技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応

グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応

~日米欧における安全対策の考え方・スタンスとPV査察/監査の狙い~
グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応の画像

ご案内

 今回の『グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本・欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応』~日米欧における安全対策の考え方・スタンスとPV査察/監査の狙い~という書籍の第1章から始まり、最終書のPV監査/査察で述べたPV査察のステップすべてが完遂されてはじめて、適切な安全対策を実施する体制が整うと同時に、実施される安全対策に対しても、十分な効果が期待できるものとなると考えられる。したがって、各企業におかれては、どういった安全対策を実施すればよいかという観点を考える場合は、安全性データの収集・入力・評価の過程に問題がないかどうかを再度確認し、実行に移して頂くことが重要と考える。是非とも、そうした観点で実施して頂くことを、同じ医薬品製造販売企業として願う。

編著者:小林 秀之

目次

第1章 RMP (医薬品リスク管理計画) 策定におけるデータベース活用とその留意点

  • はじめに
  • 1. 薬害と薬事規制の更新
  • 2. RMP の概要
    • 2.1 安全性検討事項の3 分類
    • 2.2 安全性監視計画とリスク最小化計画
  • 3. 安全性監視計画とRWD の活用
    • 3.1 研究デザインの専門性・重要性・多様性
    • 3.2 製造販売後データベース調査の登場
  • 4. リスク最小化計画とRWD の活用
  • 5. RMP のスキマとRWD の活用
    • 5.1 データ間リンクの課題
    • 5.2 研究デザインスキル不足の“無自覚”
    • 5.3 RMP 実行の主体と責任
  • おわりに

第2章 欧州におけるRMP (医薬品リスク管理計画,EU-RMP) と安全対策に関する考え方

- 各Module とPV 活動 –

  • はじめに
  • 1. EU のリスク管理計画 (EU-RMP) と安全対策 (リアクティブからプロアクティブへ)
  • 2. EU-RMP に関連する規制
    • 2.1 EU-RMP の法整備の歴史
    • 2.2 EU-RMP に関連する規制
    • 2.3 EU-RMP の適用範囲・要件
  • 3. EU-RMP の構成
  • 4. EU-RMP Part II:リスク (安全性検討事項) に関する記載
    • 4.1 S VII .1 Identification of safety concerns in the initial RMP submission
    • 4.2 S VII .1.1. Risks not considered important for inclusion in the list of safety concerns in the RMP
    • 4.3 S VII .1.2. Risks considered important for inclusion in the list of safety concerns in the RMP
      • 4.3.1 重要な特定されたリスク
      • 4.3.2 重要な潜在的リスク
      • 4.3.3 不足情報
    • 4.4 SVII. 2 New safety concerns and reclassification with a submission of an updated RMP
  • 5. EU-RMP Part III:リスク最小化策とその有効性評価
  • おわりに

第3章 米国におけるREMS (リスク評価・軽減戦略) と安全対策に関する考え方

- FDA Guidance とPV 活動 –

  • はじめに
  • 1. 背景
  • 2. REMS の概要
    • 2.1 ETASU
    • 2.2 薬剤リスク管理
    • 2.3 薬剤リスク管理におけるREMS 使用
    • 2.4 REMS 決定における法定要素の適用
      • 2.4.1 薬剤と関連ある既知または潜在的な有害事象の重篤性, および薬剤を使用する可能性のあるポピュレーションにおける当該事象の背景罹患率
      • 2.4.2 疾患または症状に対して期待される医薬品のベネフィット
      • 2.4.3 治療すべき疾患または症状の重篤性
      • 2.4.4 医薬品が新規分子化合物であるかどうか
      • 2.4.5 予想または実際の医薬品の治療期間
      • 2.4.6 医薬品が使用される推定対象患者数
    • 2.5 追加となる配慮事項:医療提供体制と患者アクセスへの潜在的な負担
  • 3. COVID-19大流行によるREMS 対応
  • おわりに

