技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

二酸化炭素のセミナー・研修・出版物

化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線

2024年4月22日(月) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、カーボンニュートラル実現において必須となるCO2回収技術について、近い将来想定されるCO2回収規模や、様々なCO2分離回収技術の特長を解説いたします。
そのうえで、燃焼排ガス中や大気中のCO2といった低濃度CO2の分離回収法として、講師らが化学吸収法に着目しているかについて解説いたします。

省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法

2024年3月5日(火) 10時30分2024年3月18日(月) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、改正地球温暖化対策推進法に向け、省エネの考え方や進め方を実例を交えて解説いたします。
さらに、省エネによるエネルギー削減量や削減金額だけでなく、CO2削減量の算出法についてもわかりやすく解説いたします。

CO2排出量算定の進め方と活用事例

2024年2月22日(木) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、脱炭素社会の背景と動向、サプライチェーン全体のGHG排出量を算定する目的を理解し、Scope1、2、3の算定演習を通し、簡易な算定その後の活用の見通しが立てられるようになる状態を目指します。

超臨界二酸化炭素 (CO2) と工業的利用

2024年2月20日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、自然溶媒で環境に優しいユニークな超臨界 CO2流体の基礎特性と特異性を紹介し、海外で進んでいる実用化事例も含め、利用・適用分野を俯瞰いたします。
また、神戸製鋼グループでの25年以上のプロセス開発・実用化開発での蓄積から、具体的な自社開発・適用事例を示し、実践経験に基づいた工業的利用時のプロセス開発の実際とポイントを紹介すると共に、新しい高機能素材創出のシーズ・ヒントを紹介いたします。

CO2を利用した化学品製造の技術体系・課題と触媒技術の最前線

2024年2月20日(火) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2を活用した化学品製造に関する、化学業界の現状と技術体系について解説するとともに、それを可能とする触媒技術の最前線について詳しく解説いたします。
特に、低級アルケン製造にCO2を利用する最新の取り組みに関し、世界最高性能を示す革新触媒技術の詳細を解説いたします。

省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法

2024年2月20日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、改正地球温暖化対策推進法に向け、省エネの考え方や進め方を実例を交えて解説いたします。
さらに、省エネによるエネルギー削減量や削減金額だけでなく、CO2削減量の算出法についてもわかりやすく解説いたします。

微生物による二酸化炭素固定、カーボンリサイクルの現状と将来展望

2024年2月7日(水) 13時00分2024年2月21日(水) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、脱炭素社会について考察した後に、微生物によるカーボンリサイクルについて、生化学的視点から解説し、どのように脱炭素社会に貢献でき、どのような限界があるのか解説いたします。

CO2固体吸収剤の開発と性能評価

2024年2月6日(火) 10時30分16時15分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2分離回収プロセスについて基礎から解説し、コスト試算とその妥当性評価、CO2分離回収の経済性評価のポイントを解説いたします。

カーボンニュートラルとCO2の回収・利用・貯留 (CCUS) の動向

2024年1月31日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CCUSの技術内容および事業展開の現状と将来などを詳しく解説いたします。

二酸化炭素の電解還元と周辺技術の最新動向

2024年1月26日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、小型化・分散型配置が可能などの利点を有することで注目されているCO2の電解還元技術について取り上げ、CO2の電解還元技術の基礎から、各要素技術、研究動向と最新研究成果、CO2電解の評価手法、周辺技術のCO2回収・分離技術までを解説いたします。

微生物による二酸化炭素固定、カーボンリサイクルの現状と将来展望

2024年1月26日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、脱炭素社会について考察した後に、微生物によるカーボンリサイクルについて、生化学的視点から解説し、どのように脱炭素社会に貢献でき、どのような限界があるのか解説いたします。

CO2回収・貯留・有効利用に関する技術の特許動向

2024年1月22日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、特許分析を実施する際に参考となる情報源や分析手法について、また2050年カーボンニュートラルの実現に貢献する技術として注目が集まるCCUS (Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage:CO2回収・貯留・有効利用) を例にして、特許分析から各企業や研究機関の研究開発動向を明らかにするとともに、注目度の高い技術や今後の展望、企業がとるべき特許戦略について解説いたします。

