技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望

2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望

~Withコロナとスマートデバイス / 蓄電池・電子部品・パワー半導体/LED 各市場編~

概要

本レポートでは、スマートデバイス市場の動向と今後の展望、リチウムイオン電池市場の世界や国内市場の動向との展望の調査及び分析、コンデンサ市場の動向や展望、EMCノイズ対策の世界市場と国内市場の動向と展望、スマートデバイス関連メーカーの動向や展望について掲載しております。

ご案内

 新型コロナの感染拡大の影響があるものの、スマートデバイスは堅調です。またデジタル機器やエネルギー機器に搭載されている重要な部品(デバイス)の総称です。その中で本書では、二次電池のように電気を放電したり、給電したりするのが「蓄電デバイス」と呼びます。コンデンサやインダクタのような電気信号の入力を受けて電気を蓄積したり整えたりする電子部品を「受動部品」。さらにスイッチやコネクタなどはまとめて「機構部品」とも呼ばれます。また、パワー半導体やLEDなどの「半導体」も含まれます。
 世界で年間の販売台数が約15億台に達し、毎年のように新しい機能が追加されるスマートフォン(スマホ)が電子部品の市場をけん引する状況が続くものと見られます。ただし、成長のペースが鈍化し、技術的にも成熟してきました。電子部品メーカーは自動車や医療、ロボットなどスマホ以外の市場の開拓に取り組んでいます。
 新型コロナの感染拡大も懸念されますが、M&A(合併・買収)や事業の入れ替えも活発になっています。精密格加工技術を持つミネビアと電子部品や回路の技術を持つミツミ電機は2017年1月に経営統合。またマクセルは2017年10月に日立マクセルから社名変更しました。太陽誘電はエルナーを2018年4月に子会社としました(東証二部上場)。TDKは、高周波部品の事業を米クアルコムに売却する一方、米国のセンサー会社を総額13億ドルで完全子会社化しています。電子部品メーカー各社は18年度も引き続き旺盛な需要に対応し積極的な設備投資を計画しています。
 本レポートの第Ⅰ章では、スマートデバイス市場の動向と今後の展望について述べています。第Ⅱ章では、リチウムイオン電池市場の世界や国内市場の動向との展望について調査及び分析を行っています。第Ⅲ章では、コンデンサ市場の動向や展望についても同様に述べています。第Ⅳ章では、EMCノイズ対策の世界市場と国内市場の動向と展望について。第Ⅵ章では、スマートデバイス関連メーカーの動向や展望について掲載しています。

目次

第Ⅰ章 スマートデバイス市場の動向と展望

  • 1. スマートデバイスの概要と動向
    • (1) スマートデバイスの種類と動向
    • (2) 蓄電池市場概況と動向
    • (3) 蓄電池業界の業界図 (リチウムイオン電池)
    • (4) 蓄電池 (二次電池) 世界市場・推移予測
    • (5) 電子部品市場概況と動向
    • (6) 電子部品業界の業界図 (受動部品別
    • (7) 電子部品 (受動部品) 世界市場・推移予測
    • (8) 電子部品 (接続部品) 世界市場・推移予測
    • (9) 半導体の種類と動向
    • (10) 半導体市場概況と動向
    • (11) 半導体業界の業界図 (製品別)
    • (12) 半導体業界の業界図 (LED)
    • (13) 半導体世界市場推移・予測
    • (14) 半導体世界市場世界シェア (金額ベース)
  • 3. スマートデバイス国内統計資料
    • (1) スマートデバイス生産数量・金額推移 (表)
      • ① リチウムイオン電池国内生産推移・実績
      • ② 鉛蓄電池国内生産推移・実績
      • ③ ニッケル水素電池国内生産推移・実績
      • ④ セラミックコンデンサ国内生産推移・実績
      • ⑤ アルミ電解コンデンサ国内生産推移・実績
      • ⑥ タンタル電解コンデンサ国内生産推移・実績
      • ⑦ フィルタ国内生産推移・実績
      • ⑧ 固定抵抗器国内生産推移・実績
      • ⑨ インダクタ国内生産推移・実績
      • ⑩ 水晶発振子国内生産推移・実績
      • ⑪ IGBT国内生産推移・実績
      • ⑫ LEDパッケージ国内生産推移・実績
      • ⑬ サーミスタ国内生産推移・実績
      • ⑭ バリスタ国内生産推移・実績
      • ⑮ コネクタ国内生産推移・実績
      • ⑯ スイッチ国内生産推移・実績
      • ⑰ リレー国内生産推移・実績
      • ⑱ 電子回路基板国内生産推移・実績
    • (2) スマートデバイス輸出入数量・金額推移 (表)