第4章 日本におけるRMP (医薬品リスク管理計画,J-RMP) と安全対策に関する考え方

- 通知等、イエローレター、ブルーレター –

  • 1. 安全対策及び医薬品リスク管理計画に係る日本の薬事行政
    • 1.1 薬機法
    • 1.2 医薬品リスク管理計画
  • 2. 医薬品リスク管理計画
    • 2.1 RMP とその活用
    • 2.2 RMP の構成
      • 2.2.1 安全性検討事項
      • 2.2.2 安全性監視計画
      • 2.2.3 リスク最小化計画
        • (1) 通常のリスク最小化策
          • 1) 電子化された添付文書
          • 2) 患者向医薬品ガイド
        • (2) 追加のリスク最小化策
          • 1) 市販直後調査 (確実な情報提供)
          • 2) 医療関係者への追加の情報提供
          • 3) 患者への情報提供
          • 4) 医薬品の使用条件の設定
          • 5) その他
  • 3. 日本の安全対策と今後の期待

第5章 日米欧における安全対策に関する考え方・スタンスの違い

  • はじめに
  • 1. 米国:独立までの歴史及び歴史観に基づく考え方の基本
    • 1.1 米国の基本的考えに則ったPV 規制
      • 1.1.1 米国における治験時の特徴的な安全性に関する規制
      • 1.1.2 米国における市販後の特徴的な安全性に関する規制
    • 1.2 米国における市販後の安全性監視体制
  • 2. 欧州:EU 統合に基づく考え方の基本
    • 2.1 欧州の基本的考えに則ったPV 規制
      • 2.1.1 欧州における治験時の特徴的な安全性に関する規制
      • 2.1.2 欧州における市販後の特徴的な安全性に関する規制
    • 2.2 欧州における市販後の安全性監視体制
  • 3.日本独自の考えに基づいたPV規制
    • 3.1 日本の基本的な考え方に則ったPV 規制
      • 3.1.1 日本における治験時の特徴的な安全性に関する規制
      • 3.1.2 日本における市販後の特徴的な安全性に関する規制
    • 3.2 日本における市販後の安全性監視体制
  • 4. 日米欧の安全対策に関する考え方・スタンスの違いによる安全対策そのものへの影響

第6章 RMP (REMS) と安全対策の関係について CCDS (CCSI) 、Core-RMP

  • はじめに
  • 1.CCDSとCCSIについて
  • 2.J-RMPとEU-RMP (REMS) の相違について
  • 3.注意すべきリスクとは
  • 4.RMPの利活用

第7章 RMP の安全性検討事項の設定プロセス

  • はじめに
  • 1. 安全性検討事項の特定
    • 1.1 日本における安全性検討事項の定義
    • 1.2 EU における安全性検討事項の定義
    • 1.3 日本とEU の安全性検討事項の比較
    • 1.4 医療従事者によるRMP の利活用を踏まえた安全性検討事項の検討
  • 2. 承認申請時に作成されるRMP における安全性検討事項の検討
  • 3. 製造販売後に作成又は改訂されるRMP における安全性検討事項の検討
  • 4. 安全性検討事項の見直し
  • おわりに

第8章 日本におけるリスク最小化策の有効性評価の実例

  • 1. リスク最小化策の評価について
  • 2. 評価のための目的,デザイン,使用するデータ,評価指標の検討
  • 3. わが国で利用可能なデータベースと主な利点と欠点
  • 4. アンケート調査によるリスク最小化活動を評価した事例
  • 5. データベースを用いてリスク最小化活動を評価した事例
    • 5.1 血中濃度測定の効果について
    • 5.2 処方割合や心エコー検査の実施率
  • まとめ

第9章 :医薬品管理計画におけるPV査察/監査と求めるべき安全対策

  • 1.用語確認
    • 1.1 PV査察とは
    • 1.2 PV監査とは?
  • 2.PV査察/監査が求める安全対策とは?
    • 2.1 日米欧のPV査察の違い
    • 2.2 入手すべき安全性情報が漏れなく収集されているかどうかの確認
    • 2.3 入手すべき安全性情報が漏れなくDBに格納されているかどうかの確認
    • 2.4 入力されたデータの評価にブレがないかどうかの確認
    • 2.5 評価されたデータに基づく安全対策の妥当性の確認
    • 2.6 実施された安全対策の有効性の確認

