技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子材料のセミナー・研修・出版物

二軸スクリュ押出機の基礎から応用へ

2023年3月30日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは二軸スクリュ押出機を反応装置として活用した新規ポリマーアロイの開発、構造制御、ポリマーに対する化学的な改質技術などについて、その基本から適用例に至る総合的な説明をいたします。
また、二軸スクリュ押出機を用いたリアクティブプロセシング技術に関する基本的な知識の解説に加えて、研究開発および生産現場における具体的な活用事例を取り上げ、それらを効率的に行うための各種の手法について討議いたします。

押出加工技術とトラブル対策

2023年3月29日(水) 10時30分2023年4月7日(金) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、押出加工・押出機の基礎から解説し、外観不良・ウェルドライン・ブリード・目やに・メルトフラクチャー・ボイドなど押出成形時に発生する各種トラブルの原因と対策について詳解いたします。

微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎

2023年3月23日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、主にバイオマス資源から微生物によって合成される天然系プラスチック・ポリヒドロキシアルカン酸 (PHA) を中心に、生分解性プラスチックの基礎、PHA材料の特徴や (海洋) 生分解機構などの最新の研究動向、および、今後目指すべき環境にやさしいプラスチックの設計法について解説いたします。

フィラー 素材理解と選定・配合・混練の技術

2023年3月22日(水) 10時30分2023年4月4日(火) 16時30分
オンライン 開催

スラリーの挙動理解と評価・制御の勘どころ

2023年3月17日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、数多くの技術者・研究者を悩ませているスラリーの複雑怪奇な挙動について、講師が長年の大学研究成果等を事例にスラリー制御技術について解説いたします。

押出加工技術とトラブル対策

2023年3月16日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、押出加工・押出機の基礎から解説し、外観不良・ウェルドライン・ブリード・目やに・メルトフラクチャー・ボイドなど押出成形時に発生する各種トラブルの原因と対策について詳解いたします。

フィラー 素材理解と選定・配合・混練の技術

2023年3月10日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

ゴムの架橋と特性解析・制御

2023年2月28日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ゴムの基礎から解説し、ゴムの弾性、ゴムの架橋状態・構造、長期信頼性・長寿命化に向けた疲労・劣化解析法について詳解いたします。

高分子技術者のためのレオロジー入門

2023年2月27日(月) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、数式をほとんど使わずにレオロジーの本質を理解していただき、それを成形加工に応用してもらうことを目的としています。

プラスチック用添加剤の作用機構と使い方

2023年2月27日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場 開催

積層セラミックコンデンサ (MLCC) の材料設計および製造プロセス技術

2023年2月21日(火) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、積層セラミックコンデンサの構成部材、材料設計、プロセッシング技術の動向から課題・将来展望までを解説いたします。

二軸押出機のスクリューデザイン 超入門

2023年2月16日(木) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、二軸押出機のスクリュー構成やそのデザインについて、各種スクリューパーツの機能や材料別の構成例等、基礎から解説いたします。

フィルムへのフィラー処方と実際

2023年2月10日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、酸化チタン、酸化チタンナノ粒子、アルミナ、炭酸カルシウムなどの微粒子分散系から、ナノ炭素粒子、セルロースナノファイバーの分散、ナノコンポジットの研究開発動向や特許・文献情報まで詳解いたします。

フォトレジスト材料の基本的な構成構造、材料設計および高感度化

2023年2月10日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子・低分子化合物のレジスト材料に関する基礎や評価方法を解説いたします。

精密押出成形技術入門

2023年2月9日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

ゲル化・増粘剤のメカニズム・使い方と安定性維持のコツ

2023年2月6日(月) 10時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ゲル化・増粘剤について基礎から解説し、ブルーミング、発汗、物性変化など、安定性を損ねるトラブルの発生機構と抑制法、ゲルを崩して塗膜とした際の感触のコントロールについて詳解いたします。

ポリ乳酸の生分解機構から理解する耐久性と抗菌・防カビ性の発現機序

2023年2月3日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

数多くある生分解性プラスチックの中でも、なぜポリ乳酸が選択されるのか。
本セミナーでは、ポリ乳酸の特異的な生分解機構と分解制御技術等を詳述し、最新の技術・市場開発動向についても解説いたします。

分子シミュレーションの基礎と高分子材料開発の効率化への応用展開

2023年2月2日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、階層的な構造をもつ高分子の構造形成に焦点を当て、その基礎概論を述べたあと、高分子のモデリング手法や分子シミュレーション手法の基礎を解説いたします。
また、OCTAやLAMMPS、Gromacsなど、高分子シミュレーションにおいてよく用いられるソフトウェアについて、最近の研究事例を交えて紹介いたします。

微生物を活用した液体燃料・汎用化学品・機能性物質の製造技術

2023年2月1日(水) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、微生物を有効活用するための要素技術開発動向について、微生物による液体燃料や汎用化成品、医薬品原料などの機能性素材の生産技術から、水素生産やCO2メタネーションへの微生物の活用、微生物による発電技術と燃料電池への応用までを解説いたします。

高分子フィルム・繊維の延伸プロセスにおける分子配向形成、結晶化とその制御

2023年1月31日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子フィルムの延伸過程における分子配向形成・結晶化メカニズム、解析手法、制御技術について分かりやすく解説いたします。

プラスチックスのリサイクルやバイオマス利用などの環境対策の現状と技術動向、および今後の展望

2023年1月31日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックスの環境問題の現状 (海洋汚染、資源枯渇、温暖化など) と、この対策として、リサイクルやバイオマス利用の世界と日本の状況や技術動向、最新トピックスについて解説いたします。

乳化重合の反応メカニズム、乳化剤の使い方、反応解析、トラブル対策

2023年1月31日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、懸濁・乳化重合における、反応機構、特徴と高分子微粒子の調整、最新の粒子化事例について解説いたします。

ナノ粒子・微粒子の分散凝集の基礎と分散安定性の評価

2023年1月31日(火) 10時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、ナノ粒子分散・凝集について基礎から解説し、スラリー、ナノインプリント、ナノインクなどへの応用に向けて、凝集要因・分散要因などナノ粒子の振る舞いの全貌を詳解いたします。

微粒子/ナノ粒子の分散安定化に向けたSP値 (3D、4DSP値) の基礎と活用

2023年1月31日(火) 10時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、HSP値・拡張HSP値の由来、および化合物や粒子のHSP値・拡張HSP値について最新の求め方を説明いたします。
また、HSP値ではHSP距離やHansen球、また拡張HSP値ではEED (Exchange Energy Density) などを利用した、ぬれ/分散、溶解および吸着間のバランスの取り方と、その結果に基づく溶媒/樹脂や分散剤/バインダー、および表面改質法の最適選択法について、多くの分散系調製例をもとに解説いたします。

生体親和性の発現機構、評価法と材料設計

2023年1月30日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、医療デバイスの表面処理材として製品化した高分子材料を事例に、生体適合性発現機構や開発の技術課題、次世代の予防、診断、治療技術を支える生体親和性高分子表面・界面の設計と優れた材料のスクリーニング方法について解説いたします。
また、ウイルスの付着防止、バイオフィルムなど、快適な生活空間にかかわる界面現象との関わりについても解説いたします。

プラスチックフィルムの理解を深める入門講座

2023年1月30日(月) 10時00分12時10分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックフィルムに関して、原料となる樹脂特性、添加剤技術、加工方法およびそれらに纏わる試験・評価方法について幅広く概説し、また、最新のフィルム技術の動向についても紹介いたします。

コンテンツ配信