技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

音の利用の基本と故障検知・予知及び雑音除去技術

音の利用の基本と故障検知・予知及び雑音除去技術

~音の見える化、音のセンシング技術と故障検知・予知への応用~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、ディジタル信号処理の基礎から音の特徴量の求め方、ノイズ除去の方法、音の故障検知への利用、故障予知への発展方法について、事例を交えて解説いたします。

開催日

  • 2021年9月29日(水) 10時00分 16時30分

修得知識

  • ディジタル信号処理の基礎
  • 音情報処理の基礎と雑音除去技術
  • 音による故障の検知、予知技術

プログラム

 画像処理やコンピュータビジョンにおけるAI技術の成功から、次は音の利用だ、という流れができつつあります。特に、これまで産業界から重大な問題であると認識されていたにも関わらず、実際には人間の手に頼らざるを得なかった、機械の故障検知や故障予知の問題に、音が有効に利用できる可能性が出てきました。
 本セミナーでは、講師のこれまでの音声研究のノウハウと、各種企業との共同研究の経験値を組み合わせ、音が故障検知や故障予知にどのように利用できるかを説明します。ディジタル信号処理の基礎から、音の特徴量の求め方までを平易に解説した後、それらの故障検知への利用方法、およびその故障予知への発展の方法について、可能なアプローチをご紹介します。また、実際の環境音、騒音などを鑑みて、比較的平易に取り組める雑除去手法の紹介も行います。共同研究を実施してきた経験から、特徴量ベースの方法と学習ベースの方法の二つを軸に、特徴量の計算として、パワー、スぺクトル、メル周波数、線形予測、ケプストラム、ウェーブレット等、また学習ではCNNを中心に、最適な方法の導出の考え方について、また最近の動向に触れ、異常データが少ない場合の対策 (MT法、AE法等) をも説明する予定です。我々の経験方法にも言及します。事例紹介を含め、これからの音応用のイメージを膨らませて頂くことを目指します。

  1. はじめに
    1. 正常音と異常音
    2. 音による情景分析
    3. 音研究の歴史と最近の動向
  2. 音信号の基礎
    1. ディジタル化
    2. 信号とフィルタ
    3. フーリエ変換、パワースペクトルの計算方法
    4. 音の特性
    5. 故障検知・予知のねらい
  3. 音の特徴量
    1. パワー、周期
    2. スペクトル
    3. ケプストラム、メルケプストラム
    4. 線形予測係数
    5. ウェーブレット
  4. 故障検知の方法
    1. マイクの設置方法
    2. 距離尺度の利用
    3. ニューラルネットワークの利用
    4. 異常データが少ない場合の対策
    5. 事例紹介
  5. 故障予知の方法
    1. 時系列情報の利用
    2. 故障検知方法の有効利用
    3. 最近の試み
  6. 雑音除去技術
    1. スペクトル引き算
    2. ウィナーフィルタ
    3. 複数マイクの利用
    4. 高雑音対策
    • 質疑応答

講師

  • 島村 徹也
    埼玉大学 大学院 理工学研究科
    教授 / 情報メディア基盤センター長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/25 AI (機械学習) に対する品質の考え方と検証技術、品質保証への取り組み オンライン
2021/10/25 中国工場における不良品・トラブルをなくす "3つのアプローチ" と具体的・実践的ノウハウ オンライン
2021/10/25 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2021/10/25 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2021/10/25 Rコマンダーによる多変量解析 オンライン
2021/10/26 AIを用いた革新的実験計画法 「Multi-Sigma」とその活用 オンライン
2021/10/27 機械学習/Deep Learningの画像データ前処理に活用できる画像フィルタリングの基本と最新動向 オンライン
2021/10/27 統計的機械学習モデルの基礎 オンライン
2021/10/28 エンジニアのための実験計画法&Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2021/10/28 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 オンライン
2021/10/28 機械学習による先行技術・技術動向調査と特許実務へのAI利用の現状及び課題・展望 オンライン
2021/10/28 マテリアルズ・インフォマティクスにおける機械学習技術の活用 オンライン
2021/10/29 アレニウス式による加速試験の基礎とデータの解析方法 オンライン
2021/10/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2021/10/29 非接触環境センシングによるヒトの心的状態推定技術 オンライン
2021/10/29 管理図 オンライン
2021/11/2 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2021/11/2 AIの基礎知識およびAIを利用した医療機器の開発プロセス オンライン
2021/11/5 AIによる化学プロセスの異常検知技術 オンライン
2021/11/8 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集
2011/9/2 '12 HDD・関連市場の将来展望