技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載電池・リチウムイオン電池の爆発・火災事故の傾向、 その安全性向上技術、過酷試験の進め方、規制対応

車載電池・リチウムイオン電池の爆発・火災事故の傾向、 その安全性向上技術、過酷試験の進め方、規制対応

~断熱、難燃、延焼防止、消炎、絶縁、発生ガス対策など~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、車載電池・リチウムイオン電池の爆発・火災事故について取り上げ、車載電池・リチウムイオン電池の内部短絡、過充電、漏電、水没、トラッキング現象などの火災・爆発の原因と未然防止策、炎を抑制、温度急上昇を防ぐ、ドライバーの逃走時間を稼ぐなどの対策について詳解いたします。

開催日

  • 2024年5月28日(火) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 車載用リチウムイオン電池の熱暴走事故の発生メカニズムとその安全化技術開発の現状

(2024年5月28日 10:00〜11:20)

  1. LIB発火事故報告例
  2. LIB熱暴走メカニズム
    1. 構成材料の熱挙動、正極材、負極材、セパレータ、電解液、DSC、ARC分析
    2. 熱暴走〜電池内部の発熱速度と熱の散逸速度
      • 計算シミュレーション
  3. 熱暴走のトリガー 〜 内部ショート
    • 金属コンタミネーションによる物理ショートと化学ショート
  4. 内部ショートのシミュレーション
    1. 釘差しテスト
    2. 圧壊テスト
  5. 安全化対策
    1. 金属異物混入の抑制
    2. 難燃電解液
    3. 組セルの延焼防止技術
  6. まとめ、今後の展望
    • 質疑応答

第2部 リチウムイオン電池用断熱材とその可能性について

(2024年5月28日 11:30〜12:30)

 近年、リチウムイオン電池(LiB)は自動車の電動化に向けて駆動用モーターやインバーターモジュールとともに基幹部品として重要な役割を果たしつつある。NEVでは航続距離を伸ばすために電池容量を相応に大きくし、かつ自動車としてのパッケージを最適化するよう高密度にモジュール化され適切な場所に設置する必要がある。そのため、LiBのサーマルマネジメント対策が重要な役割を果たしてくることになり、通常使用時の経時劣化を極力抑えるだけでなく、万が一の延焼防止対策を行い車両火災につながる大事故を回避するなど安全で快適な電動車両の提供につながるBMSを担う保安技術の一つである。
 本講では車載LiB用の断熱材、必要に応じて放熱材との比較を行いながら現状と今後の課題と可能性を解説する。について解説する。

  1. はじめに (阿波製紙について)
  2. バッテリーのサーマルマネジメントを行う意義
  3. 断熱のメカニズム
  4. どの部分に断熱材が使われるか?
  5. 特許情報から見たサーマルマネジメント材の技術トレンド
  6. 阿波製紙の断熱材について
  7. 断熱材の課題と今後の可能性について
    • 質疑応答

第3部 バッテリー発火の延焼を防ぐ「消火フィルム」とその可能性

(2024年5月28日 13:20〜14:20)

  1. バッテリーの消火技術
    1. バッテリーの概要
    2. 消火の基礎
    3. TOPPANの消火フィルムの消火原理
  2. 性能の評価方法
    1. 消火性能の評価方法
    2. 類焼防止の評価方法
  3. 消火性能の安定化
    1. 水蒸気バリア技術
    2. 最近の取り組み
    • 質疑応答

第4部 車両・航空機など輸送移動体とその電池における難燃規格と難燃材料・技術の動向

(2024年5月28日 14:30〜15:30)

 「車両等オートモーティブの部材設計フローを火災設計に適応することで、材料と設計を繋ぎ、かつ部材としての設計データを得て、最終的には火炎に強い部材設計に反映することができる。」について解説する。

  1. 難燃に関する規格・規制
    1. CO2排出規制
    2. 燃焼規格
    3. リサイクル規制
  2. 部位と採用例
  3. 課題: 火災等
  4. 将来の姿
    1. 高難燃性
    2. 低発煙性
    3. 環境安全性と生産技術
    4. 将来への提言
    • 質疑応答

第5部 リチウムイオン電池に関する火災事故と 安全性試験および信頼性向上対応

(2024年5月28日 15:40〜17:00)

 海外では電気自動車(EV)の火災事故が後を絶たない。一方、日系電池を搭載した日系自動車各社の電動車での公道における火災事故は27年の長きにわたって1件も発生していない。この違いは安全性に対する考え方に起因している。海外からは品質に問題があるEVや家庭用蓄電池が国内に入ってきているが、このような品質が担保されない電池に対する歯止めとして、日本の独自規格の必要性についても解説する。

