技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

開発組織が主導する「事業につなげる開発テーマ」創出法

ライブ配信対応セミナー

開発組織が主導する「事業につなげる開発テーマ」創出法

~価値づくり特集セミナー / テーマ創出から、技術開発戦略・技術ロードマップへの展開、組織づくりまで~
東京都 開催 会場・オンライン 開催 演習付き

概要

本セミナーでは、商品開発部署やR&D部署の開発者が主導し、既存事業・商品のみにとらわれない新しい価値を生み出すために必要な技術開発テーマの創出方法を解説いたします。
市場ニーズの調査法、技術シーズの整理、アイデア創出・評価、技術開発戦略・技術ロードマップへの展開、主導型の組織づくりについて演習を交えて詳解いたします。

開催日

  • 2020年11月6日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 商品開発組織の担当者、幹部、開発リーダー
  • 新規事業開発組織のの担当者、幹部、開発リーダー
  • R&Dの担当者、幹部、開発リーダー

修得知識

  • 市場ニーズの調査法
  • 技術シーズの整理
  • アイデア創出・評価
  • 技術開発戦略・技術ロードマップへの展開
  • 主導型の組織づくり

プログラム

 近年の製品ライフサイクルの短期化やIT 技術の急成長により、従来のトップダウンによる商品開発は限界に近づいています。このような状況において革新的な商品をいち早く立ち上げるために、R&D 部署・商品開発部署こそが主導し、ア技術を生かした商品テーマ、技術開発テーマを早く・確実に創出することが求められるようになりました。
 そこで、商品開発部署やR&D 部署の開発者が主導し、既存事業・商品のみにとらわれない新しい価値を生み出すために必要な技術開発テーマの創出方法を紹介します。
 また、既存事業の技術開発と並行しながら低リスク・小リソースで進めるためにファースト・イノベーテックが開発した「シンプル技術戦略」を紹介します。R&D 技術・コア技術や市場ニーズを元に今、取り組むべき開発テーマを定義し、明確で実現可能な「技術開発戦略」や「技術ロードマップ」へ展開する方法を解説します。
 そのほか、開発組織が新規事業・新商品創出の主導するための組織育成のポイントや開発推進法を紹介します。

  1. 現状を取り巻く課題と解決への筋道
    1. 製造業・テクノロジー企業を取り巻く環境の変化
    2. 日本企業が抱える課題
    3. イノベーションを起こす技術
    4. 開発組織こそが新規事業リーダーになる理由
    5. 新規事業・新商品を創出するためのポイント
    6. 開発全体フロー
  2. 開発組織が主導するテーマ創出法
    1. 市場ニーズの調査法
    2. 技術シーズの棚卸し・整理法
    3. アイデア創出法
    4. アイデア評価法
    5. 未来予想図を使った開発テーマへのまとめ方
    6. 単発開発テーマ、単発商品とさせないためには?
  3. 継続的に価値を生み出す最強ツール「シンプル技術戦略」
    1. 技術戦略とは (経営戦略、商品戦略との違い)
    2. 価値ある技術を生み出すための3つの重要スキル
    3. 3つの重要スキルを開発組織が獲得するための施策
    4. 「シンプル技術戦略」の目的と役割
    5. 「シンプル技術戦略」の基本構成
  4. 「シンプル技術戦略」の作成方法
    1. 継続的開発テーマの深掘り
    2. 未来予想図のブラッシュアップ
    3. 基本戦略の決定
      • ブレない主軸を定義する
    4. 未来への道筋を明確にするロードマップ作成方法
      • 優先順位の決定
      • QCD 設定
      • 複数シナリオによるリスクヘッジの考え方
    5. 稟議が通る企画のまとめ方、提案事例
  5. 「シンプル技術戦略」を使用した技術開発事例・ワーク
    1. ワーク: アイデア抽出から選定、基本方針作成
    2. ワーク: 「シンプル技術戦略」作成
    3. ワーク: 自身の開発テーマにおける「未来予想図」作成
  6. 主導型 開発組織の育成
    1. 開発組織が主導する開発の推進ポイント
    2. 市場探索スキル
    3. ファン育成 (巻き込み力) スキル
    4. 挑戦マインド育成マネジメント
      • 【ワーク: 「市場探索+ファン育成」計画
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 川崎 響子
    株式会社ファースト・イノベーテック
    代表取締役

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 研修室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

会場受講 / ライブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナーのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • 当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマートフォン・タブレットなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催当日、マイページにログインいただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナー資料は印刷物を開催日までに発送予定でございます。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 30,400円(税別) / 33,440円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/28 研究開発ポートフォリオの構築とマネジメント手法および事例紹介 オンライン
2020/10/29 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化とその算出法 オンライン
2020/10/29 成功する市場・製品・技術ロードマップ作成のプロセス、活動とそのポイント オンライン
2020/11/5 成功するオープンイノベーションのはじめ方、取り組み方 オンライン
2020/11/12 大学との共同研究開発の進め方と契約の留意点 オンライン
2020/11/13 SDGs視点の新規R&Dテーマの発掘とその進め方 オンライン
2020/11/13 新しい時代を切り開く技術の発想と実現 オンライン
2020/11/16 競合・市場調査とマーケティング活動 オンライン
2020/11/16 新規事業開発のための戦略策定とスタートアップ連携 オンライン
2020/11/17 技術者、研究者のための実践的な時間管理 オンライン
2020/11/18 共同研究/開発契約の進め方と秘密保持契約の対応ノウハウ オンライン
2020/11/19 医薬品におけるTPPも明確でない/不確実性が高い段階の開発初期段階での事業性評価・NPVノウハウ オンライン
2020/11/20 技術ロードマップの戦略的な策定と有効活用 オンライン
2020/11/20 再生医療ビジネス及び周辺ビジネスの実際と参入戦略 オンライン
2020/11/24 産業界における、人工知能/IoTの活用実践および、将来動向と最先端動向 オンライン
2020/11/24 航空産業界のコロナインパクトと空飛ぶ車 (eVTOL) のテクノロジーおよび事業化動向 東京都 会場・オンライン
2020/11/25 研究開発部門におけるDX導入、体制作りとイノベーションの創出 オンライン
2020/11/26 コア技術の明確な定義、設定プロセスと継続的な強化手法 オンライン
2020/11/27 成果につなげる失敗しないデザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 オンライン
2020/11/28 withコロナウイルスにおける新規R&Dテーマの発掘とその狙い所 オンライン