技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自社保有技術の棚卸しと新規事業テーマの創出

自社保有技術の棚卸しと新規事業テーマの創出

~自社の強みとは / どのようにコア技術を特定し、共有化するか~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、コア技術を活かした新規事業の立ち上げと育て方のポイントを詳解いたします。

開催日

  • 2024年5月23日(木) 10時30分 16時45分

プログラム

第1部 自社の保有技術・ノウハウの見える化と評価、コア技術の特定

(2024年5月23日 10:30〜12:00, 13:00〜14:00)

 企業の成長において、イノベーションの創造が重要であることに疑う余地はない。とりわけ、これまで自社が蓄積してきた強み技術を核にしてイノベーションを生み出すコア技術戦略は、ものづくり企業・技術系企業が成長する、ひいては生き残っていくための基本戦略の一つといっても過言ではない。しかし、実際のR&D現場においては、その第一歩であるコア技術の特定と共有化ができていない現状に悩みを抱えているケースも多い。
 本講演では、様々な企業のコンサルティングから得られた実践知をもとに、R&D現場によるコア技術戦略実践のための自社技術の見える化と評価、それに基づくコア技術特定の考え方と進め方を紹介する。

  1. コア技術戦略とは
    1. 企業を取り巻く変化
    2. 成長のコンセプトは「イノベーション」
    3. R&Dへの期待と現場の悩み
    4. コア技術戦略のコンセプトと各社の取り組み
    5. R&D現場における実践プロセス
  2. 自社技術の見える化と評価
    1. 技術マネジメントが難しい理由:多義性
    2. 多面的に技術を捉える:技術5階層モデル
    3. 見える化の狙いは、技術コミュニケーションの促進
    4. 見える化の鍵は「構造化思考」
    5. 技術評価の思考プロセス
  3. コア技術の特定
    1. コア技術とは何か
    2. コア技術を特定するフレームワーク
    3. 時間軸を変えるとコア技術は変わる
    4. 現在のコア技術と未来のコア技術
    5. コア技術の進化を描く
  4. コア技術戦略を実践する組織と文化
    1. コア技術戦略は2軸思考の組織活動
    2. 組織文化の重要性
    3. イノベーションと促進する文化と阻害する文化
    4. 組織文化づくりは経営者の仕事
    5. 評価から支援へ:マネジメントのパラダイム変革
    • 質疑応答

第2部 コア技術を活用した新規事業テーマの立ち上げ方、育て方

(2024年5月23日 14:15〜16:45)

 ニーズを起点として誰もが知る社会課題に対応する新規事業は、多くの企業が参入し激しい価格競争のもと体力を消耗する厳しいレッドオーシャン事業となる可能性が高いです。そうではなく、モノづくり企業が目指すべき新規事業とは、他社と差別化を図り、特定の市場において顧客から確固たる信頼を得ることで高収益を得るビジネスにすべきです。この“差別化”と高収益に繋がる顧客からの“確固たる信頼”を構築するために必要なのは、自社が有するコア技術の価値を現代の市場環境に応じた「再定義」にあります。実は、これまで「強み」と考えていたコア技術が既に陳腐化している可能性があり、一方で“枯れた技術”と考えていたものが社会変化の中で生じる新たなニーズを捉えれば画期的な技術として評価される可能性もあるのです。
 本講演では、この“コア技術価値の再定義”の方法と、そこからいかにして新規事業プランニングを行い、その新規事業を立ち上げ育てていくかを、講師の実務経験と事例も交えながら学んで頂きます。

  1. コア技術の価値を再定義
    1. なぜ自社のコア技術を起点とするのか
      1. ニーズ起点での新規事業開発が限界にきている
        • 顕在化したニーズに飛び込めばレッドオーシャンになる
        • なぜニーズが潜在化しているのか
      2. 従来のプロダクトアウトには誤解があった
        • なぜ技術志向は失敗するのか
    2. 強みを活かす技術転用の思考法
      1. ユーザーが求めている技術の本質とは何か
        • 自社が顧客に提供している価値を再定義する
        • 技術的強みを評価するために自社技術の棚卸・評価とは
        • 強みとなる可能性の高い機能・性能とは
        • 事業価値の観点から技術を評価するモデルとは
      2. 強みに対する目線を変える
        • “別の性能・機能”に着目して異なる効能を見出す
        • 性能・機能をユーザー目線で翻訳する
    3. 変化を捉えた市場機会の創出
      1. 変化があるところに新たなニーズが生まれる
        • 技術進化がもたらす変化
        • 人の価値観・考え方の変化
      2. 現在の課題ではなく将来の課題に対応する
        • 先読みの力とは
        • 現在の課題はレッドオーシャンになる
  2. 新規事業テーマの立ち上げ方と育て方
    1. 新規事業のプランニング
      1. 事業ドメインを選定する
      2. 競合を把握する
      3. STP分析で新規事業を具現化する
        • 市場を細分化する (隠れたチャンスを発見する)
        • 自社が勝てるターゲット市場を見極める
        • 競合に勝てる事業ポジションを明確にする
    2. まだ見ぬ新市場をいかに想定するか
      1. 新市場の創出とは
        • ニーズ情報をいかにして把握するか
        • 後発だからこそ有利な新市場創出
        • どのようにして新市場は創出されるのか
  3. 新規事業の育て方
    1. 自社技術を活かすオープンイノベーション
      1. 外部の力を活かして新しい市場を開拓する
        • 戦略のすり合わせ
    2. 現実を見据えた戦略的な新市場開拓
      1. 事業をいかにして育てるか
    • 質疑応答

講師

  • 平木 肇
    株式会社 ケミストリーキューブ
    代表取締役 / イノベーションコンサルタント
  • 古庄 宏臣
    知財務 株式会社
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/23 研究開発部門による3つの重要要素に基づいた「良い事業戦略」の構築と策定 オンライン
2024/5/23 技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法 オンライン
2024/5/23 新規事業を自走する組織に必要な10の観点とは オンライン
2024/5/24 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/5/24 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/5/27 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/5/28 R&D部門の研究・実験データのExcelにおける効果的な蓄積・分析技術 オンライン
2024/5/29 技術者、研究者のための実践的なタイムマネジメント (時間管理) オンライン
2024/5/30 未来予測による新規研究開発テーマ創出の仕方 オンライン
2024/6/3 不確実性を価値創造に変える衆知錬成の「意思決定」 オンライン
2024/6/4 ものづくり・問題解決のための機器分析の考え方と進め方 オンライン
2024/6/5 生成AIと自社データの連携によるアイデア創出と研究プロセスの変革 オンライン
2024/6/5 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2024/6/5 研究開発のための技術ロードマップの作成・活用法と策定事例 オンライン
2024/6/6 自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座 オンライン
2024/6/7 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/6/7 シナリオプランニングをとりいれた市場・製品・事業・技術ロードマップの策定と実行手法 オンライン
2024/6/11 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの方法とその具体的な活動 オンライン
2024/6/11 電子実験ノートの導入とR&Dデータ共有・利活用ノウハウ オンライン
2024/6/17 技術者、研究者のための実践的なタイムマネジメント オンライン

関連する出版物