技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)

特許情報分析(パテントマップ)から見た

3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)

~企業別動向予測シリーズ~
3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)の画像

概要

本調査報告書は、「3M」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
3M(米国特許版) 技術開発実態分析調査報告書のCD-ROM版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

米国ミネソタ州セントポール郊外に本拠地を置く、世界的化学・電気素材メーカーであって、産業関連全般から生活関連に 至るまで、幅広い分野を事業とする世界有数のコングロマリットである3M(正式社名3M Company)に関する特許件数、出願人 (共同出願人)、発明者、特許分類、などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテント マップおよび、パテントチャートを作成し、
  • (1). 3Mがどのような技術を権利化しているか、
  • (2). 3Mの技術開発動向はどのように推移しているか、
  • (3). 3Mが最近注目する技術は何か、
  • (4). 3Mと共同出願人間の連携状況はどのようになっているか 、
    等を明確にして、3Mの知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、3Mが過去10年間(公報発行日:2003年1月1日~2012年12月31日)に取得した米国特許について検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は5,164件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3章から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 技術開発成果
    • B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
    • C. 技術開発分野(特許分類)の分析
    • D. 共同出願人分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

本報告書の特徴

  • 3Mに関する技術動向がわかりやすく把握できる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編

  • A. 技術開発成果
    • A-1. 特許件数の推移(年次と累計)
    • A-2. 特許取得実績の変遷
  • B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
    • B-1. 発明者数の推移(年次と累計)
    • B-2. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • B-3. 発明者別特許件数ランキング(上位50)
    • B-4. 発明者別特許件数比較(上位20)
    • B-5. 発明者別特許件数の伸長率(特許件数上位50)
    • B-6. 発明者別特許件数の伸長率(伸長率上位50)
    • B-7. 発明者(上位20)とクラス分類(上位20)の特許件数相関
    • B-8. 発明者の特許件数とクラス分類数の比較(上位20)
    • B-9. 発明者(上位20)とサブクラス分類(上位20)の特許件数相関
    • B-10. 発明者の特許件数とサブクラス分類数の比較(上位20)
    • B-11. 発明者別登場・退場状況(上位40)
    • B-12. 発明者別登場・退場状況(最近40、5件以上)
    • B-13. 発明者別新規クラス分類数の推移(上位10)
    • B-14. 発明者別新規サブクラス分類数の推移(上位10)
    • B-15. 発明者別新規キーワード数の推移(上位10)
    • B-16. 特許件数1位発明者 (OUDERKIRK ANDREW J.) の技術開発ライフサイクル
    • B-17. 特許件数2位発明者 (MOORE GEORGE G.I.) の技術開発ライフサイクル
    • B-18. 特許件数3位発明者 (NEWBOULD PETER J.) の技術開発ライフサイクル
    • B-19. 発明者の技術開発ポジション(上位10)
    • B-20. 発明者(上位10)とクラス分類(上位10)の相関
    • B-21. 発明者(上位10)とサブクラス分類(上位10)の相関
  • C. 技術開発分野(特許分類)の分析
    • C-1. 分類数
      • C-1-1 .新規クラス分類数の推移(年次と累計)
      • C-1-2 .新規サブクラス分類数の推移(年次と累計)
    • C-2. 分類別特許件数
      • C-2-1 .クラス分類別特許件数ランキング(上位50)
      • 表1:クラス分類リスト(上位50)
      • C-2-2 .サブクラス分類別特許件数ランキング(上位50)
      • 表2:サブクラス分類リスト(上位50)
      • C-2-3 .クラス分類別特許件数比較(上位20)(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
      • C-2-4 .サブクラス分類別特許件数比較(上位20)(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
      • C-2-5 .クラス分類別特許件数の伸長率(特許件数上位50)
      • C-2-6 .クラス分類別特許件数の伸長率(伸長率上位50)
      • C-2-7 .サブクラス分類別特許件数の伸長率(特許件数上位50)
      • C-2-8 .サブクラス分類別特許件数の伸長率(伸長率上位50)
      • C-2-9 .クラス分類別特許件数の推移(特許件数上位40、年次)
      • C-2-10 .クラス分類別特許件数の推移(特許件数上位40、累計)
      • C-2-11 .クラス分類別特許件数の推移(伸長率上位40、年次)
      • C-2-12 .クラス分類別特許件数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-2-13 .サブクラス分類別特許件数の推移(特許件数上位40、年次)
      • C-2-14 .サブクラス分類別特許件数の推移(特許件数上位40、累計)
      • C-2-15 .サブクラス分類別特許件数の推移(伸長率上位40、年次)
      • C-2-16 .サブクラス分類別特許件数の推移(伸長率上位40、累計)
    • C-3. 分類別発明者数
      • C-3-1 .クラス分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-2 .サブクラス分類別発明者数ランキング(上位50)
      • C-3-3 .クラス分類別新規発明者数の推移(発明者数上位40、年次)
      • C-3-4 .クラス分類別新規発明者数の推移(発明者数上位40、累計)
      • C-3-5 .クラス分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、年次)
      • C-3-6 .クラス分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
      • C-3-7 .サブクラス分類別新規発明者数の推移(発明者数上位40、年次)
      • C-3-8 .サブクラス分類別新規発明者数の推移(発明者数上位40、累計)
      • C-3-9 .サブクラス分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、年次)
      • C-3-10 .サブクラス分類別新規発明者数の推移(伸長率上位40、累計)
    • C-4. 分類別展開
      • C-4-1 .クラス分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-2 .クラス分類別出現・消失状況(最近40、5件以上)
      • C-4-3 .サブクラス分類別出現・消失状況(上位40)
      • C-4-4 .サブクラス分類別出現・消失状況(最近40、5件以上)
      • C-4-5 .クラス分類の技術開発ポジション(上位20)
      • C-4-6 .サブクラス分類の技術開発ポジション(上位20)
      • C-4-7 .クラス分類別特許件数占有率(特許件数上位20)
      • C-4-8 .サブクラス分類別特許件数占有率(特許件数上位20)
    • C-5. 特定2 クラス分類の分析
      • C-5-1 クラス分類1位428/*の出願人別特許件数ランキング
      • C-5-2 .クラス分類2位359/*の出願人別特許件数ランキング
      • C-5-3 .サブクラス分類1位428/343の出願人別特許件数ランキング
      • C-5-4 .サブクラス分類2位051/309の出願人別特許件数ランキング
      • C-5-5 .クラス分類1位428/*の出願人別発明者数ランキング
      • C-5-6 .クラス分類2位359/*の出願人別発明者数ランキング
      • C-5-7 .サブクラス分類1位428/343の出願人別発明者数ランキング
      • C-5-8 .サブクラス分類2位051/309の出願人別発明者数ランキング
      • C-5-9 .クラス分類1位428/*の技術開発ライフサイクル
      • C-5-10 .クラス分類2位359/*の技術開発ライフサイクル
      • C-5-11 .サブクラス分類1位428/343の技術開発ライフサイクル
      • C-5-12 .サブクラス分類2位051/309の技術開発ライフサイクル
      • C-5-13 .クラス分類1位428/*と他クラス分類との相関関係(上位20)
      • C-5-14 .クラス分類2位359/*と他クラス分類との相関関係(上位20)
      • C-5-15 .サブクラス分類1位428/343と他サブクラス分類との相関関係(上位20)
      • C-5-16 .サブクラス分類2位051/309と他サブクラス分類との相関関係(上位20)
  • D. 共同出願人分析
    • D-1. 共同出願人の総特許件数の推移(年次と累計)
    • D-2. 共同出願人別特許件数ランキング(全22)
    • 表3:共同出願人(日本企業3社)の発明概要
    • D-3. 共同出願人別発明者数ランキング(全22)
    • D-4. 共同出願人別特許件数の推移(全22、年次と累計)
    • D-5. 共同出願人別新規発明者数の推移(全22、年次と累計)
    • D-6. 共同出願人別新規クラス分類数の推移(全22、年次と累計)
    • D-7. 共同出願人別新規サブクラス分類数の推移(全22、年次と累計)
    • D-8. 共同出願人別特許件数占有率(全22)
    • D-9. 共同出願人(全22)とクラス分類(上位20)の特許件数相関
    • D-10. 共同出願人(全22)とサブクラス分類(上位20)の特許件数相関
    • D-11. 共同出願人別参入・撤退状況(全22、新しい順)
    • D-12. 共同出願人相互の連携
  • 2. パテントチャート編
    • E-1. Board of Regents The University of Texas Systemの時系列チャート分析(2003年~2012年)
    • E-2. Hydro-Quebec Corporationの時系列チャート分析(2003年~2012年)
    • E-3. Board of Regents The University of Texas Systemの上位3サブクラス分類と位3発明者のマトリクスチャート分析(2003年~2012年)
    • E-4. Hydro-Quebec Corporationの上位3サブクラス分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2003年~2012年)
  • 3. 総括コメント

