技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラスチックのセミナー・研修・出版物

高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例

2024年9月24日(火) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場 開催

本セミナーでは、高分子材料の劣化、寿命について基礎から解説し、劣化・不具合の原因分析と対策、寿命評価について詳解いたします。

ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間)

2024年8月30日(金) 10時30分16時30分
2024年9月24日(火) 10時30分17時00分
東京都 開催 会場 開催

ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法

2024年8月30日(金) 10時30分17時00分
東京都 開催 会場 開催

本セミナーでは、ゴム・プラスチック材料の破損、破壊に係わる因子と破壊モード等を解説いたします。
また、破面観察から得られた情報を基にその原因を解析する手法を事例を交えて紹介いたします。

廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向

2024年8月28日(水) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、マイクロプラスチックによる生態系への影響、二酸化炭素の排出削減、資源の循環利用を考慮したプラスチックの使用法とリサイクル技術・評価まで詳解いたします。

炭素繊維強化プラスチック (CFRP)

2024年7月23日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーは、CFRPの基礎から解説し、金属代替材料としての利用のポイント、環境対応でのCFRPの現状・課題、自動車等への期待など最新動向を解説いたします。

プラスチックの加飾技術と最新動向

2024年7月23日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、機能性付与加飾、塗装代替加飾、繊維複合熱可塑性樹脂への加飾、フィルム加飾技術、NSD (Non Skin Decoration) 、インクジェット印刷、インモールド加飾、アウトモールド加飾などなど、サンプル・写真を多数交えてで分かりやすく解説いたします。

プラスチックの難燃化メカニズムと難燃剤選定・配合のコツ

2024年7月18日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックの燃焼機構や難燃性試験方法、難燃剤の難燃メカニズムといった基礎から各種難燃剤の配合・処方ノウハウまで、高分子材料における難燃剤の活用方法を解説いたします。

高分子材料における添加剤の基礎知識と分析技術

2024年7月11日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーは、高分子材料における添加剤の基礎から解説し、適切な前処理方法、分析方法について詳解いたします。

樹脂用添加剤におけるブリードアウト・ブルーム現象の発生機構と その制御・対策

2024年7月4日(木) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子材料のブリードアウトについて取り上げ、添加剤の挙動から、ブリード対策まで、事例とともに解説いたします。

プラスチックのケミカルリサイクル技術最新動向

2024年6月27日(木) 13時30分16時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

本セミナーでは、リサイクル材料の高付加価値化のための要素技術および具体的な製品適用事例から、廃プラの燃料化・化学品原料化まで、最新のリサイクルビジネスを展望いたします。

粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム

2024年6月27日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、粘弾性挙動の解釈法とその利用法、粘弾性挙動に伴う残留応力の発生機構と低減化法を解説いたします。

プラスチックの力学特性と評価方法および複合化による改善手法

2024年6月27日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、力学の基礎から解説し、プラスチックの高強度、強靭化、高耐衝撃性設計について詳解いたします。

高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例

2024年6月25日(火) 10時30分2024年7月5日(金) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックの粘弾性について基礎から解説し、粘弾性挙動の解釈法とその利用法、粘弾性挙動に伴う残留応力の発生機構と低減化法について、事例を交えて解説いたします。

エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向

2024年6月21日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーは、エポキシ樹脂の基礎から解説し、耐熱性と相反する諸特性を基礎物性理論と硬化物データを関連付けながら詳解いたします。

プラスチック・ゴムの劣化メカニズムと劣化評価法および高耐久性設計

2024年6月17日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子製品を長持ちさせるための結晶構造、有効タイ分子の増大などについて解説いたします。
また、高分子材料の酸化劣化、光劣化などのメカニズムについて説明し、各種の劣化に関する試験法・評価法を解説いたします。
その中でも、高分子のごく初期の劣化度を評価できるケミルミネッセンス法について、基礎から応用事例まで説明いたします。

高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例

2024年6月14日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックの粘弾性について基礎から解説し、粘弾性挙動の解釈法とその利用法、粘弾性挙動に伴う残留応力の発生機構と低減化法について、事例を交えて解説いたします。

可食から非可食バイオマス原料への転換が進む次世代バイオプラスチックの最新開発動向

2024年6月12日(水) 10時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、環境・資源・廃棄物の課題、資源循環型社会に向けた業界・法規制動向、非可食バイオベース・モノマー、化学品の最新開発動向・技術的課題、新規バイオプラスチックの開発動向・基本特性、用途・製品・市場開発動向について、豊富な経験に基づき詳しく解説いたします。

機械加工技術

2024年6月11日(火) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、モノを機械加工する基礎知識、正確に機械加工するための加工法、機械加工学の基本的な概念や原理・法則、「主→種の加工法」の基本動作原理・見方・考え方について、豊富な経験に基づき網羅的に解説いたします。

高分子材料の構造・物性とラマン・赤外分光法による評価

2024年5月30日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、代表的なプラスチック材料のポリエチレンやポリプロピレンを中心に、内部構造と材料物性との関係やその評価法について解説いたします。
特に、ラマン分光法や赤外吸収分光法については、原理・装置・応用まで詳しく解説いたします。

炭素繊維強化プラスチック (CFRP)

2024年5月30日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーは、CFRPの基礎から解説し、金属代替材料としての利用のポイント、環境対応でのCFRPの現状・課題、自動車等への期待など最新動向を解説いたします。

次世代バイオプラスチックの台頭と破壊的イノベーションのすすめ

2024年5月29日(水) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは生分解性プラスチックについて、基礎研究から技術・事業開発まで約30年間に及ぶ実績と知見を有する世界的第一人者が、生分解性プラスチックの基本特性、材料設計、成形加工、市場動向、最新の法規制動向を解説いたします。

高分子材料における添加剤の基礎知識と分析法、変色の特徴と分析技術

2024年5月24日(金) 13時00分2024年5月28日(火) 17時00分
オンライン 開催

本セミナーは、高分子材料における添加剤の基礎から解説し、適切な前処理方法、分析方法について詳解いたします。

プラスチックレンズの基礎とトラブル対策事例

2024年5月23日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ここ数年で格段に性能が向上したプラスチックレンズを取り上げ、プラスチックレンズの基礎から設計、成形やトラブル事例、課題など実務に即した内容を解説いたします。

廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向

2024年5月20日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、マイクロプラスチックによる生態系への影響、二酸化炭素の排出削減、資源の循環利用を考慮したプラスチックの使用法とリサイクル技術・評価まで詳解いたします。

高分子材料における添加剤の基礎知識と分析法、変色の特徴と分析技術

2024年5月16日(木) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーは、高分子材料における添加剤の基礎から解説し、適切な前処理方法、分析方法について詳解いたします。

容器包装リサイクル制度とプラスチックリサイクルの現状と課題

2024年5月15日(水) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、2022年度に施行されたプラスチック資源循環促進法による今後の課題や展望を含めて解説いたします。

車載用プラスチックの基礎と最新動向

2024年5月13日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックの歴史やその特性発現のメカニズム、そして、樹脂の種類や加工法を体系だって説明いたします。さらに、活用状況を適用部位で層別した上で視覚的に説明します。
後半では、最新の低コスト加工法や計測法といったトレンドを説明し、今後の自動車に対する要求と規制を背景とした、持続的開発SDGsの方向性までも説明いたします。

コンテンツ配信