技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

カーボンフットプリント (CF : Carbon Footprint)のセミナー・研修・出版物

CO2排出量算定における基礎知識と計算手法

2024年8月12日(月) 13時00分2024年8月14日(水) 16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、近年の脱炭素における関心の高まりの背景や国際的動向、意義、基礎知識から、実効性のある脱炭素戦略の具体的な算定方法まで幅広く解説いたします。

CO2排出量算定における基礎知識と計算手法

2024年7月30日(火) 13時00分16時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、近年の脱炭素における関心の高まりの背景や国際的動向、意義、基礎知識から、実効性のある脱炭素戦略の具体的な算定方法まで幅広く解説いたします。

DAC (直接空気回収) を含むCCS要素技術とCCUS事業サプライチェーンの最新動向について

2024年6月19日(水) 13時30分15時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

本セミナーでは、CCUS/DACの脱炭素におけるポジションを確認し、その要素技術および事業サプライチェーンを俯瞰し、安定供給/経済性/環境性を確保する持続可能性 (Sustainability) のポテンシャルについて現状と今後の展開について詳説いたします。

カーボン・クレジット市場 (J-クレジット) の現況と今後の市場範囲拡大に向けた展望

2024年5月16日(木) 16時30分18時30分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

本セミナーでは、日本取引所グループのカーボン・クレジット市場について、これまでの取り組みと今後の市場範囲の拡大に向けた展望について詳説いたします。

カーボンニュートラル社会を支えるカーボンリサイクル・CCUSの開発動向

2024年4月26日(金) 13時00分15時00分
東京都 開催 会場・オンライン 開催

本セミナーでは、CO2排出量削減に向けて重要視されるCO2分離回収技術に焦点を当てて、これを構成するCO2分離回収やCCUSなどの基本的な考え方や開発状況、課題や将来展望などを紹介いたします。

CO2排出量算定における基礎知識と計算手法

2023年12月22日(金) 13時00分16時50分
オンライン 開催

本セミナーでは、近年の脱炭素における関心の高まりの背景や国際的動向、意義、基礎知識から、実効性のある脱炭素戦略の具体的な算定方法まで幅広く解説いたします。

プラスチック複合材料の製造、利用におけるCO2排出量計算

2023年11月30日(木) 10時30分16時30分
オンライン 開催

本セミナーでは、LCAの基本から、材料、成形、部品製造、リサイクルにおけるCO2排出量の計算法ノウハウまでを解説いたします。

ものづくり現場におけるカーボンニュートラルへのアプローチ

2023年11月14日(火) 13時00分17時00分
オンライン 開催

本セミナーでは、設備の停止時間を削減する3つのツールを紹介いたします。
「故障ゼロへのアプローチ」では故障をゼロにする予防保全体制の整備の仕方、「原則整備へのアプローチ」ではチョコ停と設備起因の不良をゼロにする方法、「段取り改善へのアプローチ」では段取り時間を半減する方法を解説いたします。

2024年版 脱炭素エネルギー市場・技術と将来展望

2024年版 脱炭素エネルギー市場・技術と将来展望のサムネイル画像

本レポートの第I章では脱炭素社会の将来と展望について述べてします。第II章ではスマートシティ (コミュニティ) の世界及び国内市場推移予測など掲載。第III章では、スマートハウスの世界/国内市場の推移予測、スマートビルの動向など載せています。第IV章では、スマートシティのインフラであるスマートグリッドの世界及び国内市場の推移予測や関連動向など述べています。第V章では、脱炭素社会の構成市場について、また第VI章では2021〜25年度までの出荷金額推移予測、関連企業の動向など編集されています。

カーボンフットプリントの最新現状・国際動向と事例集

カーボンフットプリントの最新現状・国際動向と事例集のサムネイル画像

本書は、カーボンフットプリントの動きに、対応すべき事項を網羅し、最新の国内・国外の動向、法制化動向、実際に取り組んでいる企業の事例を詳解した1冊です。

コンテンツ配信