技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

食品衛生法と海外における容器包装の法規制動向

食品衛生法と海外における容器包装の法規制動向

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、国内での業界自主基準や食品衛生法の改正状況、今後の動向、欧米での容器包装の法規制、日・米・欧の比較まで分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2022年7月5日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 食品に関連する技術者、品質担当者
  • 食品包装に関連する技術者、品質担当者
    • プラスチック
    • 紙・板紙
    • インク
    • フィルム
    • 印刷
    • 接着剤
    • 添加剤 など

修得知識

  • 食品衛生法の基礎
  • 日本国内における容器包装規制・自主基準
  • EUにおける容器包装規制
  • 米国における容器包装規制
  • 日本、欧州・米国の規制の比較・相違点

プログラム

 日本、欧州、米国における食品用器具・容器包装の規制について説明する。
 日本では、改正食品衛生法が2018年6月に公布され、ポジティブリスト制度が2020年6月1日に施行となった。施行後5年間の経過措置が設けられ、2025年6月1日に完全施行となる。食品衛生法改正に伴い器具・容器包装事業者には、1合成樹脂の器具・容器包装は、ポジティブリスト収載の原材料のみを使用し、リストにない原材料の使用を禁止2合成樹脂器具・容器包装の適正製造管理 (GMP) を行うこと3販売・製造・輸入者は、器具・容器包装がPL制度に適合していることを利用者に説明すること4合成樹脂製の器具・容器包装製造事業者は、自治体に届出を行うこと。の義務が追加された。
 現行のポジティブリストに未収載の材料 (6.1の施行日以前に使用実績のあるもの) は、経過措置の5年間で追加される。6月1日以前に使用実績のある器具・容器包装材料は使用できるが、経過措置期間中に、PL掲載の申請認可が必要である。
 ポジティブリストの収載物質 (ポリマー、コーティング材、添加剤・塗布剤) 、対象範囲、継続確認既存物質リスト、経過措置中のポジティブリストにない物質の扱い、器具容器包装製造事業者の製造管理、ポジティブリスト制度適合の情報伝達、器具・容器包装事業者の届け出、新規物質の申請制度、PL収載物質の含有量基準等を述べる。
 欧州では、加盟27か国共通の食品に接触する器具・容器包装の材料・製品を定めた法律 (総括的規則) 、ポジティブリスト対象物質 (主にモノマー) 、溶出量の規格・基準、多層材料の扱い、溶出試験方法、適合宣言、新規物質申請を定めたプラスチックチック規則を説明し、このプラスチック規則への適合性の確認手順について述べる。
 米国では、容器包装を含む連邦食品医薬品化粧品法、及び規格・基準を定めた連邦規則集により、接着剤・コーティング剤、紙・板紙、プラスチックポリマーの個別規格、添加剤等の規格を説明する。新規物質の申請制度である、FDA登録制度、FCN届出制度、及び安全性の判断基準につい述べる。
 欧州、米国では、新規物質申請制度を制定しており、申請制度及び安全性に関する考え方の違いについて説明する。