参考資料

  • 【資料1】出願人統合リスト
  • 【資料2】発明者統合リスト
  • 【資料3】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-ROM (PDF版書籍、Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 117ページ

ISBNコード

ISBN978-4-86483-336-3

発行年月

2014年2月

販売元

tech-seminar.jp

価格

44,722円 (税別) / 48,300円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 78,300円(税込) (通常価格 96,600円 税込) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/12/20 車載ディスプレイの3D、曲面化動向と材料、プロセス技術 東京都
2017/12/21 フィルム製膜における延伸・配向制御、その評価と応用 東京都
2017/12/22 接着の強度、耐久性、信頼性・品質に影響する諸因子とその最適化法および寿命推定法、設計法 東京都
2017/12/22 企業における赤外分析実務担当者のためのプラスチックフィルム関連分析 東京都
2018/1/11 吸収性癒着防止材・止血材に求める分解速度、材形、デザイン 東京都
2018/1/15 面発光レーザ (VCSEL) の特性と新市場へ向けた応用技術 東京都
2018/1/17 触感・力触覚提示デバイスの開発、VR・リアルハプティクスへの応用 東京都
2018/1/18 自動車の構造用接着・異種材料接着および接着設計・接着評価 愛知県
2018/1/19 空中に実像形成する光学系、空中結像と空中ディスプレイの課題、最新動向 東京都
2018/1/22 高分子延伸による分子配向・結晶化制御技術 東京都
2018/1/23 有機EL用封止フィルムの開発動向とバリア性評価 東京都
2018/1/24 ゴム・プラスチック / 金属の接着技術と接着信頼性試験・評価方法 東京都
2018/1/25 反射防止・防眩フィルムのギラツキ低減、視認性向上技術 東京都
2018/1/25 分析化学における測定値の適切な処理法 東京都
2018/1/26 自動車用接着剤の要求特性と異種材料の接着技術 東京都
2018/1/26 自動車におけるヒューマンインターフェースの考え方、運転行動の計測・モデル化とドライバ状態の評価 東京都
2018/1/29 失敗しない電子機器の熱設計と放熱材料の使い方 東京都
2018/1/29 ウェブの搬送・巻取りにおけるトラブルの原因と対策 東京都
2018/1/30 電気・電子製品における「知っておきたい製品安全と含有物質規制の基礎」 東京都
2018/1/30 セット分解でみる ADAS, Cluster, Head Up Display, etc. 東京都