技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

市場分析・競合他社ベンチマーキング分析と情報収集の進め方

技術者・研究者に必要な

市場分析・競合他社ベンチマーキング分析と情報収集の進め方

~真の競合を見出し「技術・製品・サービス」を超え「事業レベル」で勝ち続けるために~
オンライン 開催

視聴期間は2024年7月5日〜19日を予定しております。
お申し込みは2024年7月5日まで承ります。

概要

本セミナーでは、戦略構想の基礎から解説し、真の競合を見出すための思考法、 「事業レベル」で競合に勝つための分析・構想のフレームワーク、市場調査のすすめ方とそのポイント、スタートアップを活用した競争優位性の築き方について詳解いたします。

開催日

  • 2024年7月5日(金) 13時00分 2024年7月19日(金) 16時30分

受講対象者

  • 主に生産財メーカーにおける技術者・研究者
  • 新規事業開発部門、研究開発部門、開発設計部門、商品企画部門、事業企画部門、経営戦略、経営企画、M&A、アライアンス部門など

修得知識

  • 生産財メーカーにおける戦略策定の手法とポイント
  • 事業で勝つための競合分析のフレームワーク
  • 市場調査の具体的な手法
  • 事業会社とスタートアップとの連携のポイント

プログラム

 そもそも本当の競合はだれか? 競合はどのような特徴をもち何をしようとしてるのか?そしてどのようにすれば自社は競合に勝ち、財務的成果をあげられるのか?競合としては、大手企業ばかりでもなく、急速に成長するスタータップも視野にいれておかなければなりません。
 当セミナーでは、18年以上の新規事業開発・R&D戦略コンサルティングと技術系スタートアップ支援・投資の最前線の経験をもとに、生産財メーカーの技術者・研究者としてもつべき競争戦略の考え方を学んでいただきます。キーワードは、顧客の視点からの競合他社の優先度付け、競合他社の強み・弱みの俯瞰的な把握、シナリオプランニングによる複数戦略の構想、スタートアップとの連携による競争戦略の構想です。

  1. 生産財メーカーの戦略構想の基本
    • エンジニアがまずおさえるべきマーケティングの特徴
    • 製品アーキテクチャとビジネスモデルを一緒に考える
    • (ケース演習) 高収益の生産材メーカーの事例からポイントを学ぶ
  2. 事業環境分析とは
    • マーケティング戦略検討における競合・市場調査の位置づけ
    • 有望用途の選定
    • 業界構造分析とマクロ環境分析
    • 顧客特性分析
  3. そもそも競合はだれか?真の競合を見出すための思考法
    • 有望用途における主な顧客企業を設定する
    • 顧客企業の利用シーンを主観をもってイメージする
    • 顧客の立場から困り事・ニーズを解決する商品・サービスを想定する
    • それらを提供する業界・企業をリストアップし、優先度をつける – 既存、代替品、新規参入、スタートアップ –
  4. 「事業レベル」で競合で勝つための分析・構想のフレームワークとは
    • 製品や技術だけの競合他社分析で事業として勝てるのか?
    • 競合他社の強み・弱みを俯瞰的に把握・洞察する
    • 競合の現状の戦略を把握する
    • 競合他社の過去の動向から思考・行動パターンを洞察する
  5. 市場調査のすすめ方とそのポイント
    • 2次情報:WEB調査、データベース活用、スポットコンサルなど
    • 1次情報:顧客企業や異業種ヒアリング、フィールド調査
  6. イノベーショントレンド – スタートアップを活用して競争優位性を築く! –
    • 事業会社とスタートアップの違いを互いに理解し、シナジーを出すための「10のポイント」
    • イノベーション・エコシステム – 事業会社、スタートアップ、ベンチャーキャピタルの関係性 –
    • 「社内で行うべき新事業」を「社外でスタートアップ形式」で立ち上げる
    • 事業会社とスタートアップの連携事例
    • カーブアウト・スタートアップの成功のポイント
    • 質疑応答

参考資料
  • 単なるエンジニアでなく、イノベーターになるためのマインドセットとは

講師

  • 戦略系コンサルタント
    株式会社アバント 事業統括本部 コーポレートストラテジーコンサルティング部
    シニアマネージャー

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 32,400円 (税別) / 35,640円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

受講に関する制約

  • 経営コンサル会社、投資ファンドの方のご参加はお断りいたします。

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 32,400円(税別) / 35,640円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

アーカイブ配信セミナー

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 別途、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は2024年7月5日〜19日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は印刷・送付いたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/15 アンメットメディカルニーズの発掘法と戦略構築への活用 オンライン
2024/4/16 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスとその活動の全体体系 オンライン
2024/4/18 開発者が主導する「事業につながる開発テーマ」創出法 東京都 会場
2024/4/19 中長期研究開発テーマの発掘と推進のポイント オンライン
2024/4/19 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2024/4/22 Excelで作成可能な医療用医薬品の販売予測のポイント オンライン
2024/4/23 自社コア技術から発想するテーマ創出法 オンライン
2024/4/23 医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法 オンライン
2024/4/25 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2024/4/25 潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動 オンライン
2024/4/25 マーケティング基礎概論 (全2回) オンライン
2024/4/25 マーケティング基礎概論 (基本戦略と具体的施策) オンライン
2024/4/26 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/4/26 R&D部門での生成AI活用およびDXによる材料設計の加速化 オンライン
2024/4/26 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 会場・オンライン
2024/4/26 Excelで作成可能な医療用医薬品の販売予測のポイント オンライン
2024/5/1 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2024/5/7 医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法 オンライン
2024/5/10 IPランドスケープの取り組み事例と実施体制の構築 オンライン
2024/5/10 R&D部門での生成AI活用およびDXによる材料設計の加速化 オンライン