技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新規R&Dテーマ提案の企画書作成と経営層への説明、説得の仕方

新規R&Dテーマ提案の企画書作成と経営層への説明、説得の仕方

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、新規R&Dテーマ提案を取り上げ、経営層が注目するポイント、経営層が納得する提案・説明の仕方、稟議を通すための企画書作成のポイント、提案のコツについて詳解いたします。

開催日

  • 2023年11月27日(月) 10時30分 16時45分

修得知識

  • 経営層が注目するポイント
  • 経営層が納得する提案・説明の仕方
  • 稟議を通すための企画書作成のポイント、提案のコツ

プログラム

第1部 新規R&Dテーマ提案への企画書作成のコツ

(2023年11月27日 10:30〜14:30) ※途中、お昼休憩を挟みます

 近年の製品ライフサイクルの短期化や革新技術の急成長により、従来のトップダウンによる商品企画は限界に近づいています。そこで既存事業に限らず新規参入を目的とした新商品をいち早く立ち上げることが必要です。
 本講座ではR&D部門が主導し、コア技術を生かした商品・開発テーマを早く・確実に創出するためのフローを解説します。特に技術者がおさえておくべきマーケティング分析をはじめ、商品アイディアを絞り込むための評価指標、さらには稟議を通すための企画書作成のポイント、提案のコツを紹介します。

  1. 研究開発部門に必要なマーケティング思考
    1. テクノロジー企業を取り巻く環境の変化
    2. イノベーティブ商品の事例
    3. 今求められる研究開発テーマ3つのポイント
    4. 新商品を創出するための開発フロー
    5. 技術者がおさえるマーケティング
  2. ターゲット設定&マーケティング分析
    1. ターゲット「仮」設定
    2. 技術シーズの棚卸し評価
    3. 市場ニーズ調査
    4. マーケティング分析フレームワーク
  3. アイディア発想
    1. アイディアの原則「不の解消」
    2. アイディアを磨くコツ
    3. アイディア一次評価
    4. CAN, MUST, WANT評価
  4. 研究開発テーマ企画と提案
    1. KJ法、マトリクス法
    2. 研究開発テーマ企画への展開
    3. 企画提案とMVP活用
    4. ロードマップ設定
    • 質疑応答

第2部 経営層に響くR&Dテーマ提案企画書の見せ方と伝え方

(2023年11月27日 14:45〜16:45)

 提案するR&Dテーマが尖っていればいるほど市場での競争優位性は高まるが、実現可能性は逆に低くなる。しかも、社内調整の難易度も高くなる。著者も研究員としてキャリアをスタートさせたが、当時は新製品開発を担当していた当時これを実体験している。現在は経営層という以前とは逆の立場となり、部下がどのような提案・説明をすれば経営層が納得するかが理解できる。
 ここでは、先の読めない不確実性の高い外部環境下において、経営層の理解を得るにはどのようなポイントを押さえておく必要があるのか、過去から現在進行形での著者の実体験を交えながら解説していく。

  1. 全社経営戦略に沿ったR&Dテーマ提案
    1. 経営層の視点を理解する
    2. 自社のキャッシュフローも把握しておく
  2. R&D活動におけるROI
    1. 研究開発投資の回収率という視点
    2. R&Dの効率化のための原因解明と今後の対応策
  3. R&Dテーマ決定に至る戦略ストーリー
    1. R&Dテーマ提案の方向性を示す
    2. 客観性を担保した事業性評価の実施
    3. コア技術戦略のモデル
  4. Pricing
    1. Pricingの基準・切り口
    2. 3C分析
    3. 「顧客価値」 という発想
    4. 経営戦略との整合性
    5. プライシングの要点
  5. 経営層が納得しやすいR&Dテーマ
  6. 経営層に響くプレゼンテーションとは
    • 質疑応答

講師

  • 川崎 響子
    株式会社ファースト・イノベーテック
    代表取締役
  • 平谷 治之
    高砂電気工業 株式会社
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/4 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化と算定方法 オンライン
2024/3/4 医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践 オンライン
2024/3/5 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2024/3/5 研究開発・製品開発投資の収益性評価と費用配賦の考え方・進め方 オンライン
2024/3/6 医薬品開発におけるプロジェクト事業性評価の基礎と意思決定の考え方 オンライン
2024/3/7 技術の横展開による新規事業テーマの発掘と進め方 会場
2024/3/8 新規事業テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2024/3/12 研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定 オンライン
2024/3/15 研究開発部門が行う高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2024/3/15 実験自動化によるR&Dの効率化とその進め方 オンライン
2024/3/15 アンメット医療ニーズ応答・事業価値最大化を実現するR&D-C戦略 オンライン
2024/3/20 アンメット医療ニーズ応答・事業価値最大化を実現するR&D-C戦略 オンライン
2024/3/22 特許調査・知財業務への生成AI/ChatGPTの活用法 オンライン
2024/3/25 技術戦略のシステム思考 (第3の道) による再構築法 オンライン
2024/3/26 正確に伝える「説明術」 オンライン
2024/3/27 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都 会場
2024/3/28 ステージゲート・プロセスの基本・本質の理解とテーマの評価・意思決定での活用 オンライン
2024/3/28 未来予測のための情報収集とそのまとめ方、読み解き方 オンライン
2024/3/28 特許情報からみたBeyond 5G 材料開発戦争 2023 オンライン
2024/3/29 R&D技術者のための技術ベンチマーキング実践セミナー オンライン