技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

FDA査察のセミナー・研修・出版物

抗体(バイオ)医薬品CMC審査・申請と照会事項・回答の実際

2011年2月25日(金) 10時30分16時35分
東京都 開催

本セミナーでは、バイオ医薬品の開発におけるカルタヘナ法対応のための具体的な施策と、審査の対応について詳解いたします。

抗体(バイオ)医薬品CMCノウハウ / 審査・申請と照会事項・回答の実際

2011年2月24日(木) 10時30分16時15分
2011年2月25日(金) 10時30分16時35分
東京都 開催

本セミナーは、バイオ医薬品CMC審査・申請に関連するセミナーを2日間セットにしたコースです。
セット受講で特別割引にてご受講いただけます。
通常受講料 : 94,500円 → 割引受講料 63,000円

GMPドキュメント作成/記録の残し方と査察指摘事項

2011年2月24日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、GMPドキュメント作成の具体的なポイントと、GMP関連文書、記録文書・管理に関する査察指摘事項について詳解いたします。

厚生労働省 ER/ES指針、21 CFR Part 11 解説セミナー

2011年2月23日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、入門講座として電子記録・電子署名、ER/ES指針、21 CFR Part11を基礎から解説いたします。
また、ER/ES指針査察に対応するために、SOPの作成方法について解説いたします。
新ガイドライン対応のためのSOPや供給者監査チェックリストなど、サンプルを配布いたします。
e-Learning教材にて復習を行っていただけます。

開発段階に応じた3極対応の治験薬品質保証

2011年2月22日(火) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、医薬品開発に関連する品質・プロセス・法規の基礎から解説し、国内外の治験薬GMPガイドラインと相違点について解説いたします。
また、治験薬製造における実務上の留意点、治験薬の要求品質について査察の事例を交えて詳解いたします。

臨床試験におけるファーマコゲノミクスと承認申請時のデータ取り扱い

2011年1月27日(木) 13時00分16時30分

本セミナーでは、ファーマコゲノミクスの基礎から解説し、海外レギュレーションから想定されるファーマコゲノミクスを取り入れた医薬品臨床開発について詳解いたします。

スケールアップに必要な技術レベルとレベルアップ

2011年1月24日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、スケールアップの基礎から、スケールアップ時におけるトラブルと対策、実験のスピードアップの方法について基礎から解説いたします。

各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応

各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応のサムネイル画像

本書では、3極からの指摘事項を出さないために国内企業が取り組むべきGMP対応、各国のGMP要求から見直す具体的な適合方法など、cGMPが要求するQA業務と対応方法/査察時のチェックポイントを元FDA査察官が網羅的にまとめております。

FDA Part11査察再開と欧州ANNEX11要求対応

本DVDは、2010年11月29日に開催したセミナー「FDA Part11査察再開と欧州ANNEX11要求対応」を収録したDVDです。

3極GMP査察対応シリーズ

3極GMP査察対応シリーズのサムネイル画像

本書は、FDA査察官の質問の意図を的確に理解し、不明確な説明を避けるために、元査察官が指摘事項と回答ポイント、逸脱・OOS、SOP、変更管理、洗浄バリデーションなどをまとめた一冊です。

グローバルに対応する原薬CMC申請と3極DMF記載の留意点

グローバルに対応する原薬CMC申請と3極DMF記載の留意点のサムネイル画像

本書は、グローバルに対応する原薬の規格及び試験法の設定、原薬の海外製造委託とGMP調査の留意点、原薬出発物質の定義と選定・変更管理の留意点、承認後変更管理(軽微変更・一変)の判断基準と手順についてまとめた一冊です。

3極(日米欧)におけるGMP要件・相違・査察対応とGMP監査/QA業務

3極(日米欧)におけるGMP要件・相違・査察対応とGMP監査/QA業務のサムネイル画像

本書は、プロセスバリデーション、逸脱処理,苦情,回収処理、変更管理、文書化、記録など3極の相違点を徹底解説しております。
また、グローバル化に対応したGMP監査のポイント・チェックリスト (事例)をまとめております。

治験QC/QA

治験QC/QAのサムネイル画像

本書は、治験における様々なお悩みを解決していただくため、施設選定・モニターSDV・逸脱報告書記載・申請手法… 具体的実務事例について詳解しております。
逸脱をしないためのQCチェック手法、GCP適合性調査をふまえた逸脱事例など、数々の疑問を解決していただけます。

FDA Part11査察再開と欧州ANNEX11要求対応

本教材は、2010年11月29日に開催したセミナー「FDA Part11査察再開と欧州ANNEX11要求対応」を収録したものです。

コンテンツ配信