技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

QC工程表・作業手順書の作り方

オンデマンドセミナー

QC工程表・作業手順書の作り方

概要

本セミナーでは、「わかりやすいQC工程表」「わかりやすい作業標準書」を作成するためのポイントやテクニックを、事例・演習を交えて解説いたします。
また、効果的な整理、共有のポイントについても解説いたします。
(収録日:2020年11月6日)

目次

 人材の流動化が進む中で、品質確保と生産性向上の観点から、人材の早期育成・戦力化が重要な経営課題となっています。そのための前提条件として、製造業にとってはQC工程表や作業標準書の整備とその活用が大変重要です。
 品質確保のためには、発生した不良に対する後追い的な是正処置の繰り返しから、リスク分析を踏まえた的確な管理項目をQC工程表にて共有できる予防処置の強化へとシフトしてゆかねばなりません。
 生産性向上のためには、わかりやすい作業標準書を整備し、3ヶ月かかっていた作業訓練を数日間で完了せねばなりません。
 本セミナーではQC工程表や作業標準書を作成することはもちろん、社内でそのノウハウを展開できるようにするため、まず完成した文書を例示し、その内容を解説した後、作成方法をステップバイステップでデモンストレーションを交えながら、一から解説していきます。

  1. 作業標準書作成の基礎知識
    1. 作業標準書とは~その体系と作成の目的~
    2. 標準書に含まれる情報の分類~作業標準書にはどんな目的でどんな情報が必要?
    3. ビジネス文書の構成・記述の原則~わかりやすいビジネス文書を書く上での7つの原則
  2. わかりやすいQC工程表の作り方~全工程の管理基準の見える化がポイント~
    1. QC工程表とは
      • QC工程表の目的と使い方
      • 誰が、いつ、QC工程表を作るのか?
      • QC工程表作成に必要な情報
    2. QC工程表の作り方とそのノウハウ
      • QC工程表作成のプロセス
      • 用途、様式の決定
      • 作成単位の決定 (製品別・工程グループ別)
      • 工程概要の記述事項、管理項目・管理基準の決め方
      • 結果系と要因系の管理項目
      • QC工程表の拡大的発展方法
    3. QC工程表のフォーマット紹介
    4. 共同演習:作業ビデオの観察とQC工程表の作成
  3. わかりやすい作業標準書の作り方
    1. 作業手順書はだれのためにつくるのか?
      • 作業確認用
      • 訓練用
      • 問題解決用
      • 作業改善用
    2. 事例を参考に作業手順書の表現形式を知る
      • テーブル方式
      • フローチャート方式
      • スライド方式
      • マインドマップ形式
    3. 形式ごとの作業手順書の作り方とテクニック
      • QC工程表から作業手順書へ
      • まず全体構成から形式を選ぶ
      • フローチャート形式の手順書の作り方
      • パワーポイント方式での作り方
      • 画像を使った目でみてわかる作業手順書とは
      • 画像をうまく使うテクニック
    4. 共同演習:作業ビデオの観察と作業手順の記述
  4. ISO9001 2015年版に対応した業務手順書の作成方法
    1. ISO9001 2015年版の特徴
    2. 業務プロセス手順書の作り方と使い方
    3. ISO9001 2015版に対応した業務手順書の内容と事例
    4. 異種アプリソフトで作成した文書の統合化

執筆者

副田 武夫

プロセスデザイン研究所

所長

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

PDFファイル 0ページ

発行年月

2020年11月

販売元

tech-seminar.jp

価格

30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)

オンデマンドセミナーの留意点

  • 申込み後、すぐに視聴可能なため、本セミナーのキャンセルは承りかねます。 予めご了承ください。
  • 録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 視聴期間および回数に制限はございません。繰り返し何度でもご視聴が可能です。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 3営業日後までに、メールをお送りいたします。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • 動画視聴・インターネット環境をご確認ください
    • セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
    • サンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  • 本セミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/7 GMPに沿ったキャリブレーションの実施とデータインティグリティ対応 オンライン
2022/7/8 GMP製造指図記録書の形式・作成・不適切事例と製造記録の記入方法 オンライン
2022/7/19 信頼性とデータ解析の基礎 オンライン
2022/7/19 FMEA・DRBFMのあるべき姿、その使い方と効率の良い作成法 オンライン
2022/7/26 MTシステムおよび機械学習による異常診断技術の基礎と最適活用 オンライン
2022/7/27 デザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 オンライン
2022/7/27 改正GMP省令、PIC/S DIガイドをふまえたGMP文書管理・作成・記録と不備・不整合への具体的処理方法 オンライン
2022/7/27 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 オンライン
2022/7/27 標準品の品質試験法設定の基礎と注意点 オンライン
2022/7/28 標準品の品質試験法設定の基礎と注意点 オンライン
2022/7/29 サンプリング試験の全体像を把握し、適切に設計、運用するためのコース オンライン
2022/8/5 設備・機械の異常検知、予知に向けたセンシング、評価技術 オンライン
2022/8/17 医薬品 洗浄バリデーションセミナー オンライン
2022/8/18 設計品質向上の考え方と再発・未然防止手法 オンライン
2022/8/22 GVP基礎講座 オンライン
2022/8/23 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2022/8/23 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2022/8/23 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2022/8/23 信頼性の基礎 (1) オンライン
2022/8/24 FMEA/FTA 入門講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2020/3/30 当局要求をふまえたデータインテグリティ手順書作成の要点
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集
2012/2/9 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応のための「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2011/9/1 厚労省ER/ES指針対応実施の手引き
2011/8/29 グローバルスタンダード対応のためのCSV実施方法
2011/8/24 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応 "SOP作成"実践講座
2011/6/28 3極要求を反映したGMP-SOP全集
2011/4/20 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」対応実践講座
2010/10/28 薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング
2007/3/16 臨床開発におけるER/ESの活用とコンピュータシステムバリデーション実践書