技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

クレームから学ぶ!生産現場における検査と品質改善手法

クレームから学ぶ!生産現場における検査と品質改善手法

東京都 開催

開催日

  • 2013年10月28日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 製造業における品質管理担当者、品質保証担当者、管理者

修得知識

  • 統計の扱いの明確化
  • 3現主義の実践法
  • 原因と結果のメカニズム解析~原因除去
  • 品質保証と不良ゼロ対策に有効な検査技術
  • ヒューマン・エラーゼロ化手順
  • DRの実務

プログラム

 不良・クレーム対策は事実をベースに原因を究明して除去する対策と、ハインリッヒの原則を製造現場で展開して不良・クレーム:ヒヤット=1:29の29をゼロ化する対策が要点です。 この原理を不良・クレームゼロ対策研究会で4年間21社と共に活動、①不良ゼロの再発防止、②最初から発生させない対策、③新製品開発段階からの不良ゼロ追及を進めてきた内容を解説させていただきます。

  1. クレーム・不良ゼロ化の歴史と努力 :
    1. 10年ピッチで見た世界最先端の品質改善
    2. ISO9001の位置づけと品質保障の実務
    3. IT活用による不良ゼロ品質保証の具体化
  2. QC7つ道具活用上の問題点
    1. SO9000シリーズに見る「統計の扱いの明確化」対策
    2. 見直すべきTQC活動による不良対策アプローチ
  3. 昨今問題となった品質・クレーム問題の解析
    1. 報道された主な各種の品質事例の紹介
    2. 事故・問題の要因解析の進め方
  4. ヒューマン・エラーゼロ対策の進め方
    1. ヒューマン・エラーゼロ化への進め方と手順化
    2. 仕事の手順分析と不良・クレームリスクの把握法
    3. QTAT (Quick Turn Around Time) の実務的進め方
    4. 大脳生理学チェックリスト活用法
    5. CRM (Crew Resource Management ) の利用による訓練対策
  5. 物理現象に対する原因除去 (不良ゼロ) 対策の進め方
    1. 事実分析のための科学的調査と評価技術
    2. なぜ?5段階解析 (5W法) と原理図化法による原因-結果の見える化対策
    3. NASA開発の比較分析の利用と事例
  6. 最初から不良を出さない製造工程実現対策
    1. FTA、FMEAなどDR手法
    2. 製造工程におけるゼロ化に有効なハザードMAP活用の技術と成果
    3. 組立製品の不良ゼロ化に有効なハザードMAP活用の技術と成果
  7. 新製品開発段階からの不良ゼロ対策
    1. 不良の85%を持ち込むDR (デザイン・レビュー) 段階の対策
    2. GD3に見る効率的DR対策
    3. ITシミュレーション (CAE) 活用の実務
  8. Q&Aとまとめ
    • 質疑応答

講師

  • 中村 茂弘
    有限会社QCD革新研究所
    代表取締役 / 所長

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5階 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,667円 (税別) / 44,800円 (税込)
複数名
: 35,667円 (税別) / 37,450円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 人工知能を使ったヒューマンエラー対策 東京都
2019/4/24 サービスサイエンスの基礎と実践応用テクニック 東京都
2019/4/24 新商品開発のための勝てる「シンプル技術戦略」作成法、活用法 東京都
2019/4/24 技術者のためのデザイン思考の基礎と具体的手法 東京都
2019/4/24 品質工学 (タグチメソッド) 実践入門 東京都
2019/4/25 周辺視目視検査法の進め方と実施法 東京都
2019/5/22 サービスサイエンスの基礎と実践応用テクニック 東京都
2019/5/22 開発組織が主導する「事業につなげる開発テーマ」創出法 東京都
2019/5/28 FMEA・DRBFMの基礎と活用方法 東京都
2019/5/28 ステージゲートプロセスの本質の理解と導入方法、適切な運用と工夫 東京都
2019/5/29 ものづくり企業における全員参加で取り組むヒューマンエラーゼロへ向けた実践的アプローチ 東京都
2019/5/30 外観検査の自動化への指南とその運用ノウハウ 東京都
2019/5/31 機械学習によるヒューマンエラー予兆検知 東京都
2019/6/5 超入門 FMEAとFTA (故障の木解析) とその活用 東京都
2019/6/5 R&Dにおいて効果・成果を得るためのデザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 京都府
2019/6/7 エンジニアのためのデータの特徴を分析する統計・多変量解析手法 愛知県
2019/6/7 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 大阪府
2019/6/12 IoTによる「つながる工場」の実現と導入、活用方法 愛知県
2019/6/13 デザインレビューの効果的な仕組みと運用の仕方 東京都
2019/6/14 最新化粧品マーケティング戦略実践講座 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/7/16 ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析 (CD-ROM版)
2013/7/16 ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2010/10/28 薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング
2010/9/29 医薬品の品質試験実施・生データの信頼性基準と申請資料作成の留意点
2010/6/29 医薬品製造・試験現場におけるヒューマンエラー防止策と作業者教育
2010/5/31 信頼性作りに向けた加速試験の基本と効率的な進め方
2006/5/19 クレーム対応のプロが教えるコツ
2006/3/10 信頼性抜取り試験・加速試験とデータ解析
1998/6/15 電子機器・部品の複合加速試験と信頼性評価技術
1993/4/1 はんだ接続の高信頼性化技術とその評価
1992/11/11 VLSI試験/故障解析技術
1988/2/1 半導体の故障モードと加速試験
1987/8/1 機構部品の故障現象と加速試験
1985/10/1 電子部品・電子装置の環境信頼性試験