技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスとその活動の全体体系

市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスとその活動の全体体系

~どう体系的、組織的にロードマップ作成を行っていくのか / 実際のロードマップ作成に取り組む以前の必要要件 / ロードマップ作成活動の全体体系 / 実際のロードマップ作成の具体的方法と成功のポイント~
オンライン 開催 演習付き

受講特典: アーカイブ配信付き (視聴期間: 2024年4月17日〜4月23日を予定)

概要

本セミナーでは、体系的、組織的にロードマップ作成を行う方法について取り上げ、市場を見る視点、製品アイデアを創出するための顧客価値の見つけ方など、実際のロードマップ作成の過程で重要になる考え方を紹介いたします。
また、実際の作成ワークシートなどを提示しながら、意味あるロードマップを作成するための具体的な方法を議論をしていきます。

開催日

  • 2024年4月16日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 技術企画、研究開発企画、経営企画、商品企画などの部門の方
  • ロードマップの作成を検討している方、ご関心のある方
  • 毎年のロードマップの作成を改善したいとお考えの方
  • 市場を見る視点や製品アイデア創出法にご関心のある方

修得知識

  • ロードマップ作成のための活動の全体体系
  • 実際のロードマップ作成に取り組む以前の必要要件
  • ロードマップでカバーすべき項目
  • 実際ロードマップ作成の具体的方法
  • ロードマップ作成成功のポイント

プログラム

 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。日本企業が、欧米企業はもとより、このようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら競合企業に先んじて革新的なテーマを継続的に創出し取り組むことが極めて重要になってきています。
 そのための有効な方法が、長期の視点を持ち、市場の行く末を今から想定し、周到な準備を行い、またその上で、同時に市場の動きをモニターしながら、タイムリーに計画を調整・変更することが必要となります。ロードマップ作成はまさにこのような活動を、体系的組織的に行うための方法論です。
 本セミナーでは、どう体系的、組織的にロードマップ作成を行うかについて、市場を見る視点、製品アイデアを創出するための顧客価値の見つけ方など、実際のロードマップ作成の過程で重要になる考え方を紹介し、また実際の作成ワークシートなどを提示しながら、意味あるロードマップを作成するための具体的な方法を議論をしていきます。今回ロードマップ作成において、もっとも重要な部分である製品ロードマップについては、演習により、理解を深めていただきます。