  1. 電動車の火災事故例
    1. 中国、韓国、欧米での火災事故例
    2. 火災事故のない日本との分析
    3. 日本の強み
  2. 定置型蓄電池の火災事故例
    1. 国内におけるビジネスモデル
    2. 国内外での火災事故例
  3. 日本における安全性試験機関の現状
    1. 製品評価技術基盤機構
    2. エスペック 株式会社 安全認証センター
    3. 車載用電池の国連規則
  4. 経済産業省「蓄電池産業戦略推進会議」
    1. 本会議における重要課題
    2. 安全性・信頼性に関する議論
    3. 電動車に対する補助金制度の在り方
    • 質疑応答

講師

  • 中島 薫
    リチウムイオン技術アドバイザー&コンサルタント
    代表
  • 横田 博
    阿波製紙株式会社
    執行役員 事業開発部長
  • 戸出 良平
    TOPPAN株式会社 生活・産業事業本部 SX推進センター SXパッケージ開発本部
  • 大越 雅之
    一般社団法人 難燃材料研究会
    代表理事
  • 佐藤 登
    名古屋大学 未来社会創造機構
    客員教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/31 リチウムイオン電池電極スラリーの分散、混練技術とその最適化 オンライン
2024/5/31 xEV用リチウムイオン電池の輸送規則 オンライン
2024/6/4 欧州のxEV及び電池業界動向 東京都 オンライン
2024/6/7 CASE実現のための車載機器の熱対策と冷却技術の具体的実践技術 オンライン
2024/6/7 xEV用リチウムイオン電池の輸送規則 オンライン
2024/6/11 リチウムイオン電池の基礎と性能・安全性評価手法 オンライン
2024/6/12 EV用リチウムイオン電池および全固体電池のリサイクル オンライン
2024/6/14 バッテリマネジメントシステムの基礎とバッテリパックの設計手法 オンライン
2024/6/17 リチウムイオン電池の開発方向性と寿命・SOH推定の考え方 オンライン
2024/6/19 電気自動車におけるバッテリーマネジメントの基礎知識 オンライン
2024/6/19 電気化学測定の基礎と実験データの解釈のポイント オンライン
2024/6/19 半導体パッケージの伝熱経路、熱モデルと熱設計・シミュレーション技術 オンライン
2024/6/20 燃料電池、アンモニア、水素を取り巻く最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2024/6/21 高熱伝導樹脂の設計とフィラー配向、複合化技術 オンライン
2024/6/24 車載電子製品・部品における熱設計・実装、放熱・耐熱技術と将来動向 オンライン
2024/6/24 全固体電池材料の最新動向 オンライン
2024/6/25 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 会場
2024/6/27 リチウムイオン電池用正極材料の高容量化に向けた開発、適用と評価 オンライン
2024/6/27 全固体リチウム電池の高性能化に向けた界面制御技術とその評価 オンライン
2024/6/27 リチウムイオン電池のリサイクル・リユースの動向と今後の展望 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/11/30 EV用電池の安全性向上、高容量化と劣化抑制技術
2023/11/29 リチウムイオン電池の拡大、材料とプロセスの変遷 2023
2023/11/29 リチウムイオン電池の拡大、材料とプロセスの変遷 2023 [書籍 + PDF版]
2023/11/14 x/zEV用電池の拡大 (目標、現状とグローバルな態勢) [書籍 + PDF版]
2023/11/14 x/zEV用電池の拡大 (目標、現状とグローバルな態勢)
2023/7/6 x/zEVへの転換2023 (各国の現状、目標と課題) [書籍 + PDF版]
2023/7/6 x/zEVへの転換2023 (各国の現状、目標と課題)
2023/6/14 車載用リチウムイオン電池リサイクル : 技術・ビジネス・法制度
2023/6/9 2023年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2023/4/6 電池の回収・リユース・リサイクルの動向およびそのための評価・診断・認証
2023/3/10 2023年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2023/2/28 リチウムイオン電池の長期安定利用に向けたマネジメント技術
2022/10/17 リチウムイオン電池の拡大と正極材のコスト & サプライ (書籍 + PDF版)
2022/10/17 リチウムイオン電池の拡大と正極材のコスト & サプライ
2022/9/16 2022年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2022/9/14 リチウムイオン電池の製造プロセス & コスト総合技術2022 (進歩編)
2022/9/8 リチウムイオン電池の製造プロセス & コスト総合技術2022 (基礎編)
2022/9/8 リチウムイオン電池の製造プロセス & コスト総合技術2022 (基礎編 + 進歩編)
2022/8/19 2022年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2022/6/30 二次電池の材料に関する最新技術開発