技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

「リスクの見える化と人間重視のリスク管理」実践法

簡単に出来る

「リスクの見える化と人間重視のリスク管理」実践法

~問題発生が絶えない”「リスク管理」が形骸化していませんか? / 皆が楽しくリスクを想定する「全員参加型リスク管理」により問題発生が激減~
オンライン 開催 演習付き 個別相談付き

概要

本セミナーでは、「全員参加型の人間重視のリスク管理」について演習を盛り込み、基礎から分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2023年12月21日(木) 13時00分 17時00分

修得知識

  • 「リスクの見える化」実現方法
  • 「リスク管理」で準備すべき事項
  • 「リスク管理の仕組」デザイン方法
  • 「リスク管理実践プロセス」構築のポイント
  • 「リスク管理テンプレート」の作成方法
  • 「リスク管理」を組織に導入する際の留意点

プログラム

 突然、問題が発生して納期遅延や不具合の発生&リコール問題等を引き起こし、お客様の信頼を失ってしまうことが多々あります。多くの組織が問題発生に悩んでいますが、日常の生産活動やサービス活動等に「皆が参加する全員参加型のリスク管理」を導入している組織は意外に少ないのではないでしょうか?
 「リスク管理」の目的は、極力、見えないリスクを「見える化」して問題発生を極小化させる点にあります。問題は現場から発生してきますから、担当者全員が楽しく参加できる「全員参加型のリスク管理」の仕組が必要なのです。現在の「リスク管理」は形骸化していませんか?管理部門だけが実施する活動になっていませんか?
 本セミナーでは長年、問題発生の山から脱却できなかった本部組織を、世界的に著名な改善モデル (CMM) を導入し日本初の最高レベル達成に導いた経験のある講師が、簡単に出来て効果がある「全員参加型の人間重視のリスク管理」について、演習も盛り込み分かりやすく解説いたします。即日、実践可能な実践型セミナーになっております。多分野の皆様方のご参加をお待ちしております。

  1. 第1章 見える化とヒューマンファクター
    1. 組織活動の基盤
      1. 「仕事への取り組み方」
      2. 「人間のタイプ」と「組織活動」
    2. 人間重視の改善活動とヒューマンファクター
      1. 人間重視の組織活動
      2. 「わくわく」感と人間力醸成の構図
  2. 第2章 「リスク管理の仕組構築」へのアプローチ
    1. 「リスク管理」とは?
    2. 「問題発生防止」と「リスク管理の仕組」
      1. 「リスクの見える化」
      2. 「リスク管理」の実践
    3. リスク管理プロセスの設定
      1. 能力成熟度モデルにおけるリスク管理
      2. 「リスク区分&リスクパラメータ」の設定
      3. 演習1:「リスク管理の仕組考案」
      4. 「リスク管理の仕組構築」の悩み
  3. 第3章 「リスク管理の仕組構築」ワークショップ
    1. 悩み (1) :「どのような仕組を作ればよいか?」
      1. 「リスク管理戦略の策定」&「管理者と現場の乖離」
      2. 日常活動での「リスクの見える化」
      3. 演習2:「推奨するリスク管理の仕組疑似体験」
      4. 「リスク意識の高い集団」と「簡単に出来る仕組」
    2. 悩み (2) :「どのように浸透させるか?」
      1. 「リスク管理計画の策定」
      2. 演習3:「リスク管理テンプレートの作成」
      3. 「リスクを特定し軽減」
  4. 第4章 「リスク管理の仕組失敗事例」
    1. 演習4:リスクの見える化「リスクの散布図」
    2. 演習5:「リスク管理の仕組」の弱点
  5. 第5章 業務適用するための「導入方法」
    1. 「リスク管理」をこれから導入する組織
      1. リスク管理を実施していない現場への導入
      2. 「管理層によるリスク管理の仕組」考案
    2. 「リスク管理」活動が形骸化している組織
      1. 「リスク管理」活動が形骸化している組織への導入
      2. 「経営層によるスク管理の実践」
  6. 第6章 「動機付け」と「現場への適用」
    1. 演習6:「現場への動機付け」
    2. 「リスク管理」適用のポイント

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/4 GMP対応工場「設計/施工」「維持管理/保守点検」コース (2日間) オンライン
2024/3/4 GMP対応工場 (増築・新規構築) における設計/施工時の注意点とURSの具体的記載例 オンライン
2024/3/4 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント オンライン
2024/3/11 HAZOP実践講座 (2日間) オンライン
2024/3/12 日欧米の化学物質関連法規制の概要と対応のポイント オンライン
2024/3/15 GMP違反とヒューマンエラーに対する教育訓練の考え方とQA視点による抑制・防止対策事例 オンライン
2024/3/19 GMP対応工場「設計/施工」「維持管理/保守点検」コース (2日間) オンライン
2024/3/19 チームマネジメント強化講座 オンライン
2024/3/27 日欧米の化学物質関連法規制の概要と対応のポイント オンライン
2024/3/27 GMP違反とヒューマンエラーに対する教育訓練の考え方とQA視点による抑制・防止対策事例 オンライン
2024/3/28 グローバルGMPをふまえた最新バリデーションの理解 オンライン
2024/3/28 バイオ医薬品における規格及び試験方法の設定と安定性試験 (長期保存試験) による有効期間の設定 オンライン
2024/3/29 チームマネジメント強化講座 オンライン
2024/3/29 試験検査室・サンプリング室・保管室の管理・改正GMP対応 オンライン
2024/4/26 製造員、試験検査員、品質保証員のGMP教育訓練と実効性評価 オンライン
2024/5/31 簡便化、抜け防止の観点をふまえたGMP SOP/製造指図記録書の形式・作成 (改訂) ・記入方法 オンライン
2024/6/11 簡便化、抜け防止の観点をふまえたGMP SOP/製造指図記録書の形式・作成 (改訂) ・記入方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/3/31 研究開発部門の新しい "働き方改革" の進め方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/4/26 新米管理者としてマネジメントの原理を知ることで不安解消しよう
2013/4/25 初公開 10分間面接メソッド
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/2/16 心に響く対応で確実にファンを創る!クレーム対策術
2013/2/14 テロリスト化するクレーマーへの対処術(企業編)
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集
2012/11/21 デキる上司の褒め方・叱り方・伝え方
2012/1/22 看護師の確保・定着体制の構築
2011/8/3 「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2011/5/21 病院を活性化する医師事務作業補助者の導入手法
2010/3/26 病院はどのように医療クラークの養成を行うべきか