技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動

潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動

~潜在ニーズを充足し顧客価値を拡大し継続的に大きな収益を生みだすために / 潜在ニーズを見つけるフレームワークとプロセス / 潜在ニーズ候補の抽出・進化 / 製品アイデア候補の創出・進化、顧客への提示~
オンライン 開催
  • 受講特典: アーカイブ配信付き (視聴期間: 2024年4月26日〜5月2日を予定)

概要

本セミナーでは、市場の潜在ニーズを見つけることの重要性を詳しく議論した後、市場の潜在ニーズを見つける具体的な活動の大きなフレームワークを提示した上で、そのフレームワークを実行する具体的な活動を事例を示しながら詳しく解説いたします。

開催日

  • 2024年4月25日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 経営企画・研究開発企画・技術戦略・事業企画・商品開発部門の担当者
  • 研究開発テーマを継続的に創出する仕組みを構築したい方
  • 研究開発テーマの創出法を学びたい方

修得知識

  • 市場の潜在ニーズを見つける方法
  • 製品アイデアの発想プロセス

プログラム

 20年ほど前から、潜在ニーズを見つけることの重要性がさまざまな機会で、議論されるようになりました。なぜ潜在ニーズが重要かというと、潜在ニーズを充足することで、顧客に提供する価値、すなわち顧客価値を拡大することができるようになり、さらにその大きな顧客価値は顧客の数を拡大し、加えて潜在ニーズは無限に存在し尽きることはないからです。その結果、継続的な大きな収益を生んでくれるからです。しかし、現実にはほとんどの企業で、この潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動を行ってはいません。それは、潜在ニーズの重要性が明確にとらえられておらず、また潜在ニーズを見つけることは必ずしも簡単なものではなく一方で、潜在ニーズを見つけるための具体的な活動とはどのようなものかが、理解されていないためです。
 本セミナーにおいては、市場の潜在ニーズを見つけることの重要性を詳しく議論した後、市場の潜在ニーズを見つける具体的な活動を、大きなフレームワークを提示した上で、そのフレームワークを実行する具体的な活動を、事例を示しながら詳しく提示いたします。以上より市場の潜在ニーズを見つける方法を学ぶことができます。

