 194,400円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24385&date=2017-07-11&title=臨床医が製薬企業MR・MSLに望むこれからの情報提供方法">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 MR (Medical Representative / 医薬情報担当者) MSL (Medical Science Liaison / メディカル・サイエンス・リエゾン) Wed, 17 May 2017 04:30:31 +0000 admin 24385 at https://tech-seminar.jp リチウムイオン電池の分析評価、充放電時の挙動解析、安全性試験 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-11-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%81%AE%E5%88%86%E6%9E%90%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%81%E5%85%85%E6%94%BE%E9%9B%BB%E6%99%82%E3%81%AE%E6%8C%99%E5%8B%95%E8%A7%A3%E6%9E%90%E3%80%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7%E8%A9%A6%E9%A8%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> リチウムイオン電池の分析評価、充放電時の挙動解析、安全性試験</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~充放電機構のリアルタイム解析、信頼性と品質管理、過充電による発熱、発火爆発の原因解明など~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/100" rel="tag" title="リチウムイオン電池">リチウムイオン電池</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/737" rel="tag" title="電極材料">電極材料</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24399/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24399&date=2017-07-11&title=リチウムイオン電池の分析評価、充放電時の挙動解析、安全性試験">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-11T11:00:00+09:00">2017年7月11日(火) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-11T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-11T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-11T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-12T10:30:00+09:00">2017年7月12日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-12T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-12T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-12T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 正極・負極・バインダー・導電助剤等が及ぼす電池特性および安全性</h4> <p>(2017年7月11日 11:00~12:30)</p> <p> 正極では最近、正極材料の表面処理技術や耐熱性バインダ、新製造技術などにより、出力特性と高温耐久性などが向上することもわかってきている。一方、負極では、現在の炭素系負極から、SnやSiなどの合金系負極に変更することで、高容量化と温度特性が改善され、さらに釘刺し試験でも熱暴走しにくい電池ができることが知られている。<br />  本講では、各種の電極材料と新バインダ、新セパレータ、新製造技術などを用いた電池特性と安全性について紹介する。</p> <ol> <li>技術背景 <ol> <li>リチウムイオン電池の市場と開発動向</li> <li>リチウムイオン電池の事故事例</li> <li>電池熱暴走メカニズム</li> </ol></li> <li>正極 <ol> <li>各種正極材料と電極特性</li> <li>耐熱性バインダ</li> <li>水系バインダに適したスラリーの製造技術</li> <li>正極と炭酸中和技術</li> </ol></li> <li>負極 <ol> <li>各種負極系材料と電極特性</li> <li>Si系負極の特徴と周辺技術</li> <li>Si負極の導電性と安全性</li> </ol></li> <li>セパレータ <ol> <li>微多孔膜と不織布セパレータ</li> <li>セラミックコート微多孔膜セパレータ</li> <li>セパレータと電池特性、安全性</li> </ol></li> <li>電池ユーザーの要望に応じた電池設計と電池特性、安全性</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 単粒子測定による電池用粒子,バインダーの評価, 電極スラリーの粒度分布評価</h4> <p>(2017年7月11日 13:15〜14:45)</p> <p> 安全性や寿命など、目的とする電池特性をリチウムイオン電池で実現するためには、電極活物質やバインダーなどの電極構成材料の特性を正しく把握し、電極設計を行うことが不可欠である。<br />  本講では単粒子測定法を用いた電極活物質やバインダーの評価法を紹介する。また、それらを混合してスラリーを調製し、電極を作製する際に必要となる評価法についても解説する。</p> <ol> <li>リチウムイオン電池の構成材料と機能 <ol> <li>リチウムイオン電池とは</li> <li>構成部材と機能</li> <li>電極の作製工程</li> <li>電極スラリー、電極の評価</li> <li>充放電特性と電池の劣化</li> </ol></li> <li>単粒子測定技術 <ol> <li>単粒子測定とは</li> <li>電極活物質粒子の評価</li> <li>バインダーの評価</li> <li>電極設計指針の探索</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 最新X線CT技術による リチウムイオン電池の非破壊検査について</h4> <p>(2017年7月11日 15:00〜16:30)</p> <p> マイクロフォーカスX線検査の基礎から応用まで、革新技術による観察応用事例を豊富に取り上げ解説。リチウムイオン電池の充放電による内部状態の変化や材料の三次元構造事例の紹介する。</p> <ol> <li>X線の基礎 <ul> <li>歴史、透過、拡大投影法の原理</li> </ul></li> <li>X線透視装置 <ul> <li>最新モデルの原理から応用事例紹介</li> </ul></li> <li>X線CT装置 <ul> <li>メディカルCTとの違い</li> <li>高速演算システムのご紹介</li> </ul></li> <li>リチウムイオン電池におけるアプリケーション <ol> <li>大型車載リチウム電池の解析事例紹介</li> <li>リチウムイオン電池の故障解析、構造解析</li> <li>リチウムイオン電池の膨張内部可視化</li> <li>リチウムイオン電池の製造検証 (リバースエンジニアリング、形状比較)</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 画像相関法による二次電池充電時の変形挙動と膨張収縮評価への応用</h4> <p>(2017年7月12日 10:00~11:30)</p> <p> リチウムイオン電池の膨張・収縮・変形は、機器設計や安全・品質管理にお いて重要な要素である。<br />  本セミナーでは、変形の評価方法として画像相関法を取り上げ、非接触・三 次元・in &#8211; situといった特徴を応用した二次電池の変形評価について紹介する。</p> <ol> <li>背景 <ol> <li>二次電池評価の概要</li> <li>変形計測の必要性</li> </ol></li> <li>変形計測技術について <ol> <li>変位計測技術の比較</li> <li>デジタル画像相関法 (<span class="caps">DICM</span>) とは</li> <li>画像相関法の特徴 <ul> <li>三次元</li> <li>非接触</li> <li>in-situなど</li> </ul></li> </ol></li> <li>二次電池への適用事例 <ol> <li>充放電時の変形挙動計測</li> <li>変形挙動からの膨張収縮解析</li> <li>熱分布との相関解析</li> </ol></li> <li>膨張・収縮評価データの活用事例 <ol> <li>解体・構造解析</li> <li>劣化解析、特性評価</li> <li>熱解析</li> <li>安全性試験</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第5部 リチウムイオン電池の内部in &#8211; situ試験, イオンの挙動解析,可視化技術について</h4> <p>(2017年7月12日 11:45〜13:15)</p> <ol> <li>リチウム電池反応解析 <ol> <li>リチウム電池における反応解析の現状</li> <li>リチウムイオン挙動の非破壊かつリアルタイム観測事例</li> </ol></li> <li>中性子回折を用いた電池反応解析 <ol> <li>中性子回折法の現状</li> <li>測定機器,解析装置の構成</li> <li>材料の構造解析</li> <li>軽元素 (Li) の可視化 2 &#8211; 5 実電池反応の解析</li> </ol></li> <li>市販18650型電池の中性子回折実験 <ol> <li>18650型電池の性能</li> <li>18650型電池に対する回折実験手法</li> <li>低レート充放電中の反応の直接観測</li> <li>高レート充放電中 (非平衡状態) の反応の直接観測</li> <li>自動リートベルト解析法</li> </ol></li> <li>中性子散乱実験の応用可能性 <ol> <li>劣化解析、保存特性、その他の電池系への応用</li> </ol></li> <li>総括</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第5部 リチウムイオン二次電池のプロセスを考慮した 評価法,安全性試験,過酷試験について</h4> <p>(2017年7月12日 14:00〜16:00)</p> <ol> <li>セルの構成と材料、部材</li> <li>電気化学デバイスとしての特性と評価 <ol> <li>充電と充電電圧</li> <li>放電と放電電圧</li> <li>過充電と過放電</li> <li>充放電のサイクル</li> <li><span class="caps">SOC</span></li> </ol></li> <li>活物質の特性とセル設計 (容量設計の計算) <ol> <li>正極活物質</li> <li>負極活物質</li> <li>充放電容量</li> <li>コインセルのデータ</li> <li>セルとしての設計</li> </ol></li> <li>塗工スラリーの調整と塗工・乾燥 <ol> <li>塗工レシピ</li> <li>バインダー</li> <li>固形分濃</li> <li>粘度特性 ・ラボコーター</li> <li>塗って乾燥</li> </ol></li> <li>電極板の製作と評価 <ol> <li>電極板の構成</li> <li>断面と表面</li> <li>セルの形態の関係</li> <li>物理化学的評価</li> <li>電気的評価</li> </ol></li> <li>実用セルの設計と制約 <ol> <li>正負極剤の選定</li> <li>セルの電圧と容量</li> <li>A/C比</li> <li>安全劣化マージン</li> </ol></li> <li>実用セルの評価 (サイクル寿命)</li> <li>新たな活物質による実用電池の製造</li> <li>セルの試験規格と安全性試験 <ul> <li>JIS、UL、UN ガイドライン,自動車関係の過酷試験</li> </ul></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23448"><span itemprop="name">向井 孝志</span></a> 氏 <div>国立研究開発法人 産業技術総合研究所 電池技術研究部門 電池システム研究グループ</div> <div></div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/9149"><span itemprop="name">棟方 裕一</span></a> 氏 <div>首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科</div> <div>助教</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24397"><span itemprop="name">夏原 正仁</span></a> 氏 <div>株式会社 島津製作所 分析計測事業部</div> <div>ビジネスユニット長 (部長)</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24398"><span itemprop="name">大園 洋史</span></a> 氏 <div>株式会社 コベルコ科研 材料ソリューション事業部 エレクトロニクス技術部 エレクトロニクス技術室 電池評価解析グループ </div> <div></div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24165"><span itemprop="name">鈴木 耕太</span></a> 氏 <div>東京工業大学 物質理工学院 応用化学系</div> <div>助教</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5077"><span itemprop="name">菅原 秀一</span></a> 氏 <div>泉化研株式会社</div> <div>代表</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">70000円</span> (税別) / 75,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">65000円</span> (税別) / 70,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="65000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="70000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 65,000円(税別) / 70,200円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 70,000円(税別) / 75,600円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 130,000円(税別) / 140,400円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 195,000円(税別) / 210,600円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24399&date=2017-07-11&title=リチウムイオン電池の分析評価、充放電時の挙動解析、安全性試験">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> リチウムイオン電池 電極材料 Wed, 17 May 2017 05:09:21 +0000 admin 24399 at https://tech-seminar.jp ディープラーニング (Deep Learning) とロボットの行動系列学習 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-12-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-Deep-Learning-%E3%81%A8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A1%8C%E5%8B%95%E7%B3%BB%E5%88%97%E5%AD%A6%E7%BF%92 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> ディープラーニング (Deep Learning) とロボットの行動系列学習</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~概要と今後の展望~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1899" rel="tag" title="Deep Learning">Deep Learning</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1451" rel="tag" title="ロボット">ロボット</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/330" rel="tag" title="人工知能">人工知能</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24649/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24649&date=2017-07-12&title=ディープラーニング (Deep Learning) とロボットの行動系列学習">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、ディープラーニングの手法について、その歴史と各種の学習アルゴリズムを概説します。その後、マルチモーダル学習という新しい分野へ応用した我々の最新研究の概要、ロボットの環境認識と行動学習への応用事例、最後に、リカレントニューラルネットへの展開等、将来の研究動向を議論します。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-12T10:00:00+09:00">2017年7月12日(水) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-12T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-12T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-12T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 本セミナーでは、現在、画像・音声の研究領域で大きな関心を集めている「ディープラーニング」の手法について、その歴史と各種の学習アルゴリズムを概説します。<br />  その後、マルチモーダル学習という新しい分野へ応用した我々の最新研究の概要を示した後、ロボットの環境認識と行動学習への応用事例を具体的に紹介します。<br />  最後に、リカレントニューラルネットへの展開等、将来の研究動向を議論します。