技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

触媒のセミナー・研修・出版物

メタネーションの基礎と現状、課題、最新動向

2022年9月28日(水) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2をメタン変換する技術的ポイントや、変換後のメタンを原料とした合成ガスの製造技術、固体炭素の連続回収方法など解説いたします。
また、現行の大型水素製造システムが抱える問題点、未来型水素製造プロセスの取り組み状況なども紹介いたします。

水素キャリアの利用と社会実装に向けた課題

2022年9月13日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、水素キャリアとして有望視されている有機ハイドライドを取り上げ、有機ハイドライドの基礎や社会状況に加えて、貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説いたします。
また、基幹技術である脱水素プロセスに関して、触媒に求められる性能や高性能化の方法論について分かりやすく解説するとともに、多元素合金触媒などの最先端の技術・材料についても紹介いたします。

メタネーション技術の過去・現在・未来

2022年8月29日(月) 13時30分16時30分
オンライン 開催

自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向

2022年8月23日(火) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、自動車排出ガスのクリーン化について解説し、排出ガス用触媒の技術動向・評価分析について詳解いたします。

CO2からワンパスで低級オレフィン等の有用物質を合成する触媒の開発

2022年8月10日(水) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2を効率よくメタノールに変換する固体触媒に必須な要素・技術について、実例を示しながら解説いたします。

メタネーション技術の開発動向と今後の課題、展望

2022年7月28日(木) 10時30分16時15分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2をメタン変換する技術的ポイントや、変換後のメタンを原料とした合成ガスの製造技術、固体炭素の連続回収方法など解説いたします。
また、現行の大型水素製造システムが抱える問題点、未来型水素製造プロセスの取り組み状況なども紹介いたします。

炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術

2022年7月27日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素を原料としたエネルギーと化学品の製造技術、さらに実現可能なバイオマスや廃プラスチック原料からエネルギーと化学品製造技術を最新の欧州、米国、中国の動向を含めて解説いたします。

金属有機構造体 (MOF) :分離・貯蔵への応用・研究動向

2022年7月25日(月) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、MOF (金属有機構造体) 合成に必要な機材や設備、コスト、普及までの課題、成膜手法や電極材料、 ガス吸着への応用事例、 国内外の動向まで解説いたします。

工業触媒の使い方と劣化対策、活性試験、評価

2022年7月12日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、触媒の種類・特徴から劣化対策・原因解析、プロセスのスケールアップまで、豊富な事例と共に基礎から解説いたします。

CO2の資源化に寄与する触媒開発技術

2022年7月7日(木) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、カーボネート・ギ酸やメタノール合成、反応を可能とする触媒の種類や、効果的な還元剤、反応条件について解説いたします。

水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線

2022年7月6日(水) 13時00分15時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、水素キャリアとして有望視されている有機ハイドライドを取り上げ、有機ハイドライドの基礎や社会状況に加えて、貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説いたします。
また、基幹技術である脱水素プロセスに関して、触媒に求められる性能や高性能化の方法論について分かりやすく解説するとともに、多元素合金触媒などの最先端の技術・材料についても紹介いたします。

ゼオライトの機能と応用

2022年6月29日(水) 12時30分16時30分
オンライン 開催

触媒の劣化メカニズムとその対策

2022年6月29日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術

2022年6月29日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素を原料としたエネルギーと化学品の製造技術、さらに実現可能なバイオマスや廃プラスチック原料からエネルギーと化学品製造技術を最新の欧州、米国、中国の動向を含めて解説いたします。

固体触媒の基礎と種類、特徴と技術動向

2022年6月23日(木) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、固体触媒技術に関する基本的な考え方から、特に注目を集めている二酸化炭素やプラスチックといった原料を高効率に変換できる固体触媒の最新技術について詳細に解説いたします。

電気化学の基礎から学ぶ燃料電池と水電解技術の基本速習セミナー

2022年6月22日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、燃料電池を理解するために必要な電気化学の基本事項について解説いたします。
また、燃料電池の心臓部として働いている「電極触媒」について、触媒活性や耐久性などの基本事項を解説いたします。
最後に、電極触媒の研究開発動向や今後の課題・展望について解説いたします。

メタネーションの基礎と現状、課題、最新動向

2022年6月13日(月) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2をメタン変換する技術的ポイントや、変換後のメタンを原料とした合成ガスの製造技術、固体炭素の連続回収方法など解説いたします。
また、現行の大型水素製造システムが抱える問題点、未来型水素製造プロセスの取り組み状況なども紹介いたします。

燃料電池用触媒の非白金化、低白金化技術

2022年6月9日(木) 10時15分16時40分
オンライン 開催

工業触媒技術の総合知識

2022年5月31日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、触媒化学の基礎的事項と具体的な応用例について解説いたいます。

設計・企画段階におけるCO2対策とその進め方

2022年5月19日(木) 10時00分16時15分
オンライン 開催

本セミナーでは、設計・企画段階でCO2対策を進めるためのポイント、製品の環境効率評価法、環境効率を個別の製品設計に適用する方法について詳解いたします。

水電解の基礎と反応に用いる複合酸化物触媒の分析技術および設計戦略

2022年5月16日(月) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、水電解の基礎から複合酸化物の結晶構造および電子構造と触媒作用の科学に焦点を当て、高活性触媒の設計開発における方法論を解説いたします。

ゼオライトの触媒作用

2022年5月11日(水) 13時30分16時30分
オンライン 開催

CO2 (二酸化炭素) 還元・変換触媒の低温・低圧化に向けた開発、その応用

2022年5月10日(火) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2を効率よくメタノールに変換する固体触媒に必須な要素・技術について、実例を示しながら解説いたします。

ジメチルエーテル (DME) および水素製造の基礎と応用

2022年4月27日(水) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ジメチルエーテル (DME) の有用性、DMEの製造法、DMEからの水素製造法、それらに関連する触媒、DME・水素・CO2を媒体とした脱炭素社会に関して解説いたします。

工業触媒の基礎とスケールアップ技術および触媒劣化対策

2022年4月21日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、触媒化学の基礎的事項と具体的な応用例について解説いたいます。

工業触媒の基礎知識

2022年4月21日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、工業触媒の最適化・長寿命化・劣化対策、触媒を利用/開発する上で知っておきたい知識・ノウハウ、工業触媒の活性、選択性の向上、試験法、劣化メカニズム、長寿命化について解説いたします。

水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線

2022年4月13日(水) 13時00分15時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、水素キャリアとして有望視されている有機ハイドライドを取り上げ、有機ハイドライドの基礎や社会状況に加えて、貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説いたします。
また、基幹技術である脱水素プロセスに関して、触媒に求められる性能や高性能化の方法論について分かりやすく解説するとともに、多元素合金触媒などの最先端の技術・材料についても紹介いたします。

抗菌・抗ウイルスコーティング技術の開発とその応用

2022年4月13日(水) 10時30分16時15分
オンライン 開催

本セミナーでは、抗菌・抗ウイルスについて取り上げ、抗菌・抗ウイルス性能評価の具体的な進め方や安全性評価、持続性評価の試験方法を具体的に解説いたします。

コンテンツ配信