技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発・製品開発投資と費用の配賦の考え方・進め方

研究開発・製品開発投資と費用の配賦の考え方・進め方

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、費用の配賦と収益管理の考え方、不確実性を伴うリスクの考え方など、研究開発を推進・管理する上で必要な考え方やスキルについて解説いたします。

開催日

  • 2022年6月9日(木) 13時00分 17時00分

受講対象者

  • 研究開発プロジェクトを推進する事業部門、研究開発部門、経営企画、経理部門

修得知識

  • 研究開発投資におけるリスクの捉え方
  • 収益管理の仕組みと研究開発の位置付け
  • 製品開発組織と開発戦略に連携した原価企画・原価管理

プログラム

 企業を取り巻く経営環境はコロナを境に大きく変化し、研究開発も、従来の延長で研究開発テーマを追求するだけではなく、デジタル時代にふさわしいビジネスモデルの構築や、M&Aや提携を取り込んだオープンイノベーションの活用で新規テーマの発掘と開発の推進が求められます。
 また、カーボンニュートラルやCASEに代表される自動車業界の構造変化は、日本の製造業の競争力の源泉である“ものつくり”の位置づけの低下とイノベーションの重要性を際立たせています。
 このような環境の大転換時代には、自社の技術開発テーマを見直し、技術価値や事業価値を評価しながら、自社で取り組むか、外部に出すか、提携かなど明確にして、迅速に取り組む必要があります。更に、膨れ上がるデジタル化のソフト資産 (無形資産) の原価への戦略的な配賦と投資回収も必要になってきます。ここでは、このような研究開発推進に関する課題を見据えた上で、実践に即した研究開発戦略と連携した原価管理や投資収益性を習得することを目的とします。

  1. 企業経営のパラダイムシフトと研究開発が直面する課題
    • デジタル破壊やビジネスモデルイノベーションによる市場構造変化
    • M&Aや提携を取り込んだオープン・イノベーションの加速化
  2. 収益管理の仕組みと研究開発投資の位置づけ
    • 不確実性を含む研究開発投資
    • ライフサイクルで捉えるリスク
    • 事業のくくりと戦略に連携した原価の把握
  3. 研究開発の業務プロセスと研究開発費の見える化
    • 研究開発の業務プロセスと研究開発費の配分
    • 戦略に沿った研究開発費用の明確化と資産計上、費用計上
    • 研究開発費と事業価値・製品価値
  4. 研究開発戦略と業務プロセスに連携した研究開発費の配賦の考え方
    • フェーズに沿った研究開発費や製品開発費の配賦
    • 技術主導のハイリスク型研究開発の業務プロセス
    • 市場差別化・改善型のローリスク型研究開発の業務プロセス
    • 研究開発費の配賦の課題と活動基準原価 (ABC) による原価の配賦
    • 標準原価と実際原価、原価差異
  5. DXを取り込んだ新ビジネスモデルと開発戦略に連携した原価企画・原価管理の考え方
    • 市場やビジネスモデルに対応する研究開発のプロジェクト制とマトリクス組織
    • グローバル開発費用の配賦、無形資産の償却、移転価格
    • ビジネスモデルに対応した原価企画と原価の配賦
  6. 戦略と連携した研究開発の事業性評価への適用
    • 不確実性の把握と研究開発投資の合理性
    • 研究開発投資と連動した収益性の把握 (KPI)
    • 研究開発の原価管理の業務の進め方の組織レベル
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 技術者・研究者の主体性とアイデアを引き出すファシリテーションとワークショップデザイン オンライン
2022/7/12 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 & 実践編) オンライン
2022/7/12 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) オンライン
2022/7/13 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) オンライン
2022/7/13 パテントマップを活用した潜在ニーズの探索と新規R&Dテーマの発掘方法 オンライン
2022/7/13 技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法 オンライン
2022/7/15 VUCA時代における中長期技術戦略の策定とR&Dテーマへの落とし込み方 オンライン
2022/7/15 成果を生み、業務を効率化する時間の使い方・計画策定の具体的方法 オンライン
2022/7/15 研究所の活性化 オンライン
2022/7/19 原価計算の基礎知識と活用ノウハウ オンライン
2022/7/20 商品開発、製造プロセスのための問題解決の考え方と実践的解決方法 オンライン
2022/7/22 仕事の価値を高める「タイムマネジメント」実践講座 オンライン
2022/7/27 デザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 オンライン
2022/7/27 他社特許の分析方法と自社特許の強化方法 オンライン
2022/7/27 研究開発部門にこそ不可欠なマーケティングの考え方 オンライン
2022/7/28 事業拡大につなげる未来予測の実践方法と開発テーマの設定法 オンライン
2022/7/29 製造業における部門間連携と業務プロセスの最適化 オンライン
2022/8/3 IPランドスケープ®実践に役立つ6つのハウツー講座 オンライン
2022/8/4 ロジカルでありながら、自社が主体的に描くマクロ環境分析に基づく未来のニーズの予測法 オンライン
2022/8/4 R&D部門へのDX導入のための組織・体制作りと推進のポイント オンライン