技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

食品のセミナー・研修・出版物

検出・殺菌困難微生物とその計数・制御・評価法

2021年11月26日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場 開催

本セミナーでは、「標的微生物の発育抑制」と「食品品質の低下」の相互関係をふまえた適切な制御法の選択と処理条件の設定について詳解いたします。

食品賞味期限の科学的根拠のある具体的設定手法

2021年10月22日(金) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、食品の賞味期限予測に関する注意点や予測できない場合などの応用編までを幅広く解説いたします。

GMP入門講座

2021年10月22日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、GMP制定に至る背景から最新GMP、および改正薬機法の要請事項、ならびにその対応について、わかりやすく解説いたします。

培養食肉の最新技術動向と展望

2021年10月19日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

食品包装における国内外の規制動向とその展望、求められる企業対応

2021年9月30日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、日本・欧米・アジアにおける食品包装のトレンドや市場動向から法規制までを幅広く解説いたします。

予測微生物学の基礎とモデルの作成、活用法

2021年9月16日(木) 10時30分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、予測微生物学の基礎から解説し、予測モデル構築に必要な実験計画の立案と実践について詳解いたします。

糖化・抗糖化の基礎と機能性食品・化粧品開発への応用

2021年9月3日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは糖化ストレスによる老化や疾患の発症メカニズム、抗糖化素材の探索方法、AGEs測定法、ヒト臨床試験等による有用性評価方法、糖化対策の最新トレンド等について解説いたします。
また、複数機種が登場した非侵襲皮膚AGEs測定機の測定値、測定意義の違いについて得られた知見も紹介いたします。
さらに講師らが産学連携で実施した研究・評価事例をもとに、抗糖化作用を有する製品の開発ポイントや課題について紹介いたします。

日米欧における食品包装規制の最新動向の把握と対応

2021年8月31日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、国内での業界自主基準や食品衛生法の改正状況、今後の動向、欧米での容器包装の法規制、日・米・欧の比較まで分かりやすく解説いたします。

アジアの食品および食品添加物の法規制

2021年8月23日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは食品・食品添加物の法規制について解説し、アジア (中国、台湾、韓国、東南アジア、インド) を中心に、国内外の食品関連の規格基準やトラブル事例について詳解いたします。

医薬品、医療機器工場における生体由来物混入の実際と管理・防止対策

2021年8月23日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、各種ガイドライン等の背景や実際の回収実態から始まり、生体由来物の中でも環境指標となり易い昆虫類、更にその動態に合わせた有効な管理手法について解説いたします。

薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない 最新の健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング

2021年8月6日(金) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、売上UP・顧客数増加のために知っておくべき薬事関連法規・広告・マーケティング戦略について解説いたします。

官能評価の基礎と手順・手法の勘所

2021年7月30日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、食品の味覚・嗅覚を中心とした官能評価の基本と進め方を、評価事例を交えて解説いたします。

フード&アグリテック分野の国内外の事業動向と展望、注目技術とスタートアップ、新規ビジネス機会

2021年7月29日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、2020年代にフード&アグリテック市場を牽引する分野として、主に次の5分野の事業環境と展望、国内外の注目技術やスタートアップについて解説いたします。

ポリウレタンフォーム入門

2021年7月21日(水) 13時00分17時00分
オンライン 開催

バイオフィルムの特性評価および除去・対策技術

2021年7月21日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、微生物付着にお困りの方、バイオフィルム研究を始めようと考えている方に向け、バイオフィルムの基礎から最新の研究、その評価方法や除去方法までわかりやすく解説いたします。

培養食肉の最新技術動向と低コスト培養

2021年7月13日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

食品用オレオゲルの構造・物性と求められる機能性および評価法

2021年7月9日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、油脂の基礎から解説し、食品内部における油脂の存在状態と油脂の構造的な特徴について詳解いたします。

プラスチック容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環政策の最新動向

2021年7月8日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、循環型社会の促進を目指した、プラスチック容器包装のリサイクル状況及びプラスチック資源循環政策について解説いたします。

食品衛生法と海外における容器包装の法規制動向

2021年7月6日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、国内での業界自主基準や食品衛生法の改正状況、今後の動向、欧米での容器包装の法規制、日・米・欧の比較まで分かりやすく解説いたします。

食品包装を中心とした包装材料における最新動向・将来展望

2021年6月30日(水) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、食品包装について取り上げ、容器包装・パッケージング・紙素材の最新情報・開発事例を解説いたします。

検出・殺菌困難微生物とその計数・制御・評価法

2021年6月25日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場 開催

本セミナーでは、「標的微生物の発育抑制」と「食品品質の低下」の相互関係をふまえた適切な制御法の選択と処理条件の設定について詳解いたします。

糖化・抗糖化の基礎と機能性食品・化粧品開発への応用

2021年6月17日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは糖化ストレスによる老化や疾患の発症メカニズム、抗糖化素材の探索方法、AGEs測定法、ヒト臨床試験等による有用性評価方法、糖化対策の最新トレンド等について解説いたします。
また、複数機種が登場した非侵襲皮膚AGEs測定機の測定値、測定意義の違いについて得られた知見も紹介いたします。
さらに講師らが産学連携で実施した研究・評価事例をもとに、抗糖化作用を有する製品の開発ポイントや課題について紹介いたします。

日持向上剤の使用法と賞味期限設定と試験の進め方

2021年6月4日(金) 10時30分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、食品の賞味期限、消費期限の基礎から解説し、具体的な事例・データ解析例を交えて、科学的根拠のある設定方法を詳解いたします。

食品ロスの現状、課題及び30年までの事業系食品ロス半減達成に向けた具体施策と予算

2021年6月2日(水) 13時30分15時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

賞味期限設定のための統計解析の基本とアレニウス式を用いた加速試験の進め方戦略

2021年5月28日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、食品期限設定のための官能評価について基礎から解説し、パネルの選定/手法の選択/統計解析/期限設定の実例まで詳しく解説いたします。

改正食品衛生法の概要と食品包装材料における日本と欧州の規制動向

2021年5月25日(火) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、食品包装について基礎から解説し、地球レベルの環境/海洋/大気汚染などを考慮すると同時に安全衛生性、法令などコンプライアンスを遵守した素材選択や包装設計することなどをメーカーの立場から解説いたします。

アメリカのフードテック市場との比較から見た日本のフードテック市場の課題と戦略

2021年5月12日(水) 15時00分17時00分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

バイオフィルムの形成機構と除去・形成防止対策技術

2021年5月12日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、一旦生成されると除去が非常に困難なバイオフィルムへの対策についてとりあげ、バイオフィルムの基礎からその原因と対策、身の回りの事例、最近の研究動向、評価方法や除去方法を解説いたします。

コンテンツ配信