技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)

世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)

世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)の画像

ご案内

 2019年末に中国の武漢で感染が確認された新型コロナウイルスは、その後の2年間で瞬く間に全世界を席巻し、現在も世界中で多くの感染者を生み続けている。そんな中で、世界中の人々が同じように「外出自粛」や「ステイホーム」を自らに課し、それを実行している。
 レトルトパウチ製品は、このようなパンデミックに見舞われている状況下で、在宅時間の長時間化に対応する形で流通量が増加を続けている。日本市場においてはすでに10年以上も前から大きな成長率を継続してきたが、直近2~3年はさすがに以前に比較して伸び率の鈍化がみられていた。しかし、現在のコロナ禍で再び堅調推移を取り戻している。また今後も少なくとも2023年までは年率2~3%の成長率継続は可能であると推定されている。日本市場の場合、レトルトパウチ製品、中でも圧倒的中心となる「レトルトパウチ食品」を見ると、引き続き「アルミ箔構成レトルトパウチの成長率鈍化」と「透明バリアーフィルム構成レトルトパウチの成長率進展」が続いている。後者の需要が増加しているのは「異物混入発見が容易 (視認や金属探知機使用可能など) 」そして「電子レンジ調理が可能なため、湯煎調理に比較して調理時の二酸化炭素排出量が非常に少ない」などのメリットが評価されているためである。特に二酸化炭素排出量の低減に関しては、SDGsなどが叫ばれている現在、環境対応パッケージとしての意味合いからも追い風となっている。また、アジアにおけるレトルトパウチ市場は、国ごとに「パウチ内需完結」「パウチ輸出中心」「パウチ輸入中心」に分けられる。例えば韓国は、国内需要以外にインドなどへのパウチ輸出が活発化している。タイでは、供給されるレトルトフィルムからの国産パウチだけでは足りず、パウチ輸入で必要量を補い、それらを合わせることで「レトルトパウチ食品 (最終製品) としての世界への輸出基地」としての役割を果している。北米ではこれまでレトルト殺菌の流れとして「缶詰→リジット容器」傾向だったが、近年パウチタイプが見直され、増加を続けている。特にベビーフード用途が占める構成比が高い。欧州市場は、環境対応パウチ実現のトライアルとして、「ペットフードにおけるモノマテリアルパウチ」が表面化した。これは基材に透明蒸着OPP、シーラント層にレトルトCPPを使用し、「ポリプロピレンフィルムのモノマテリアル化」を実現したもの。現在はオランダ市場でトライアルされている。
 このようにレトルトパウチは今後も機能性包材として、また環境適性包材として、注目されている。本資料が包材業界及びエンドユーザーの方々の事業計画立案等の一助となれば幸いです。

目次

第1章 市場総論~世界のレトルトフィルム・レトルトパウチ・レトルト製品~

  • 1. 世界のレトルトフィルム市場動向と今後の展望
    • 1.1 世界のレトルトフィルムの生産量推移
    • 1.2 世界のレトルトフィルムの生産量予測
    • 1.3 世界のレトルトフィルム・サプライヤーの供給量推移
    • 1.4 世界のレトルトフィルム・サプライヤーの供給量予測
  • 2. 世界のレトルトパウチ市場動向と今後の展望
    • 2.1 世界のレトルトパウチの生産量推移
    • 2.2 世界のレトルトパウチの生産量予測
    • 2.3 世界のレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算生産量推移
    • 2.4 世界のレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算生産量予測

第2章 世界のレトルトフィルム/国・地域別市場分析

  • 1. レトルトフィルム/国・地域別市場分析
    • 1.1 日本のレトルトフィルム市場分析
      • 1.1.1 日本におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.1.2 日本におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.2 韓国のレトルトフィルム市場分析
      • 1.2.1 韓国におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.2.2 韓国におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.3 台湾のレトルトフィルム市場分析
      • 1.3.1 台湾におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.3.2 台湾におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.4 中国のレトルトフィルム市場分析
      • 1.4.1 中国におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.4.2 中国におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.5 タイのレトルトフィルム市場分析
      • 1.5.1 タイにおけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.5.2 タイにおけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.6 インドのレトルトフィルム市場分析
      • 1.6.1 インドにおけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.6.2 インドにおけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.7 その他アジアのレトルトフィルム市場分析
      • 1.7.1 その他アジアにおけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.7.2 その他アジアにおけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.8 北米のレトルトフィルム市場分析
      • 1.8.1 北米におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.8.2 北米におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.9 中南米のレトルトフィルム市場分析
      • 1.9.1 中南米におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.9.2 中南米におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
    • 1.10 欧州のレトルトフィルム市場分析
      • 1.10.1 欧州におけるレトルトフィルムの需要量推移
      • 1.10.2 欧州におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア
  • 2. レトルトフィルム/国・地域別市場展望 (2023 年までの展望)
    • 2.1 日本のレトルトフィルム市場展望
      • 2.1.1 日本におけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.1.2 日本におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.2 韓国のレトルトフィルム市場展望
      • 2.2.1 韓国におけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.2.2 韓国におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.3 台湾のレトルトフィルム市場展望
      • 2.3.1 台湾におけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.3.2 台湾におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.4 中国のレトルトフィルム市場展望
      • 2.4.1 中国におけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.4.2 中国におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.5 タイのレトルトフィルム市場展望
      • 2.5.1 タイにおけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.5.2 タイにおけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.6 インドのレトルトフィルム市場展望
      • 2.6.1 インドにおけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.6.2 インドにおけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.7 その他アジアのレトルトフィルム市場展望
      • 2.7.1 その他アジアにおけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.7.2 その他アジアにおけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.8 北米のレトルトフィルム市場展望
      • 2.8.1 北米におけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.8.2 北米におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.9 中南米のレトルトフィルム市場展望
      • 2.9.1 中南米におけるレトルトフィルムの需要量予測
      • 2.9.2 中南米におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェア予測
    • 2.10 欧州のレトルトフィルム市場展望
      • 2.10.1 欧州におけるレトルトフィルムの需要展望
      • 2.10.2 欧州におけるレトルトフィルム・サプライヤーの販売量とシェアの展望

