技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

SiCパワーデバイス用高耐熱・高放熱部材の開発とパッケージ技術

SiCパワーデバイス用高耐熱・高放熱部材の開発とパッケージ技術

東京都 開催

開催日

  • 2018年12月12日(水) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 高耐熱エポキシ樹脂の分子設計

(2018年12月12日 10:00〜11:30)

 エポキシ樹脂は電子デバイスにおける各種絶縁材料として用いられているが、要求特性のレベルは年々高まっており、例えば半導体パッケージ材料やSiC半導体材料の分野では、相反する諸特性を維持しつつ、優れた耐熱性を発現することが求められている。
 本発表では、エポキシ樹脂の分子構造と耐熱性の関係、耐熱性と相反関係にある特性を示し、これらを両立する分子設計について解説するとともに、DICが近年開発した高耐熱エポキシ樹脂を特性とあわせて紹介する。

  1. はじめに
    1. エポキシ樹脂の硬化反応
  2. エポキシ樹脂の分子構造と耐熱性の関係
    1. 官能基濃度の影響
    2. 官能基数の影響
    3. 骨格の剛直性の関係
  3. 耐熱性と相反する重要特性の解説
    1. 粘度
    2. 吸湿性
    3. 誘電特性
    4. 熱分解性
  4. 耐熱性と相反する諸特性を両立する分子デザイン
    • 質疑応答

第2部 高熱伝導性を有するヒートスプレッダー及び絶縁基板の開発

(2018年12月12日 12:10〜13:40)

 発熱密度の増加に伴い、熱対策分野はこれまで以上に重要になっており、シリコンに代わるGaNやSiCなどの素子も本格的に展開されようとしています。
 基板やヒートスプレッダーは、従来の素材構成で解決できない場面も増えていると思います。
 今回、高熱伝導性のグラファイトを中心に、熱対策部品に用いられようとしている素材を広く紹介し、基本的な材料選定から部品化までの一連の要素技術やその評価手法などを説明する予定です。

  1. 高熱伝導化の必要性
  2. 高熱伝導材材料の特徴や構造について
    1. 各種高熱伝導材料について
    2. 高熱伝導性グラファイトについて
  3. 熱対策部品への活用について
    1. 高熱伝導グラファイトを用いたヒートスプレッダー
    2. 高熱伝導グラファイトを用いた絶縁基板
  4. 高熱伝導材の複合化技術について
    1. 配合技術
    2. 接合技術
  5. 用途及び市場動向について
  6. 各種評価について
    1. 各種物性評価
    2. 信頼性評価
  7. まとめ
    • 質疑応答

第3部 パワーデバイス放熱システムの熱応力解析と応力分布の評価技術

(2018年12月12日 13:50〜15:20)

 パワー半導体を用いたシステムの信頼性確保は重要な課題となっている。特にパワー半導体は温度管理の観点から、放熱システムが重要となる。特に接合層および半導体チップにかかる応力分布を知ることで高信頼設計に結びつくものと考えられる。
 本講座では有限要素法を用いたマルチフィジックスソルバーにより信頼性評価につながる解析例を紹介する。

  1. パワー半導体放熱システム
  2. パワー半導体接合材料の違い ハンダと銀焼結接合
  3. パワーサイクル試験と熱サイクル試験
  4. 有限要素法によるマルチフィジックスソルバーによる解析
  5. 計算に使用する材料特性
  6. 応力発生メカニズム
  7. 弾性、塑性変形
  8. SiチップとSiCチップの違い
  9. 反りの解析
  10. まとめ
    • 質疑応答

第4部 パワーデバイスの高耐熱・高放熱パッケージ技術

(2018年12月12日 15:30〜17:00)

 最新のパワーエレクトロニクスは地球環境対策や電力消費量削減に貢献する技術であり、我が国が世界をリードできる分野である。
 さらに、今後の成長が期待されているIoT、AI (人工知能) 、ロボティクス、および航空・宇宙といった先進分野においてもパワーエレクトロニクス技術が必要不可欠である。パワーエレクトロニクス機器の中核デバイスであるパワー半導体においてはこれら先進分野に対応するためSiCやGaNなどの新たな材料を用いたデバイスの適用が始まっている。
 本講座では、これら新デバイスを見据えたパワー半導体モジュールの高耐熱化と高放熱化を実現するパッケージについて紹介する。

  1. パワーエレクトロニクスとパワー半導体
    1. パワーエレクトロニクスの重要性
    2. パワーエレクトロニクス機器の要求性能
  2. パワー半導体モジュールのパッケージ技術
    1. パワー半導体モジュールの構造および機能
    2. パワー半導体モジュールの要求性能
  3. パワー半導体モジュールの高耐熱化技術
    1. 各種接合部の高耐熱化
    2. 各種接続部の高耐熱化
  4. パワー半導体モジュールの高放熱化技術
    1. セラミックス基板の低熱抵抗化
    2. TIMの低熱抵抗化
    3. 直接水冷化技術
  5. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 下野 智弘
    DIC株式会社 ポリマ第一技術本部 ポリマ技術5グループ
    研究主任
  • 竹馬 克洋
    株式会社サーモグラフィティクス
    代表取締役
  • 中野 誠彦
    慶應義塾大学 理工学部 電子工学科
    准教授
  • 両角 朗
    富士電機 株式会社 電子デバイス事業本部 開発統括部 パッケージ開発部
    主査

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/11/19 熱分析入門 東京都
2019/11/20 ポリイミドの基礎と複合化・架橋および接着性の向上 東京都
2019/11/22 インバータ (中級) 大学では教わらないインバータの実務技術 神奈川県
2019/11/27 シミュレーション パワエレ専用回路シミュレータPSIM入門 神奈川県
2019/11/28 半導体産業動向: 主要メーカーの戦略とアプリケーションの動向について 東京都
2019/11/29 基礎パワエレ回路の速習法 神奈川県
2019/12/2 電子機器の熱設計技術と熱流体解析 東京都
2019/12/3 パワーデバイス接合材料の開発と高温動作への対応 東京都
2019/12/5 AI化、IoT化に向けた半導体パッケージ技術の進化と要素技術 東京都
2019/12/6 基礎パワエレ制御の速習法 神奈川県
2019/12/10 放熱材料の高熱伝導化と車載電子製品への応用 東京都
2019/12/10 個別半導体車載認定規格: AEC-Q101, AQG324, JEITA ED-4711を中心とした信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/12/12 半導体封止材料の配合設計・製造応用技術と先端パッケージ対応 東京都
2019/12/12 半導体封止材料の設計・製造技術 総合解説 (2日間) 東京都
2019/12/13 系統連系技術 系統連系の基礎と実際 神奈川県
2019/12/16 半導体 (ウェット/ドライ) エッチングの基礎とプロセス制御・最新技術 東京都
2019/12/19 永久磁石モータの基礎と応用および最新研究動向 東京都
2019/12/24 EV・HEV用パワーコントロールユニット (PCU) と車載モータの冷却・放熱技術 東京都
2019/12/25 シリコンならびにSiC / GaNパワーデバイスの現状・課題・展望 東京都
2019/12/25 伝熱の基礎とExcelによる定常・非定常伝熱計算演習 (2日間) 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/31 ディジタルコンバータの回路と制御設計の基礎
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/30 SiCパワーデバイスの開発と最新動向
2012/10/12 2013年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/6/15 半導体・液晶パネル製造装置9社 技術開発実態分析調査報告書