技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

治験のセミナー・研修・出版物

医療機器における薬事規制対応

2020年9月14日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、医療機器における適切な承認申請書と添付資料の作成方法について詳解いたします。

日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い

2020年7月31日(金) 13時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、日米欧での医薬品の規制要件、承認審査プロセス、および迅速承認システムをその異同を比較しながら解説し、当該規制要件をグローバル開発にどのように利用するかについても詳解いたします。

オーファンドラッグの開発戦略と事業性評価の考え方

2020年7月10日(金) 12時30分16時30分

本セミナーでは、新薬開発における課題をクリアして、開発推進を決定するポイントについて、Post Covid-19を考えたときのリアルワールドデータを用いた、新たな開発手法への挑戦を含めてオーファンドラッグの開発戦略について解説いたします。

非GLP試験における信頼性確保

2020年6月30日(火) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、経験豊富な講師からのアドバイスやディスカッションを通して、施設の信頼性性保証の在り方を見直す機会にして頂き、 試験の信頼性確保はどこまでやれば良いのか、現在のシステムは過剰ではないのか、計画書・報告書の作成や記録の残し方を中心に信頼性確保について解説いたします。

医療機器における薬事規制対応

2020年6月16日(火) 10時30分16時30分

本セミナーでは、医療機器における適切な承認申請書と添付資料の作成方法について詳解いたします。

医療機器における薬事規制対応

2020年6月15日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、医療機器における適切な承認申請書と添付資料の作成方法について詳解いたします。

臨床研究法の実務 (応用) と実施計画等必須文書

2020年5月28日(木) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、臨床研究法の基礎ではなく応用編を中心に現状の臨床研究法の実際とそのポイントを詳解いたします。

治験薬GMP入門

2020年5月28日(木) 10時30分16時30分

本セミナーでは、医薬品GMPと治験薬GMPの違いから分かりやすく解説いたします。

日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い

2020年4月23日(木) 13時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、日米欧での医薬品の規制要件、承認審査プロセス、および迅速承認システムをその異同を比較しながら解説し、当該規制要件をグローバル開発にどのように利用するかについても詳解いたします。

非GLP試験における信頼性確保

2020年4月17日(金) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、経験豊富な講師からのアドバイスやディスカッションを通して、施設の信頼性性保証の在り方を見直す機会にして頂き、 試験の信頼性確保はどこまでやれば良いのか、現在のシステムは過剰ではないのか、計画書・報告書の作成や記録の残し方を中心に信頼性確保について解説いたします。

各医薬品モダリティの利点・ボトルネック比較と開発戦略

2020年4月10日(金) 10時00分17時15分
東京都 開催

医療機器における薬事規制対応

2020年3月30日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、医療機器における適切な承認申請書と添付資料の作成方法について詳解いたします。

臨床研究法の実務 (応用) と実施計画等必須文書

2020年3月12日(木) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、臨床研究法の基礎ではなく応用編を中心に現状の臨床研究法の実際とそのポイントを詳解いたします。

医薬品の国際開発に必要な実践英語講座

2020年2月28日(金) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、国際共同試験について取り上げ、国内試験との相違点をふまえ、実務に必要な英語知識とグローバルコミュニケーションの留意事項を解説いたします。

日米欧の規制要件をふまえた治験薬製造に係る6つの課題とその対応

2020年2月27日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、治験薬製造に向けた6つの重要な課題を取り上げ、課題にどう対応すべきか、演者の経験を中心に紹介いたします。

治験薬GMP 入門講座

2020年2月19日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、治験薬GMPについて基礎からわかりやすく解説いたします。
ICH,PIC/Sの動向を加味しながら、欧米にも治験薬を提供できる体制を取るために必要なポイントについて解説いたします。

コンテンツ配信