技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望

コンデンサ・キャパシタ・EMC対策/保護部品・パワー半導体・LED

2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望

~スマートデバイス ~ Electronic components編~

ご案内

 電子部品は、デジタル機器や電化製品に搭載されている部品の総称です。コンデンサやインダクタ(コイル)のような電気信号の入力を受けて電気を蓄積したり整えたりする電子部品を「受動部品」と呼びます。一方、スイッチやコネクタなどはまとめて「機構部品」とも呼びばれます。その他に電力を動きに変えるモータや、物理現象を電気信号に変えるセンサー、無線通信の電波の送受信に使う高周波部品などがあります。
 世界で年間の販売台数が約15億台に達し、毎年のように新しい機能が追加されるスマートフォン(スマホ)が電子部品の市場をけん引する状況が続くものと見られます。ただし、成長のペースが鈍化して技術的にも成熟してきました。電子部品メーカーは自動車や医療、ロボットなどスマホ以外の市場の開拓に取り組んでいます。 M&A(合併・買収)や事業の入れ替えも活発になっています。精密格加工技術を持つミネビアと電子部品や回路の技術を持つミツミ電機は2017年1月に経営統合。またマクセルは2017年10月に日立マクセルから社名変更しました。太陽誘電はエルナーを2018年4月に子会社としました。TDKは、高周波部品の事業を米クアルコムに売却する一方、米国のセンサー会社を総額13億ドルで子会社化しています。なお新型コロナ感染による影響があるものの電子部品メーカー各社は、2020年度は段階的な設備投資を計画しています。

目次

第Ⅰ章 電子デバイス市場の動向と展望

  • 1. 電子部品・デバイスの概要と動向
    • (1) 電子部品の種類と動向
    • (2) 電子部品市場概況と動向
    • (3) 電子部品業界の業界図 (製品別)
      (コンデンサ/キャパシタ/インダクタ/ノイズフィルタ/固定抵抗器/水晶振動子/バリスタ 各推移・予測)
    • (4) 電子デバイスの種類と動向
    • (5) 電子デバイス市場概況と動向
    • (6) 電子デバイス業界の業界図
      (IGBT/MOSFET/LED 各市場推移・予測/シェア)
  • 2. 日系企業グローバル出荷金額推移予測
    • (1) 日系企業グローバル出荷金額推移
      • 日系企業世界出荷金額/製品別出荷金額推移予測
  • 3. 電子部品・デバイス国内統計資料
    • (1) ノイズ対策デバイス生産数量・金額推移 (表)
    • (2) 主要電子部品輸出入数量・金額推移 (表)

第Ⅱ章 コンデンサ市場の動向と展望

  • 1. コンデンサ世界市場の現状と展望
    • (1) コンデンサ世界市場規模と動向
    • (2) コンデンサ市場業界図 (世界・国内)
      • ① コンデンサ世界市場推移・予測 (2007~2025年度)
      • ② コンデンサ別世界市場推移・予測 (数量・金額)
        (セラミック/積層セラミックコンデンサ/アルミ電解/タンタル電解/フィルムコンデンサ 各世界市場推移予測/シェア)
  • 2. コンデンサ国内市場の現状と展望
    • (1) コンデンサ国内市場規模と動向
    • (2) コンデンサ市場の最新動向
    • (3) コンデンサメーカー別市場動向
    • (4) コンデンサ種類別市場概況と動向
  • 3. 弊社実態調査集計資料
    • (1) 主要メーカー別販売数量・金額一覧 (表)
      • ① 主要メーカー別販売数量推移予測
      • ② 主要メーカー別販売金額推移予測
    • (2) 主要メーカーコンデンサ別販売数量・金額一覧
    • (3) コンデンサタイプ別弊社集計・分析結果
      • ① セラミックコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • ② 積層セラミックコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • ③ アルミ電解コンデンサ販売数量・金額推移予測
      • ④ タンタル電解コンデンサ販売数量・金額推移予測
      • ⑤ 導電性高分子電解コンデンサ販売数量・金額推移予測
      • ⑥ フィルムコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • ⑦ 金属化有機フィルムコンデンサ販売数量・金額推移予測
    • (4) コンデンサタイプ別販売数量・金額推移予測

第Ⅲ章 キャパシタ市場の動向と展望

  • 1. 電気二重層キャパシタ (EDLC) 市場の動向と実態
    • (1) 電気二重層キャパシタの概要と種類
    • (2) 電気二重層キャパシタの市場概況と動向
      • ①. 電気二重層キャパシタ世界市場推移予測 (数量・金額)
  • 2. 電気二重層キャパシタ実態調査集計資料
    • (1) 主要国内メーカー別出荷数量・金額一覧
    • (2) 主要国内メーカー別出荷数量推移・予測
    • (3) 主要国内メーカー別出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移・予測 (全体)
      • ① タイプ別電気二重層キャパシタ出荷数量推移・予測
    • (5) タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移予測・シェア
    • (6) タイプ別メーカー別出荷数量推移・予測
    • (7) タイプ別メーカー別出荷金額推移・予測