  1. はじめに
    1. ロードマップの一般定義
    2. 本日のロードマップのイメージ
    3. “Roadmapping is more important than the roadmap.”
  2. なぜ今ロードマップなのか?
    1. 21世紀の日本の産業界の現実
    2. 日本企業が行く道:長期的視点での戦略の展開
    3. 先進企業はどうしているか? (東レ、トヨタ)
    4. ロードマップの意義
    5. 長期の視点での展開に関する日本企業の現実
      • 「長期でテーマを考える余裕などはない」 (機械メーカー)
      • 「忙しく髪を振り乱して働いている人間が本来の仕事をしているとは限らない」 (日立川村元会長)
    6. 将来を見据えての施策が最終的に目前のとして結実する:「待ち伏せ」をする
  3. ロードマップとは?
    1. 「違いを作って、つなげる」ことで長期的利益を実現
    2. ロードマップの重要な注意点
    3. ロードマップの目的と要件
    4. 長期的視野での目標の設定
      • ロードマップの記述項目
      • ロードマップに記載されたからと言って最後まで実行されるわけではない (ステージゲートによるマネジメント)
    5. 市場起点
      • 「ドリルメーカーは顧客に何を売っているのか?」
      • MPT (市場・製品・技術) モデル
      • T1P1MP2T2モデル (自社得意技術がベストとは限らない)
      • 長期の市場の大きな流れ (マクロ環境変化) に乗る
    6. 関係者の英知の結集と意思・意図の統一化
      • 長期の目標は精緻な市場分析を繰り返して機会的に設定されるものではない
      • 集団の英知の利用
      • Boys! Be ambitious! Girls! Be ambitious!:東レの炭素繊維の例
    7. 事業ビジョン
      • Googleの例
    8. 過去のアンラーニング
      • 既存の固定的思考が制約となる
      • 固定的思考の払拭:アンラーニング
      • 誰でも頭は固くなることを自覚する
    9. 目標実現のための時間の確保と確実な実行
    10. 目標達成に向けての英知と経営資源の結集
  4. ロードマップの作成プロセスの全体像
    1. 市場を起点
      • 技術を起点としない (シーズ思考はおおいに結構だが…
      • 公開技術ロードマップは参考に
      • 「自社の強い技術を活用してこんなテーマを展開しよう!」はあって良い
    2. 事業ビジョンの議論
    3. 過去のアンラーニング
    4. ロードマップ作成の全体プロセス
  5. ステップ1:事業ミッションの議論
    1. 事業ビジョンと事業ミッションの関係
    2. 事業ミッションがないと…
    3. ソニー/JINの事業ミッションの例
    4. 事業ミッションの要件
  6. ステップ2:過去のアンラーニング
    1. Out – of – the – box 思考とは
    2. 過去のアンラーニングの手法:「ばかり」分析
    3. 組織の不文律の存在
    4. メンバーに固定的思考を外そうとする姿勢醸成の儀式
  7. ステップ3:市場ロードマップの作成
    1. 市場ロードマップの記述事項
    2. 新しい製品アイデア創出の「視点」の必要性
    3. 視点1:顧客価値拡大モデル
      • 機能的価値と意味的価値
      • Value: 顧客自身の製品・サービスの提供価値向上
      • Anxiety: 顧客の懸念・面倒の払拭
      • Cost: 顧客の『全体』コスト低減
      • Empowerment :顧客社員の作業環境や能力の向上
      • Society: 顧客の社会的価値向上
    4. 視点2:市場を見る視点の重要性と3つの軸『TAD』:時間軸、分野軸、深度軸それぞれを見る手法
      • 時間軸:マクロ環境分析 (「4つの思考拡大法」含む)
      • 分野軸:顧客の広義の市場全体に目を向ける/顧客の製品のライフサイクル全体を見る
      • 深度軸:研究者が市場との直接の接点を持つ
    5. 日頃からの市場を理解する活動の重要性
  8. ステップ4:製品ロードマップの作成
    1. 製品ロードマップの記述事項
      • 対象市場セグメントとは
      • 顧客価値とは
      • 製品とは
      • 製品の中核機能とその水準とは
    2. 対象製品アイデアの創出・評価の方法
      • 良い製品アイデアとはの定義の明確化
      • 製品アイデア創出・評価のプロセス
        • 隣接可能性を最大限利用する
        • 発散と収束を明確に分ける
        • 発散と収束を繰り返す
      • 製品アイデア創出における重要な点
        • 自社の既存の強みに基づかない
        • 競合状況を前提とせず顧客価値を重視する
      • 製品アイデア評価における重要な点
        • 自社適合度より市場魅力度をより重視する
        • 情報がない前提で適切な評価をする工夫
  9. ステップ5:技術ロードマップの作成
    1. 技術ロードマップの記載事項
      • 「どんな技術が必要か?」:中核技術
      • 「中核技術」の「中核技術実現オプション」への展開
      • Value Graphの利用
      • 対象「中核技術実現オプション」の評価・選択
    2. 中核技術実現オプション」の時間軸上への展開の注意点
      • 市場イベント・トレンドドリブン
      • 意欲的な研究開発期間の設定と収益の関係
    3. 時間軸の再調整
    4. 全社・事業単位での技術ロードマップの統合
  10. コア技術とロードマップの関係
    • コア技術とは
    • MPTロードマップから新しいコア技術を設定する
  11. 最後に
    • 質疑応答

講師

  • 浪江 一公
    ベクター・コンサルティング 株式会社
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,200円 (税別) / 39,820円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

免責事項

講師と同業者、コンサルティング業の方のご参加はお断りいたします

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,200円(税別) / 39,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/4 ものづくり・問題解決のための機器分析の考え方と進め方 オンライン
2024/6/4 希少疾患におけるアンメットニーズ: ペイシェントジャーニーによる掘り起こしと分析、マーケティングや事業性評価への活用 オンライン
2024/6/5 生成AIと自社データの連携によるアイデア創出と研究プロセスの変革 オンライン
2024/6/5 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2024/6/5 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/6/6 自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座 オンライン
2024/6/7 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/6/7 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/6/10 薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2024 オンライン
2024/6/11 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの方法とその具体的な活動 オンライン
2024/6/11 電子実験ノートの導入とR&Dデータ共有・利活用ノウハウ オンライン
2024/6/12 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント オンライン
2024/6/17 技術者、研究者のための実践的なタイムマネジメント オンライン
2024/6/17 希少疾患におけるアンメットニーズ: ペイシェントジャーニーによる掘り起こしと分析、マーケティングや事業性評価への活用 オンライン
2024/6/18 自社保有技術・コア技術を起点にした革新的な研究開発テーマの創出活動 オンライン
2024/6/19 ものづくり、研究開発の成功に必要な論理的技術者思考とその実践 オンライン
2024/6/19 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 東京都 会場・オンライン
2024/6/20 製造業のためのランチェスター戦略 オンライン
2024/6/21 技術開発のためのロードマップ作成手法と実践的な活用方法 オンライン
2024/6/21 市場分析・競合他社ベンチマーキング分析と情報収集の進め方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/12/27 実験の自動化・自律化によるR&Dの効率化と運用方法
2023/10/31 出口戦略に基づく研究開発テーマの設定と事業化への繋げ方
2022/8/31 研究開発部門と他部門の壁の壊し方、協力体制の築き方
2022/4/28 研究開発部門へのDX導入によるR&Dの効率化、実験の短縮化
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2020/10/30 研究開発者のモチベーションの高め方と実践事例
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)