執筆者

青木 事成

中外製薬 株式会社

薬剤疫学プロフェッショナル

眞木 岳子

大塚製薬 株式会社

水口 浩一

大鵬薬品工業 株式会社

鈴木 康予

中外製薬 株式会社

小林 秀之

MSD 株式会社

PVシニアマネージャー 兼 安全管理責任者

石田 和彦

アステラス製薬 株式会社

大場 延浩

日本大学
薬学部

監修

  • 小林 秀之 MSD 株式会社

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 125ページ

ISBNコード

978-4-86428-304-5

発行年月

2023年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

33,250円 (税別) / 36,575円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/26 品質管理試験室にむけたQC点検と信頼性確保 / 分析法バリデーションに必要となる統計解析 / 基準値設定・分析法変更/技術移転時の同等性評価 (3コース) 東京都 会場・オンライン
2024/7/26 開発早期段階における患者数、売上、薬価予測 オンライン
2024/7/26 製造販売後におけるRWD (リアルワールドデータ) 利活用の実際 オンライン
2024/7/26 ヒューマンエラー・逸脱・GMP違反を防ぐSOP・製造指図記録書の作成とは? 教育訓練とは? GMP記録とは? オンライン
2024/7/26 医薬品のグローバル開発に必要な実践英語講座 オンライン
2024/7/26 動物用体外診断用医薬品の開発ポイントと承認申請時の注意点 オンライン
2024/7/26 正確でロジカルかつ説得力のある販売予測の進め方 オンライン
2024/7/29 ICH-Q9改訂をふまえた品質リスクマネジメント/リスクアセスメント/リスク評価の具体的な進め方 オンライン
2024/7/29 医薬品/医療機器等へのQMSの具体的な構築フロー オンライン
2024/7/29 中国における体外診断薬の薬事規制及び市場動向と取るべき戦略 オンライン
2024/7/29 バイオ医薬品・再生医療等製品におけるシングルユースの基礎とリスク管理・管理戦略・製造設計 オンライン
2024/7/30 三極 (日米欧) の規制・承認体制に基づいた治験薬GMPのポイントと設備管理・適格性評価 オンライン
2024/7/30 マルチパーパスプラントの設備設計と洗浄バリデーション オンライン
2024/7/30 バイオ医薬品におけるタンパク質の凝集分析と処方決定までの具体的事例 オンライン
2024/7/30 医薬品不純物管理のための許容量 (PDE) 設定の基礎と実践 オンライン
2024/7/30 製造・品質試験/輸送・安定性試験/承認申請コース 全3コース オンライン
2024/7/31 Excelスプレッドシートの運用管理・バリデーション方法と信頼性確保と当局指摘事例 オンライン
2024/7/31 医薬品・部外品・化粧品分野で必要な品質管理/検査に役立つ化学分析の基礎 オンライン
2024/7/31 CMC試験における信頼性の基準適用のポイントとQC/QA対応 オンライン
2024/7/31 改正GMP省令で求められているGMP文書・記録の作成・管理のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/3/22 GxP領域でのクラウド利用におけるCSV実施/データインテグリティ対応
2024/3/22 GxP領域でのクラウド利用におけるCSV実施/データインテグリティ対応 (製本版 + ebook版)
2024/1/31 不純物の分析法と化学物質の取り扱い
2023/12/20 遺伝子治療用製品の開発・申請戦略 (製本版 + ebook版)
2023/12/20 遺伝子治療用製品の開発・申請戦略
2023/11/30 当局査察に対応した試験検査室管理実務ノウハウ
2023/11/29 開発段階に応じたバリデーション実施範囲・品質規格設定と変更管理 - プロセス/分析法バリデーション - (製本版 + ebook版)
2023/11/29 開発段階に応じたバリデーション実施範囲・品質規格設定と変更管理 - プロセス/分析法バリデーション -
2023/8/31 ゲノム編集の最新技術と医薬品・遺伝子治療・農業・水畜産物
2023/5/26 グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応 (製本版 + ebook版)
2023/2/28 mRNAの制御機構の解明と治療薬・ワクチンへの活用
2023/1/31 新規モダリティ医薬品のための新しいDDS技術と製剤化
2023/1/31 超入門 改正GMP省令セミナー
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法 (製本版 + ebook版)
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法
2022/11/30 抗体医薬品製造
2022/7/29 ペプチド医薬品の開発・事業化戦略および合成・分析・製造ノウハウ
2022/6/24 Trial Master File (TMF) の保管・電磁化移行とeTMFシステム実装時のSOP作成/指摘事例・対策 (製本版 + ebook版)
2022/6/24 Trial Master File (TMF) の保管・電磁化移行とeTMFシステム実装時のSOP作成/指摘事例・対策
2022/6/17 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ (追補版)