</p> <ol> <li>第1講 神経回路モデル入門 <ol> <li>神経回路モデルの歴史</li> <li>ニューラルネットワーク基礎 <ol> <li>ニューロンモデル</li> <li>最急降下法</li> </ol></li> </ol></li> <li>第2講 DNNの概要とツール <ol> <li>様々なDNNと学習法 <ol> <li>Autoencoder</li> <li>Convolution Neural Network</li> <li>高速化 (Momentum、Dropout、Adagrad、Adam など)</li> </ol></li> <li>Tensorflow,Chainerなどの概要</li> <li>実例:講演者の研究室での事例紹介</li> </ol></li> <li>第3講 マルチモーダル学習 <ol> <li>様々なモーダル学習 <ol> <li>画像認識の事例</li> <li>音声認識の事例</li> <li>マルチモーダル学習事例</li> </ol></li> <li>ロボットの行動学習 <ol> <li>Deep Q &#8211; Learning</li> <li>End to End Learning</li> <li>運動系列学習 (予測と生成) :講演者の実現例</li> </ol></li> </ol></li> <li>第4講 RNNの概要と時系列処理 <ol> <li>新しいRNNの学習手法と特徴 <ol> <li><span class="caps">RNNPB</span></li> <li><span class="caps">MTRNN</span></li> <li>LSTMなど</li> </ol></li> <li>RNNを用いたSeq2Seq学習 <ol> <li>音声認識</li> <li>翻訳、対話</li> <li>ロボットの言語と運動の統合学習</li> </ol></li> </ol></li> <li>第5講 今後の展望 <ol> <li>DNNとRNNの統合モデル</li> <li>身体性に基づいた知能へ</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/13892"><span itemprop="name">尾形 哲也</span></a> 氏 <div>早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 表現工学科</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">47000円</span> (税別) / 50,760円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="47000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24649&date=2017-07-12&title=ディープラーニング (Deep Learning) とロボットの行動系列学習">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 機械学習 Deep Learning ロボット 人工知能 Wed, 14 Jun 2017 03:02:16 +0000 admin 24649 at https://tech-seminar.jp ヒートシールの条件設定と品質評価 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-12-%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%A8%E5%93%81%E8%B3%AA%E8%A9%95%E4%BE%A1 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> ヒートシールの条件設定と品質評価</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~溶着温度の管理/外観不良・強度不足対策~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/225" rel="tag" title="高分子材料">高分子材料</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/76" rel="tag" title="プラスチック">プラスチック</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1494" rel="tag" title="封止">封止</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/77" rel="tag" title="接着">接着</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/821" rel="tag" title="溶着">溶着</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24237/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24237&date=2017-07-12&title=ヒートシールの条件設定と品質評価">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーは、ヒートシールについて基礎から解説し、理論的な材料選定やシール条件の設定法を詳しく解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-12T10:30:00+09:00">2017年7月12日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-12T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-12T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-12T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p>プラスチック容器の種類とヒートシール技術について概要を示す。</p> <ol> <li>プラスチック容器 <ol> <li>種類と材料構成</li> <li>使用材料の特性</li> </ol></li> <li>ヒートシールの基礎</li> <li>シール方法 <ol> <li>ヒートシール</li> <li>インパルスシール</li> </ol></li> <li>ヒートシールの不具合 <ol> <li>はみ出し</li> <li>発泡</li> </ol></li> <li>適正なヒートシールの実施 <ol> <li>熱電対を使用する温度測定法</li> <li>溶着面温度に影響する因子</li> <li>実生産におけるヒートシール条件設定時の注意点</li> </ol></li> <li>検査方法 <ol> <li>外観検査</li> <li>シール強度</li> <li>成形容器の破裂試験</li> <li>耐圧縮試験</li> <li>落下試験</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/21959"><span itemprop="name">井上 保</span></a> 氏 <div>東洋食品工業短期大学</div> <div>講師</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">45000円</span> (税別) / 48,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="45000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="50000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24237&date=2017-07-12&title=ヒートシールの条件設定と品質評価">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 高分子材料 プラスチック 封止 接着 溶着 Sun, 14 May 2017 14:18:20 +0000 admin 24237 at https://tech-seminar.jp リチウムイオン電池の接合・シーリング技術と気密性・強度評価 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-12-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%81%AE%E6%8E%A5%E5%90%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A8%E6%B0%97%E5%AF%86%E6%80%A7%E3%83%BB%E5%BC%B7%E5%BA%A6%E8%A9%95%E4%BE%A1 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> リチウムイオン電池の接合・シーリング技術と気密性・強度評価</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/178" rel="tag" title="電池">電池</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/658" rel="tag" title="シール">シール</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/100" rel="tag" title="リチウムイオン電池">リチウムイオン電池</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1494" rel="tag" title="封止">封止</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/737" rel="tag" title="電極材料">電極材料</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24242/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24242&date=2017-07-12&title=リチウムイオン電池の接合・シーリング技術と気密性・強度評価">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-12T10:30:00+09:00">2017年7月12日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-12T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-12T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-12T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 二次電池タブリードのシーラントフィルムに求められる溶着性・絶縁性・形状維持性</h4> <p>(2017年7月12日 10:30〜12:00)</p> <ol> <li>ラミネート型リチウムイオン電池の黎明期 <ol> <li>放熱の異方性</li> <li>釘差し時の電極内での電子の流れ</li> <li>初期のラミネート型電池とその特性</li> </ol></li> <li>世界初の大型ラミネート型リチウムイオン電池</li> <li>熱溶着によるラミネート外装材の強度評価 <ol> <li>常時加熱型シーラー 3 &#8211; 2 インパルス型シーラー</li> <li>シーラントとシール部の位置</li> <li>引っ張り強度測定</li> <li>溶着温度</li> <li>溶着圧力</li> <li>溶着時間</li> <li>溶着位置と引っ張り強度</li> </ol></li> <li>電極タブ <ol> <li>正極タブ (Al)</li> <li>負極タブ (Cu)</li> <li>表面処理の重要性</li> <li>高性能タブ</li> </ol></li> <li>ラミネート型リチウムイオン電池の寿命推定 <ol> <li>温度と溶着部の破断寿命</li> <li>18650電池のガスケットとの比較</li> <li>ラミネート型電池の膨れと対策</li> <li>充放電での膨れ</li> <li>ガス発生</li> </ol></li> <li>まとめラミネート型電池の利点</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 リチウムイオン電池用シール剤の機能と特徴、シール性評価</h4> <p>(2017年7月12日 12:45〜14:15)</p> <p> 新興国での急速な自動車需要の増加から、自動車が環境に与える負の側面 (特に温暖化ガス発生) が問題視されている。この対応策の一つとしてEVなどの次世代自動車の開発が加速されている。次世代自動車の安全性を支える1項目としてリチウムイオン電池のシール技術およびシール剤は必須であり、これに対応した材料開発の状況を紹介する。</p> <ol> <li>シール剤とは</li> <li>シール剤の機能</li> <li>使用方法</li> <li>各種塗布方法の紹介と比較</li> <li>リチウムイオン電池での使用例</li> <li>各種シール剤用材料の特徴 <ol> <li>アスファルト系材料</li> <li>ゴム系材料</li> </ol></li> <li>シール剤選定のポイント</li> <li>日本ゼオン製シール剤 BM &#8211; 140Sの紹介</li> <li>シール性能の評価</li> <li>シール剤の技術課題とこれからのシール剤</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 リチウム二次電池におけるタブリードの耐電解液性と金属部材の腐食挙動</h4> <p>(2017年7月12日 14:30〜16:00)</p> <p> 外部回路に電流を取り出すため、電池には集電金属部材が必要である。リチウム二次電池には有機電解液が使われる。しかしながら、有機電解液に対する金属部材の耐電解液性と金属部材の腐食挙動についてはあまり知られていない。本セミナーでは金属部材の腐食や不動態化についての基礎的事項を解説し、リチウム二次電池のタブリードへのアプローチについて議論する。</p> <ol> <li>金属材料の安定性 <ol> <li>腐食の平衡論</li> <li>不動態化</li> <li>腐食の速度論</li> </ol></li> <li>活性態と不動態 <ol> <li>孔食および隙間腐食</li> <li>粒界腐食</li> <li>磨耗腐食</li> <li>応力腐食割れ</li> </ol></li> <li>リチウム二次電池に使われる有機電解液と金属部材 <ol> <li>リチウム電池の構造と動作</li> <li>リチウム電池に使われる有機電解液</li> <li>有機電解質中での不動態化</li> <li>充放電にともなう金属部材近傍で起こり得る現象</li> </ol></li> <li>まとめ</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22309"><span itemprop="name">小沢 和典</span></a> 氏 <div>株式会社オザワエナックス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22731"><span itemprop="name">前田 耕一郎</span></a> 氏 <div>日本ゼオン 株式会社 総合開発センター 機能性材料研究所</div> <div>主席研究員</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5099"><span itemprop="name">立花 和宏</span></a> 氏 <div>山形大学 大学院 理工学研究科 </div> <div>准教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="55000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24242&date=2017-07-12&title=リチウムイオン電池の接合・シーリング技術と気密性・強度評価">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 電池 シール リチウムイオン電池 封止 電極材料 Sun, 14 May 2017 14:32:32 +0000 admin 24242 at https://tech-seminar.jp 摩擦・振動の基礎と制振・異音対策 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-12-%E6%91%A9%E6%93%A6%E3%83%BB%E6%8C%AF%E5%8B%95%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E5%88%B6%E6%8C%AF%E3%83%BB%E7%95%B0%E9%9F%B3%E5%AF%BE%E7%AD%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 摩擦・振動の基礎と制振・異音対策</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/313" rel="tag" title="トライボロジー">トライボロジー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/187" rel="tag" title="振動">振動</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/753" rel="tag" title="振動対策">振動対策</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/61" rel="tag" title="振動騒音">振動騒音</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/188" rel="tag" title="摩擦">摩擦</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24309/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24309&date=2017-07-12&title=摩擦・振動の基礎と制振・異音対策">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、摩擦と振動の基礎理論から解説し、摩擦振動の発生メカニズムについて習得していただきます。<br /> また、振動と異音の対策について、各種理論に基づき詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-12T10:30:00+09:00">2017年7月12日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-12T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-12T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-12T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>摩擦の基礎理論 (トライボロジー) のポイント</li> <li>振動の基礎理論 (機械振動学) のポイント</li> <li>摩擦振動の問題に直面したときに着眼すべきポイント</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> なめらかに作動することを想定して設計された摺動部に摩擦振動が発生すると、運動が間欠的になり、機械の主たる機能が著しく損なわれる場合があります。あるいは、摩擦振動が機械の性能を低下させるほど激しくなくとも、摩擦振動に起因する異音の発生が機械の商品価値を低下させる場合もあります。<br />  本セミナーでは、「摩擦の基礎理論」と「振動の基礎理論」のポイントを短時間で解説したのち、「摩擦振動の発生メカニズム」の理論的なのフレームワークを解説します。以上を踏まえて、「振動と異音の対策」では、先進的な制振手法の研究紹介を含めながら、摩擦振動の問題に直面したときに着眼すべきポイントを解説します。