技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

樹脂のセミナー・研修・出版物

熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向

2022年8月16日(火) 10時30分2022年8月26日(金) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、自動車を中心に住宅、医療、電器、電子機器分野における熱可塑性エラストマー (TPE:Thermoplastic Elastomers) の応用展開と技術トレンドを解説いたします。
また、日本に留まらず世界各国の市場や技術動向、規制等の関連情報も提供いたします。

樹脂部品開発のためのCAE活用

2022年8月3日(水) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、開発期間の短縮や業務の効率化などで注目を集めるCAEを取り上げ、樹脂部品開発においてCAEを効率的に活用するための基本原理から目的に応じた進め方・考え方を解説いたします。

熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向

2022年7月29日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、自動車を中心に住宅、医療、電器、電子機器分野における熱可塑性エラストマー (TPE:Thermoplastic Elastomers) の応用展開と技術トレンドを解説いたします。
また、日本に留まらず世界各国の市場や技術動向、規制等の関連情報も提供いたします。

微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎

2022年7月15日(金) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、主にバイオマス資源から微生物によって合成される天然系プラスチック・ポリヒドロキシアルカン酸 (PHA) を中心に、生分解性プラスチックの基礎、PHA材料の特徴や (海洋) 生分解機構などの最新の研究動向、および、今後目指すべき環境にやさしいプラスチックの設計法について解説いたします。

車載用プラスチックの基礎と最新動向

2022年7月11日(月) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックの歴史やその特性発現のメカニズム、そして、樹脂の種類や加工法を体系だって説明いたします。さらに、活用状況を適用部位で層別した上で視覚的に説明します。
後半では、最新の低コスト加工法や計測法といったトレンドを説明し、今後の自動車に対する要求と規制を背景とした、持続的開発SDGsの方向性までも説明いたします。

生分解、バイオマス繊維の開発と応用

2022年7月6日(水) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、生分解プラスチックについて基礎から解説いたします。
生分解のメカニズム、生分解性の評価法、市販される生分解プラスチックの種類と課題、生分解プラスチックを利用した製品の開発の必須事項を詳解いたします。

バイオマス材料と生分解性プラスチックの現状と課題

2022年6月29日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、注目を集めているバイオマス資源と生分解性プラスチックについて、その現状と課題、法整備の状況、研究動向を解説いたします。

エポキシ樹脂の基礎、硬化剤との反応および副資材による機能化

2022年6月24日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エポキシ樹脂 (主鎖) の化学構造から解説し、さまざまな硬化剤との反応機構を捕らえることで、 硬化物の良い物性を得るための基礎的な考え方、フィラーの使い方、熱衝撃試験による耐クラック性解析により、硬化物の物性評価に関する方法論を紹介いたします。

EUVレジスト材料開発と評価・プロセス技術

2022年6月23日(木) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、EUVリソグラフィについて取り上げ、レジスト、マスク、ペリクル、光源など、各要素技術の開発動向と課題解決へ向けた取り組みについて詳解いたします。

プラスチックの耐候性向上に関わる添加剤 (HALS・UVA・酸化防止剤) の特性と選び方、使い方

2022年6月22日(水) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、ポリオレフィンを中心としたプラスチックの劣化機構について説明するとともに、光安定剤、酸化防止剤をはじめとする耐候性向上にかかわる添加剤の特長について説明し、その適切な選択・使用方法について樹脂ごとの実例を交えて解説いたします。

フラン誘導体を用いた汎用プラスチックのバイオマス化と機能性バイオベース材料開発

2022年6月21日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、19世紀のフラン誘導体発見から20世紀初頭の汎用プラスチック原料としてのフラン誘導体利用、そして、現在のバイオマス由来の高分子原料としてのフラン誘導体の有用性とその将来展望を解説いたします。

生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と今後の展望

2022年6月20日(月) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、生分解性バイオマスプラスチックについて取り上げ、アカデミアの研究開発動向、企業/各国の取組、認証制度など、様々な観点から幅広く解説いたします。

樹脂成型の知識

2022年6月20日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、樹脂の種類や特徴を踏まえた上で、射出成型、ブロー成型等の成型技術の概要を解説し、成型のための金型についても解説していきます。

