技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リスクアセスメントのセミナー・研修・出版物

高薬理活性医薬品製造における封じ込め技術とリスクアセスメント

2018年11月27日(火) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、低分子原薬製造設備及び固形製剤製造設備の導入事例を解説いたします。

臨床試験の品質確保のためのリスクベースドモニタリング (RBM) 導入のポイント

2018年10月26日(金) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、ICH-GCP (R2) の改訂部分をRBMの観点から説明し、その根底に流れる品質管理のあり方を説明し、RBMの理解をさらに深めるための手法を解説いたします。

GHS対応SDS・ラベルの超基礎講座

2018年10月22日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーはGHS分類やSDSラベルの基礎から解説し、リスクアセスメントへの活用の流れまでを詳解いたします。
ケースバイケース (俗に言うグレーゾーン) の対応法や解決のコツも解説いたします。

人と共存するロボットのリスクアセスメント

2018年9月13日(木) 10時00分17時00分
東京都 開催

 人と共存し、人との接触を前提とする協働ロボット・生活支援ロボットは、社会の高齢化、生産性向上への強い要求などからその普及が強く望まれています。これらのロボットの普及を加速するため、関連する国際安全規格の整備も進んでいます。従来の産業ロボットに代表されるロボットは、人と接触しない事を前提として安全設計が行われており、この従来の産業ロボットの安全の考え方は、これからの協働ロボット・生活支援ロボットには直接適用は困難です。特に、安全設計で基本となるリスクアセスメントは、協働ロボット・生活支援ロボットでは考慮すべきリスクパラメータが増大するため、規格に基づく系統的なアプローチが重要となってきます。このため、本講義では次の項目を教授し、人と共存するロボットのリスクアセスメント能力の向上を計ります。

人と共存するロボットのリスクアセスメント

2018年7月9日(月) 10時00分17時00分
東京都 開催

 人と共存し、人との接触を前提とする協働ロボット・生活支援ロボットは、社会の高齢化、生産性向上への強い要求などからその普及が強く望まれています。これらのロボットの普及を加速するため、関連する国際安全規格の整備も進んでいます。従来の産業ロボットに代表されるロボットは、人と接触しない事を前提として安全設計が行われており、この従来の産業ロボットの安全の考え方は、これからの協働ロボット・生活支援ロボットには直接適用は困難です。特に、安全設計で基本となるリスクアセスメントは、協働ロボット・生活支援ロボットでは考慮すべきリスクパラメータが増大するため、規格に基づく系統的なアプローチが重要となってきます。このため、本講義では次の項目を教授し、人と共存するロボットのリスクアセスメント能力の向上を計ります。

ICH Q3D元素不純物 (新薬・既存薬) 対応リスクアセスメントとガイドライン・トレーニングマテリアル読解き・徹底解説

2018年6月27日(水) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、ICHQ3D (元素不純物) に対応していくために必要な医薬品 (製剤、原薬) 、添加剤、環境や包装材、製造工程評価に関する現状の把握及びアセスメント実施方法に加え、元素不純物分析方法の基礎知識を包括的に解説いたします。

事故や失敗事例から学ぶHAZOP実践講座

2018年2月23日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、Hazard and Operability Studiesの盲点となるような事故など、事例を使って解説いたします。

ヒューマンエラー防止のための体制・組織作りのポイントと演習を用いたリスク分析

2017年9月21日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、ヒューマンエラー防止について基礎から解説し、作業阻害要因の簡易診断や、演習を用いたリスク分析など、実務に合わせた実習を交えて習得していただきます。

ヒューマンエラーから脱却するための「リスク&品質マインド醸成法」

2017年6月30日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、人を動かす改善活動の仕組やヒューマンエラー防止のための仕組などを演習を通して詳解いたします。

医薬品等の元素不純物のリスクアセスメント及び品質管理方法と具体的な評価実施方法

2016年10月20日(木) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、測定装置 (ICP質量分析装置) の原理、管理方法、メンテナンス、バリデーションデータの取得方法について、実例を交えて解説いたします。

現場労働者のためのSDSとラベルのやさしい読み方

2016年10月17日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、現場の労働者自身が化学物質による労働災害を事前に防ぐためのSDSを読めるようになることを目的とし、読み方のポイントを解説いたします。

医薬品等の元素不純物のリスクアセスメント及び品質管理方法と具体的な評価実施方法

2016年7月29日(金) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、測定装置 (ICP質量分析装置) の原理、管理方法、メンテナンス、バリデーションデータの取得方法について、実例を交えて解説いたします。

製造業の化学物質のリスクアセスメント実施ノウハウ

2016年7月29日(金) 10時00分17時00分
東京都 開催

本講演では、2016年6月に対応が迫られている改正安衛法の作業者のリスクアセスメントの義務化に対応し、基礎的なリスクアセスメント手法について受講者がマスターできるよう解説いたします。

改正労働安全衛生法による化学物質のリスクアセスメント

2016年6月29日(水) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、改正労働安全衛生法について基礎から正しく学び、事例研究を通じて、リスクアセスメントを理解していただきます。

コンテンツ配信