</p> <ol> <li>摩擦の基礎理論 <ol> <li>表面の形状と接触</li> <li>静摩擦と動摩擦</li> <li>摩擦の法則</li> <li>潤滑の形態と摩擦係数</li> </ol></li> <li>振動の基礎理論 <ol> <li>持続する振動 (単振動)</li> <li>流体摩擦による振動の減衰</li> <li>固体摩擦による振動の減衰</li> <li>成長する振動 (自励振動)</li> </ol></li> <li>摩擦振動のメカニズム <ol> <li>静摩擦と動摩擦の差により生じる摩擦振動</li> <li>動摩擦力の速度弱化により生じる摩擦振動</li> <li>モード結合不安定性により生じる摩擦振動</li> <li>その他 (弾性体の接触界面のダイナミクスなど)</li> </ol></li> <li>振動と異音の対策 <ol> <li>パッシブ制振理論に基づく設計</li> <li>アクティブ制振理論に基づく設計</li> <li>先進的な制振手法</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答・名刺交換</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5763"><span itemprop="name">中野 健</span></a> 氏 <div>横浜国立大学大学院 環境情報研究院 人工環境と情報部門</div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E8%8A%9D%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%AB-KCD%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB">芝エクセレントビル KCDホール</a> <meta itemprop="name" content="芝エクセレントビル KCDホール" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3436-3621" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="150-0013" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">浜松町二丁目1番13号</span> 芝エクセレントビル </div> <a href="/node/11389"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区浜松町二丁目1番13号&amp;markers=東京都港区浜松町二丁目1番13号&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="芝エクセレントビル KCDホールの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24309&date=2017-07-12&title=摩擦・振動の基礎と制振・異音対策">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> トライボロジー 振動 振動対策 振動騒音 摩擦 Mon, 15 May 2017 07:06:55 +0000 admin 24309 at https://tech-seminar.jp スパース性を用いた機械学習手法 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-12-%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E6%80%A7%E3%82%92%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%9F%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%89%8B%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> スパース性を用いた機械学習手法</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/982" rel="tag" title="機械学習">機械学習</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/7" rel="tag" title="統計">統計</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24263/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24263&date=2017-07-12&title=スパース性を用いた機械学習手法">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、スパース学習の基礎から解説し、スパース学習が有効な統計モデル、スパース学習手法、応用事例、効率的な最適化手法について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-12T11:00:00+09:00">2017年7月12日(水) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-12T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-12T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-12T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>機械学習で課題を抱えている方</li> <li>機械学習の応用分野に関連する技術者、研究者 <ul> <li>画像処理</li> <li>信号処理</li> <li>医療福祉</li> <li>スポーツ分野</li> <li>セキュリティ (監視カメラ、警備、防犯)</li> <li>ロボット</li> <li>コンピュータビジョン</li> <li>異常行動検出、異常領域検出</li> <li>統計</li> <li>経済学 など</li> </ul></li> <li>機械学習、パターン認識分野の技術者、研究者</li> <li>これから機械学習、パターン認識に携わる技術者、開発者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>スパース学習の基礎</li> <li>スパース学習が有効な統計モデル</li> <li>スパース学習の手法</li> <li>スパース学習の応用事例</li> <li>スパース学習の効率的な最適化手法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 機械学習の応用において、画像や遺伝子データといった高次元データは頻繁に現れ、その重要性は高い。高次元データ解析には、データの含む不必要な情報に学習結果が影響され、過学習を引き起こしやすいという難しさがある。このような問題を回避する有効な方法として「スパース学習」がある。スパース学習は、データの本質的に意味のある情報の低次元性 (スパース性) を利用し、目的に関係ない情報を削除しながら学習をする方法である。<br />  本講義では、スパース学習の全体像を概略的に説明する。まず、スパース学習が有効な統計モデルを紹介し、その上でどのようなスパース学習手法があるかを解説する。そして、その統計理論や、画像処理などのいくつかの応用も紹介する。さらに、スパース学習を実現させる計算手法として、効率的な最適化手法も講義する。</p> <ol> <li>特徴選択の問題</li> <li>各種正則化学習法 <ol> <li>L1正則化</li> <li>グループ正則化</li> <li>トレースノルム正則化</li> <li>階層的正則化</li> <li>グラフ型正則化</li> </ol></li> <li>各種正則化に対応するスパース性</li> <li>スパース学習の統計的学習理論</li> <li>スパース学習を用いた高次元データの統計的検定手法</li> <li>画像処理とスムージング</li> <li>正則化学習法の最適化手法 <ol> <li>近接勾配法</li> <li>確率的勾配降下法</li> <li>確率的座標降下法</li> <li>確率的分散縮小勾配法</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/18527"><span itemprop="name">鈴木 大慈</span></a> 氏 <div>東京工業大学 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻</div> <div>准教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46000円</span> (税別) / 49,680円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="46000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24263&date=2017-07-12&title=スパース性を用いた機械学習手法">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 機械学習 統計 Mon, 15 May 2017 02:37:41 +0000 admin 24263 at https://tech-seminar.jp プロジェクション技術の光学系と映像投影技術 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E5%85%89%E5%AD%A6%E7%B3%BB%E3%81%A8%E6%98%A0%E5%83%8F%E6%8A%95%E5%BD%B1%E6%8A%80%E8%A1%93 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> プロジェクション技術の光学系と映像投影技術</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/590" rel="tag" title="光学">光学</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/423" rel="tag" title="レーザ">レーザ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/465" rel="tag" title="半導体レーザ">半導体レーザ</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24246/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24246&date=2017-07-13&title=プロジェクション技術の光学系と映像投影技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、プロジェクション技術の光学系について基礎から解説し、プロジェクションマッピング、ヘッドアップディスプレイ、デジタルサイネージなど空間、立体物への投影技術と応用技術の最前線を解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T10:00:00+09:00">2017年7月13日(木) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 プロジェクション用半導体レーザーの高輝度化と応用技術</h4> <p>(2017年7月13日 10:00〜11:30)</p> <p> 可視光半導体レーザーの高輝度化によってレーザーを光源としたプロジェクターが実用化され普及が進んでいる。レーザープロジェクターによって発展したプロジェクション技術について、6P3D (6 primary 3D) 方式の3Dレーザーシアターを中心に、半導体レーザーの高輝度化とレーザープロジェクター、これらがもたらすバリュー (価値) について解説する。</p> <ol> <li>レーザープロジェクターの最新動向 <ol> <li>プロジェクションのバリュー (価値)</li> <li>プロジェクターの分類</li> <li>レーザープロジェクター</li> </ol></li> <li>レーザーシアター <ol> <li>3Dレーザーシアター</li> <li>各種方式の比較</li> <li>6P3D方式</li> </ol></li> <li>プロジェクション用半導体レーザー <ol> <li>6P3D方式用レーザー</li> <li>赤色レーザー</li> <li>緑色レーザー</li> <li>青色レーザー</li> </ol></li> <li>その他のプロジェクションとアプリケーション <ol> <li>データプロジェクター</li> <li>最近の話題</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 超短焦点プロジェクタによるプロジェクションマッピングと位置あわせ</h4> <p>(2017年7月13日 12:10〜13:40)</p> <p> プロジェクタはコンパクトな機器で大きな画面が得られる特徴を持っています。液晶ディスプレイと異なり映像に縁を持たないため、複数のプロジェクタ映像を連結するマルチプロジェクションで巨大な画面を作れることも魅力です。また、最近は立体物に投影するプロジェクションマッピングも普及してきています。これらの複数の映像を継ぎ目なくつなげたり、立体物に自然に投影したりするには映像を幾何補正し、位置あわせすることが重要です。<br />  本講座では、その基礎となるカメラを使った映像の幾何補正技術の解説を行うと共に、マルチプロジェクションやプロジェクションマッピングに必要な位置あわせ技術について紹介します。また、投影のための場所を取らない・まぶしくないという長所を持つ超短焦点プロジェクタを使う場合の利点や留意点についても説明します。</p> <ol> <li>超短焦点プロジェクタの特性 <ol> <li>一般的なプロジェクタ</li> <li>超短焦点プロジェクタ</li> <li>長所と短所</li> </ol></li> <li>カメラを使った映像の幾何補正 <ol> <li>なぜ映像が歪むのか</li> <li>観測者とカメラの位置関係による2つの補正方法</li> <li>超短焦点プロジェクタの場合</li> </ol></li> <li>マルチプロジェクション <ol> <li>連結した巨大な画面を作れる</li> <li>超短焦点プロジェクタが好適な理由</li> <li>固定カメラで位置あわせ</li> <li>手持ちカメラで位置あわせ</li> <li>参考:ブレンディング</li> </ol></li> <li>プロジェクションマッピング <ol> <li>非平面にも映せる ~円筒を例に~</li> <li>超短焦点プロジェクタが好適な理由</li> <li>観察者の視点はどこか</li> <li>3次元計測の必要性</li> <li>位置あわせの実際</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 プロジェクションマッピング技術と動く立体対象への投影技術</h4> <p>(2017年7月13日 13:50〜15:20)</p> <p> 建築物などに映像を投影するプロジェクションマッピングは広く普及し、欠かすことのできない視覚メディアの一つとみなされるようになってきた。一方、これらは拡張現実感 (AR: Augmented Reality) の学術領域で20年ほどに渡っておこなわれてきたプロジェクション型ARの研究で培われた技術がベースとなっている。<br />  本講座では、動く立体対象への投影技術を含む投影像の位置合わせや色補償といった、プロジェクションマッピングにおいて模様のついた立体面の見えを自在に変更することを実現する技術について解説するとともに、同研究分野における最新の技術動向について紹介する。</p> <ol> <li>プロジェクションマッピングを支える研究基盤 <ol> <li>プロジェクション型拡張現実感</li> <li>プロジェクタカメラ系</li> </ol></li> <li>幾何補正 <ol> <li>幾何補正技術の基礎</li> <li>動く立体対象への投影技術</li> <li>柔軟変形対象への投影技術</li> </ol></li> <li>色補償 <ol> <li>色補償技術の基礎</li> <li>ダイナミックレンジ制約</li> <li>色補償の応用</li> </ol></li> <li>その他の投影画像補正 <ol> <li>焦点ボケ補償</li> <li>相互反射補償</li> <li>表面下散乱補償</li> <li>影除去</li> </ol></li> <li>今後の展望 <ol> <li>動き補正</li> <li>身体拡張応用</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 ホログラフィックプロジェクションの投影、計算、画質改善技術</h4> <p>(2017年7月13日 15:30〜17:00)</p> <p> 表示素子の小型化や光源の性能向上によりプロジェクタの小型化が進んでおり、小型化されたプロジェクタはマイクロプロジェクタやピコプロジェクタと呼ばれている。この技術の応用例として手のひらサイズのプロジェクタやスマートフォンなどの携帯端末への搭載例などがでてきている。<br />  プロジェクタ技術にはいろいろな方法があるが、その一つであるホログラフィックプロジェクションは一般にはあまり知られていないが、極めてシンプルな構成でプロジェクタを構築することができるため小型化に適している。<br />  本講演では、ホログラフィックプロジェクションの基礎と実際の実装方法について概説する。</p> <ol> <li>ホログラフィの基礎</li> <li>ホログラフィックプロジェクション <ol> <li>波動光学によるホログラムの計算方法</li> <li>ホログラフィックプロジェクションの概略</li> <li>レンズレスホログラフィックプロジェクション</li> <li>マルチプロジェクション</li> <li>画質改善</li> </ol></li> <li>まとめ</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/16178"><span itemprop="name">畑中 秀和</span></a> 氏 <div>ウシオ電機 株式会社 固体事業推進室 </div> <div>チーフエンジニア</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24243"><span itemprop="name">長谷川 史裕</span></a> 氏 <div>株式会社 リコー 研究開発本部 リコーICT研究所 基盤ICT研究室 マシンビジョン研究グループ</div> <div>リーダー</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24244"><span itemprop="name">岩井 大輔</span></a> 氏 <div>大阪大学 大学院 基礎工学研究科</div> <div>准教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24245"><span itemprop="name">下馬場 朋禄</span></a> 氏 <div>千葉大学 大学院 工学研究院</div> <div>准教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24246&date=2017-07-13&title=プロジェクション技術の光学系と映像投影技術">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 光学 レーザ 半導体レーザ Sun, 14 May 2017 14:38:55 +0000 admin 24246 at https://tech-seminar.jp 抗PCSK9抗体を標的とした高脂血症治療薬の選定基準 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-%E6%8A%97PCSK9%E6%8A%97%E4%BD%93%E3%82%92%E6%A8%99%E7%9A%84%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E9%AB%98%E8%84%82%E8%A1%80%E7%97%87%E6%B2%BB%E7%99%82%E8%96%AC%E3%81%AE%E9%81%B8%E5%AE%9A%E5%9F%BA%E6%BA%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 抗PCSK9抗体を標的とした高脂血症治療薬の選定基準</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~どこまでLDL-Cを低下させるべきか / 新薬登場による臨床でのインパクトとは~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24390/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24390&date=2017-07-13&title=抗PCSK9抗体を標的とした高脂血症治療薬の選定基準">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T10:00:00+09:00">2017年7月13日(木) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. PCSK9を標的とした高脂血症治療薬の国内外開発動向</h4> <p>(2017年7月13日 10:00〜11:15)</p> <ol> <li>PCSK9を標的とした高脂血症治療薬の国内外開発動向 <ol> <li>高脂血症治療薬開発の現状</li> <li>PCSK9を標的とした医薬品開発の現状</li> <li>Alirocumabの概要</li> <li>Alirocumabの開発動向</li> <li>Evolocumabの概要</li> <li>Evolocumabの開発動向</li> </ol></li> <li>抗PCSK9抗体のインパクト <ol> <li>Alirocumab のSWOT分析</li> <li>EvolocumabのSWOT分析</li> </ol></li> <li>まとめ</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部. 薬価・費用対効果からみた抗PCSK9抗体医薬品を含む高脂血症治療薬選定</h4> <p>(2017年7月13日 11:30〜13:00)</p> <p> 今後の薬価を含む保険適用の交渉には、医療技術評価 (<span class="caps">HTA</span>) の観点からの交渉が必要となる。<br />  本講演では、すでにHTAが導入されている欧州の事例とともに日本でのHTAのガイドラインを考察し、今後の薬価・保険適用におけるマーケットアクセス戦略を概説する。特にPCSK9の事例と共に脂質異常症領域の費用対効果について考察する。</p> <ol> <li>医療技術評価 (<span class="caps">HTA</span>) <ol> <li>HTAの政策動向</li> <li>欧州と日本のHTAガイドラインの概要</li> <li>日本でHTA申請する場合のポイント</li> </ol></li> <li>HTAを考慮した今後の製品戦略 <ol> <li><span class="caps">TPP</span> (Target Product Profile) からのHTA戦略</li> <li>実は開発段階が一番重要なHTA戦略</li> <li>マーケットアクセス戦略</li> </ol></li> <li>脂質異常症領域の費用対効果 <ol> <li>抗PCSK9抗体医薬品関連の費用対効果研究</li> <li>脂質異常症分野で考慮すべき価値</li> <li>日本でHTAを実施する上で考慮すべきポイント</li> </ol></li> <li>今後のHTA展望 (グローバルと日本)</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. 薬剤師からみた抗PCSK9抗体医薬品を含む治療薬使用・不使用判断とその安全性</h4> <p>(2017年7月13日 13:45〜15:15)</p> <p> 近年、様々な疾患領域において抗体医薬品が次々に上市されるようになっている。<br />  本講座ではまず、幾つかの抗体医薬品について臨床試験における有効性・安全性と治療ガイドラインでの位置付けを振り返りその後、抗PCSK9抗体の投与対象患者について考えてみたい。