第3章 世界のレトルトパウチ/国・地域別市場分析

  • 1. レトルトパウチ/国・地域別市場分析
    • 1.1 日本のレトルトパウチ市場分析
      • 1.1.1 日本におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.1.2 日本におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.2 韓国のレトルトパウチ市場分析
      • 1.2.1 韓国におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.2.2 韓国におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.3 台湾のレトルトパウチ市場分析
      • 1.3.1 台湾におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.3.2 台湾におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.4 中国のレトルトパウチ市場分析
      • 1.4.1 中国におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.4.2 中国におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.5 タイのレトルトパウチ市場分析
      • 1.5.1 タイにおけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.5.2 タイにおけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.6 インドのレトルトパウチ市場分析
      • 1.6.1 インドにおけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.6.2 インドにおけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.7 その他アジアのレトルトパウチ市場分析
      • 1.7.1 その他アジアにおけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.7.2 その他アジアにおけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.8 北米のレトルトパウチ市場分析
      • 1.8.1 北米におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.8.2 北米におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.9 中南米のレトルトパウチ市場分析
      • 1.9.1 中南米におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.9.2 中南米におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
    • 1.10 欧州のレトルトパウチ市場分析
      • 1.10.1 欧州におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 1.10.2 欧州におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア
  • 2. レトルトパウチ/国・地域別市場展望 (2023 年までの展望)
    • 2.1 日本のレトルトパウチ市場展望
      • 2.1.1 日本におけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.1.2 日本におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.2 韓国のレトルトパウチ市場展望
      • 2.2.1 韓国におけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.2.2 韓国におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.3 台湾のレトルトパウチ市場展望
      • 2.3.1 台湾におけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.3.2 台湾におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.4 中国のレトルトパウチ市場展望
      • 2.4.1 中国におけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.4.2 中国におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.5 タイのレトルトパウチ市場展望
      • 2.5.1 タイにおけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.5.2 タイにおけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.6 インドのレトルトパウチ市場展望
      • 2.6.1 インドにおけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.6.2 インドにおけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.7 その他アジアのレトルトパウチ市場展望
      • 2.7.1 その他アジアにおけるレトルトパウチの需要量予測
      • 2.7.2 その他アジアにおけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.8 北米のレトルトパウチ市場展望
      • 2.8.1 北米におけるレトルトパウチの需要量推移
      • 2.8.2 北米におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量とシェア予測
    • 2.9 中南米のレトルトパウチ市場展望
      • 2.9.1 中南米におけるレトルトパウチの需要展望
      • 2.9.2 中南米におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量展望
    • 2.10 欧州のレトルトパウチ市場展望
      • 2.10.1 欧州におけるレトルトパウチの需要展望
      • 2.10.2 欧州におけるレトルトフィルム・サプライヤーのパウチ換算販売量展望

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本, CD-R 165ページ

ISBNコード

978-4-907002-86-2

発行年月

2021年9月

販売元

tech-seminar.jp

価格

85,000円 (税別) / 93,500円 (税込)

案内割引

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方
    • 80,750円(税別) / 88,825円 (10%税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 85,000円(税別) / 93,500円 (10%税込)

関連する出版物

発行年月
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/7/28 プラスチックリサイクル
2021/6/30 日本と海外グローバルブランド40社のSDGs環境戦略
2021/4/26 包装・工業用PETフィルム&飲料・食品用PETボトルの市場分析
2021/2/10 食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/9/30 食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2013/10/28 新・機能性表示制度への準備
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/4 食と健康の高安全化
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2011/11/2 インドの食習慣・食品産業と日本企業の事業機会
2011/7/25 ビール4社 技術開発実態分析調査報告書