CO2固定微生物の種類、特徴と有用物質生産への活用

2024年1月15日(月) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2固定微生物について取り上げ、CO2固定量と削減効果の試算について詳解いたします。
また、期待される水素細菌等の培養方法や株の維持、応用先、各種課題について解説いたします。

CO2の資源化へ向けた化学反応 : カーボネート・ギ酸・メタノールへの転換

2023年12月12日(火) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、カーボネート・ギ酸やメタノール合成、反応を可能とする触媒の種類や、効果的な還元剤、反応条件について解説いたします。

ガス吸収の理論と吸収塔の設計

2023年12月12日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーは、物質収支や物質移動の初歩から解説し、ガス吸収塔として代表的な気液向流充填塔を設計するための方法論を紹介いたします。
また、設計方程式の導出に際しては、高校レベルの数学的な式変形についても詳説いたします。

CO2分離回収技術とプロセス・コスト試算

2023年12月11日(月) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2分離回収技術について基礎から解説し、CO2分離回収の要素技術、物質収支、エネルギー収支からコスト計算までを解説いたします。

プラスチック複合材料の製造、利用におけるCO2排出量計算

2023年11月30日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、LCAの基本から、材料、成形、部品製造、リサイクルにおけるCO2排出量の計算法ノウハウまでを解説いたします。

世界の脱炭素化、自動車におけるEV化の最新動向と関連製品の今後の展望

2023年11月16日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

本セミナーでは、グローバルな排ガス規制や電動化や脱炭素化政策の最新動向や各電動化技術の今後の動向、主要カーメーカーの電動化戦略、関連する新規製品 (電動車用車載電池やイーアクスル等) の今後の展望等について解説いたします。

カーボンニュートラルに向けたメタネーションの要素技術と産業実装への展望

2023年11月10日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、CO2のメタン化技術について取り上げ、産業プロセス排出の大量CO2をメタン変換する技術的ポイントや、変換後のCH4を原料とした合成ガスの製造技術、そして低炭素化技術となる固体炭素の連続回収方法について解説いたします。
また、アンモニア合成や燃料電池車などに未来エネルギーとして必要となる水素の製造プロセスについて、現行の大型水素製造システムが抱える問題点を説明しつつ、未来型水素製造プロセスの取り組み状況などを紹介いたします。

グリーン水素製造のための光触媒を用いた「人工光合成」の基礎と応用、課題、最新動向

2023年11月7日(火) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、光触媒を用いた水分解の原理などの基礎的なことから、具体的な水分解光触媒系までを紹介いたします。

CO2の資源化と固体炭素化の新しい触媒プロセス技術

2023年11月6日(月) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、カーボンニュートラルを目指したグリーン成長戦略の指針で中心技術の一つにあげられるCO2のメタン化技術について、産業プロセス排出の大量CO2をメタン変換する技術的ポイントや、変換後のCH4を原料とした合成ガスの製造技術、そしてCH4から炭素を固体として連続回収する新しい触媒技術について解説いたします。
また、メタン化反応に必要となる水素の製造プロセスについても現行の大型システムを説明しつつ、未来型プロセスの取り組み状況などを紹介いたします。

超臨界二酸化炭素 (CO2) と工業的利用

2023年10月31日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、自然溶媒で環境に優しいユニークな超臨界 CO2流体の基礎特性と特異性を紹介し、海外で進んでいる実用化事例も含め、利用・適用分野を俯瞰いたします。
また、神戸製鋼グループでの25年以上のプロセス開発・実用化開発での蓄積から、具体的な自社開発・適用事例を示し、実践経験に基づいた工業的利用時のプロセス開発の実際とポイントを紹介すると共に、新しい高機能素材創出のシーズ・ヒントを紹介いたします。

自社製品のCO2排出量の見える化とLCA算定入門

2023年10月25日(水) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、LCAが注目を集めている背景と意義を分かりやすく解説いたします。
LCA概要から製品のカーボンフットプリントの算定まで、事例を交えて丁寧に解説いたします。

コンテンツ配信