また全体を通して、医薬品リスク管理計画書 (<span class="caps">RMP</span>) の安全性検討事項より起こりうる有害事象を確認し、安全性についても検討したい。</p> <ol> <li>抗体医薬品とは <ol> <li>主な疾患領域と抗体医薬品及び標的分子</li> </ol></li> <li>難治性気管支喘息治療薬として使用される抗体医薬品 <ol> <li>オマリズマブ~臨床試験における有効性と安全性</li> <li>メポリズマブ~臨床試験における有効性と安全性</li> <li>喘息予防・管理ガイドラインにおける抗体医薬品の位置付け</li> <li>当院におけるオマリズマブ投与症例</li> </ol></li> <li>抗悪性腫瘍薬として使用される抗体医薬品 <ol> <li>大腸がん化学療法における抗体医薬品の位置付け</li> <li>抗PD-1抗体ニボルマブについて</li> <li>抗PD-1抗体導入にあたっての院内体制整備</li> <li>当院におけるニボルマブ投与症例</li> <li>抗PD-1抗体抗悪性腫瘍剤に係る最適使用推進ガイドライン</li> </ol></li> <li>抗PCSK9抗体 投与対象患者について <ol> <li>既存療法ではLDL-C値の管理が難しい患者さんとは?</li> <li>脂質低下療法における課題</li> <li>エボロクマブ~臨床試験における有効性と安全性</li> <li>アリロクマブ~臨床試験における有効性と安全性</li> <li>動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版における脂質管理目標値</li> <li>エボロクマブ及びアリロクマブの最適使用推進ガイドライン</li> <li>抗PCSK9抗体投与に際して留意すべき点</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部. 高脂血症治療の現状と抗PCSK9抗体を標的とした治療薬選定の実際</h4> <p>(2017年7月13日 15:30〜17:00)</p> <p> LDL-Cの管理については、これまでに1次予防、2次予防ともにスタチンによる治療のデータが発表され、スタチンによる動脈硬化予防の考え方は成熟してきている。さらに、昨年より、本邦においても抗PCSK9抗体による治療が可能となり、既存薬のみでは管理目標値に到達することが困難であった、重症家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体を含めた難治性の高LDL-C血症についても、LDL-C管理目標値を達成できる新しい時代を迎えた。<br />  現在、PCSK9を標的とした抗体以外の治療薬も検討されている。今後、日本人において、どこまでLDL-Cを低下させるべきかなど、より一層のデータの蓄積が待たれる。</p> <ol> <li>冠動脈疾患の歴史 <ol> <li>動脈硬化巣にコレステロールが存在</li> <li>アニチコフらによる‘Lipid hypothesis’</li> <li>冠動脈の閉塞・狭窄が共通を生じる</li> <li>家族性高脂血症の発見</li> <li>LDL受容体の発見</li> <li>スタチンの開発</li> <li>スタチンが生命予後を改善</li> <li>PCSK9の発見</li> </ol></li> <li>日米欧のガイドラインと脂質異常症への介入の方法</li> <li>特に脂質低下療法が重要な集団 <ol> <li>二次予防</li> <li>FH診断の重要性</li> </ol></li> <li>疾患には遺伝要因と環境要因が寄与する</li> <li>PCSK9と冠動脈疾患 <ol> <li>PCSK9とLDL-C</li> <li>抗PCSK9抗体の効果</li> <li>その他のPCSK9阻害薬</li> </ol></li> <li>日本人において、どこまでLDL-Cを低下させるべきか</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23481"><span itemprop="name">東 基記</span></a> 氏 <div>クラリベイト・アナリティクス・ジャパン 株式会社 リサーチ&amp;コンサルティングサービス</div> <div>コンサルタント</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12581"><span itemprop="name">大西 佳恵</span></a> 氏 <div>クリエイティブ・スーティカル 株式会社</div> <div>日本代表</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/22542"><span itemprop="name">髙橋 真理</span></a> 氏 <div>今給黎総合病院</div> <div>薬剤部長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/21168"><span itemprop="name">尾野 亘</span></a> 氏 <div>京都大学 大学院医学研究科 循環器内科</div> <div>准教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24390&date=2017-07-13&title=抗PCSK9抗体を標的とした高脂血症治療薬の選定基準">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 Wed, 17 May 2017 04:43:06 +0000 admin 24390 at https://tech-seminar.jp FDA査察対応セミナー (入門編) https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-FDA%E6%9F%BB%E5%AF%9F%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC-%E5%85%A5%E9%96%80%E7%B7%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 徹底理解</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> FDA査察対応セミナー (入門編)</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~理論と事例から学ぶFDA査察対応~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1227" rel="tag" title="21 CFR Part 11">21 CFR Part 11</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1178" rel="tag" title="CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)">CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1177" rel="tag" title="FDA査察">FDA査察</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/909" rel="tag" title="GMP (Good Manufacturing Practices)">GMP (Good Manufacturing Practices)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1233" rel="tag" title="QMS省令">QMS省令</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24041/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24041&date=2017-07-13&title=FDA査察対応セミナー (入門編)">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> <p>以下、関連セミナーとの同時申し込みで特別割引にて受講いただけます。 <ul> <li><a href="/node/24043">2017年7月13,14日「FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編)」</a><br /> (通常受講料 : 92,340円 → 割引受講料 61,560円)</li> </ul></p></div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T10:30:00+09:00">2017年7月13日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>FDAはなぜ査察をするのか</li> <li>実例から学ぶFDA査察対応準備のノウハウ</li> <li>実際の事例でみるFDA査察対応 ~査察通知受け取りからForm 483対応完了まで~</li> <li>査察本番での対応のコツ</li> <li>「FDA査察対応計画書」、Form483への「回答書のサンプル」をプレゼント</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> FDA査察を全般的にまた具体的にわかりやすく解説するセミナーです。<br />  米国に医薬品・医療機器を輸出している企業は輸出実績に関わりなく、FDA査察を受ける可能性があります。<br />  日本におけるFDA査察はどのように実施されるのでしょうか。本セミナーでは、演者のこれまで多くのFDA査察対応コンサルテーションや、実際のFDA査察に立会った経験からFDA査察対応のノウハウを惜しみなく説明いたします。<br />  FDA査察の目的は、『粗悪な医薬品・医療機器・体外診断用医薬品の米国輸出を阻止し、米国における患者・ユーザを保護する。』ということです。したがって、企業は、自社の製品が安全で安心できるということをFDA査察官に客観的な証拠 (文書) を提示して証明する必要があります。<br />  指摘事項が何もない場合は良いのですが、指摘事項がある場合は、連邦食品医薬品化粧品 法704 (b) 項「査察官は指摘事項を文書で製造所に提示すること」に基づいて、査察の最後の講評時 (クローズアウトミーティング) に、FDA Form 483が発行されます。<br />  クローズアウトミーティングにおいて、査察官との対話は誤解や説明の間違いを正 す機会でもあります。 企業からの意見を査察官が考慮し、FDA Form 483の最終版を作成してくれまので、すでに改善した事項があれば説明すると良いでしょう。<br />  FDA Form 483には「最終的な評価はFDAコンプライアンス部門で実施されるので、 <span class="caps">FDA</span> Form 483は査察時の指摘事項としての報告である。」と記載されています。<br />  FDA Form 483により指摘された内容に対し、15営業日以内 (必着) に改善策、スケ ジュールを盛り込んだレスポンスをFDAに送付しなければなりません。<br />  FDAは、2009年8月発表のFederal Registerで「FDA査察の指摘事項 (<span class="caps">FDA</span> Form 483) への回答期限を15日以内とする。Warning Letterを速やかに出せるようにするためである。」と通知しました。<br />  FDAに対するレスポンスは、査察を実施した査察官宛に送付するのではなく、FDA本部に 送付することに注意が必要です。<br />  指摘へのレスポンスは極めて詳細である必要はありません。また次回査察時に改善実施について確認されるので、確実に改善ができることを書くこ とが重要です。つまり、机上の空論のようなことは書いてはいけません。<br />  FDA Form 483の回答が不十分であれば、Warning Letterをもらうことになってしまいます。<br />  FDAは、2014年10月に「医薬品査察の遅延、拒否、制限、拒絶に相当する状況につい てのガイダンス」を発行しました。つまり「査察妨害」に関するガイダンスです。<br />  では、いったいどんな行為が「査察妨害に相当するのでしょうか。」<br />  FDA査察においてはFDAの要求事項 (21 <span class="caps">CFR</span>) への深い理解が求められることはもちろん、査察本番における適切な資料のスピーディーな提出も必要となります。<br />  本セミナーでは、まずFDAの要求事項や指摘事項等などの理論面を解説し、さらに当社が経験してきた実際のFDA査察事例をもとに、FDA査察本番でとるべき対応をわかりやすく説明します。<br />  また、来るべき査察時に使える「FDA査察対応計画書」、Form483への「回答書のサンプル」を無料で配布いたします。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>どんな企業がFDA査察官に安心感を与えるか</li> <li>連邦食品・医薬品・化粧品法</li> </ol></li> <li>Federal Food, Drug, and Cosmetic Act : FDC法 <ol> <li>CFRとは</li> <li>コンプライアンス達成のための内部統制</li> </ol></li> <li>FDAについて <ol> <li><span class="caps">FDA</span>&#8217;s Mission Statement</li> <li>FDAについて</li> <li>FDAの組織</li> <li>CDERについて</li> <li>申請から承認までの流れ</li> <li>申請前相談制度</li> <li>承認前の査察とその後の審査</li> </ol></li> <li>FDAによる法的措置の統計 <ol> <li><span class="caps">FDA</span> Enforcement Statistics Summary Fiscal Year 2014</li> <li>FDAセンター毎の押収・没収 2014年度</li> <li>FDAによる押収・没収 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎の法廷の差し止め命令 2014年度</li> <li>FDAによる法廷の差し止め命令 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎のワーニングレター 2014年度</li> <li>FDAによるワーニングレター 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎の全回収イベント数 2014年度</li> <li>FDAセンター毎の全回収製品数 2014年度</li> <li>FDAによる回収製品数 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎の回収 ーすべてのクラスー 2014年</li> <li>FDAセンター毎のクラスⅠ 回収 2014年</li> </ol></li> <li>FDA査察について <ol> <li>FDA査察の基本的事項</li> <li>FDA査察の目的</li> <li>FDA査察の種類</li> <li>FDA査察の動向と課題</li> <li>Supply Chainのグローバル化とFDA査察</li> <li>FDA査察実施の事前通知</li> <li>FDA査察実施の通知</li> <li>FDA査察官決定の通知とトラベル情報</li> <li>FDA査察の典型的スケジュール</li> <li>査察対応時のポイント</li> <li>通訳</li> <li>監査報告書</li> <li>指摘への対応 ~対応者の心得~</li> <li>輸出品目とは限らない</li> </ol></li> <li>査察からW/Lまでのフロー <ol> <li>遵守していない場合のペナルティ</li> <li><span class="caps">FDA</span> Form 483</li> <li>Warning Letter</li> <li><span class="caps">FDA</span> Form 483を受取ったら</li> <li>FDA査察の評価</li> <li>査察からWarning Letterまでのフロー</li> <li><span class="caps">NAI</span>:No Action Indicated (措置指示無し)</li> <li><span class="caps">VAI</span>:Voluntary Action Indicated (自主的措置指示)</li> <li><span class="caps">OAI</span>:Official Action Indicated (強制措置指示)</li> <li>査察終了後の対応</li> <li>FDA査察の指摘事項 (<span class="caps">FDA</span> Form 483) への回答期限について</li> </ol></li> <li>査察妨害行為に関するガイダンス <ol> <li>査察妨害行為に関するガイダンス 2014.10</li> </ol></li> <li>査察対応組織 <ol> <li>Document reviewを行う部屋のレイアウト図</li> <li>査察対応の役割と責任</li> <li>対応責任者</li> <li>統括・進行係</li> <li>回答者</li> <li>資料探索係</li> <li>記録係</li> <li>連絡係</li> <li>アドバイザー</li> <li>通訳</li> <li>送迎</li> </ol></li> <li>FDA査察の準備 <ol> <li>FDA査察の準備にあたって</li> <li>情報収集</li> <li>査察前準備</li> <li>模擬査察</li> <li>準備資料</li> <li>Q&amp;Aの作成</li> <li>査察に必要な部屋の確保</li> </ol></li> <li>査察スケジュールについて <ol> <li>査察開始に当たっての確認</li> <li>スケジュールに沿った具体的な留意点</li> </ol></li> <li>査察対応の考え方 <ol> <li>査察の結果に影響を及ぼす要因</li> <li>査察官を選べない</li> <li>査察は短期決戦、一発勝負</li> <li>査察期間中の全般的留意事項</li> <li>査察官への説明</li> <li>資料の検索</li> <li>資料の提供</li> <li>査察をいかに有利に進めるか (弱い点をいかにカバーするか)</li> <li>回答の仕方</li> <li>うまく回答できない原因</li> <li>回答に困るなどトラブルが発生した時の対応</li> <li>査察時に行ってはいけないこと</li> <li>資料が出てこない</li> <li>査察時の思いがけないこと</li> <li>べからず集</li> <li>庶務的事項</li> <li>査察官との最初の接触</li> </ol></li> <li>品質システムとは <ol> <li>QM、QA、QCの関係</li> <li>品質システムとは</li> <li>品質管理システム (<span class="caps">QMS</span>) とは</li> <li>品質改善のための体系 (例)</li> <li><span class="caps">QMS</span> (Quality Management System) 文書体系の構築</li> <li>品質管理 (QC) 、品質保証 (QA) 、監査 (Audit) はそれぞれ違う</li> <li>QA担当者の要件 ~第三者レビュの重要性~</li> <li>監査担当者の要件</li> <li><span class="caps">QSIT</span> (Quality System Inspection Technique) とは</li> <li>QSITガイド</li> </ol></li> <li>Guide to Inspection of Quality Systems</li> <li>GMPにおけるシステム査察 <ol> <li>システム査察</li> <li>指摘事例:品質システム (Quality System)</li> <li>指摘事例:施設および設備管理システム (Facilities and Equipment system)</li> <li>指摘事例:原材料システム (Materials system)</li> <li>指摘事例:製造システム (Production system)</li> <li>指摘事例:包装および表示システム (Packing and Labeling system)</li> <li>指摘事例:試験室管理システム (Laboratory control system)</li> <li>構造設備では、バリデーションが重要。QCラボでは、バリデーションも重要であるが、ER/ES対応がもっと重要。</li> <li>FDAは、21 <span class="caps">CFR</span> Part 11施行に伴い、バリデーションの概念を変えた</li> <li>監査証跡の重要性とは</li> <li>監査証跡を吹っ飛ばす行為には3種類ある</li> <li>紙が正か、電子が正か? ~よくある主張~</li> <li>タイプライター・イクスキューズとは (Part11における議論)</li> <li>ハイブリッドシステムとは</li> <li>ハイブリッドシステムの問題点</li> <li>ハイブリッドシステムの査察</li> <li>良くある間違い</li> <li>Excelの管理の留意点</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S GMPの構成</li> <li><span class="caps">ANNEX</span> 11改定版目次 (EU <span class="caps">GMP</span> 2011.6.30、PIC/S <span class="caps">GMP</span> 2013.1.1)</li> <li><span class="caps">ANNEX</span> 11改定版 (2013.1.1より施行)</li> </ol></li> <li>Risk Management リスク管理</li> <li>Batch release バッチリリース <ol> <li>サイトマスターファイル</li> </ol></li> <li>FDA査察とCAPA <ol> <li>CAPAにおけるFDA対応の留意事項</li> <li>CAPAとは?