技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

人間重視のヒューマンエラー防止法

ヒューマンエラーから脱却するための

人間重視のヒューマンエラー防止法

~ルール強化はもう限界 / マニュアルをどんなに作っても「ポカミス」が減らない理由~
オンライン 開催 演習付き

概要

本セミナーにおいては、「ヒューマンエラーは人間が引き起こす、であれば人間が防げるのでは」との観点から、人的側面に光を当て、やる気を引き出し意欲の基である「人間力」を品質改善の基盤として、簡単に実践できて効果があり、現場で即日、役立てられる仕組を提供いたします。

開催日

  • 2023年8月28日(月) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 開発・設計・製造&研究・企画部門、品質保証・保全部門、運用・運転部門、事務部門、人材育成・教育部門等他分野のスタッフ&マネジャー、改善活動推進者、担当者、経営層 等
  • 今まで製品・部品・機械製造、システム開発・運用、医療&薬品、化学&原子力&プラント&設備、航空&運輸、工場管理&建物監視、事務作業等、多分野の方々にご参加いただいております。

修得知識

  • 人間重視の思考パターンと人を動かす仕組み考案のコツ
  • リスクマインド&品質改善マインド醸成法
  • リスク管理&品質改善実践法
  • 具体的な導入方法

プログラム

 ヒューマンエラーが発生すると、ルールやマニュアル等を強化して反省を迫り言われたことしかやらない「考えない集団」を生み出し、見事に「負の連鎖」を繰り返してしまいます。
 『もう、限界だ、何をやっても駄目だ!!』と諦めてしまう前に、「改善の知恵が日常化する組織風土」を構築することをお勧めします。『エラーを起こそう』と思ってエラーを起こす人はいません。構築の鍵は人間の「良くしたい」との「善なる思い」にあるのです。
 本セミナーにおいては、『ヒューマンエラーは人間が引き起こす、であれば人間が防げるのでは』との観点から、人的側面に光を当て、「やる気」を引き出し「意欲」の基である「人間力」を品質改善の基盤として、「簡単に実践できて効果がある」今まで体験したことのない「現場で即日、役立てられる仕組」を提供致します。
 講師はIT系の開発等を専門としますが、過去、IT系以外の多分野 (機械・制御・製造系、化学・薬品・医療系、プラント・設備運用系、航空・交通・輸送系、電力・原子力、教育等々) の方々に、セミナー&企業研修を提供しており、ご好評を賜っております。

  1. 第1章 ヒューマンエラーと人間重視
    1. ヒューマンエラー防止活動の基盤
      1. ヒューマンエラー防止活動と「価値観の認識」
      2. 人間のタイプと改善活動
    2. ヒューマンエラー防止と本セミナーの主張
      1. 何故ヒューマンエラーが繰り返されるのか?
      2. 従来手法でエラーを防ぐことは出来るのか?
      3. エラーが起きる前にやるべき効果的防止法
  2. 第2章 失敗を繰り返さないための「人間力の醸成」
    1. 「失敗の構図」と「品質問題の発生」
    2. 人間重視と人間力の醸成
      1. 人間重視の品質改善
      2. 「わくわく」感と人間力醸成の構図
    3. ヒューマンエラーとコミュニケーションの向上
      1. 演習1「トラブルと人間関係」
      2. 「心理学的な知恵」と人間関係の向上
  3. 第3章 ヒューマンエラー防止のための「動機付け」ケーススタディ
    1. 人を動かす仕組考案のコツ
      1. 「人を動かす仕組考案の基盤」
      2. 「人を動かす仕組考案の例」
    2. 「動機付けする」ケーススタディ
      1. 演習2:「人を動かす再発防止策」
      2. 「改善活動への動機付け」 (人を動かす「再発防止策1」
  4. 第4章 エラー防止のための「リスクマインド醸成」ワークショップ
    1. 簡単にできる「問題発生防止」
      1. 「ヒューマンエラー防止」と「リスク管理」
      2. 「管理者と現場の乖離」を踏まえた「仕組考案」
      3. 演習3:「ヒューマンエラーとリスク管理」
    2. 「リスクマインドの醸成」と「リスク管理の仕組」
      1. 「リスク意識の高い集団」と「リスクマインドの醸成」
      2. 人を動かす「リスク管理」の仕組事例
      3. 「リスクマインドの醸成」 (人を動かす再発防止策2)
  5. 第5章 エラー防止のための「品質&改善マインド醸成」ワークショップ
    1. エラーを防ぐ「品質&改善マインドの醸成」
      1. 「品質&改善マインド」の醸成
      2. 演習4:「ヒューマンエラー防止と改善提案」
    2. 「わくわく」感を生み出す「全員参加型改善活動」
      1. 「全員参加型改善活動」の仕組事例
      2. 「品質&改善マインドの醸成」 (人を動かす再発防止策3)
  6. 第6章 失敗を繰り返さないための「具体的な実践方法」の勧め
    1. 「作業者が複数人の場合の改善活動」
    2. 「作業者が一人の場合の改善活動」
  7. 第7章 まとめ
    1. 「実践のポイント」
    2. 「実践に向けてのご質問」と「講師からのエール」

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 熟練技術者の暗黙知の見える化と承継・共有する仕組みと進め方 オンライン
2024/2/28 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/2/28 なぜなぜ分析の実践法と問題発見・解決手法 オンライン
2024/2/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2024/2/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2024/3/4 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント オンライン
2024/3/8 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/3/8 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/3/11 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン
2024/3/15 GMP違反とヒューマンエラーに対する教育訓練の考え方とQA視点による抑制・防止対策事例 オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (1) オンライン
2024/3/19 信頼性の基礎と加速試験の進め方および試験結果の活用法 オンライン
2024/3/19 チームマネジメント強化講座 オンライン
2024/3/19 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/3/22 信頼性の基礎 (2) オンライン
2024/3/25 はじめての品質対応 / なんとか改善したい品質対応…5つのポイント オンライン
2024/3/27 GMP違反とヒューマンエラーに対する教育訓練の考え方とQA視点による抑制・防止対策事例 オンライン
2024/3/28 固体高分子の破壊とタフニング オンライン
2024/3/29 チームマネジメント強化講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/3/31 研究開発部門の新しい "働き方改革" の進め方
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/4/26 新米管理者としてマネジメントの原理を知ることで不安解消しよう
2013/4/25 初公開 10分間面接メソッド
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/2/16 心に響く対応で確実にファンを創る!クレーム対策術
2013/2/14 テロリスト化するクレーマーへの対処術(企業編)
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集
2012/11/21 デキる上司の褒め方・叱り方・伝え方
2012/1/22 看護師の確保・定着体制の構築
2011/5/21 病院を活性化する医師事務作業補助者の導入手法