技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CRA/CRCのためのGCP-QMS超入門

CRA/CRCのためのGCP-QMS超入門

~ガラパゴス化した日本のGCP対応を見直し、改正GCPのメッセージを正しく理解し、文書・記録偏重主義から脱却し、オールジャパンがグローバルスタンダードに追いつくために~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年4月16日(金) 13時00分 16時30分

修得知識

  • ISO9001による品質マネジメントの7つの原則
  • 出口管理からプロセスアプローチへのパラダイムシフト
  • 改正GCPのメッセージ
  • GCP Renovationの意義

プログラム

 ICH-E6 (R2) では、臨床試験の品質を確保するために品質マネジメントシステム (QMS) の構築及び運用が要求されます。また、リスクベーストアプローチの概念が導入され、試験結果の信頼性に重大な影響を与えるリスクを、システム (体制) やスタディレベルで考慮することが求められことになります。
 ICH-GCPに新しく取り入れられることになったこれらの概念は、製品やサービスの品質マネジメントのグローバルスタンダード (国際標準) であるISO9001として、既に世界中に広く普及し、確立している考え方 (の一部) です。そして、日本の臨床試験 (治験・臨床研究) の現場、あるいは医薬品開発の現場でも、このようなグローバルスタンダードの品質マネジメントのあり方が求められるようになります。
 改正GCPのメッセージは、「efficiency=効率」です。そしてこの「効率」こそ、欧米と比較した場合の、日本の治験や医薬品開発の弱点です。したがって、われわれは、今般の改正GCPを契機として、この「効率」改善に向けた取り組みを行わなければならないのです。つまり、われわれがまず取り組むべきは、「リスクマネジメント」でも「イシューマネジメント」でもなく、「リスクベーストアプローチ」を基本方針とした「品質マネジメント」なのです。
 以上のような考え方を理解するには、ISO9001の知識が必須となります。そこで本講座では、まずISO9001の基本的な考え方を理解し、必要不可欠な基礎知識を習得します。その上で、改正GCPが要求するQMS、リスクベーストアプローチ、プロセスアプローチ、Built in Quality等の概念を理解します。そして、医薬品開発QMSやGCPリノベーション (刷新) の意義を本質的に理解し、日本の治験や医薬品開発の「効率」改善につながるための品質マネジメントへ導くことを目標とします。

  1. Terminology
    1. 「Quality」について
    2. 「Management」について
    3. 「System」について
  2. ガラパゴス化した日本のGCP対応
    1. 必須文書がGCPをダメにした?
    2. 「日付はいつにしておく?」というりっぱなデータ捏造!
    3. 書類の差し替えは日本だけ!
    4. 民法改正ではんこは消えるのか?
    5. 最終成果物が綺麗ならOK?という勘違い!
    6. モニタリングと監査が品質を保証する?という勘違い!
  3. ISO9001による品質マネジメント
    1. ISO9001って何?
    2. まず第一にやるべきこととは?
    3. そもそも品質って何の品質?
    4. 品質マネジメントの7つの原則
    5. 品質マネジメントの肝とは?
    6. 4つのパフォーマンスとは?
  4. ISO9001とICH-GCP
    1. ISO9001:2015とGCPのベクトル
    2. 改正GCPの真のメッセージとは?
    3. 品質マネジメント≠リスクマネジメント
    4. ICH-GCPの2本の柱
    5. 「新GCPショック!」
    6. 品質マネジメント≠リーガルマネジメント
    7. ISO9001とICH-GCPとISO31000
    8. ISO9001に基づくQMSへのパラダイムシフト
    9. プロセスアプローチとシステムアプローチ
    10. Quality by Designとは?
    11. 医薬品開発QMSとは?
    12. モニタリング≠オペレーション

関連法規・ガイドライン等

  • ISO9001
  • ISO19011
  • ISO31000
  • ICH-GCP
  • ICH-E6 (R2)
  • 医薬品医療機器等法
  • J-GCP

講師

  • 新見 智広
    オフィスアンテレ薬剤師行政書士事務所
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)

ライブ配信対応セミナーの留意点

  • 「ビデオグ」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマートフォン・タブレットなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/5/13 改正GMPに対応した製造委託先とは オンライン
2021/5/13 動物用医薬品開発の為の医薬品試験データの活用法と評価 オンライン
2021/5/19 コロナ禍における医薬品開発プロジェクトの価値最大化と円滑運営・管理 オンライン
2021/5/19 医薬品開発超入門ステップ1~3セット (総論, 非臨床~臨床, 承認申請~市販後、医薬品開発に関わるマネジメント) オンライン
2021/5/19 医薬品開発超入門ステップ1 (総論) オンライン
2021/5/19 製薬企業におけるクラウド利用とCSV・データインテグリティ対応の考え方・ポイント オンライン
2021/5/20 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : ステップ4 (Interview skill 編) オンライン
2021/5/20 治験にデータを提供する医療情報システムのバリデーションと eSource (電子的なデータ元) の規制要件・対応と信頼性保証 オンライン
2021/5/20 医薬品製造工場・試験室における紙文書・紙記録からの電子化過程・作業とその後の保管・管理方法 オンライン
2021/5/20 がんゲノム検査の薬事承認申請と臨床実装における課題と展望 オンライン
2021/5/20 改正GMP省令要点セミナー オンライン
2021/5/21 医薬品製造業/製造販売業のQA (品質保証) 担当者 育成講座 オンライン
2021/5/21 GMP省令改正が求めるGMP/Validationの具体的な取り組みと製造現場での品質保証 東京都 会場・オンライン
2021/5/21 欧米のPV査察を踏まえたPVベンダーコントロール 会場・オンライン
2021/5/21 医薬品開発における臨床薬理試験の計画作成と進め方 オンライン
2021/5/21 QbD (RTRT、デザインスペース等) を用いた承認申請の考察 オンライン
2021/5/24 実効的な医薬品品質システム/PQSの構築とGMP・GQP文書及び記録の作成 オンライン
2021/5/24 臨床試験における統計解析入門 オンライン
2021/5/24 分析法バリデーション実施のための統計解析の基礎と分析能パラメータの評価基準 オンライン
2021/5/24 炎症性腸疾患の現状、アンメットニーズを踏まえた新規治療薬開発戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2021/2/1 ISO13485:2016対応 QMSひな形集一式
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集