</li> <li>是正処置とは</li> <li>修正処置とは</li> <li>修正処置と是正処置の違い</li> <li>修正処置、是正処置、予防処置の違い</li> <li>予防処置とは</li> <li>応急処置→修正処置→是正処置→予防処置</li> <li><span class="caps">CAPA</span> Workflowの例</li> <li>是正処置の考え方と実施</li> <li>是正処置 (再発防止) のためには、根本的原因の特定が重要</li> <li>周知徹底、教育訓練は是正処置にはならない</li> <li>不適合発生の原因 ~システムの運用がなされていないこと (不実行) ~</li> <li>不適合発生の原因分析フロー</li> <li>根本的原因 (Root Cause) を見極める</li> </ol></li> <li>臨床試験におけるFDA査察対応 <ol> <li>治験依頼者の責務</li> <li>臨床試験におけるFDA査察</li> <li>臨床試験データの品質保証は医療機関の責務</li> <li>ALCOAとは</li> <li>FDAが公開する「ブラックリスト」</li> <li><span class="caps">FDA</span> “Computerized Systems Used in Clinical Investigations”</li> <li>FDAおよびEMAのガイダンス</li> <li>リスクベースドモニタリング (Risk Based Monitoring)</li> <li>臨床試験におけるデータの質とは</li> <li>臨床試験における重要なプロセスとは</li> <li>20%ルール</li> <li><span class="caps">ICH</span> &#8211; <span class="caps">GCP</span> Data Handling, and Record Keeping</li> <li>GCPガイドライン (記録の保存等 第26条第1項)</li> <li>グローバルの規制要件の動向 ~米国~</li> </ol></li> <li><span class="caps">FDA</span> “Computerized Systems Used in Clinical Investigations” <ol> <li>21 <span class="caps">CFR</span> <span class="caps">PART</span> 310 Section 305 (f)</li> </ol></li> <li>Appendix <ol> <li>FDAと法律の歴史</li> <li><span class="caps">CFR</span> Title 21 &#8211; Food and Drugs: Parts 1 to 1499</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/3273"><span itemprop="name">村山 浩一</span></a> 氏 <div>株式会社 イーコンプライアンス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第2講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/ecompress.co.jp">株式会社 イーコンプレス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様でお申込みの場合、1名あたり 38,000円(税別) / 41,040円(税込) で受講いただけます。</li> <li>3名様以上でお申込みの場合、1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 76,000円(税別) / 82,080円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul> <h3>全2コース申込セット受講料について</h3> <ul> <li>通常受講料 : 92,340円(税込) → 全2コース申込 割引受講料 61,560円(税込)</li> <li>通常受講料 : 85,500円(税別) → 全2コース申込 割引受講料 57,000円(税別)</li> </ul> <h4>2日間コースのお申込み</h4> <ul> <li><a href="/node/24043">2017年7月13,14日「FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編) 2日間コースセミナー」</a></li> </ul> <h4>割引対象セミナー</h4> <ul> <li><a href="/node/24041">2017年7月13日「FDA査察対応セミナー (入門編)」</a></li> <li><a href="/node/24042">2017年7月14日「FDA査察対応セミナー (データインテグリティ編)」</a></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24041&date=2017-07-13&title=FDA査察対応セミナー (入門編)">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 21 CFR Part 11 CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置) FDA査察 GMP (Good Manufacturing Practices) QMS省令 Mon, 24 Apr 2017 03:50:04 +0000 admin 24041 at https://tech-seminar.jp FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編) https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-FDA%E6%9F%BB%E5%AF%9F%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC-%E5%85%A5%E9%96%80%E7%B7%A8-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E7%B7%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編)</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1227" rel="tag" title="21 CFR Part 11">21 CFR Part 11</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1178" rel="tag" title="CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)">CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1177" rel="tag" title="FDA査察">FDA査察</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/909" rel="tag" title="GMP (Good Manufacturing Practices)">GMP (Good Manufacturing Practices)</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1233" rel="tag" title="QMS省令">QMS省令</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24043/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24043&date=2017-07-13&title=FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編)">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T10:30:00+09:00">2017年7月13日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-14T10:30:00+09:00">2017年7月14日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-14T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-14T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-14T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>FDAはなぜ査察をするのか</li> <li>実例から学ぶFDA査察対応準備のノウハウ</li> <li>実際の事例でみるFDA査察対応 ~査察通知受け取りからForm 483対応完了まで~</li> <li>査察本番での対応のコツ</li> <li>「FDA査察対応計画書」、Form483への「回答書のサンプル」をプレゼント</li> <li>データインテグリティが重要視されるようになった理由</li> <li>データインテグリティは紙媒体、電子記録を問わず重要</li> <li><span class="caps">PIC</span>/SやFDAが要求するデータインテグリティの要件</li> <li>FDA査察で指摘を受けないコツ</li> <li>FDAはデータの不正をどのように見破るのか</li> <li>FDAが要求するデータの完全性を担保するための留意事項</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4><a href="/node/24041">2017年7月13日「FDA査察対応セミナー (入門編)」</a></h4> <p> FDA査察を全般的にまた具体的にわかりやすく解説するセミナーです。<br />  米国に医薬品・医療機器を輸出している企業は輸出実績に関わりなく、FDA査察を受ける可能性があります。<br />  日本におけるFDA査察はどのように実施されるのでしょうか。本セミナーでは、演者のこれまで多くのFDA査察対応コンサルテーションや、実際のFDA査察に立会った経験からFDA査察対応のノウハウを惜しみなく説明いたします。<br />  FDA査察の目的は、『粗悪な医薬品・医療機器・体外診断用医薬品の米国輸出を阻止し、米国における患者・ユーザを保護する。』ということです。したがって、企業は、自社の製品が安全で安心できるということをFDA査察官に客観的な証拠 (文書) を提示して証明する必要があります。<br />  指摘事項が何もない場合は良いのですが、指摘事項がある場合は、連邦食品医薬品化粧品 法704 (b) 項「査察官は指摘事項を文書で製造所に提示すること」に基づいて、査察の最後の講評時 (クローズアウトミーティング) に、FDA Form 483が発行されます。<br />  クローズアウトミーティングにおいて、査察官との対話は誤解や説明の間違いを正 す機会でもあります。 企業からの意見を査察官が考慮し、FDA Form 483の最終版を作成してくれまので、すでに改善した事項があれば説明すると良いでしょう。<br />  FDA Form 483には「最終的な評価はFDAコンプライアンス部門で実施されるので、 <span class="caps">FDA</span> Form 483は査察時の指摘事項としての報告である。」と記載されています。<br />  FDA Form 483により指摘された内容に対し、15営業日以内 (必着) に改善策、スケ ジュールを盛り込んだレスポンスをFDAに送付しなければなりません。<br />  FDAは、2009年8月発表のFederal Registerで「FDA査察の指摘事項 (<span class="caps">FDA</span> Form 483) への回答期限を15日以内とする。Warning Letterを速やかに出せるようにするためである。」と通知しました。<br />  FDAに対するレスポンスは、査察を実施した査察官宛に送付するのではなく、FDA本部に 送付することに注意が必要です。<br />  指摘へのレスポンスは極めて詳細である必要はありません。また次回査察時に改善実施について確認されるので、確実に改善ができることを書くこ とが重要です。つまり、机上の空論のようなことは書いてはいけません。<br />  FDA Form 483の回答が不十分であれば、Warning Letterをもらうことになってしまいます。<br />  FDAは、2014年10月に「医薬品査察の遅延、拒否、制限、拒絶に相当する状況につい てのガイダンス」を発行しました。つまり「査察妨害」に関するガイダンスです。<br />  では、いったいどんな行為が「査察妨害に相当するのでしょうか。」<br />  FDA査察においてはFDAの要求事項 (21 <span class="caps">CFR</span>) への深い理解が求められることはもちろん、査察本番における適切な資料のスピーディーな提出も必要となります。<br />  本セミナーでは、まずFDAの要求事項や指摘事項等などの理論面を解説し、さらに当社が経験してきた実際のFDA査察事例をもとに、FDA査察本番でとるべき対応をわかりやすく説明します。<br />  また、来るべき査察時に使える「FDA査察対応計画書」、Form483への「回答書のサンプル」を無料で配布いたします。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>どんな企業がFDA査察官に安心感を与えるか</li> <li>連邦食品・医薬品・化粧品法</li> </ol></li> <li>Federal Food, Drug, and Cosmetic Act : FDC法 <ol> <li>CFRとは</li> <li>コンプライアンス達成のための内部統制</li> </ol></li> <li>FDAについて <ol> <li><span class="caps">FDA</span>&#8217;s Mission Statement</li> <li>FDAについて</li> <li>FDAの組織</li> <li>CDERについて</li> <li>申請から承認までの流れ</li> <li>申請前相談制度</li> <li>承認前の査察とその後の審査</li> </ol></li> <li>FDAによる法的措置の統計 <ol> <li><span class="caps">FDA</span> Enforcement Statistics Summary Fiscal Year 2014</li> <li>FDAセンター毎の押収・没収 2014年度</li> <li>FDAによる押収・没収 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎の法廷の差し止め命令 2014年度</li> <li>FDAによる法廷の差し止め命令 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎のワーニングレター 2014年度</li> <li>FDAによるワーニングレター 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎の全回収イベント数 2014年度</li> <li>FDAセンター毎の全回収製品数 2014年度</li> <li>FDAによる回収製品数 2009 &#8211; 2014</li> <li>FDAセンター毎の回収 ーすべてのクラスー 2014年</li> <li>FDAセンター毎のクラスⅠ 回収 2014年</li> </ol></li> <li>FDA査察について <ol> <li>FDA査察の基本的事項</li> <li>FDA査察の目的</li> <li>FDA査察の種類</li> <li>FDA査察の動向と課題</li> <li>Supply Chainのグローバル化とFDA査察</li> <li>FDA査察実施の事前通知</li> <li>FDA査察実施の通知</li> <li>FDA査察官決定の通知とトラベル情報</li> <li>FDA査察の典型的スケジュール</li> <li>査察対応時のポイント</li> <li>通訳</li> <li>監査報告書</li> <li>指摘への対応 ~対応者の心得~</li> <li>輸出品目とは限らない</li> </ol></li> <li>査察からW/Lまでのフロー <ol> <li>遵守していない場合のペナルティ</li> <li><span class="caps">FDA</span> Form 483</li> <li>Warning Letter</li> <li><span class="caps">FDA</span> Form 483を受取ったら</li> <li>FDA査察の評価</li> <li>査察からWarning Letterまでのフロー</li> <li><span class="caps">NAI</span>:No Action Indicated (措置指示無し)</li> <li><span class="caps">VAI</span>:Voluntary Action Indicated (自主的措置指示)</li> <li><span class="caps">OAI</span>:Official Action Indicated (強制措置指示)</li> <li>査察終了後の対応</li> <li>FDA査察の指摘事項 (<span class="caps">FDA</span> Form 483) への回答期限について</li> </ol></li> <li>査察妨害行為に関するガイダンス <ol> <li>査察妨害行為に関するガイダンス 2014.10</li> </ol></li> <li>査察対応組織 <ol> <li>Document reviewを行う部屋のレイアウト図</li> <li>査察対応の役割と責任</li> <li>対応責任者</li> <li>統括・進行係</li> <li>回答者</li> <li>資料探索係</li> <li>記録係</li> <li>連絡係</li> <li>アドバイザー</li> <li>通訳</li> <li>送迎</li> </ol></li> <li>FDA査察の準備 <ol> <li>FDA査察の準備にあたって</li> <li>情報収集</li> <li>査察前準備</li> <li>模擬査察</li> <li>準備資料</li> <li>Q&amp;Aの作成</li> <li>査察に必要な部屋の確保</li> </ol></li> <li>査察スケジュールについて <ol> <li>査察開始に当たっての確認</li> <li>スケジュールに沿った具体的な留意点</li> </ol></li> <li>査察対応の考え方 <ol> <li>査察の結果に影響を及ぼす要因</li> <li>査察官を選べない</li> <li>査察は短期決戦、一発勝負</li> <li>査察期間中の全般的留意事項</li> <li>査察官への説明</li> <li>資料の検索</li> <li>資料の提供</li> <li>査察をいかに有利に進めるか (弱い点をいかにカバーするか)</li> <li>回答の仕方</li> <li>うまく回答できない原因</li> <li>回答に困るなどトラブルが発生した時の対応</li> <li>査察時に行ってはいけないこと</li> <li>資料が出てこない</li> <li>査察時の思いがけないこと</li> <li>べからず集</li> <li>庶務的事項</li> <li>査察官との最初の接触</li> </ol></li> <li>品質システムとは <ol> <li>QM、QA、QCの関係</li> <li>品質システムとは</li> <li>品質管理システム (<span class="caps">QMS</span>) とは</li> <li>品質改善のための体系 (例)</li> <li><span class="caps">QMS</span> (Quality Management System) 文書体系の構築</li> <li>品質管理 (QC) 、品質保証 (QA) 、監査 (Audit) はそれぞれ違う</li> <li>QA担当者の要件 ~第三者レビュの重要性~</li> <li>監査担当者の要件</li> <li><span class="caps">QSIT</span> (Quality System Inspection Technique) とは</li> <li>QSITガイド</li> </ol></li> <li>Guide to Inspection of Quality Systems</li> <li>GMPにおけるシステム査察 <ol> <li>システム査察</li> <li>指摘事例:品質システム (Quality System)</li> <li>指摘事例:施設および設備管理システム (Facilities and Equipment system)</li> <li>指摘事例:原材料システム (Materials system)</li> <li>指摘事例:製造システム (Production system)</li> <li>指摘事例:包装および表示システム (Packing and Labeling system)</li> <li>指摘事例:試験室管理システム (Laboratory control system)</li> <li>構造設備では、バリデーションが重要。