第Ⅱ章 リチウムイオン電池市場の動向と展望

  • 1. 次世代リチウムイオン電池の動向と実態
  • 2. リチウムイオン電池市場の動向と実態
    • (1) リチウムイオン電池の市場概況と動向
    • (2) リチウムイオン電池のタイプと区分
      • ① リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・容量・金額)
      • ② リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・容量・金額)
      • ③ リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・容量・金額)
      • ④ 民生用リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ⑤ 民生用リチウムイオン電池メーカーシェア (数量・金額)
      • ⑥ 産業・業務用リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (容量・金額)
      • ⑦ 産業・業務用リチウムイオン電池メーカーシェア (容量・金額)
  • 3. 民生用リチウムイオン電池調査集計 (2018年〜2022年度)
    • (1) メーカー別リチウムイオン電池出荷数量・金額一覧
    • (2) メーカー別小型民生用リチウムイオン電池出荷数量推移・予測
    • (3) メーカー別小型民生用リチウムイオン電池出荷金額推移・予測
    • (4) 民生用タイプ別リチウムイオン電池市場推移・予測 (全体)
      • ① 民生用タイプ別リチウムイオン電池出荷数量推移・予測
      • ② 民生用タイプ別リチウムイオン電池出荷数量構成比率
      • ③ 民生用タイプ別リチウムイオン電池出荷金額推移・予測
      • ④ 民生用タイプ別リチウムイオン電池出荷金額構成比率
    • (5) 民生用タイプ別リチウムイオン電池市場推移・予測 (個別)
      • ① 民生用角型リチウムイオン電池市場推移・予測 (数量・金額)
      • ② 民生用角型リチウムイオン電池メーカーシェア (数量・金額)
      • ③ 民生用円筒型リチウムイオン電池市場推移・予測 (数量・金額)
      • ④ 民生用円筒型リチウムイオン電池メーカーシェア (数量・金額)
      • ⑤ 民生用ポリマー型リチウムイオン電池市場推移・予測 (数量・金額)
      • ⑥ 民生用ポリマー型リチウムイオン電池メーカーシェア (数量・金額)
      • ⑦ 民生用コイン型リチウムイオン電池市場推移・予測 (数量・金額)
      • ⑧ 民生用マイクロ型リチウムイオン電池メーカーシェア (数量・金額)
    • (6) 民生用タイプ別リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
      • ① 民生用角型リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
      • ② 民生用円筒型リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
      • ③ 民生用ポリマー型リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
      • ④ 民生用マイクロ型リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
    • (7) 民生用タイプ別リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
      • ① 民生用角型リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
      • ② 民生用円筒型リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
      • ③ 民生用ポリマー型リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
      • ④ 民生用マイクロ型リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測

