技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

信号処理のセミナー・研修・出版物

テラヘルツ波の基礎とデバイス技術および産業応用

2021年8月27日(金) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、テラヘルツ波の基礎知識から始まり、電子デバイス/光デバイスの両面から光源・検出器の基本について、また、センシング・イメージングシステムを組む上での必要知識を解説いたします。さらにテラヘルツ波のシステムの早期導入が期待される安全安心分野、医療医薬分野に応用する研究開発事例を中心に紹介し、新規産業に展開するためのキーポイントを解説いたします。

自己位置推定・マッピングの最新技術動向 (カメラ, IMU, 無線)

2021年8月2日(月) 10時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、ORB-SLAMを実例とした処理手順、高精度化のポイントや、ディープラーニング応用、IMUを用いたvisual inertial SLAMなどのvSLAMの現在と、Dead Reckoning (DR) や無線を用いた屋内測位技術などを解説いたします。

医師が必要とした生活習慣 (Life Style) ・生体情報データとモニタリングデバイス

2021年7月29日(木) 15時10分16時40分
オンライン 開催

本セミナーでは、予防医学を専門とする立場から、これまで生活習慣病予防や自己管理のためのセンサ開発を行ってきた講師が新型コロナウイルス対策に役立つセンサ・モニタリング技術について解説いたします。
「腕時計センサは医療に使えるか?」「自己採血ができるとどんな診療に役立つのか?」というような疑問にも医師の立場から回答します。

リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説

2021年7月27日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、リチウムイオン蓄電池の基本特性と、そのモデル化手法を理解し、効果的な残量予測や劣化予測に関する基本的な方法を習得することを目的としております。
蓄電池残量に関しては、様々な提案手法を概説し、蓄電池の温度特性や劣化特性も含めて正しく測定するための手法とMATLABを使った実装例をお話しいたします。
また、蓄電池劣化に関しても、基本的な、劣化のメカニズムを理解した上で、その診断方法について解説いたします。
さらに、劣化診断や寿命予測に関する最新技術についても紹介いたします。

音による故障検知および故障予知

2021年7月21日(水) 10時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、ディジタル信号処理の基礎から、音の特徴量の求め方までを平易に解説いたします。
また、故障検知への利用および故障予知への発展の方法へのアプローチを紹介いたします。

Pythonで始めるコンピュータビジョン (CV) 技術の超入門

2021年7月20日(火) 11時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、Python Imaging Library (PIL) 、Scikit Image、OpenCV、PyTorchなどの高性能モジュールライブラリを使い、機械学習や最適化を含めてアルゴリズムの原理の説明とプログラム例を並行して提示することで、コンピュータビジョン技術と実装について理解を深めていただきます。

リチウムイオン電池の残量、劣化状態の推定手法

2021年7月20日(火) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、リチウムイオン電池の安全な活用、効率的な再利用に向けた評価技術について、 電池の残量、劣化のモデル化から予測まで、残存価値評価のための具体的手法を詳解いたします。

1日で分かるVisual SLAMの基礎

2021年7月19日(月) 10時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、自律走行や拡張現実感 (AR) などの基盤技術として用いられるVisual SLAMについて、基礎から実装法まで解説いたします。
3次元的な自己位置推定・マッピング処理を対象としたコンピュータビジョン技術を初歩から概説いたします。
カメラの投影モデルや特徴点トラッキングなどの基礎技術から、古くから研究がなされてきたオフライン型structure from motion (SfM) 、 Hololens、ARCore、ARKitなどにも用いられるオンライン型visual SLAMの枠組みに至るまでを理解できることを目的とします。

先端計測と機械学習を融合する計測インフォマティクス

2021年7月9日(金) 12時00分16時15分
オンライン 開催

本セミナーでは、計測技術と機械学習・統計的推定を融合することで、より高頻度・高精度・高分解能・高信頼な計測や未知の対象の計測などを実現させる「計測インフォマティクス」について取り上げ、計測インフォマティクスの概要から、最新動向、具体的なアプローチ、研究開発事例までを詳しく解説いたします。

生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用

2021年7月7日(水) 11時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、生体信号計測の特に心拍のモニタリングに着目し、接触型の心電図計測から非接触での脈波計測まで体系的に解説いたします。

ディジタル信号による統計的信号処理の基本原理の理解と応用

2021年7月7日(水) 10時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、通信技術・センシング (生体データ/センサー/レーダーなど) ・画像認識・音声認識等、様々な情報データを信号処理するために必要となる知識を基礎から解説いたします。
スペクトル解析や難解なアルゴリズムの本質など独学では理解しにくい部分を習得いただけます。

ウェアラブル生体センサを活用した生体情報処理の基礎と製品開発への応用

2021年6月29日(火) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、ウェアラブル生体センサからえられる生体情報の分析技術の基礎を解説するとともに、医療診断や職場の安全衛生管理へのウェアラブル生体センサの応用例を紹介いたします。

カルマンフィルタの実践

2021年6月28日(月) 10時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、まず、線形カルマンフィルタのアルゴリズムを紹介し、数値例を通してカルマンフィルタの仕組みについて学習します。続いて、代表的な非線形カルマンフィルタである拡張カルマンフィルタ (EKF) と無香料カルマンフィルタ (UKF) のアルゴリズムを説明し、非線形カルマンフィルタを用いた状態とパラメータの同時推定を導入します。また、カルマンフィルタの数値的不安定性について述べ、その問題点に対処するUD分解フィルタを導入します。さらに、カルマンフィルタの2つの応用例を紹介いたします。

自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用

2021年6月24日(木) 10時30分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、現在の自動運転自動車のセンシングに欠かせないセンサとなっているLiDARを一例として取り上げ、自動運転自動車周囲に存在している移動物体の運動推定手法を題材とした状態推定アルゴリズムの解説を行います。
また、金沢大学の実装例を交えて解その他の自動運転全般の技術の概要についても解説いたします。

AI画像認識システムの基礎と応用

2021年6月22日(火) 13時30分16時30分
オンライン 開催

非侵襲・ウエアラブル・無意識な先進的生体情報計測技術

2021年6月22日(火) 13時00分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、暮らしに溶け込むカーム・ヘルスモニタリング技術・機器、IoTとの融合によるヘルスケア・スマートタウンへの展開まで講師の豊富な研究開発、医療・福祉・リハビリテーション分野への応用実証経験をもとに、ニーズや技術・事業面での課題、今後の展開まで、示唆に富んだ話題を提供いたします。

カメラキャリブレーション技術入門

2021年6月18日(金) 11時00分17時00分
オンライン 開催

パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、SLAM、移動ロボットへの応用

2021年6月17日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、物体追跡の定番的手法となっているパーティクルフィルタについて、概説いたします。

グラフニューラルネットワーク (GNN) の基礎と応用

2021年6月16日(水) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、グラフニューラルネットワークの基本的な知識およびいくつかの研究事例について紹介するとともに、今後の学習のための情報源などについても解説いたします。

コンテンツ配信