技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

二酸化炭素のセミナー・研修・出版物

二酸化炭素を利用した樹脂接合法の基本原理と産業利用

2022年2月15日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素接合法に関する接着原理について、二酸化炭素が樹脂に与える影響から丁寧に解説いたします。
接合物は貫通孔の開いた多孔体になるが、その性質と産業応用についても幅広く解説いたします。

カーボンリサイクル技術

2022年1月19日(水) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、カーボンニュートラルな社会を実現するための重要な方策である二酸化炭素 (CO2) の有効利用・再資源化技術について、触媒や化学プロセスを中心に基礎から応用に加え、実際の開発事例、実用化に向けた課題や今後の展望について解説いたします。

二酸化炭素からの有用化学品合成

2022年1月18日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素の化学変換、特に非還元的変換に有効な固体触媒技術を中心に紹介し、モノマー合成からポリマー合成まで幅広い有用化学品合成例について解説いたします。

二酸化炭素回収貯留技術の開発動向と膜によるCO2分離技術

2021年12月21日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子膜分離技術の基礎から応用、また現状の課題、今後の展望について紹介いたします。
膜分離技術の適用が期待される二酸化炭素回収貯留技術または有効利用技術について詳しく解説いたします。

二酸化炭素・二硫化炭素を用いる高分子材料の合成

2021年12月15日(水) 13時30分16時30分
オンライン 開催

二酸化炭素とイオウは豊富な天然資源であり、機能性材料の原料となりえますが、十分に活用されておりません。
そこで、本セミナーでは、二酸化炭素と、その同族体でイオウから簡便に得られる二硫化炭素を原料にした高分子材料の合成について解説いたします。

二酸化炭素の資源化を目指した光触媒反応の開発

2021年12月13日(月) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、人工光合成・光触媒について基礎から解説し、人工光合成による水素製造や二酸化炭素の資源化、実験結果を評価するときの留意点について詳解いたします。

カーボンニュートラルの動向と二酸化炭素の回収、利用技術

2021年12月8日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、政府の中でカーボンニュートラルにむけてされてきた議論、カーボンニュートラルの世界の動向と今後の流れ、現在の基礎研究と応用展開の動向について詳解いたします。

二酸化炭素 (CO2) の吸収・回収及び吸収材技術

2021年12月7日(火) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、これまでのCO2吸収・分離・回収技術の紹介とCO2吸収・分離・回収・貯蔵 (廃棄) のブームの起こり方に関する考察と今後の行方について解説いたします。

CO2有効利用技術の現状と今後の展望

2021年12月3日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、合成ガスや燃料、化学品の合成等など二酸化炭素の有効利用技術の現在と今後を解説いたします。

CO2分離回収技術のプロセスおよび経済性評価

2021年12月2日(木) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2分離回収技術を中心としてプロセス評価及びコスト検討方法の基礎について解説いたします。

炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術

2021年11月30日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素を原料としたエネルギーと化学品の製造技術、さらに実現可能なバイオマスや廃プラスチック原料からエネルギーと化学品製造技術を最新の欧州、米国、中国の動向を含めて解説いたします。

CO2排出量計算方法 基礎講座

2021年11月25日(木) 10時30分12時00分
オンライン 開催

カーボンリサイクルを目指したCO2分離回収技術の基礎とプロセス評価および最新研究開発動向

2021年11月24日(水) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2排出量削減に向けて重要視されるCO2分離回収技術に焦点を当てて、その技術やシステムの基本的な考え方、国内外での開発状況、そして現状の課題と将来への展望を解説いたします。

二酸化炭素の再資源化・Power to Gas・e-fuel・SAF

2021年11月16日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、政府の中でカーボンニュートラルにむけてされてきた議論、カーボンニュートラルの世界の動向と今後の流れ、現在の基礎研究と応用展開の動向について詳解いたします。

CCUSにおけるCO2分離・回収技術の現状と展望

2021年11月15日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CCS (Carbon dioxide Capture and Storage:CO2回収・貯留) 、CCU (Carbon dioxide Capture and Utilization:CO2回収・利用) における二酸化炭素の分離・回収技術の各種方式やそれぞれの特徴等を整理するとともに、技術的な現状と将来展望について解説いたします。

CO2の分離・回収・有効利用技術動向を学ぶ2日間講座

2021年11月15日(月) 13時00分16時30分
2021年12月3日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CCS (Carbon dioxide Capture and Storage:CO2回収・貯留) 、CCU (Carbon dioxide Capture and Utilization:CO2回収・利用) における二酸化炭素の分離・回収技術の各種方式やそれぞれの特徴等を整理するとともに、技術的な現状と将来展望について解説いたします。
また、合成ガスや燃料、化学品の合成等など二酸化炭素の有効利用技術の現在と今後を解説いたします。

CO2分離回収技術の進展と実用化への展望

2021年11月8日(月) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素の吸収法、吸着法、膜分離法などのCO2ガスの分離回収技術の特徴と技術開発の現状、膜分離法の基礎、CO2分離膜とCO2回収を目的とした分離膜の進展を高分子膜、無機膜、促進輸送膜の種類毎に解説いたします。

CO2の排出量削減とCO2からの化学品製造の現状と課題、今後の展望

2021年11月5日(金) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2排出量の削減とCO2を原料とする有用化学品の製造について取り上げ、その現状と課題、今後の展望について、化学産業に関連した取り組みを中心として解説いたします。

超臨界二酸化炭素を活用した高分子材料の開発

2021年10月29日(金) 13時30分16時30分
オンライン 開催

CO2 (二酸化炭素) 排出量の算定法入門

2021年10月26日(火) 10時00分12時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、国際的に主流となっている排出量把握の基準 (Scope1,2,3) に沿って、排出量の算定方法を紹介いたします。

超高圧を利用した素材・商品開発技術の基礎と最新動向

2021年10月25日(月) 13時30分15時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、超高圧流体の基礎から解説し、超高圧流体の応用技術および現代産業への展開と、その実用例を紹介いたします。

二酸化炭素・N2O・メタン・e-fuel/液体合成燃料・水素関連 (製造・輸送・貯蔵) 技術の展望

2021年10月25日(月) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、政府の中でカーボンニュートラルに向けてされてきた議論、カーボンニュートラルの世界の動向と今後の流れ、現在の基礎研究と応用展開の動向について詳解いたします。

人工光合成の最新研究動向から今後の課題と展望まで

2021年10月22日(金) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、人工光合成を理解する上で必要となる光化学について基礎から解説し、人工光合成について解説いたします。
さらに、人工光合成研究の中でも、二酸化炭素をエネルギー・有用炭素資源 (石油資源) へと変換する技術の未来像を中心に解説いたします。

二酸化炭素・二硫化炭素を用いる高分子材料の合成

2021年10月11日(月) 13時30分16時30分
オンライン 開催

二酸化炭素とイオウは豊富な天然資源であり、機能性材料の原料となりえますが、十分に活用されておりません。
そこで、本セミナーでは、二酸化炭素と、その同族体でイオウから簡便に得られる二硫化炭素を原料にした高分子材料の合成について解説いたします。

企業におけるサプライチェーン (CO2) 排出量算定の仕方

2021年10月5日(火) 13時00分15時00分
オンライン 開催
コンテンツ配信