技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

遺伝子治療薬のセミナー・研修・出版物

ゲノム編集の基礎と応用

2023年4月19日(水) 10時30分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、ゲノム編集の基礎から、オフターゲット解析の実践的手法と制御の仕方、最新動向まで詳しく解説いたします。

新規モダリティ医薬の市場規模予測・ビジネス評価の実務

2023年3月16日(木) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、変化していく薬価・保険償還制度や、市場の不確実性を織り込んで評価基準をアップデートする方法、および今求められているモダリティに対応したKGI、KPIの具体像や、評価の考え方、事例について詳解いたします。

遺伝子治療薬の特許戦略とその活用

2023年3月7日(火) 13時00分2023年3月20日(月) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、遺伝子治療薬の特許動向 (国内・外国) と今後の方向性等、研究開発や特許実務に活かせる知識を詳解いたします。

遺伝子治療薬の特許戦略とその活用

2023年2月27日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、遺伝子治療薬の特許動向 (国内・外国) と今後の方向性等、研究開発や特許実務に活かせる知識を詳解いたします。

医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法

2023年2月8日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、開発品の価値評価や優先度設定の判断基準として用いられる事業性評価を取り上げ、その概念や、説得力のある提案を行うためにはどのように評価・分析を実施し、意思決定に活用するのか、ポイントを整理し事例も交えて解説いたします。

医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法

2023年1月30日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、開発品の価値評価や優先度設定の判断基準として用いられる事業性評価を取り上げ、その概念や、説得力のある提案を行うためにはどのように評価・分析を実施し、意思決定に活用するのか、ポイントを整理し事例も交えて解説いたします。

新規モダリティにおける事業性評価手法

2023年1月26日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、新規モダリティ医薬品のビジネス評価や導出入の意思決定に際し、重要な役割を担う事業性評価を取り上げ、その概念と役割、実施方法を解説すると共に、評価の礎となるターゲットプロダクトプロファイル (TPP) 策定のポイント、新規モダリティの特徴を踏まえた評価項目のポイントについて事例を交えて解説いたします。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年12月22日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

再生医療等製品・遺伝子治療薬における費用対効果評価と薬価戦略・申請

2022年12月8日(木) 13時00分2022年12月21日(水) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、今後、日本でも議論されるであろう遺伝子治療等における医療技術評価や条件付き保険償還についての動向や課題について解説いたします。
また、欧米における遺伝子治療の条件付き保険償還/医療技術評価についても解説いたします。

再生医療等製品・遺伝子治療薬における費用対効果評価と薬価戦略・申請

2022年11月17日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、今後、日本でも議論されるであろう遺伝子治療等における医療技術評価や条件付き保険償還についての動向や課題について解説いたします。
また、欧米における遺伝子治療の条件付き保険償還/医療技術評価についても解説いたします。

ゲノム編集技術の特許戦略・侵害対策

2022年10月28日(金) 10時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、ゲノム編集・遺伝子治療技術の特許戦略について基礎から解説いたします。
ゲノム編集・遺伝子治療の特性をつかみ、確実な権利化・侵害対策を行うための方法、研究成果を効果的に利活用するための出願前後の留意点について詳解いたします。

新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法

2022年10月12日(水) 10時30分2022年10月21日(金) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、新規モダリティ医薬品のビジネス評価や導出入の意思決定に際し、重要な役割を担う事業性評価を取り上げ、その概念と役割、実施方法を解説すると共に、評価の礎となるターゲットプロダクトプロファイル (TPP) 策定のポイント、新規モダリティの特徴を踏まえた評価項目のポイントについて事例を交えて解説いたします。

新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法

2022年9月30日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、新規モダリティ医薬品のビジネス評価や導出入の意思決定に際し、重要な役割を担う事業性評価を取り上げ、その概念と役割、実施方法を解説すると共に、評価の礎となるターゲットプロダクトプロファイル (TPP) 策定のポイント、新規モダリティの特徴を踏まえた評価項目のポイントについて事例を交えて解説いたします。

核酸医薬品の特許戦略

2022年9月27日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、講師の特許庁審査官・審判官の経験に基づいて、核酸医薬品に関する特許出願の最近の傾向を分析し、今後の課題と対応策について解説いたします。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年9月22日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

中分子創薬におけるペプチド医薬の世界的動向および細胞内導入技術の構築

2022年7月29日(金) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、機能性ペプチドを中心とした中分子創薬の世界的動向と課題について議論し、特に改善すべき課題である、中分子薬における細胞内導入技術の構築と、その重要性に関して、講演者の研究成果 (膜透過性ペプチドの開発と、ホウ素中性子補足療法やエクソソームを含む細胞分泌小胞への応用等) も含めて最新の知見紹介と、将来の技術応用に関して討論を行います。

mRNA分解を標的とした免疫制御への応用

2022年7月25日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、RNA分解酵素Regnase-1を紹介しながら、mRNA分解制御の分子機構と生理機能、免疫疾患の病態における役割を解説いたします。
mRNA分解を標的とした疾患治療やワクチンの効果を高める添加剤 (ワクチンアジュバント) への応用の可能性への展望にも触れます。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年6月17日(金) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

mRNAの製造・送達およびワクチン・疾患治療への展開

2022年4月22日(金) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、メッセンジャーRNA (mRNA) 医薬の基盤技術について取り上げ、基礎から最新の動向、新型コロナウイルスワクチンの先の展望までを詳説いたします。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年3月24日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

核酸医薬品の特許戦略

2022年3月15日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、講師の特許庁審査官・審判官の経験に基づいて、核酸医薬品に関する特許出願の最近の傾向を分析し、今後の課題と対応策について解説いたします。

mRNAの製造・送達およびワクチン・疾患治療への展開

2022年2月22日(火) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、メッセンジャーRNA (mRNA) 医薬の基盤技術について取り上げ、基礎から最新の動向、新型コロナウイルスワクチンの先の展望までを詳説いたします。

遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用

2022年1月28日(金) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、部位特異的組換え系を利用して予め指定された遺伝子座位へDNA断片を挿入可能なTgマウス作製法 (PITT法) 、長鎖一本鎖DNAをドナーとして用いた高効率ノックイン法 (Easi-CRISPR法) 、体外での胚操作を経ずにゲノム編集動物を作製できる手法 (i-GONAD法) 、の3つの独自の手法を中心に、遺伝子改変マウス (動物) 作製法の基礎的な知識やコンストラクト設計法、その応用や関連技術なども含めて紹介いたします。

再生医療等製品・遺伝子治療薬における費用対効果評価と薬価戦略・申請

2021年12月20日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、今後、日本でも議論されるであろう遺伝子治療等における医療技術評価や条件付き保険償還についての動向や課題について解説いたします。
また、欧米における遺伝子治療の条件付き保険償還/医療技術評価についても解説いたします。

抗体医薬品の特許戦略

2021年12月14日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、講師の特許庁審査官・審判官の経験に基づいて、核酸医薬品に関する特許出願の最近の傾向を分析し、今後の課題と対応策について解説いたします。

核酸医薬品の特許戦略

2021年11月29日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、講師の特許庁審査官・審判官の経験に基づいて、核酸医薬品に関する特許出願の最近の傾向を分析し、今後の課題と対応策について解説いたします。

コンテンツ配信