第Ⅲ章 コンデンサ市場の動向と展望

  • 1. コンデンサ世界市場の現状と展望
    • (1) コンデンサ世界市場規模と動向
    • (2) コンデンサ市場業界図 (世界・国内)
      • ① コンデンサ世界市場推移・予測
      • ② セラミックコンデンサ世界市場推移予測/シェア
      • ③ 積層セラミックコンデンサ世界市場推移予測/シェア
      • ④ アルミ電解コンデンサ世界市場推移予測/シェア
      • ⑤ タンタル電解コンデンサ世界市場推移予測/シェア
      • ⑥ フィルムコンデンサ世界市場推移予測/シェア
  • 2. コンデンサ国内市場の現状と展望
    • (1) コンデンサ国内市場規模と動向
      • ① コンデンサ市場推移・予測
      • ② コンデンサ市場推移・予測
    • (2) コンデンサメーカー別市場動向
      • ① コンデンサ日系メーカーシェア (数量ベース)
      • ② コンデンサ日系メーカーシェア (金額ベース)
    • (3) コンデンサ種類別市場概況と動向
      (アルミ電解/積層セラミック (MLCC) /タンタル電解/導電性高分子/フィルム)
  • 3. 弊社実態調査集計資料
    • (1) 主要メーカー別販売数量・金額一覧 (表・2019~21年度)
      • ① 主要メーカー別販売数量推移予測
      • ② 主要メーカー別販売金額推移予測
    • (2) 主要メーカーコンデンサ別販売数量・金額一覧
    • (3) コンデンサタイプ別弊社集計・分析結果
      • ① セラミックコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • セラミックコンデンサメーカーシェア
      • ② 積層セラミックコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • 積層セラミックコンデンサメーカーシェア
      • ③ アルミ電解コンデンサ販売数量・金額推移予測
      • アルミ電解コンデンサメーカーシェア
      • ④ タンタル電解コンデンサ販売数量・金額推移予測
      • タンタル電解コンデンサメーカーシェア
      • ⑤ 導電性高分子電解コンデンサ販売数量・金額推移予測
      • 導電性高分子電解コンデンサメーカーシェア
      • ⑥ フィルムコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • フィルムコンデンサメーカーシェア
      • ⑦ 金属化有機フィルムコンデンサ販売数量・金額推移予測
      • 金属化有機フィルムコンデンサメーカーシェア

第Ⅳ章 EMC対策デバイス市場の動向と展望

  • 1. EMC・ノイズ対策市場の動向と実態
    • (1) EMC・ノイズ発生源と種類
    • (2) EMC・ノイズ対策製品の分類と動向
    • (3) EMC・ノイズ対策世界市場概況と動向
    • (4) EMC・ノイズ対策世界市場推移予測/構成比率
      • ① EMC・ノイズ対策世界市場推移予測 (数量)
      • ② EMC・ノイズ対策世界市場推移予測 (金額)
      • ③ EMC・ノイズ対策市場製品別推移予測 (数量)
      • ④ EMC・ノイズ対策市場製品別推移予測 (金額)
      • ⑤ EMC・ノイズ対策市場構成比率 (金額)
  • 2. EMC・ノイズ対策国内市場の動向と展望
    • (1) EMC・ノイズ対策国内市場の動向
      • ① EMC・ノイズ対策市場推移・予測 (数量)
      • ② EMC・ノイズ対策市場推移・予測 (金額)
  • 3. 弊社実態調査集計資料 (2018年〜2022年度)
    • (1) EMC・ノイズ対策関連メーカー別市場動向
      • ① EMC・ノイズ対策市場規模推移・予測 (表)
      • ② EMC・ノイズ対策市場メーカーシェア (グラフ)
      • ③ EMC・ノイズ対策市場メーカー別推移予測 (グラフ)
      • ④ EMC・ノイズ対策市場製品シェア (グラフ)
      • ⑤ EMC・ノイズ対策市場製品別推移予測 (グラフ)
    • (2) EMC・ノイズ対策関連製品別市場動向 (市場概況・出荷金額・シェア)
      • ① ノイズフィルタ
      • ② コイル・インダクタ
      • ③ フェライトコア
      • ④ チップビーズ (ビーズコア)
      • ⑤ サージアブソーバ
      • ⑥ バリスタ (チップバリスタ)
      • ⑦ ノイズ対策用コンデンサ
      • ⑧ ノイズ抑制 (吸収) シート
      • ⑨ サーミスタ
    • (3) 製品別・メーカー別ノイズ対策市場推移予測 (金額)
      • ① ノイズフィルタ市場推移予測
      • ② コイル・インダクタ市場推移予測
      • ③ フェライトコア市場推移予測
      • ④ チップビーズ市場推移予測
      • ⑤ サージアブソーバ市場推移予測
      • ⑥ バリスタ市場推移予測
      • ⑦ ノイズ対策用コンデンサ市場推移予測
      • ⑧ ノイズ抑制 (吸収) シート市場推移予測