QCラボでは、バリデーションも重要であるが、ER/ES対応がもっと重要。</li> <li>FDAは、21 <span class="caps">CFR</span> Part 11施行に伴い、バリデーションの概念を変えた</li> <li>監査証跡の重要性とは</li> <li>監査証跡を吹っ飛ばす行為には3種類ある</li> <li>紙が正か、電子が正か? ~よくある主張~</li> <li>タイプライター・イクスキューズとは (Part11における議論)</li> <li>ハイブリッドシステムとは</li> <li>ハイブリッドシステムの問題点</li> <li>ハイブリッドシステムの査察</li> <li>良くある間違い</li> <li>Excelの管理の留意点</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S GMPの構成</li> <li><span class="caps">ANNEX</span> 11改定版目次 (EU <span class="caps">GMP</span> 2011.6.30、PIC/S <span class="caps">GMP</span> 2013.1.1)</li> <li><span class="caps">ANNEX</span> 11改定版 (2013.1.1より施行)</li> </ol></li> <li>Risk Management リスク管理</li> <li>Batch release バッチリリース <ol> <li>サイトマスターファイル</li> </ol></li> <li>FDA査察とCAPA <ol> <li>CAPAにおけるFDA対応の留意事項</li> <li>CAPAとは?</li> <li>是正処置とは</li> <li>修正処置とは</li> <li>修正処置と是正処置の違い</li> <li>修正処置、是正処置、予防処置の違い</li> <li>予防処置とは</li> <li>応急処置→修正処置→是正処置→予防処置</li> <li><span class="caps">CAPA</span> Workflowの例</li> <li>是正処置の考え方と実施</li> <li>是正処置 (再発防止) のためには、根本的原因の特定が重要</li> <li>周知徹底、教育訓練は是正処置にはならない</li> <li>不適合発生の原因 ~システムの運用がなされていないこと (不実行) ~</li> <li>不適合発生の原因分析フロー</li> <li>根本的原因 (Root Cause) を見極める</li> </ol></li> <li>臨床試験におけるFDA査察対応 <ol> <li>治験依頼者の責務</li> <li>臨床試験におけるFDA査察</li> <li>臨床試験データの品質保証は医療機関の責務</li> <li>ALCOAとは</li> <li>FDAが公開する「ブラックリスト」</li> <li><span class="caps">FDA</span> “Computerized Systems Used in Clinical Investigations”</li> <li>FDAおよびEMAのガイダンス</li> <li>リスクベースドモニタリング (Risk Based Monitoring)</li> <li>臨床試験におけるデータの質とは</li> <li>臨床試験における重要なプロセスとは</li> <li>20%ルール</li> <li><span class="caps">ICH</span> &#8211; <span class="caps">GCP</span> Data Handling, and Record Keeping</li> <li>GCPガイドライン (記録の保存等 第26条第1項)</li> <li>グローバルの規制要件の動向 ~米国~</li> </ol></li> <li><span class="caps">FDA</span> “Computerized Systems Used in Clinical Investigations” <ol> <li>21 <span class="caps">CFR</span> <span class="caps">PART</span> 310 Section 305 (f)</li> </ol></li> <li>Appendix <ol> <li>FDAと法律の歴史</li> <li><span class="caps">CFR</span> Title 21 &#8211; Food and Drugs: Parts 1 to 1499</li> </ol></li> </ol> <h4><a href="/node/24042">2017年7月14日「FDA査察対応セミナー (データインテグリティ編)」</a></h4> <p> 製薬業界においては、大掛かりな製造記録や品質試験記録の改ざん事件が後を絶たず、規制当局にとっても患者の安全性を確保するために査察を強化しなければならなくなっています。<br />  紙媒体であれ、電子記録であれ、記録 (データ) や文書の信頼性を担保することは極めて重要です。<br />  インテグリティ (integrity) を辞書で引くと「誠実」という意味であることが分かります。では、データが誠実ということは何を意味するのでしょうか。その答えは、規制当局にとってデータが信用できるということです。そのためには、データは作成されてから現在までの経緯 (例:変更) がわかるようにしておかなければなりません。つまり紙媒体であれ、電子記録であれ監査証跡が必要です。監査証跡が必要ということは、データが生データだけではなく、メタデータも含めて完全でなければならないということです。したがって、データインテグリティは、しばしば意訳され「データの完全性」と訳されます。<br />  ではいったい、データの完全性を担保するためには、どのような事項に留意するべきなのでしょうか。またデータインテグリティが失われた場合、何が問題になるのでしょうか。<br />  昨今の製薬企業では、記録を手書きにより作成することは非常に少なくなりました。多くの場合、記録は電子で作成されます。しかしながら、記録の保管については電子記録を紙媒体に印刷したものに手書き署名 (記名・捺印) をするといったハイブリッドな使用方法が多くを占めます。しかしながら、ハイブリッドシステムでは不正が容易になってしまいます。つまり電子記録を改ざんした後に再印刷し、バックデートで署名するといった手口です。<br />  電子記録と紙媒体の管理はどのように行うべきでしょうか。<br />  一方において、FDAは1997年に21 <span class="caps">CFR</span> Part11を発行し、電子記録の信頼性に関する要求事項を明らかにしました。しかしながら、その要件には実現が困難なものも多くありました。特に問題となったのは、コンプライアンスコストです。規制当局は、患者の安全性を担保するために規制要件を強化する必要がありますが、規制要件を強化しすぎるとコンプライアンスコストを高める結果となってしまいます。製薬企業が負ったコンプライアンスコストは薬価に転嫁され、結果的には患者負担となってしまいます。すなわち、いたずらにコンプライアンスコストを高めてしまうことは、逆に患者に負担を強いる結果となってしまうのです。そこでFDAは、2003年に新しい医薬品監視指導方針として「リスクベースドアプローチ」という方法を発表しました。<br />  FDAの最新のPart11の期待と指導はどのようになっているのでしょうか。<br />  またFDAの査察官は、どのように電子記録の不正を見破るのでしょうか。<br />  2015年には、イギリスのMHRAが「MHRA Data Integrity Definitions and Expectations」と呼ばれるガイダンスを発行しました。その内容は非常に参考になります。今後は世界の規制当局が同じようにデータインテグリティに関する期待を述べる機会が増えると思われます。<br />  本セミナーでは、データや文書のインテグリティ確保に関する基本的な事項を要点をまとめてわかりやすく解説いたします。</p> <ol> <li>データインテグリティ入門 <ol> <li>なぜデータインテグリティか?</li> <li>データインテグリティが損なわれると何が問題か</li> <li>生データとは</li> <li>生データの管理方法とデータインテグリティ</li> <li>紙媒体の管理方法</li> <li>生データの監査方法と留意事項</li> <li>紙記録と電子記録の相違点と留意事項</li> <li>データと文書の管理方法の相違点と留意事項</li> </ol></li> <li>電子記録のデータインテグリティ <ol> <li>電子化におけるリスクとは</li> <li>電子生データとは</li> <li>ALCOAとは</li> <li>電子記録の管理方法</li> <li>ハイブリッドシステム (電子記録+手書き署名) の問題点</li> <li>電子記録は絶対に削除してはならない</li> <li>Excelで電子記録を保管する際の留意点</li> <li>Part11の経緯と動向</li> <li>Part11の問題点とFDAの最新の期待と指導について</li> <li>現在のPart11査察の実施方法</li> <li>コンピュータバリデーション (<span class="caps">CSV</span>) はどこまで必要か</li> </ol></li> <li>FDAのデータインテグリティに関する懸念事項 <ol> <li>日本の当局と欧米の当局の査察方法の違いについて</li> <li>FDAの査察官はどのようにしてデータの不正をチェックするのか</li> <li>規制当局が査察を効率化するための方策とは</li> <li>コンプライアンスコストとデータインテグリティ</li> <li>リスクベースドアプローチとは</li> <li>品質システムアプローチとは</li> <li><span class="caps">ICH</span> &#8211; Q10とデータインテグリティ</li> </ol></li> <li>GMPとデータインテグリティ <ol> <li>患者の安全性、データの完全性、製品の品質について</li> <li>出荷判定の重要性</li> <li>QP (Qualified Person) とは</li> <li>製造記録とデータインテグリティ</li> <li>品質試験記録とデータインテグリティ</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S <span class="caps">GMP</span> Chapter 4における文書の管理について</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S <span class="caps">GMP</span> Annex 11にみるデータインテグリティ要求事項</li> <li><span class="caps">PIC</span>/S <span class="caps">GMP</span> Annex 15にみるデータインテグリティ要求事項</li> </ol></li> <li>GCPとデータインテグリティ <ol> <li>臨床試験におけるデータインテグリティについて</li> <li>臨床試験における症例データの管理と留意点</li> <li>申請文書 (eCTD) の信頼性保証について</li> <li>ER/ES指針について</li> </ol></li> <li><span class="caps">MHRA</span> Data Integrity Definitions and Expectations解説 <ol> <li><span class="caps">MHRA</span> Data Integrity Definitions and Expectationsとは</li> <li>Data Governanceとは</li> <li>Original record / true copyとは</li> <li>コンピュータシステム導入の留意点</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答・名刺交換</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/3273"><span itemprop="name">村山 浩一</span></a> 氏 <div>株式会社 イーコンプライアンス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第2講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/ecompress.co.jp">株式会社 イーコンプレス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">53000円</span> (税別) / 57,240円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="53000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様でお申込みの場合、1名あたり 53,000円(税別) / 57,240円(税込) で受講いただけます。</li> <li>3名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 57,000円(税別) / 61,560円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 106,000円(税別) / 114,480円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/ecompress.co.jp/seminar?id=24043&date=2017-07-13&title=FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編)">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 医薬品 21 CFR Part 11 CAPA (Corrective Action and Preventive Action / 是正措置・予防措置) FDA査察 GMP (Good Manufacturing Practices) QMS省令 Mon, 24 Apr 2017 03:52:18 +0000 admin 24043 at https://tech-seminar.jp 長寿命化・信頼性向上のためのリチウムイオン二次電池 劣化解析 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-%E9%95%B7%E5%AF%BF%E5%91%BD%E5%8C%96%E3%83%BB%E4%BF%A1%E9%A0%BC%E6%80%A7%E5%90%91%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%9B%BB%E6%B1%A0-%E5%8A%A3%E5%8C%96%E8%A7%A3%E6%9E%90 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 長寿命化・信頼性向上のためのリチウムイオン二次電池 劣化解析</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~電池材料開発のための電池特性と材料観察・分析結果の相関~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/178" rel="tag" title="電池">電池</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/100" rel="tag" title="リチウムイオン電池">リチウムイオン電池</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/737" rel="tag" title="電極材料">電極材料</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24310/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24310&date=2017-07-13&title=長寿命化・信頼性向上のためのリチウムイオン二次電池 劣化解析">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、電池構成材料別の要求特性・開発課題と的確に評価するための分析手法について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T10:30:00+09:00">2017年7月13日(木) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>電池材料ごとに求められる特性と開発課題、的確に評価できる分析技術</li> <li>電極構造の特徴を数値化・指標化し、電池特性と結び付ける方法</li> <li>各種in situ測定法で電極の変化を直接観察する事により、電極製造の問題点のヒントを得る方法</li> <li>充放電に伴い電池内部で発生する材料組成の変化から、寿命や信頼性向上のヒントを得る方法</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> リチウムイオン二次電池の劣化診断や長寿命化のためには、新しい蓄電池材料の構造や特性について、的確かつ迅速に評価できる分析技術が必要です。<br />  従来の機器分析による手法を改良・発展させ、電極の分析結果と電池特性とを分かりやすく相関付けたり、寿命や信頼性向上に直結したりするような、一歩踏み込んだ評価技術について分かりやすく紹介致します。</p> <ol> <li>はじめに</li> <li>電池材料の特徴と開発課題およびそれを的確に評価し得る分析技術について <ol> <li>正極材</li> <li>負極材</li> <li>バインダ</li> <li>セパレータ</li> <li>電解液</li> </ol></li> <li>電極シートとしての特性評価 <ol> <li>正極電極</li> <li>負極電極</li> </ol></li> <li>リチウムイオン電池における劣化解析アプローチ <ol> <li>電池セルの劣化</li> <li>正極における劣化解析</li> <li>負極における劣化解析</li> <li>電解液、分解ガスによる劣化解析</li> </ol></li> <li>これまでの分析技術の課題</li> <li>電極構造の特徴を数値化・指標化し、電池特性と結び付けるために <ol> <li>電極の空隙解析</li> <li>導電ネットワーク解析</li> <li>導電助剤分散度</li> <li>バインダ分布の定量</li> <li>電極3D構造解析</li> </ol></li> <li>その場 (in situ) 分析による電極変化のリアルタイム評価 <ol> <li>電気化学反応可視化コンフォーカルシステム</li> <li>イメージングRaman</li> <li>放射光X線 (温調機能付きin situ XRD分析)</li> </ol></li> <li>充放電に伴い電池内部で発生する材料組成の変化から、寿命や信頼性向上のヒントを得るために <ol> <li>活物質表面の薄膜等の組成分析</li> <li>電池内封ガス分析</li> <li>その場分析および局所観察による劣化原因の解析</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5373"><span itemprop="name">木村 宏</span></a> 氏 <div>株式会社 住化分析センター 工業支援事業部</div> <div></div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5371"><span itemprop="name">末広 省吾</span></a> 氏 <div>株式会社 住化分析センター 大阪ラボラトリー 技術開発センター</div> <div>主幹部員</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第3講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24310&date=2017-07-13&title=長寿命化・信頼性向上のためのリチウムイオン二次電池 劣化解析">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> 電池 リチウムイオン電池 電極材料 Mon, 15 May 2017 07:10:52 +0000 admin 24310 at https://tech-seminar.jp 位置推定技術の基礎及び研究開発動向 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E6%8E%A8%E5%AE%9A%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E5%8F%8A%E3%81%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E5%8B%95%E5%90%91 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 位置推定技術の基礎及び研究開発動向</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~位置推定が支えるIoT~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/377" rel="tag" title="GNSS">GNSS</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/234" rel="tag" title="GPS">GPS</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/801" rel="tag" title="屋内測位">屋内測位</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24003/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24003&date=2017-07-13&title=位置推定技術の基礎及び研究開発動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T11:00:00+09:00">2017年7月13日(木) 11時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T11:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T16:00:00+09:00">16時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T16:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> スマートフォンのナビゲーションサービスや車のカーナビゲーションに見られるように、位置情報は日常生活に必要不可欠なものとなっています。