  1. 日本における容器包装の法規制
    1. 食品衛生法の改正
      1. 改正食品衛生法体系
        • 法律
        • 政省令
        • 告示
      2. ポジティブリスト制度概要
      3. ポジティブリスト制度に関わる法改正
        1. 対象物質
        2. 人の健康に恐れのない量
        3. 器具又は容器包装を製造する営業の施設の衛生的な管理
        4. 情報伝達
          1. PL適応
          2. 食品衛生法適応
        5. 器具・容器包装事業者の届出
          1. 届出方法
      4. ポジティブリスト収載物質
        1. ポジティブリスト規定方法
        2. ポジティブリスト形式
        3. ポジティブリスト掲載物質
          1. ポリマー
          2. コーティング材
          3. 添加剤・塗布剤
      5. ポジティブリスト未収載物質 (必要情報の確認中物質リスト)
      6. ポジティブリスト物質改正及び追加申請
        1. 既存物質リスト案
        2. 規格の改正
        3. 新規物質申請
          1. 申請システム
          2. 申請書類 (食品用器具及び容器包装に関する健康評価指針)
      7. ポジティブリスト対象範囲
    2. 器具・容器包装の規格基準
      1. 合成樹脂製の器具・容器包装の一般規格
      2. 合成樹脂製の器具・容器包装の規格基準
      3. 他素材の規格
        • 陶磁器
        • ゴム製器具
        • 容器包装
        • 金属管
        • 用途別規格
    3. 乳等省令改正
  2. 欧州における容器包装の法規制
    1. EUにおける法規制
      1. 総括的規則
      2. プラスチック規則
        1. 化学物質ポジティブリスト
          1. 認可されたモノマー、他の出発物質、微生物醗酵高分子、添加剤
          2. 化学物質のグループ規制
          3. 適合宣言の注記
          4. 物質の詳細な制限 (微生物醗酵高分子)
        2. 材料及び製品への規制
        3. 食品疑似溶媒
        4. 適合宣言
        5. 適合試験
          • 特殊移行量試験
          • 総移行量試験
          • 換算係数 (FRF)
        6. 多層材料及び製品のEU規則
    2. プラスチック規則ガイドライン
      1. プラスチック規則の全般的なガイダンス
      2. サプライ・チェーンにおける情報に関するガイダンス
    3. 新規物質の申請ガイドライン
    4. 安全性評価
  3. 米国における法規制と安全性試験・評価
    1. 米国における法規制
      1. 連邦食品医薬品化粧品法 (FFDCA)
      2. 容器包装関連の連邦規則集
        1. ポジティブリスト
          1. 間接食品添加物:接着剤、コーティング材 (缶、フィルム基材)
          2. 間接食品添加物:紙および板紙の成分
          3. 間接食品添加物:ポリマー
            • オレフィンポリマー
            • ナイロン
            • PET
            • ポリスチレン等の概説
          4. 間接食品添加物
            • 添加物
            • 製造助剤
            • 殺菌剤
        2. 安全性試験
        3. 多層構成の米国規制
    2. 新規物質申請制度 (SCN制度)
    3. 安全性評価
  4. 日・米・欧の比較
    1. 規制の比較
    2. 溶出試験法及び食事中濃度の算出方法比較
    3. 毒性試験比較

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/12 薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2022 オンライン
2022/7/12 プラスチック容器包装のリサイクル及びプラスチック資源循環政策の最新動向 オンライン
2022/7/13 無菌医薬品包装規制および完全性評価手順・各種漏れ試験方法のポイント オンライン
2022/7/14 国外規制をふまえたE&L評価基準の考え方と分析・評価方法 オンライン
2022/7/14 ヒートシールの基礎と応用・不良対策 オンライン
2022/7/21 脱炭素社会・循環型社会に向けた包装材料の最新動向・将来展望 オンライン
2022/7/21 食品賞味期限の科学的根拠のある具体的設定手法とトラブル対応 オンライン
2022/7/22 食品賞味期限の科学的根拠のある具体的設定手法とトラブル対応 オンライン
2022/7/28 ISO11607 滅菌医療機器の包装に関する法的要求事項解説 オンライン
2022/8/4 糖化・抗糖化の基礎と機能性食品・化粧品開発への応用 オンライン
2022/8/8 ISO11607 滅菌医療機器の包装に関する法的要求事項解説 オンライン
2022/8/31 日米欧における食品包装規制の最新動向の把握と対応 オンライン
2022/9/16 食品用器具・容器包装の溶出試験の実施とアレニウスモデルを活用した条件設定 オンライン
2022/10/27 軟包装を巡る国内外のリサイクル促進の法制化とリサイクル手法の開発動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/6/30 日本と海外グローバルブランド40社のSDGs環境戦略
2021/4/26 包装・工業用PETフィルム&飲料・食品用PETボトルの市場分析
2021/2/10 食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/9/30 食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2013/10/28 新・機能性表示制度への準備
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/4 食と健康の高安全化
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2011/11/2 インドの食習慣・食品産業と日本企業の事業機会
2011/7/25 ビール4社 技術開発実態分析調査報告書