技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

レオロジーのセミナー・研修・出版物

粘着テープ・粘着剤を使いこなすための必須知識

2024年10月31日(木) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、粘着材料、接着・剥離のメカニズムなど粘着剤・粘着テープの基礎から解説し、評価法、トラブル解決事例について、演習を交えてわかりやすく解説いたします。

水性塗料の配合設計術:よく発生するトラブルとその解決策

2024年9月16日(月) 10時30分2024年8月27日(火) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、水性塗料設計の基礎から解説し、、顔料分散の考え方、顔料分散剤の選択方法、添加剤選択の考え方、塗膜中の顔料分散状態評価、顔料分散不良の原因と対策について詳解いたします。

レオロジー測定・データ解釈の勘どころ

2024年8月29日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎を解説し、その後に実際に機器を用いて実際に測定して頂くことで理解度の更なる向上を図っております。

水性塗料の配合設計術:よく発生するトラブルとその解決策

2024年8月29日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、水性塗料設計の基礎から解説し、、顔料分散の考え方、顔料分散剤の選択方法、添加剤選択の考え方、塗膜中の顔料分散状態評価、顔料分散不良の原因と対策について詳解いたします。

高分子分散剤の種類、作用機構、取捨選択と効果的に活用するための必須知識

2024年8月5日(月) 10時00分2024年8月7日(水) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、微粒子分散について分散化から安定化までのプロセスを一貫して解説し、期待する分散を実現、維持するための指針について詳解いたします。

高分子レオロジーの基礎と粘弾性測定解析

2024年7月24日(水) 12時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジー・粘弾性測定・線形粘弾性理論の基礎から解説し、無定形高分子・結晶性高分子の粘弾性挙動について具体例を用いて解説いたいます。
また、実際の材料を扱う際のポイントや解析手法について解説いたします。

高分子分散剤の種類、作用機構、取捨選択と効果的に活用するための必須知識

2024年7月23日(火) 10時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、微粒子分散について分散化から安定化までのプロセスを一貫して解説し、期待する分散を実現、維持するための指針について詳解いたします。

固体高分子材料の動的粘弾性測定

2024年7月9日(火) 10時30分2024年7月23日(火) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ゴム、プラスチック、複合材料などの高分子材料の硬さ・柔らかさを定量的に分析するための動的粘弾性測定について基礎から解説いたします。

固体高分子材料の動的粘弾性測定

2024年6月28日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ゴム、プラスチック、複合材料などの高分子材料の硬さ・柔らかさを定量的に分析するための動的粘弾性測定について基礎から解説いたします。

粘度の基礎と実用的粘度測定における留意点と結果の解釈

2024年6月27日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎から解説し、レオロジーデータを反応硬化の評価と制御に応用する技術について詳解いたします。

塗布・塗工・コーティング 全4セミナー

2024年6月27日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーは、塗布液物性の基礎から解説し、代表的な8種の塗布欠陥の発生メカニズムと対策例から類似のトラブルへの対応について詳解いたします。

ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策

2024年6月27日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、塗布・乾燥の基礎や欠陥の原理・対応策など、現場で必要な知識をわかりやすく解説いたします。
また、手軽に行えるExcelシミュレーション技術についても紹介いたします。

レオロジーの基本

2024年6月26日(水) 13時00分16時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

本セミナーでは粘弾性体の基本的なモデルを使い、サイン・コサインや微分・積分を使いながら平易に貯蔵弾性率や損失弾性率の導出を説明いたします。
また、レオロジーで出てくるマスターカーブの作成にも言及いたします。

粘弾性測定を用いた材料物性評価

2024年6月19日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術

2024年6月14日(金) 10時30分2024年6月17日(月) 10時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、微粒子の分散安定化、ポリマーブレンドやポリマーコンポジットにおけるSP値の活用法について、界面活性剤や分散剤の選定、表面改質法なども交えながら、基礎から分かりやすく解説いたします。

微粒子分散系のレオロジー

2024年6月13日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎、微粒子の分散・凝集制御に必要な知識、その応用技術としての塗布乾燥等について解説いたします。

高分子複合材料のレオロジーとメカニズムに基づく材料設計

2024年6月11日(火) 13時00分2024年6月24日(月) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、工業材料の代表として高分子と微粒子分散系に焦点を絞り、レオロジー数値を特許とするために必要な粘度や粘弾性量の定義、測定技術とデータ解釈、メカニズムの基礎理論について経験をまじえてわかり易く解説いたします。

チクソ性 (チキソ性) の基礎と評価および活用方法

2024年6月5日(水) 13時00分2024年6月7日(金) 17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、「チクソ性」を測定するためのテクニックを基礎から解説いたします。
また、実用系として微粒子分散系に焦点を絞り、「チクソ性」制御の考え方について概説いたします。

樹脂のレオロジー特性の考え方、成形加工時における流動解析の進め方

2024年5月31日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、シミュレーションの理論的な背景を理解することで製品設計段階での成形性や品質評価を行う上での注意点を解説いたします。
また、材料のレオロジー特性の意味を理解することでシミュレーション結果の活用方法などを幅広く解説いたします。

溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術

2024年5月30日(木) 10時30分16時30分
2024年5月31日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、微粒子の分散安定化、ポリマーブレンドやポリマーコンポジットにおけるSP値の活用法について、界面活性剤や分散剤の選定、表面改質法なども交えながら、基礎から分かりやすく解説いたします。

高分子複合材料のレオロジーとメカニズムに基づく材料設計

2024年5月29日(水) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、工業材料の代表として高分子と微粒子分散系に焦点を絞り、レオロジー数値を特許とするために必要な粘度や粘弾性量の定義、測定技術とデータ解釈、メカニズムの基礎理論について経験をまじえてわかり易く解説いたします。

チクソ性 (チキソ性) の基礎と評価および活用方法

2024年5月23日(木) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、「チクソ性」を測定するためのテクニックを基礎から解説いたします。
また、実用系として微粒子分散系に焦点を絞り、「チクソ性」制御の考え方について概説いたします。

レオロジー測定・データ解釈の勘どころ

2024年4月25日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎を解説し、その後に実際に機器を用いて実際に測定して頂くことで理解度の更なる向上を図っております。

動的粘弾性のチャート読み方とその活用ノウハウ

2024年4月12日(金) 10時00分17時00分
オンライン 開催

粘度の基礎と実用的粘度測定における留意点と結果の解釈

2024年4月11日(木) 13時00分2024年4月24日(水) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎から解説し、レオロジーデータを反応硬化の評価と制御に応用する技術について詳解いたします。

粘度の基礎と実用的粘度測定における留意点と結果の解釈

2024年3月29日(金) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、レオロジーの基礎から解説し、レオロジーデータを反応硬化の評価と制御に応用する技術について詳解いたします。

高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定

2024年3月29日(金) 10時30分2024年3月31日(日) 16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、高分子レオロジーの基礎からExcelによる動的粘弾性データの解析まで事例を交えて分かりやすく解説いたします。

レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈

2024年3月28日(木) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、工業材料の代表として高分子と微粒子分散系に焦点を絞り、レオロジー数値を特許とするために必要な粘度や粘弾性量の定義、測定技術とデータ解釈、メカニズムの基礎理論について経験をまじえてわかり易く解説いたします。

コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析

2024年3月19日(火) 13時00分2024年3月21日(木) 17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、界面化学、レオロジーの基礎や高分子のレオロジーと微粒子分散系の安定性について説明した後に、コーティングプロセスを液膜形成過程と乾燥硬化過程に分け、技術的観点から様々な事例について解説いたします。

コンテンツ配信