第Ⅳ章 EMC対策部品市場の動向と展望

  • 1. EMC・ノイズ対策国内市場の動向と展望
    • (1) EMC・ノイズ対策国内市場の動向
    • (2) 各種ノイズの発生源と種類
    • (3) EMC・ノイズ対策製品の分類と動向
    • (4) メーカー別EMC・ノイズ対策製品一覧 (表)
  • 2. EMC・ノイズ対策世界市場の動向と展望
    • (1) EMC・ノイズ対策世界市場概況
    • (2) EMC・ノイズ対策世界市場推移予測/構成比率
      (EMC・ノイズ対策世界市場推移予測 (数量・金額) )
  • 3. 弊社実態調査集計資料 (表)
    • (1) EMC・ノイズ対策関連メーカー別市場動向
      • ① EMC・ノイズ対策市場規模推移・予測 (表)
    • (2) EMC・ノイズ対策関連製品別市場動向

第Ⅴ章 固定抵抗器市場の動向と展望

  • 1. 固定抵抗器市場の動向と実態
    • (1) 固定抵抗器の特性と分類
      • ① 固定抵抗器世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ② 固定抵抗器世界シェア (数量)
      • ③ 固定抵抗器世界シェア (金額)
      • ④ 固定抵抗器国内市場推移・予測 (数量・金額)
      • ⑤ 固定抵抗器国内シェア (数量・金額)
  • 2. 固定抵抗器実態調査集計資料
    • (1) 主要国内メーカー別出荷金額一覧 (表)
    • (2) 主要メーカー別出荷金額推移・予測
    • (3) タイプ別固定抵抗器市場推移・予測
    • (4) タイプ別固定抵抗器市場推移・予測

第Ⅵ章 電子デバイスメーカーの動向と展望

  • 1. 電子部品・デバイス関連メーカーの動向と展望
    • 個票: 会社概要・関連製品別出荷金額他・2018~2022年度) (※ 計22社 五十音順)
      • FDK 株式会社
      • エルナー 株式会社
      • 株式会社 大泉製作所
      • 岡谷電機産業 株式会社
      • 釜屋電機 株式会社
      • 京セラ 株式会社
      • KOA 株式会社
      • 株式会社 指月電機製作所
      • 株式会社 芝浦電子
      • 双信電機 株式会社
      • 太陽誘電 株式会社
      • TDK 株式会社
      • 株式会社 トーキン
      • 日亜化学工業 株式会社
      • ニチコン 株式会社
      • 日本ケミコン 株式会社
      • パナソニック 株式会社 AIS社
      • 北陸電気工業 株式会社
      • 株式会社 MARUWA
      • 株式会社 村田製作所
      • ルビコン 株式会社
      • ローム 株式会社
  • 2. 電子部品・デバイス関連メーカーの戦略 (表)

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5/A4判 並製本 230ページ

発行年月

2020年7月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/8 半導体過剰投資による価格大暴落&大不況への警鐘とその対策の羅針盤 東京都 オンライン
2021/12/9 半導体封止材料の設計・製造技術 総合解説 (2日間) オンライン
2021/12/9 半導体封止材料の基礎から組成・原料、製造・評価方法まで オンライン
2021/12/13 (超)高周波帯用電波吸収体の設計と測定法 オンライン
2021/12/13 最先端ディスプレイの高信頼性化と今後の展望および新事業機会 オンライン
2021/12/14 演習によるDC/DCコンバータレベルアップ講座 オンライン
2021/12/14 電子機器に向けたプリント基板と回路のノイズ対策設計 オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/15 半導体パッケージ技術の基礎とFOWLP等の最新技術動向 オンライン
2021/12/16 ノイズ対策技術 パワエレノイズの原因と対策 オンライン
2021/12/16 半導体封止材料の配合設計・製造応用技術と先端パッケージ対応 オンライン
2021/12/17 電波吸収体の設計・材料定数測定・吸収量測定技術 オンライン
2021/12/17 AR/VR/MRやIT/車載用などの新しいディスプレイの材料・技術の動向 オンライン
2021/12/20 ALD (原子層堆積) /ALE (原子層エッチング) 技術の基礎と応用 オンライン
2021/12/20 半導体ドライエッチングの基礎と最新技術 オンライン
2021/12/21 インバータ (初級) オンライン
2021/12/21 ディスプレイを中心とした情報メディア技術の進展とソフトマターの応用展開 オンライン
2021/12/22 電子機器におけるさまざまな放熱方法とその効果 オンライン
2021/12/22 半導体洗浄の工学的基礎と要点、トラブル対策の視点 オンライン
2021/12/22 GaNパワーデバイスの基礎と最新動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/10/15 2022年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2021/8/30 ディスプレイデバイスの世代交代と産業への衝撃
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/10/30 積層セラミックコンデンサ (MLCC) の材料・製造・実装技術と最新動向
2020/10/29 最新ディスプレイ技術トレンド 2020
2020/10/16 2021年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019
2019/10/18 2020年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/20 最新ディスプレイ技術トレンド 2018