技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

効果的なデザインレビューの進め方

部品メーカーのための

効果的なデザインレビューの進め方

~自律的な品質保証・管理のための原因分析、情報の見える化・共有化の考え方~
東京都 開催 演習付き

開催日

  • 2016年6月13日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

 近年 システム作りの効率化のために部品ごとの最適化が望まれ、かえって全体が見えにくくなってきている。そのためプロセスの全体把握力低下ばかりでなく、関連部署とのつなぎの部分でのトラブルの発生が多く見られる。
 本研修では、リスクマネージメント手法とかISO規格推進でなく、本来の日本流モノつくりの強みを生かし、各自が気付いた情報を見える化し、その結果を関係者で共有化することを常に実践できるようにすることである。
 まず過去の大きな事故・リコール・クレームの状況と原因系の分析をしっかり行いキーワードを抽出する。さらに自分達のヒヤリハット体験を見える化共有化する。そしてQCDそれぞれにおける課題を関係者参加でチーム討議し各自が自律的に気づき力を発揮し問題解決を実戦的に学び、効果的かつ効率的ものつくり実務に応用できるようにすることを狙いとする。

  1. 事故・リコールに学ぶ
    • チャレンジャー事故の状況と原因のポイント
    • 美浜原発配管破裂事故の状況と原因のポイント
    • 三菱ゴムハブ事故の状況と原因のポイント
    • 自動車部品リコールの状況と原因のポイント
    • 【演習1】共通する重要ポイントの分析
  2. システム製品作りのステップとポイント
    • システム商品企画から部品生産までの流れと役割
    • 【演習2】モノ作りステップでの重要ポイントの分析
  3. 日本流製品つくりの強みの分析
    (効果的問題解決の工夫をトヨタ実践事例に学ぶ)
    • 【演習3】最重要ポイントと具体的進め方
  4. 効果的デザインレビューの進め方;全体最適の追及
    (関係部署参加・見える化・共有化の工夫)
    • 気づきを誘発するヒヤリハット体験の見える化・共有化 (事例に学ぶ)
    • 【演習4】開発から生産までのヒヤリハットチェックシート
  5. 見える化・共有化の実業での品質問題未然防止活動応用改善
    • それぞれの役割での効果的進め方討議実施
    • 【演習5】関係者で徹底討議分析の事例演習
    • 見える化・共有化・全員参加のためのDRBFM実践
  6. 総合評価・まとめ
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 人工知能を使ったヒューマンエラー対策 東京都
2019/4/24 品質工学 (タグチメソッド) 実践入門 東京都
2019/4/25 周辺視目視検査法の進め方と実施法 東京都
2019/5/28 FMEA・DRBFMの基礎と活用方法 東京都
2019/5/29 ものづくり企業における全員参加で取り組むヒューマンエラーゼロへ向けた実践的アプローチ 東京都
2019/5/30 外観検査の自動化への指南とその運用ノウハウ 東京都
2019/6/5 超入門 FMEAとFTA (故障の木解析) とその活用 東京都
2019/6/5 R&Dにおいて効果・成果を得るためのデザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 京都府
2019/6/5 車載電子素子・機器の高信頼化要求特性と対応技術 東京都
2019/6/6 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2019/6/7 エンジニアのためのデータの特徴を分析する統計・多変量解析手法 愛知県
2019/6/12 IoTによる「つながる工場」の実現と導入、活用方法 愛知県
2019/6/13 デザインレビューの効果的な仕組みと運用の仕方 東京都
2019/6/18 信頼性の基本と効率的な開発のための加速試験入門 東京都
2019/6/21 外観検査における目視検査&自動検査での品質チェック・ノウハウ 東京都
2019/6/26 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 東京都
2019/6/27 効率的な信頼性加速試験の進め方と試験結果の活用 東京都
2019/7/11 医薬品・化粧品工場のヒューマンエラー低減策の進め方 大阪府

関連する出版物

発行年月
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/10/20 2018年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2016/10/21 2017年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/10/23 2016年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2014/10/24 2015年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/30 五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2012/3/10 中堅電子部品12社 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/5 電子部品大手8社 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/3 '12 コンデンサ業界の実態と将来展望
2011/6/15 トヨタ、ホンダ、日産3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/5/30 自動車用プラスチック部品のメーカー分析と需要予測
2011/3/20 自動車部品17社 技術開発実態分析調査報告書
2011/2/10 タイヤ4社 技術開発実態分析調査報告書