ナノインプリントの基本メカニズムと応用展開

2022年6月17日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ナノインプリントについて基礎から解説し、欠陥を抑え、離型性を高めるための最適な材料設計、プロセス技術について詳解いたします。

UV硬化樹脂の柔軟性向上、硬度との両立

2022年6月17日(金) 10時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、硬化不良を防ぐ開始剤の使い方、選定のポイントと影部分の硬化手法について詳解いたします。

二酸化炭素を利用した樹脂接合法の基本原理と産業利用

2022年6月14日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素接合法に関する接着原理について、二酸化炭素が樹脂に与える影響から丁寧に解説いたします。
接合物は貫通孔の開いた多孔体になるが、その性質と産業応用についても幅広く解説いたします。

高感度化フォトレジスト材料の設計術

2022年5月31日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子・低分子化合物のレジスト材料に関する基礎や評価方法を解説いたします。

樹脂成型の知識

2022年5月30日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、樹脂の種類や特徴を踏まえた上で、射出成型、ブロー成型等の成型技術の概要を解説し、成型のための金型についても解説していきます。

エポキシ樹脂の基礎と配合技術、使用時のトラブル対策

2022年5月26日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エポキシ樹脂とその硬化剤の基礎から解説し、エポキシ樹脂配合を設計するにあたって有用な分析手段、反応解析法、組成 – 物性 – 特性との相関関係などを具体例を挙げて詳説いたします。

光学用透明樹脂の基礎と光学特性制御および高機能化

2022年5月18日(水) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、光学特性の基礎および透明性、耐熱性、屈折率、複屈折率の制御技術まで実務に適した内容で解説いたします。

二酸化炭素の有用化学品への再資源化技術

2022年5月13日(金) 10時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、二酸化炭素の有用性、二酸化炭素を有価物に転換して再利用、有効活用する技術を基礎から解説いたします。
カーボンリサイクルに向けた転換・合成プロセスを詳解いたします。

エポキシ樹脂全般の知識とフィルム化技術

2022年5月10日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エポキシ樹脂とその硬化剤の基礎から解説し、エポキシ樹脂配合を設計するにあたって有用な分析手段、反応解析法、組成 – 物性 – 特性との相関関係などを具体例を挙げて詳説いたします。

エポキシ樹脂の構造と硬化剤および副資材の使い方

2022年4月26日(火) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、エポキシ樹脂とその硬化剤の基礎から解説し、エポキシ樹脂配合を設計するにあたって有用な分析手段、反応解析法、組成 – 物性 – 特性との相関関係などを具体例を挙げて詳説いたします。

高分子材料 (樹脂・ゴム材料) における変色劣化の機構とその防止技術

2022年4月26日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子材料の変質劣化について基礎的な知見を解説し、合わせて実用的な対策処方事例を紹介いたします。

エポキシ樹脂のフィルム化技術と物性制御、高機能化と応用展開

2022年4月25日(月) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、エポキシ樹脂とその硬化剤の基礎から解説し、エポキシ樹脂配合を設計するにあたって有用な分析手段、反応解析法、組成 – 物性 – 特性との相関関係などを具体例を挙げて詳説いたします。

車載用プラスチック 入門講座

2022年4月7日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、プラスチックの歴史やその特性発現のメカニズム、そして、樹脂の種類や加工法を体系だって説明いたします。さらに、活用状況を適用部位で層別した上で視覚的に説明します。
後半では、最新の低コスト加工法や計測法といったトレンドを説明し、今後の自動車に対する要求と規制を背景とした、持続的開発SDGsの方向性までも説明いたします。

フィラーの分散・充填技術およびナノコンポジットの研究開発動向

2022年3月31日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、酸化チタン、酸化チタンナノ粒子、アルミナ、炭酸カルシウムなどの微粒子分散系から、ナノ炭素粒子、セルロースナノファイバーの分散、ナノコンポジットの研究開発動向や特許・文献情報まで詳解いたします。

樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析

2022年3月29日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎から解説し、レオロジーデータを反応硬化の評価と制御に応用する技術について詳解いたします。

コンテンツ配信