  1. なぜ市場の潜在ニーズが重要なのか?
    1. キーエンスの例/日立の例
    2. 潜在ニーズを見つけることの2つの重要な意義
      • 大きな売上と高い利益率を実現
      • 尽きぬ収益機会を提供
  2. 潜在ニーズを見つけるフレームワークとプロセス
    1. 潜在ニーズの継続的収集のためのプロセスの全体像
    2. なぜこのような一見冗長なプロセスとなるのか?
      • 顧客は、自分のニーズを明確にとらえてはいないもの (スティーブ・ジョブズの言葉)
      • 提案をぶつけ続けると、潜在ニーズが見えてくる (矢と的のアナロジー)
      • そのために「製品アイデア候補の創出/進化」や「製品アイデア候補の顧客への提示」が必要となる
  3. 潜在ニーズ候補の抽出/進化
    1. 競合他社や顧客がもたない広い視野で市場ニーズを探す
    2. 市場ニーズを探すための2つの視野と活動
    3. その1:提供顧客価値を拡大する:顧客価値拡大モデル
      • 顧客自身の製品・サービスの提供価値向上
        • 日本触媒の例
      • 顧客の懸念・面倒の払拭
        • 日東電工/IBMの例
      • 顧客の全体コスト低減
        • 東洋電機の例
      • 顧客社員の作業環境や能力の向上
        • 加賀屋/コマツ/日本ペイントの例
      • 顧客の社会的価値の向上
        • ダウジョーンズ/住友化学の例
    4. その2:市場を多面的に見る:市場を見る3軸とその活動
      • 時間軸 (Time) の施策
        • マクロ環境分析、シナリオプラニング
        • ライトハウスカスタマーの利用 (島津製作所/シマノの例)
        • 顧客の先端部門とコンタクト (NEC/IBMの例) 、〇〇先進国に目を向ける
        • 『顧客』の本質ニーズをつかむ (シマノ/ミルクシェイク/ホンダの例)
      • 分野軸 (Area) の施策
        • 顧客ではなく市場に目を向ける (バックホーメーカーの例)
        • 広義の市場に目を向ける
        • 顧客の製品のライフサイクル全体を見る (テトラパックの例)
        • 非顧客の無消費にも注意を向ける (バイクメーカー/アルコール飲料メーカーの例)
        • 途上国市場からインサイトを得る (花王/シーメンス/GE/P&Gの例)
        • 数多くの顧客とコンタクトを持つ (ワコールの例)
        • 一人、一社のニーズの背後には 千人、百社のニーズがある (電子機器メーカーの例)
        • 面で活動する (エーザイ/小林製薬/前川製作所の例)
      • 深度軸 (Depth) の施策
        • 市場と直接の接点を持つ (日立/エーザイの例)
        • 顧客の行動観察 (ICIペイントの例)
        • 顧客を自ら体験する (化粧品材料メーカー/石野製作所/旭化成の例)
        • 市場との継続的対話の実施 (みずほ銀行/村田製作所の例)
        • ラガードとコンタクトをする
        • 顧客のコンサルティング (キーエンスの例)
        • 顧客の相談窓口の設置・活用 (ディスコの例)
        • 顧客のトレーニングの場の活用 (テルモ/ファナックの例)
        • 顧客サイトに拠点を持つ (日東電工/日特エンジニアリング/ゲストエンジニア制度/コマツの例)
        • 顧客と共同で潜在ニーズを探る (日立の例)
        • サービス情報の活用 (シマノの例)
        • 自社コア技術に基づく顧客との議論の場の設定 (富士フイルム/帝人/日立/3Mの例)
  4. 製品アイデア候補の創出/進化
    1. 製品アイデア創出プロセス
      • 発散と収束を繰り返す
    2. タスク1:良いアイデアとはの定義
    3. タスク2:対象市場の選定
    4. タスク3:VACESの視点で市場ニーズリスト化/追加
      • 効果的なブレーンストーミングの実施法
    5. タスク4:製品アイデア候補創出<1次>
    6. タスク5:製品アイデア評価・選択<1次>
    7. タスク6:まとめ<1次>
    8. タスク7〜タスク9<2次>の活動
  5. 製品アイデア候補の顧客への提示
    1. 「製品アイデア候補の顧客への提示」の目的
      • 提案を顧客にぶつけ続けると、潜在ニーズが見えてくる (矢と的のアナロジー)
    2. どういう形で製品アイデアを顧客に提示するか?
  6. 最後に
    • 質疑応答

講師

  • 浪江 一公
    ベクター・コンサルティング 株式会社
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,200円 (税別) / 39,820円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,200円(税別) / 39,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/31 開発者・技術者のための技術の発想と実現 オンライン
2024/6/4 ものづくり・問題解決のための機器分析の考え方と進め方 オンライン
2024/6/4 希少疾患におけるアンメットニーズ: ペイシェントジャーニーによる掘り起こしと分析、マーケティングや事業性評価への活用 オンライン
2024/6/5 生成AIと自社データの連携によるアイデア創出と研究プロセスの変革 オンライン
2024/6/5 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2024/6/5 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/6/6 自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座 オンライン
2024/6/7 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/6/7 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/6/10 薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2024 オンライン
2024/6/11 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの方法とその具体的な活動 オンライン
2024/6/11 電子実験ノートの導入とR&Dデータ共有・利活用ノウハウ オンライン
2024/6/12 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント オンライン
2024/6/17 技術者、研究者のための実践的なタイムマネジメント オンライン
2024/6/17 希少疾患におけるアンメットニーズ: ペイシェントジャーニーによる掘り起こしと分析、マーケティングや事業性評価への活用 オンライン
2024/6/18 自社保有技術・コア技術を起点にした革新的な研究開発テーマの創出活動 オンライン
2024/6/19 ものづくり、研究開発の成功に必要な論理的技術者思考とその実践 オンライン
2024/6/19 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 東京都 会場・オンライン
2024/6/20 自社技術の洗い出しと新規事業創出方法 オンライン
2024/6/21 技術開発のためのロードマップ作成手法と実践的な活用方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/12/27 実験の自動化・自律化によるR&Dの効率化と運用方法
2023/10/31 出口戦略に基づく研究開発テーマの設定と事業化への繋げ方
2022/8/31 研究開発部門と他部門の壁の壊し方、協力体制の築き方
2022/4/28 研究開発部門へのDX導入によるR&Dの効率化、実験の短縮化
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2020/10/30 研究開発者のモチベーションの高め方と実践事例
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書
2011/11/2 インドの食習慣・食品産業と日本企業の事業機会