第Ⅴ章 注目半導体市場の動向と展望

  • 1. パワー半導体市場の動向と実態
    • (1) パワー半導体の市場概況と動向
      • ① パワー半導体世界市場推移・予測
      • ② パワー半導体別世界市場推移・予測
      • ③ IGBT世界シェア (金額ベース)
      • ④ MOSFET世界シェア (金額ベース)
      • ⑤ 用途別パワー半導体世界市場推移・予測
      • ⑥ 半導体地域別市場推移・予測 (金額)
    • (2) 次世代パワー半導体の技術と動向
  • 2. LED市場の動向と実態
    • (1) LEDの定義と原理
    • (2) LEDの業態区分と種類
    • (3) LEDパッケージ市場動向と展望
    • (4) 白色LEDの技術動向と展望
      • ① LEDパッケージ世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ② LEDパッケージ世界メーカーシェア (金額ベース)
      • ③ 白色LEDパッケージ世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ④ 白色LEDパッケージ世界メーカーシェア (金額ベース)
      • ⑤ 有色LEDパッケージ世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ⑥ 有色LEDパッケージ世界メーカーシェア (金額ベース)
      • ⑦ LEDパッケージ地域別市場推移・予測 (金額)

第Ⅵ章 スマートデバイスメーカーの動向 (2018~22年度)

  • 1. 主要関連メーカーの動向
    • (1) アルプスアルパイン株式会社
    • (2) FDK株式会社
    • (3) エルナー株式会社
    • (4) 岡谷電機産業株式会社
    • (5) オムロン株式会社
    • (6) 京セラ株式会社
    • (7) KOA株式会社
    • (8) 株式会社指月電機製作所
    • (9) 株式会社芝浦電子
    • (10) 双信電機株式会社
    • (11) 太陽誘電株式会社
    • (12) TDK株式会社
    • (13) 株式会社トーキン
    • (14) 日亜化学工業株式会社
    • (15) ニチコン株式会社
    • (16) 日本ケミコン株式会社
    • (17) パナソニック株式会社
    • (18) 北陸電子工業株式会社
    • (19) 株式会社 MARUWA
    • (20) 株式会社村田製作所
    • (21) ルビコン株式会社
    • (22) ローム株式会社

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 230ページ

発行年月

2020年12月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/9/27 水素製造・貯蔵のコスト構造と低コスト化および効率的な水素貯蔵材料の技術開発 オンライン
2021/9/27 オフライン電源の設計 (3日間) オンライン
2021/9/27 全固体電池材料の最近の研究動向 オンライン
2021/9/27 オフライン電源の設計 (2) オンライン
2021/9/29 燃料アンモニアの基礎と最新動向および利用技術 オンライン
2021/9/29 オフライン電源の設計 (3) オンライン
2021/9/29 全固体電池の基礎と薄膜技術を用いた高特性化・界面現象への取り組み オンライン
2021/9/30 次世代ディスプレイ最新技術・市場動向 オンライン
2021/9/30 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2021/10/4 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/10/5 インバータの系統連系技術 オンライン
2021/10/5 EV用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル オンライン
2021/10/7 炭酸ガスと水からの化学的石油合成 オンライン
2021/10/8 機械系技術者のためのパワエレ基礎養成講座 オンライン
2021/10/8 バイオガスから新エネルギー オンライン
2021/10/12 電気工学入門 オンライン
2021/10/12 水素ビジネスの動向および参入のための課題とポイント オンライン
2021/10/12 全固体二次電池の基礎、およびその電気化学・材料科学と酸化物系全固体電池の最新動向 オンライン
2021/10/12 急速充電・非接触充電・走行中給電 オンライン
2021/10/13 リチウムイオン電池のモデル化と残量・劣化状態の推定技術および最適化手法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/10/29 最新ディスプレイ技術トレンド 2020
2020/10/16 2021年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019