技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法

セミナー収録DVD、スライド

FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法

ご案内

トヨタ自動車で生まれた未然防止手法であるDRBFMは、トヨタ自動車の手法であるから素晴らしいわけではありません。その本質は、国際標準の安全性評価の考え方であるシステム安全の概念に合致しているからこそ、効果を発揮します。故障解析手法をシステム安全の概念から見直すことで、既存手法がなぜ形骸化するのか、形骸化に対応するためにどのような対応が必要なのかを、講義を通じてお話します。故障解析手法の初心者の方を前提とした内容となっています。

目次

  1. 不具合防止はなぜ困難か
    1. 不具合の原因分類から
    2. リコール事例のデータ解析から
    3. なぜ5回問えといわれるか
    4. Stress – Strength model と故障モード
  2. デザインレビューの基礎
    1. 概念設計審査
    2. 詳細設計審査
    3. 最終設計審査
    4. デザインレビューの課題 形骸化、管理負担など
  3. システム安全の概念と信頼性、安全性評価手法
    1. 信頼性と安全性
    2. FMEA
    3. FTA
    4. リスクアセスメント
      • 長岡技術科学大学技術経営研究科システム安全専攻紹介
  4. DRBFMについて
    1. GD3 の考え方とリスクアセスメントの共通点~比較する~
    2. 要素機能の正常状態表現
    3. 故障モード導出の論理
    4. 故障解析,リスクアセスメントに本当に必要なもの
      ~不具合一覧表~
    5. 影響度分類表
    6. DRBFMの性能評価

執筆者

大塚 雄市

長岡技術科学大学
大学院 技術経営研究科
システム安全専攻

准教授

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判フルカラーテキスト、DVD (講演時間 約260分) 86ページ

発行年月

2015年10月

販売元

tech-seminar.jp

価格

45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/25 効率的な新製品開発のための信頼性設計・評価の基礎と加速試験の進め方・注意点 オンライン
2022/1/28 暗黙知の見える化によるカンタン技能伝承セミナー オンライン
2022/1/31 リーンな設計と品質不具合の未然防止をサポートする「DRBFM」 オンライン
2022/2/3 機能設計を目指したデータ解析技法 オンライン
2022/2/10 エンジニアのための実験計画法 & Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2022/2/10 加速試験の計画・実施のポイントと効率的な進め方 オンライン
2022/2/10 セル生産思想を実現する自動化・設備の在り方 オンライン
2022/2/14 医薬品品質システム (PQS) を踏まえたコンプライアンス遵守とQuality CultureのGMP文書への落とし込み オンライン
2022/2/14 ダントツ製品を生み出す取り組み方 オンライン
2022/2/15 電子機器の故障未然防止と故障解析入門 オンライン
2022/2/16 アレニウス式加速試験でのプロット作成と測定数値の取り扱い・選定法 オンライン
2022/2/16 電子製品、電子部品の品質保証のポイント オンライン
2022/2/16 新医療機器の開発開始 (導入) から製造販売承認申請に至る各段階におけるメディカルライティングの留意事項 オンライン
2022/2/17 官能評価の基礎と手順・手法の勘所 オンライン
2022/2/18 公差設計入門 オンライン
2022/2/22 既存工場へのIoT・AI導入と工場内の無線化、自動化への活用 オンライン
2022/2/25 実務に役立つ品質機能展開 (QFD) の基礎と活用へのポイント オンライン
2022/2/28 ヒューマンエラーの発生原因とその対策とは オンライン
2022/3/8 管理図 オンライン
2022/3/18 公差設計入門 オンライン