また、最近では、位置情報を活用したポケモンGOのようなゲームも注目されています。位置情報に求められる検出精度は、アプリケーションによって様々です。また、使用環境も、屋外であったり、屋内であったり様々です。これまでに様々な位置検出技術が報告されていますが、必要な精度や使用環境によって、適した位置検出技術も異なってきます。また、どの位置検出技術が適しているかは、コストや装置サイズにも依存します。<br />  本セミナーでは、様々な位置推定技術について、その基本原理と開発・研究動向を紹介します。</p> <ol> <li>位置推定技術の基礎 <ol> <li><span class="caps">TOA</span> (Time of Arrival)</li> <li><span class="caps">TDOA</span> (Time Difference of Arrival)</li> <li><span class="caps">AOA</span> (Angle of Arrival)</li> <li>位置指紋法</li> </ol></li> <li>WiFiを用いた位置推定法 <ol> <li>人体電力損失</li> <li>WiFiを用いた位置推定法の研究動向</li> </ol></li> <li><span class="caps">GPS</span> <ol> <li>GPSのアルゴリズム</li> <li>GPSの測位誤差要因・対策</li> <li>Differential <span class="caps">GPS</span></li> <li><span class="caps">RTK</span>-<span class="caps">GPS</span></li> </ol></li> <li>歩行者デッドレコニング (<span class="caps">PDR</span>:Pedestrian Dead Reckoning) <ol> <li>BLE測位</li> <li>マップマッチング</li> <li>PDRの基礎</li> <li>PDRに関する研究動向向</li> </ol></li> <li>デバイスフリー位置推定 <ol> <li><span class="caps">RSS</span> (Received Signal Strength) を用いたデバイスフリー位置推定</li> <li>アレーセンサ</li> <li>アレーセンサを用いたデバイスフリー位置推定</li> <li>アレーセンサ:位置推定から行動識別まで</li> </ol></li> <li>まとめ</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/21863"><span itemprop="name">大槻 知明</span></a> 氏 <div>慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 </div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%83%AB">オームビル</a> <meta itemprop="name" content="オームビル" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3233-0641" /> <meta itemprop="url" content="http://www.ohmsha.co.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-8460" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田錦町3-1</span> </div> <a href="/node/1728"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;markers=東京都千代田区神田錦町3-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="オームビルの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/triceps.co.jp">株式会社 トリケップス</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">46000円</span> (税別) / 49,680円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1口</div> : <span itemprop="price">57000円</span> (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="46000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="57000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/triceps.co.jp/seminar?id=24003&date=2017-07-13&title=位置推定技術の基礎及び研究開発動向">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> GNSS GPS 屋内測位 Thu, 06 Apr 2017 14:02:45 +0000 admin 24003 at https://tech-seminar.jp 特許調査・分析、自分でちゃんとできますか? https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-%E7%89%B9%E8%A8%B1%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%BB%E5%88%86%E6%9E%90%E3%80%81%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%A7%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 知ってるつもりの特許シリーズ (3)</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 特許調査・分析、自分でちゃんとできますか?</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~調査のコツと特許分析による競合把握、市場予測のやり方教えます~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/212" rel="tag" title="知的財産">知的財産</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1088" rel="tag" title="化学関連特許">化学関連特許</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/213" rel="tag" title="特許">特許</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23692/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=23692&date=2017-07-13&title=特許調査・分析、自分でちゃんとできますか?">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T13:00:00+09:00">2017年7月13日(木) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>技術者、研究者、初級知財部員</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 特許調査と聞くと研究者や技術者の方は「専門家でないと…」と躊躇される方が多いと思うのですが、実は簡単なのです。本セミナーでは、特許調査歴15年のベテラン元知財部員が半日で最大の効果を得られるよう、特許調査のやり方の基礎をわかりやすく解説します。<br />  特許調査が出来るようになれば、雑誌の記事や論文ではマスクされて接することができない詳細な技術情報に接するチャンスを広げ、効率的な研究開発を行うことができる助けになると思います。また、調査した特許情報を如何に分析し利用するか。経営戦略に資する事業戦略を支える技術戦略策定のために、特許情報分析は欠かすことができません。他社の目論見の分析や将来のテーマ選定などでも利用が可能です。効率的かつ効果の高い、特許調査と分析能力を研究者の方々には本セミナーで身につけて頂きたいと考えています。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>特許調査と分析の重要性</li> <li>特許制度の基礎おさらい</li> </ol></li> <li>特許戦略と特許調査 <ol> <li>特許戦略とは何か?</li> <li>テクより読み込み</li> <li>物まね防止か他社に侵害させて事業参入阻止か</li> </ol></li> <li>特許調査の基礎 <ol> <li>データベース</li> <li>キーワードの特定</li> <li>出願人・特許権者や発明者の特定</li> <li>特許分類の特定</li> <li>検索式とは</li> <li>検索式の基本ツール</li> <li>ストライク検索</li> <li>つるったぐり調査</li> <li>漏れのない調査</li> </ol></li> <li>特許分析による現在の動向把握と未来予測法 <ol> <li>将来の市場を特許から予想するための基礎</li> <li>特許公報の構造</li> <li>特許における発明の詳細な説明の構造</li> <li>特許分析による技術動向の見極め <ol> <li>権利化をあきらめた特許出願の意味</li> <li>権利を維持している特許の意味</li> <li>傾向は存在する</li> <li>特許の「従来技術」「解決すべき課題」「効果」から未来が見える</li> </ol></li> <li>コンペティター製品調査</li> </ol></li> <li>実際の例を見てみましょう <ol> <li>フリーキーワード</li> <li>特許分類を用いた場合</li> <li>その他のテクニック</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/17499"><span itemprop="name">鷲尾 裕之</span></a> 氏 <div>特許戦略コンサルタント / ポリマー技術コンサルタント</div> <div></div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第1講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">20000円</span> (税別) / 21,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="20000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="38000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=23692&date=2017-07-13&title=特許調査・分析、自分でちゃんとできますか?">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> 知的財産 化学関連特許 特許 Fri, 03 Mar 2017 07:07:47 +0000 admin 23692 at https://tech-seminar.jp 2025年の自動車に向けた環境低負荷熱電発電システムの開発 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-13-2025%E5%B9%B4%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%9F%E7%92%B0%E5%A2%83%E4%BD%8E%E8%B2%A0%E8%8D%B7%E7%86%B1%E9%9B%BB%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 2025年の自動車に向けた環境低負荷熱電発電システムの開発</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~IoTセンシング&amp;中電力発電用実用化技術動向 / 欧州、米国で進行中の実用向け環境低負荷型シリサイド系熱電変換技術~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1042" rel="tag" title="エネルギー">エネルギー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1447" rel="tag" title="自動車">自動車</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1588" rel="tag" title="排熱">排熱</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1310" rel="tag" title="熱電変換">熱電変換</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/912" rel="tag" title="エネルギー・ハーベスティング">エネルギー・ハーベスティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1318" rel="tag" title="再生可能エネルギー">再生可能エネルギー</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/457" rel="tag" title="省エネルギー">省エネルギー</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24311/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24311&date=2017-07-13&title=2025年の自動車に向けた環境低負荷熱電発電システムの開発">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、自動車排熱回収、工場排熱回収、エネルギーハーベスティングにおける熱電変換技術の立ち位置、開発動向について詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-13T13:00:00+09:00">2017年7月13日(木) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-13T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-13T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-13T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>熱電発電を必要とする背景</li> <li>熱電発電の原理</li> <li>熱電発電 (排熱発電) の技術的到達度</li> <li>自動車における排熱発電の意義</li> <li>自動車に搭載する排熱発電の特長と技術的課題</li> <li>国内外の自動車排熱発電の最新情報</li> <li>中温度域ハーベスティング熱発電の意義と現状の開発状況</li> <li>IoT向け中温度熱発電技術動向</li> <li>海外での排熱発電の位置づけ</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 本セミナーでは、欧州、米国で進行中の実用向け環境低負荷型シリサイド系熱電変換技術の技術開発動向、特に2014年〜2016年の最新動向、及び今後の見通しについて詳細に解説します。<br />  現在、300~500℃の排熱を利用付加価値の高い電気エネルギーに変換する環境低負荷・生体適応型で、かつ高い変換効率 (10%以上) が期待される次世代環境低負荷型熱電変換材料の開発が行われています。排熱発電の重要な用途の一つとして自動車がありますが、欧州では2025年に極めて厳しい自動車向けCO2排出規制が導入されます。また、途上国での爆発的な自動車需要の増加は従来エンジンによるものが大多数であり、2030年時点でも生産台数のおよそ90%が燃焼系のエンジンを搭載すると予測されています。こうしたことから、自動車向け排熱再資源化へのニーズは近年極めて大きいものとなりつつあります。<br />  また、近年では、自動車エンジンにおける排熱発電センシングシステム用途も拡大しつつあります。通常、エンジンの高効率制御には、メカニズムの解明や現象のモデル化のために、エンジン稼働状態をリアルタイム多点・多重計測技術が必要ですが、エンジン周りは高温環境が多く、有線配線による多点センシングは、配線増加による重量増、車種ごとのスケーラビリティ確保の観点から好ましくありません。一方、エンジン関連パラメータのリアルタイム計測ではある程度大きな電力 (数百mW程度) が必要とされるため、エネルギーハーベスティング (環境発電技術) による微小な発電量では賄いきれない状況となっています。このため、中温度域での排熱発電センシングシステムは開発時のみならず、量産エンジンへのセンシングシステム搭載が想定され、実用化実装開発が行われています。<br />  他方、CO2排出量規制の国際的枠組みの中で、本邦も早期に具体的な削減量を再設定し、削減への取り組みを本格化させなければなりません。自動車用途のみならず、今後は、工業界における熱の再資源化への取り組みは大きくしていく必要があります。たとえば、工業炉・ボイラーからの排熱発電センシングにより、システムの安定稼働、稼働効率向上等、最終的には、中電力規模の排熱 &#8211; 電気変換へとステップアップしていくことが想定されます。こうした点についても、現在どのような方向性が検討されているかについて見ていきたいと思います。さらに、先導役の欧州および米国での開発の進捗と今後の可能性、および国際標準化を視野に入れた排熱発電プロジェクト等の海外R&amp;D動向について、加えて、2015年〜2016年に実施されたNEDOプロジェクト「クリーンデバイスセンシングシステム」の成果についても、公開可能な最新の情報をわかりやすく、かつ詳細に解説します。</p> <ol> <li>熱 &#8211; 電気変換について <ol> <li>熱 &#8211; 電気変換発電の原理:ゼーベック効果</li> <li>熱 &#8211; 電気変換発電素子の構造</li> <li>熱 &#8211; 電気変換発電用途の材料とその特徴</li> <li>有害化危惧物質と環境低負荷性</li> </ol></li> <li>自動車向け排熱再資源化システム <ol> <li>強化されるCO2排出規制と自動車排熱発電の必要性</li> <li>排熱発電の原理と排熱発電素子の従来構造</li> <li>排熱発電用途材料の特徴と有害化危惧・環境低負荷性</li> <li>自動車向け排熱発電素子の本命は?