技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

生体信号処理のセミナー・研修・出版物

ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用

2020年8月24日(月) 11時00分16時30分

本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基にして、ドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説いたします。
また、ドライバ状態を検出するに当たって活用が期待される統計科学的手法、機械学習の手法について解説いたします。

生体情報センシングとその製品応用

2020年8月7日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催

ウェアラブル機器の発展により生体情報の活用の価値が高まっております。
本セミナーでは、ストレス・感情・身体状態など生体情報の計測、データの処理等、生体情報センシングの基礎から解説いたします。
また、生体情報センシングの最新トレンド・製品応用へのポイントについても解説いたします。

生体情報を利用した感情・心理状態の推定技術

2020年7月7日(火) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、ストレスと感情、疲労と感情、快不快と感情との関係性、機械学習を利用した解析、推定事例を詳解いたします。

ウェアラブルデバイス/センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開

2020年7月3日(金) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、ウェアラブルデバイスやウェアラブルセンシング技術の基礎、開発に求められる技術のポイント、取得データの活用の仕方について分かりやすく解説いたします。

生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用

2020年6月24日(水) 11時00分16時00分
東京都 開催

本セミナーでは、生体信号計測の特に心拍のモニタリングに着目し、接触型の心電図計測から非接触での脈波計測まで体系的に解説いたします。

バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開

2020年6月18日(木) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、先制医療、予防医療、ヘルスケア等の領域におけるニーズや、バイオセンサを活用したウエアラブルデバイス、キャビタス (体腔) センサ、生化学式ガスセンサ&探嗅カメラ (イメージング) 、アクチュエータ、人工臓器などの先端研究例を解説いたします。

ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用

2020年5月25日(月) 11時00分16時30分

本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基にして、ドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説いたします。
また、ドライバ状態を検出するに当たって活用が期待される統計科学的手法、機械学習の手法について解説いたします。

わくわく感、楽しさの定量評価技術

2020年5月18日(月) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、人の内面状態、「嬉しい」、「楽しい」、「わくわく」の計測と評価、活用について詳解いたします。
心理学的測定法、生体信号、脳計測等のアプローチと、感性、感情の可視化、新製品開発への活用について詳解いたします。

非接触・簡易計測による生体情報を利用した感情・心理状態の推定技術

2020年5月13日(水) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、対象に負荷を極力与えずに生体情報を得て、感情・心理状態を推定する方法について基礎から解説いたします。
簡易計測、動画像、姿勢から得た情報を利用した感情の解析、推定事例を詳解いたします。

ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持

2020年5月7日(木) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、自動運転で想定される覚醒状態低下メカニズムと求められる評価、眠気予兆検出技術について詳解いたします。

ウェアラブルデバイス/センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開

2020年3月16日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、ウェアラブルデバイスやウェアラブルセンシング技術の基礎、開発に求められる技術のポイント、取得データの活用の仕方について分かりやすく解説いたします。

生体情報を利用した感情・心理状態の推定技術

2020年3月16日(月) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、生体情報を利用した感情・心理状態の推定技術について基礎から解説いたします。
また、生体情報と感情との対応、ストレスと感情・疲労と感情・快不快と感情の関係性、機械学習を利用した解析、推定事例を詳解いたします。

ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用

2020年3月13日(金) 11時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基にして、ドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説いたします。
また、ドライバ状態を検出するに当たって活用が期待される統計科学的手法、機械学習の手法について解説いたします。

バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開

2020年3月10日(火) 13時00分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、先制医療、予防医療、ヘルスケア等の領域におけるニーズや、バイオセンサを活用したウエアラブルデバイス、キャビタス (体腔) センサ、生化学式ガスセンサ&探嗅カメラ (イメージング) 、アクチュエータ、人工臓器などの先端研究例を解説いたします。

脈波、心拍の非侵襲計測技術とノイズ、振動対策

2020年3月6日(金) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、脈波・心拍の計測と測定について基礎から解説いたします。
負荷のかからない生体情報計測を実現するアプローチ、顔画像、顔映像、圧電センサ、ドップラーセンサによる測定事例について詳解いたします。

感性に訴える製品開発

2020年2月19日(水) 12時30分16時30分
東京都 開催

機械学習とウェアラブルセンサを用いた人間の心理状態の可視化

2020年2月14日(金) 11時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、まずウェアラブルセンサと機械学習による人間の心理状態の予測・推定の有用性と必要性について触れ、これらを導入し、活用するための留意点について解説するとともに、質疑応答を通して理解を深めます。
その上で、感情が喚起したさいの生体信号の変化や認知的負荷時の動作の変化について解説し、動作と生体信号、認知的負荷の関係についての理解を深めます.また実例を交えて、機械学習を解説し、理解を深めます。
本セミナーを受講することで、ウェアラブルバイタルセンサやモーションセンサを用いたココロの可視化や機械学習を活用したインテリジェント製品の開発に役立ちます。

生体信号の計測、解析技術とその応用

2020年1月29日(水) 10時00分17時00分
東京都 開催

生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用

2020年1月27日(月) 11時00分16時00分
東京都 開催

本セミナーでは、生体信号計測の特に心拍のモニタリングに着目し、接触型の心電図計測から非接触での脈波計測まで体系的に解説いたします。

多次元生体信号計測とデータマイニング技術

2020年1月22日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、すでに生体信号を利用しているが、その利用技術の向上を図りたいと考えている方や、今後生体信号を扱いたいが、何からどう手を付けたら良いのか困っている方を念頭に置いて、生体信号計測・解析の基礎と周辺技術、およびデータマイニング技術の実問題への適用ノウハウについて解説いたします。

コンテンツ配信