技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発におけるロードマップの作成法と事業化にむけた活用事例

研究開発におけるロードマップの作成法と事業化にむけた活用事例

オンライン 開催

開催日

  • 2022年6月16日(木) 13時00分 16時50分

プログラム

第1部 長期的視点で高収益を実現するための市場・製品・技術ロードマップ作成

(13:00〜14:10)

 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、 既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。
 日本企業が、欧米企業はもとより、このようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら競合企業に先んじて 革新的なテーマを継続的に創出し取り組むことが極めて重要になってきています。
 そのための有効な方法が、長期の視点を持ち、市場の行く末を今から想定し、周到な準備を行い、またその上で、同時に市場の動きをモニターしながら、タイムリーに計画を調整・変更することが必要となります。ロードマップ作成はまさにこのような活動を、体系的、組織的に行うための方法論です。
 本セミナーでは、どういう視点でロードマップ作成を行うかについて紹介します。

  1. ロードマップ作成上の重要な視点
    • “Roadmapping is more important than the roadmap.” (ロードマップはロードマップそのものより、作るプロセスに意味がある)
  2. なぜ今ロードマップなのか?
    1. 21世紀の日本の産業界の現実
    2. 日本企業が行く道:長期的視点での戦略の展開
    3. 先進企業はどうしているか? (東レ、トヨタ)
    4. ロードマップの意義
    5. 長期の視点での展開に関する日本企業の現実
      • 「長期でテーマを考える余裕などはない」 (機械メーカー)
    6. 将来を見据えての施策が最終的に目前のとして結実する:「待ち伏せ」をする
  3. ロードマップとは?
    1. 「違いを作って、つなげる」ことで長期的利益を実現
    2. ロードマップの重要な注意点
    3. ロードマップの目的と要件
    4. 長期的視野での目標の設定とテーマ・マネジメントへのインプット
    5. 市場起点
      • 「ドリルメーカーは顧客に何を売っているのか?」
      • MPTモデル
      • T1P1MP2T2モデル
      • 長期の市場の大きな流れ (マクロ環境変化) に乗る
    6. 関係者の意思・意図・英知の結集
      • 集団の英知の利用
      • Boys! Be ambitious! Girls! Be ambitious!
      • 東レの炭素繊維の例
    7. 事業ビジョン
      • googleの例
    8. 過去のアンラーニング
      • 既存の固定的思考が制約となる
      • 固定的思考の払拭:アンラーニング
    9. 目標実現のための時間の確保と確実な実行による高い目標の達成
    10. 目標達成に向けての英知と経営資源の結集
    • 質疑応答

第2部 ムラテックにおけるロードマップの導入プロセスと運用、活用の実践

(14:20〜15:30)

 ムラテック (村田機械) では15年前に手探りで「ロードマップ」の議論を始め、試行錯誤を続ける中で「ロードマップ」の導入を進めてきました。現在では「ロードマップ」は、部門の開発戦略に必須であるだけでなく、R&D/全事業部間の開発テーマを確認するために必要不可欠な存在となっています。また「ロードマップ」だけでなく、開発者の武器である「コア技術」、カオスなマネジメントである「ステージゲート」が、相互に作用する形で全社横断的マネジメントが機能すると考えています。
 今回は突然襲ってきたコロナ禍の様に不確実な未来を想定するシナリオプランの活用とロードマップ展開も含めて自身の経験を基にご紹介させていただきます。

  1. ムラテックの紹介と全社開発体制の構築
    1. ムラテックの紹介
    2. 全社横断的な開発体制の構築
  2. ロードマップを核にしたイノベーション創出の取り組み
    1. ロードマップ導入のポイント
    2. ロードマップを核とした開発連携とプラットフォーム技術戦略
    3. ステージゲートを活用したカオスのマネジメント
  3. 不確実な未来を考察するシナリオプランの活用
    1. シナリオプランとは
    2. シナリオのロードマップへの展開
  4. 人づくりが全て
    1. 「突き抜けたスペシャリスト人材」を目指す
    2. チャレンジを是とする組織風土が不可欠
    • 質疑応答

第3部 研究開発におけるロードマップの作成、活用方法

(15:40〜16:50)

 研究開発を確実に進めるために最も重要なことは、適正な人財を集めた上で、PDCAをしっかり回すことである。PDCAの運用には、やるべきことを精査しマイルストーン的に目標値を明確にしスケジュール化して、それを研究開発メンバーが絶えず確認しながら日々研究開発活用を推進することが求められる。
 PDCAを効率よく進めるには、研究開発全体のロードマップの活用が最も重要となる。ロードマップを研究開発メンバーが全員参加で作り上げ、日々の研究開発結果を反映させながら、場合によっては修正も加えて活用する必要がある。
 本講演では、研究開発に必要なロードマップ作成、活用を基本からコツも含めて、詳細に説明する。この講演を受けると、ロードマップを活用したPDCA推進ができるようになる。

  1. はじめに
  2. 研究開発の進め方概要
  3. なぜロードマップの活用が必要なのか
  4. ロードマップの概要
  5. いろいろなロードマップの実例
  6. ロードマップの作成方法
  7. ロードマップの活用方法と活用におけるコツ
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/12 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 & 実践編) オンライン
2022/7/12 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) オンライン
2022/7/13 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) オンライン
2022/7/13 技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法 オンライン
2022/7/15 VUCA時代における中長期技術戦略の策定とR&Dテーマへの落とし込み方 オンライン
2022/7/15 研究所の活性化 オンライン
2022/7/20 商品開発、製造プロセスのための問題解決の考え方と実践的解決方法 オンライン
2022/7/25 戦略と実行を繋ぐ技術ロードマップの具体事例と成功要因 オンライン
2022/7/27 デザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 オンライン
2022/7/27 研究開発部門にこそ不可欠なマーケティングの考え方 オンライン
2022/7/28 事業拡大につなげる未来予測の実践方法と開発テーマの設定法 オンライン
2022/8/3 IPランドスケープ®実践に役立つ6つのハウツー講座 オンライン
2022/8/4 ロジカルでありながら、自社が主体的に描くマクロ環境分析に基づく未来のニーズの予測法 オンライン
2022/8/4 R&D部門へのDX導入のための組織・体制作りと推進のポイント オンライン
2022/8/8 ものづくり、研究開発のためのマーケティングの考え方と具体的方法 オンライン
2022/8/9 研究開発部門でDXを活用するためのデータベース構築と運用の仕方 オンライン
2022/8/10 後発で勝つための市場分析と経営層への説明・説得の仕方 オンライン
2022/8/18 未来予測のための情報収集とそのまとめ方、読み解き方 オンライン
2022/8/29 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント オンライン
2022/8/29 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン