技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

電磁波吸収体の基礎と広吸収帯域化技術

電磁波吸収体の基礎と広吸収帯域化技術

~吸収体の原理、材料・形状の選択、装置への展開事例~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、電磁波吸収体の基礎、電磁ノイズ対応シールド技術の基礎から解説し、広吸収帯域化技術、装置への展開事例について詳解いたします。

開催日

  • 2021年4月9日(金) 13時00分 16時00分

修得知識

  • 電磁波吸収体の基礎
  • 適切な電磁波吸収体の設計法
  • EMCにおける空間伝搬に関係する技術、シールド技術

プログラム

 波長が数メータから数ミリメータまでの範囲 (マイクロ波・ミリ波あるいはギガヘルツ波) の電磁波 (電波) を用いる技術において、電波相互干渉による誤動作等の対策の一つとして不要電波除去のための電磁波吸収体の設置があります。電磁波吸収体の設計には電磁波と相互作用する材料の性質あるいは複数の材料よりなる場合にはその構造も重要な要素となります。
 本講座は、ギガヘルツ電磁波における材料と電磁波の相互作用に関して、その応用を念頭に置いています。相互作用の結果として、材料の種類、形状等に関係した特徴のある反射・透過・吸収特性を示します。その部分を材料が有する誘電率・透磁率等の固有の性質等を用いて分かりやすい図・数式を用いて講義を行います。必要な基礎知識は講義の際にできる限り説明を行います。電波の応用範囲は極めて広いが、学際分野でもあるために、取り組みにくいテーマでもあります。その壁をできるだけ乗り越えやすくするために、本質部分を分かりやすく講義し、できるだけ多くの受講者の方に役に立つ講座を目指します。

  1. 電磁波
    1. 電磁波とは
    2. 電磁波の発生・センシング方法
  2. 電磁波吸収体の基礎
    1. 定義
    2. 原理 (吸収メカニズム)
    3. 種類 (形状等)
  3. 電磁波吸収帯材料の電気磁気的な性質
    1. 導電率,複素誘電率,複素透磁率
  4. 電磁波の反射・透過のメカニズム
  5. 電磁波吸収体の評価方法
    1. 吸収体材料評価法
    2. 吸収特性の評価法
  6. 電磁波吸収体の広吸収帯域化技術
    1. 設計指針
    2. 吸収体材料選択
    3. 吸収体形状選定
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/6/21 回路と基板のノイズ設計技術 オンライン
2021/6/28 電子機器の故障未然防止・故障解析入門講座 オンライン
2021/6/28 電子機器の熱設計における伝熱と接触熱抵抗の計測、評価 オンライン
2021/6/30 熱硬化性低誘電樹脂の設計と特性向上技術 オンライン
2021/6/30 5G・ミリ波対応のプリント基板及び実装技術のノウハウとトラブル対策 オンライン
2021/7/1 高周波回路・EMC設計の基礎技術 東京都 会場
2021/7/1 電子機器のEMCの基礎とノイズ対策の勘所 オンライン
2021/7/5 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 オンライン
2021/7/8 5G関連機器を中心とした今後の熱対策 オンライン
2021/7/12 ミリ波帯電波吸収体、遮蔽材、透過材の考え方と設計例 オンライン
2021/7/26 電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用 オンライン
2021/7/29 5G/6Gに対応するFPC (フレキシブルプリント配線板) の最新技術、市場展望と材料技術 オンライン
2021/8/4 高周波対応のプリント基板/実装技術の基礎と要求される材料・プロセス オンライン
2021/8/5 5G関連機器の熱対策と放熱材料 オンライン
2021/8/6 半導体実装における材料・プロセスのポイントと技術動向 オンライン
2021/8/19 高周波誘電率の測定と高精度化計測 オンライン
2021/8/24 ノイズ対策技術 パワエレノイズの原因と対策 オンライン
2021/8/24 半導体 (IC) とその周辺材料の超入門 オンライン
2021/8/24 電波吸収体、電磁遮蔽材、透過材の考え方、設計法入門 オンライン
2021/8/27 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/2 '12 EMC・ノイズ対策業界の実態と将来展望
2011/10/3 '12 コンデンサ業界の実態と将来展望
2010/10/1 '11 コンデンサ業界の実態と将来展望
2010/8/1 '11 EMC・ノイズ対策業界の将来展望