</li> </ol></li> <li>ハーベスティングIoT向け中温度熱発電センシング「熱電池」<br /> NEDOプロジェクト「クリーンデバイスセンシングシステム」の成果 <ol> <li>ハーベスティング中温度域計測ニーズ</li> <li>自動車ハーベスティング計測とそのねらい</li> <li>工業系熱源でのハーベスティング計測とそのねらい</li> <li>ハーベスティング用途の基本システム構造</li> </ol></li> <li>軽量・環境低負荷・資源豊富材料によるシリサイド排熱発電モジュール <ol> <li>中低温域での今後の熱発電材料と具備すべき条件</li> <li>シリサイド系開発動向:Mg &#8211; Si系</li> <li>シリサイド熱電変換素子の特性</li> <li>産業廃棄物Siを原料としたシリサイド熱電変換素子</li> <li>近年リリースされた新型排熱発電モジュールの概要</li> </ol></li> <li>海外で本格化する自動車向け排熱発電システム開発 <ol> <li>欧州の最新動向と現状、および欧州自動車関連ニーズ</li> <li>米国の最新動向と現状</li> <li>日本の現状と排熱発電コンソーシアム</li> <li>コンソーシアムでの活動成果・公的予算申請</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5004"><span itemprop="name">飯田 努</span></a> 氏 <div>東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 </div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第4講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">20000円</span> (税別) / 21,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="20000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="38000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=24311&date=2017-07-13&title=2025年の自動車に向けた環境低負荷熱電発電システムの開発">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> エネルギー 自動車 排熱 熱電変換 エネルギー・ハーベスティング 再生可能エネルギー 省エネルギー Mon, 15 May 2017 07:18:31 +0000 admin 24311 at https://tech-seminar.jp 自動車用遮音・吸音材料の軽量化設計と車室内の騒音予測 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-14-%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E7%94%A8%E9%81%AE%E9%9F%B3%E3%83%BB%E5%90%B8%E9%9F%B3%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AE%E8%BB%BD%E9%87%8F%E5%8C%96%E8%A8%AD%E8%A8%88%E3%81%A8%E8%BB%8A%E5%AE%A4%E5%86%85%E3%81%AE%E9%A8%92%E9%9F%B3%E4%BA%88%E6%B8%AC <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 自動車用遮音・吸音材料の軽量化設計と車室内の騒音予測</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1447" rel="tag" title="自動車">自動車</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1540" rel="tag" title="吸音材">吸音材</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/917" rel="tag" title="快適性">快適性</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/61" rel="tag" title="振動騒音">振動騒音</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/934" rel="tag" title="騒音対策">騒音対策</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24378/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24378&date=2017-07-14&title=自動車用遮音・吸音材料の軽量化設計と車室内の騒音予測">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-14T10:00:00+09:00">2017年7月14日(金) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-14T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-14T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-14T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部 自動車における吸音・遮音技術の適用例</h4> <p>(2017年7月14日 10:00〜11:30)</p> <p> 遮音・吸音の基礎理論をわかりやすく紹介し、その事例として、エンジンで発生した音がエンジンルーム内で音響増幅、さらに一重壁パネル、内装材を透過し、車室内に侵入するメカニズムと対策について解説する。<br />  さらに、車室内に侵入した音の拡散を吸音シート、吸音天井の開発により防止し、車内騒音低減に成功した事例を紹介する。</p> <ol> <li>遮音・吸音基礎理論 <ol> <li>制振、吸音・遮音の概要</li> <li>遮音理論の基礎、吸音理論の基礎をわかりやすく紹介</li> <li>自動車の車内騒音寄与度解析結果</li> </ol></li> <li>音響増幅防止による車内音改善 <ol> <li>エンジンルーム内の音響増幅と車内音</li> <li>共鳴型サイレンサーの開発事例</li> </ol></li> <li>一重壁パネルの遮音性改善 <ol> <li>ステフネス、質量則 (マスロー) 、コインシデンスと透過損失</li> <li>エンジンカバーの遮音性改善事例</li> </ol></li> <li>内装材の遮音性改善 <ol> <li>カーペット、フェルトなどの振動伝達比と車内音低減効果</li> <li>共振型カーペット (遮音材) の開発事例</li> </ol></li> <li>吸音対策 <ol> <li>室定数と車内音低減効果、室定数測定方法</li> <li>吸音シート、吸音天井の開発事例</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部 ナノファイバー吸音材料の次世代自動車への展開</h4> <p>(2017年7月14日 12:10〜13:40)</p> <p> 近年、普及が進んでいるハイブリッド車、電気自動車などの次世代自動車は、これまでのエンジン車に比べ、低騒音化を実現しているものの、新たな問題も発生している。ナノファイバー吸音材料は、一般の吸音材料に比べ、薄く、軽くても低い周波数域の吸音を示す材料として注目されている。<br />  本講演では、自動車騒音の変化とナノファイバー吸音材料の展望について報告する。</p> <ol> <li>次世代自動車を取り巻く音の問題</li> <li>吸音材料の種類と特徴 <ol> <li>多孔質型吸音材料</li> <li>共鳴器型吸音材料</li> <li>板・膜振動型吸音材料</li> </ol></li> <li>シリカナノファイバーの吸音特性 <ol> <li>エレクトロスピニング法</li> <li>シリカナノファイバーの構造</li> <li>シリカナノファイバーの吸音率</li> <li>波動理論に基づく音響解析</li> <li>多孔質吸音材料の吸音モデル</li> </ol></li> <li>高分子ナノファイバーの吸音特性</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部 ノイズキャンセリング機能を有する防音材料の開発</h4> <p>(2017年7月14日 13:50〜15:20)</p> <p> 一般的な自動車用防音材料の音響性能を紹介し、目標とすべき音響透過損失と吸音率を解説する。<br />  このことを踏まえ、必要な遮音性能を確保しつつ、実車において軽量化、及び車室内騒音の低減を実現できた防音構造を紹介する。<br />  更に、この防音構造について伝達マトリクス法により理論的な考察を加え、その音響的メカニズムを解説する。</p> <ol> <li>自動車用防音材料に必要な音響性能 <ol> <li>音響透過損失</li> <li>吸音率</li> </ol></li> <li>新防音構造 <ol> <li>ノイズキャンセリング機能を有する防音構造</li> <li>遮音性能の確認</li> <li>実車による性能確認</li> </ol></li> <li>伝達マトリクス法による理論的考察 <ol> <li>周波数応答</li> <li>体積速度</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第4部 空力・構造振動・音響連成解析による自動車社室内騒音の予測</h4> <p>(2017年7月14日 15:30〜17:00)</p> <p> 空力騒音の発生機構について学び、自動車の騒音問題に対する素養を深める。実験方法と数値解析手法について具体的に説明し、車両開発に活かせるようにする。<br />  車内騒音解析の最新事例、京を用いた解析事例を紹介する。</p> <ol> <li>空力騒音の基礎 <ol> <li>Lighthillの理論 (音の発生メカニズム)</li> <li>空力騒音の速度依存性 (6乗則と8乗則)</li> <li>空力音の指向特性</li> <li>Lighthillの功績 (ジェットエンジン騒音の低減)</li> </ol></li> <li>空力騒音の予測手法 <ol> <li>Curleの理論 (圧力変動をもとにした解析)</li> <li>渦音の理論 (渦の非定常運動に基づく解析)</li> <li>実験解析技術の実例 <ul> <li>PIV計測</li> <li>感圧塗料計測</li> </ul></li> <li>空力音響連成解析手法</li> </ol></li> <li>解析事例 (数値解析技術の紹介) <ol> <li>基礎形状からの音 <ul> <li>円柱</li> <li>角柱</li> </ul></li> <li>ドアミラー騒音 (空力・音響フィードバック音)</li> <li>フロントグリル騒音 (音響共鳴音)</li> <li>車内騒音予測</li> <li>ファン騒音</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5130"><span itemprop="name">谷本 隆一</span></a> 氏 <div>愛知工業大学 工学部 機械学科</div> <div>教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7512"><span itemprop="name">赤坂 修一</span></a> 氏 <div>東京工業大学 大学院 物質理工学院 材料系</div> <div>助教</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24377"><span itemprop="name">加藤 大輔</span></a> 氏 <div>豊和繊維工業 株式会社 NV製品開発部</div> <div>課長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/23594"><span itemprop="name">飯田 明由</span></a> 氏 <div>豊橋技術科学大学 工学部 機械工学科 </div> <div>教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24378&date=2017-07-14&title=自動車用遮音・吸音材料の軽量化設計と車室内の騒音予測">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 自動車 吸音材 快適性 振動騒音 騒音対策 Wed, 17 May 2017 03:07:05 +0000 admin 24378 at https://tech-seminar.jp 最新 脳計測技術とその活用法 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-14-%E6%9C%80%E6%96%B0-%E8%84%B3%E8%A8%88%E6%B8%AC%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 最新 脳計測技術とその活用法</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~各種脳計測技術の長所、短所、選定ポイントと具体的センシングデータの処理、解析技術~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/576" rel="tag" title="官能評価">官能評価</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/681" rel="tag" title="感性評価">感性評価</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/352" rel="tag" title="生理反応測定">生理反応測定</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/864" rel="tag" title="脳機能マッピング">脳機能マッピング</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/24401/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24401&date=2017-07-14&title=最新 脳計測技術とその活用法">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-14T10:00:00+09:00">2017年7月14日(金) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-14T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-14T16:45:00+09:00">16時45分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-14T16:45:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 脳情報の計測技術</h4> <p>~手法ごとの原理と長所・短所・用途、選定ポイント~</p> <p>(2017年7月14日 10:00〜13:00)</p> <p> 近年、脳計測とその解析技術の向上に伴って、人間の脳を非侵襲に計測し、未知の脳機能に関する知見を得たり、脳情報を応用したりすることが可能になってきた。<br />  本講座においては、まず脳やそれを構成する神経細胞 (ニューロン) の基本的な構造や機能を説明する。その上で、最先端の脳計測技術 (講演項目参照) の原理、長所・短所・用途、選定ポイント等を解説する。更には、これらの脳計測手法を使った具体的な事例を紹介し、脳情報取得の意義や応用可能性について述べる。</p> <ol> <li>脳と神経細胞 <ol> <li>脳の概要</li> <li>脳と神経細胞の構造</li> </ol></li> <li>脳情報の計測技術 <ol> <li>電磁気計測法の原理と特徴 <ul> <li><span class="caps">EEG</span> (脳波)</li> <li><span class="caps">MEG</span> (脳磁図)</li> </ul></li> <li>MRIと代謝計測手法の原理と特徴 <ul> <li><span class="caps">MRI</span> (磁気共鳴画像法)</li> <li>fMRI (機能的磁気共鳴画像法)</li> <li><span class="caps">NIRS</span> (近赤外分光法)</li> </ul></li> <li>脳計測技術の比較と選定ポイント</li> </ol></li> <li>脳計測技術を用いた研究事例 <ol> <li>五感に関する研究</li> <li>脳情報の解読に関する研究</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部. 脳波センシングデータの処理・解析技術</h4> <p>(2017年7月14日 13:45〜16:45)</p> <p> 近年様々な所で生体信号の応用例が増えてきている。その中でも脳波は簡便に脳機能を計測することができるために、ヒトの思考や感情・疲労等を知るために使用されることが多い。しかしながら脳波は筋電や心電と比べ電圧が小さい信号であり、信号処理が必須の信号である。<br />  そこで本公演では、脳波の中でもよく知られている脳波成分を示しつつ、その信号を得るために必要な信号処理方法や実験方法を述べるものとする。また、昨今では音声信号処理で用いられている信号処理方法が脳波解析にも使用されることが増えてきている。その中でも脳波解析において有意義なBlind source separationについても述べるものとする。</p> <ol> <li>脳波 <ol> <li>脳波実験で使用する課題を作成するときに気をつけること</li> <li>特徴的な脳波 <ol> <li>P300</li> <li><span class="caps">SSVEP</span></li> <li><span class="caps">ERD</span>/ERS</li> </ol></li> </ol></li> <li>脳波の基本的な解析方法 (実例を踏まえて) <ol> <li>電極の位置の意味</li> <li>フィルタ処理</li> <li>加算平均法 <ol> <li>P300</li> </ol></li> <li>周波数解析 <ol> <li><span class="caps">SSVEP</span></li> <li><span class="caps">ERD</span>/ERS</li> </ol></li> </ol></li> <li>Blind source separationを使用した脳波解析 (実例を踏まえて) <ol> <li>主成分解析</li> <li>独立成分解析</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/20914"><span itemprop="name">青山 敦</span></a> 氏 <div>慶應義塾大学 環境情報学部</div> <div>准教授</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24400"><span itemprop="name">船瀬 新王</span></a> 氏 <div>名古屋工業大学 大学院 工学研究科 情報工学専攻</div> <div>准教授</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyAgl-1LVmWSRIxCg_St-SAQzRgKPubeGeo" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="https://tech-seminar.jp/contact/webadmin">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="55000円" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=24401&date=2017-07-14&title=最新 脳計測技術とその活用法">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> 官能評価 感性評価 生理反応測定 脳機能マッピング Wed, 17 May 2017 05:49:02 +0000 admin 24401 at https://tech-seminar.jp 研究開発プロジェクトの進捗管理 https://tech-seminar.jp/seminar/2017-07-14-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%AE%E9%80%B2%E6%8D%97%E7%AE%A1%E7%90%86 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 研究開発プロジェクトの進捗管理</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/233" rel="tag" title="プロジェクト管理">プロジェクト管理</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/23966/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=23966&date=2017-07-14&title=研究開発プロジェクトの進捗管理">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、研究開発プロジェクトの遂行に伴う課題・問題・解決策などについて、過去の事例を示して分かりやすく解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2017-07-14T10:30:00+09:00">2017年7月14日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2017-07-14T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2017-07-14T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2017-07-14T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 技術経営、つまり技術をマネジメントする目的は、技術を如何に経営に生かしていくかである。すなわち、技術戦略などの策定により、技術が経営計画