技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

信頼性の評価・予測・データ解析と加速試験の進め方

信頼性の評価・予測・データ解析と加速試験の進め方

東京都 開催 会場 開催 演習付き

概要

本セミナーでは、信頼性・安全の基本と加速試験の考え方を基本的なモデルとデータ解析方法を交えて分かり易く解説いたします。

開催日

  • 2019年4月15日(月) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • メーカーなどの技術者、研究者、信頼性技術者
  • 管理者および品質管理担当者
  • 設計管理担当者

修得知識

  • 品質保証と信頼性の基本と製品開発における重要度
  • 信頼性から総合信頼性への変化の背景と課題
  • 加速試験の概念とメリット、ディメリット、注意点
  • 加速試験で用いる数値解析手法、故障物理モデル

プログラム

 通常よりも厳しい条件で、早く結果が得られる加速試験への期待は大きいものの、「本当に市場で大丈夫なのか?」「 加速が原因でトラブルとなったのでは?」 という不安が残ります。加速試験の本来の狙いは、信頼性の早期改善につながる情報を得るもので、短期間に信頼性が確認できるのはその結果に過ぎません。
 信頼性の範囲はディペンダビリティ (総合信頼性) として安全や保全性などへと拡大しています。加速試験も効率的な開発という観点から、その特徴と基本を踏まえた運用が求められます。単に試験の条件や方法を真似ても、役に立つ事はありません。
 この講座では実務者を対象に、信頼性と加速試験の考え方と、故障解析などのノウハウを活用しやすい基本的なモデルとデータ解析方法を交えて解説し、実際の進め方や注意すべきポイントについて紹介します。

  1. 品質保証と信頼性
    1. 企業競争力における品質保証の重要性
    2. 時間依存の品質の特徴と保証の方法
    3. 総合信頼性 (ディペンダビリティ) へのトレンド変化
    4. 信頼性の役割と基礎概念
  2. 信頼性をどうつくるか
    1. 信頼性の設計・評価と試験の役割
    2. 定型的な信頼性試験と非定型の試験が必要な理由
    3. 最小の試験規模、サンプル数の決め方 (演習つき)
    4. 信頼性データの特徴と解析上の注意
    5. 寿命データの解析 (ワイブル解析) (演習つき)
  3. 加速試験の概念と役割
    1. 信頼性試験/加速試験の種類と注意点
    2. 加速試験が必要とされる理由
    3. 定量的な加速試験と定性的な加速試験
    4. 加速試験のメリットと限界
    5. 信頼性加速試験の国際規格 (IEC62506) の概要
  4. 加速試験の種類と注意点
    1. タイプ別の加速試験と実施時期
    2. 信頼性予測とモデルの活用
    3. 数理的なモデルの活用
    4. 故障物理モデルの活用
      • アレニウスモデル
      • SSモデル他
    5. 演習
  5. 加速試験の進め方の実際
    1. 機器の加速試験の特徴と実際
    2. 部品の加速試験の役割
    3. 活用事例と推進上で気をつけるべきこと
    4. 信頼性の設計と評価における加速試験の活用とポイント (演習)
    5. 信頼性と安全作りに向けて
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/2 基礎から説明するFMEAの基本と活用のポイント オンライン
2020/6/10 音による故障検知および故障予知 オンライン
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/12 自動外観検査の要素技術と運用ノウハウ オンライン
2020/6/16 周辺視目視検査法の進め方と実施法 東京都
2020/6/18 化学プロセスにおける統計的品質管理 東京都
2020/6/19 なるほどヒューマンエラー防止策 オンライン
2020/6/22 信頼性試験と故障解析 東京都
2020/6/23 工場・化学プラントにおける機械学習・AIを活用した故障予測・予知の方法 東京都
2020/6/23 市場品質ロス削減のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2020/6/25 IoT、AIを使った回転機械の異常検知、故障予知のポイント オンライン
2020/6/25 プロセス系生産技術者のための問題解決スキルアップセミナー 東京都
2020/7/3 DRBFM 実践活用方法 東京都
2020/7/10 外観検査における目視検査&自動検査での品質チェック・ノウハウ 東京都
2020/7/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/7/13 高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都
2020/7/22 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 東京都
2020/7/28 超入門 信頼性データ解析の基本と結果の見方/使い方 オンライン
2020/8/21 化学産業の異物トラブル対策講座 東京都