技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

電子機器・部品の複合加速試験と信頼性評価技術

電子機器・部品の複合加速試験と信頼性評価技術

目次

第1章 信頼性評価技術の課題

  • 1 市場背景
  • 2 複合加速試験のねらい

第2章 信頼性評価の概要

  • 1 用語
  • 2 分類
  • 演習問題 1

第3章 スイッチング電源の概要

  • 1 歴史
  • 2 機能
  • 3 分類
  • 4 用途
  • 5 動作原理

第4章 信頼性の解析

  • 1 使われ方
  • 2 環境ストレスとその影響
  • 3 故障モード

第5章 信頼性理論

  • 1 アレニウスの式
  • 2 アレニウスモデル式
  • 3 アイリングの式
  • 4 アイリングモデル式
  • 5 Conffin-Mansonの実験式

第6章 加速係数算出

  • 1 寿命一般式
  • 2 温度加速係数
    • 2.1 トランス
    • 2.2 電解コンデンサ
    • 2.3 k度則モデルについて
    • 2.4 半導体
  • 3 湿度加速係数
  • 4 熱衝撃加速係数
  • 5 複合加速係数

第7章 複合加速試験

  • 1 共通的複合ストレス
  • 2 試験法と試験条件
  • 3 設計寿命と個別試験計画
  • 4 故障解析
  • 5 複合加速試験と実験計画法の組合せ

第8章 複合加速試験設備

  • 1 単一設備の組み合わせ
  • 2 複合加速自動試験システム装置
    • 2.1 通電・計測システム
    • 2.2 チャンバー・振動システム
  • 演習問題 2
  • 付録 各種の絶縁材料と電解コンデンサの活性化エネルギー
  • 引用文献 (第1章~第8章)

第9章 樹脂注型絶縁の課電寿命特性 (V-t特性)

  • 1 V-t特性の表し方
  • 2 試料の造り型
  • 3 絶縁破壊電圧と接着界面距離
  • 4 絶縁破壊電圧 (BDV) の温度効果
  • 5 V-t特性の逆n乗則近似
  • 6 界面絶縁距離の設計基準と設計法
    • 6.1 50Hz,20年相当のノリル/エポキシ界面絶縁距離設計基準
    • 6.2 直流印加電圧に対するノリル/エポキシ界面絶縁距離設計基準
    • 6.3 高周波 (50kHz) ,20年相当のノリル/エポキシ界面絶縁距離設計基準
    • 6.4 非対称波形の印加電圧
      (DC+ACの印加電圧の場合を含む) におけるノリル/エポキシ界面絶縁距離設計基準の使い方
    • 6.5 50Hz,20年相当の基板/エポキシ界面絶縁距離設計基準
    • 6.6 直流印加電圧に対する基板/エポキシ界面絶縁距離設計基準
    • 6.7 高周波 (50kHz) ,20年相当の基板/エポキシ界面絶縁距離設計基準
    • 6.8 非対称波形の印加電圧 (DC+ACの印加電圧の場合を含む) における
      基板/エポキシ界面絶縁距離設計基準の使い方
  • 7 高圧トランス設計への応用
  • 8 V-t特性における電圧加速係数
  • 演習問題 3
  • 引用文献 (第9章)

第10章 マグネットワイヤーのコロナ開始電圧と課電寿命特性 (V-t特性)

  • 1 絶縁物表面のコロナ開始電圧
  • 2 マグネットワイヤーのコロナ開始電圧の実験検証
  • 3 マグネットワイヤーの課電寿命特性 (V-t特性)
    • 3.1 ポリウレタン銅線とポリアミドイミド平角銅線のV-t特性
    • 3.2 多層絶縁銅線のV-t特性
  • 演習問題 4
  • 引用文献 (第10章)

第11章 プリント基板の空間距離と沿面距離

  • 1 IEC664の概要と用語
  • 2 IEC664-1による最小空間・沿面距離寸法の求め方
    • 2.1 機能絶縁の最小空間距離寸法
    • 2.2 基礎絶縁及び保護絶縁の最小空間距離寸法
    • 2.3 強化絶縁の最小空間距離寸法
    • 2.4 機能絶縁の最小沿面距離寸法
    • 2.5 基礎絶縁及び保護絶縁の最小沿面距離寸法
    • 2.6 強化絶縁の最小沿面距離寸法
  • 3 プリント基板の銅箔間距離の設計事例
  • 4 信頼性について
  • 演習問題 5
  • 引用文献 (第11章)
  • 演習問題の解答

執筆者

松下電子部品株式会社
電響事業部
品質保証室
主任技師
島本 俊明

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-R 184ページ

発行年月

1998年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

49,800円 (税別) / 54,780円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/24 電子機器・回路のノイズ対策基礎講座 オンライン
2022/1/25 効率的な新製品開発のための信頼性設計・評価の基礎と加速試験の進め方・注意点 オンライン
2022/1/25 車載電子製品・部品における熱設計・実装、放熱・耐熱技術と将来動向 オンライン
2022/1/27 電子部品の特性とノウハウ (1) オンライン
2022/1/28 暗黙知の見える化によるカンタン技能伝承セミナー オンライン
2022/1/31 リーンな設計と品質不具合の未然防止をサポートする「DRBFM」 オンライン
2022/1/31 電子部品の特性とノウハウ (2) オンライン
2022/2/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2022/2/3 機能設計を目指したデータ解析技法 オンライン
2022/2/4 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2022/2/7 電子機器における防水設計の基礎と設計手法 オンライン
2022/2/10 エンジニアのための実験計画法 & Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2022/2/10 加速試験の計画・実施のポイントと効率的な進め方 オンライン
2022/2/10 セル生産思想を実現する自動化・設備の在り方 オンライン
2022/2/14 めっき技術の半導体・電子デバイスへの応用と最新動向 オンライン
2022/2/14 医薬品品質システム (PQS) を踏まえたコンプライアンス遵守とQuality CultureのGMP文書への落とし込み オンライン
2022/2/14 ダントツ製品を生み出す取り組み方 オンライン
2022/2/15 電子機器の故障未然防止と故障解析入門 オンライン
2022/2/16 アレニウス式加速試験でのプロット作成と測定数値の取り扱い・選定法 オンライン
2022/2/16 電子製品、電子部品の品質保証のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/10/16 2021年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/10/18 2020年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2018/10/19 2019年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2017/10/20 2018年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2016/10/21 2017年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2015/10/23 2016年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2014/10/24 2015年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書