技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門にこそ不可欠なマーケティングの考え方

研究開発部門にこそ不可欠なマーケティングの考え方

~最先端・多機能・流行追従の競争から脱却した価値づくりのあり方~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、研究開発部門にこそ備えるべきマーケティングの考え方と、組織のあり方を含めた実行方法について解説いたします。

開催日

  • 2022年7月27日(水) 10時30分 17時00分

修得知識

  • 消費者にとって価値の高い商品/サービス開発に不可欠な企画・具現化・科学的検証の考え方と実行方法
  • 価値づくりを妨害する組織と促進する組織の特徴

プログラム

 既存機能の性能競争、世界初の技術の導入競争に加えて、米シリコンバレーへの進出、オープンイノベーションの推進、人工知能の活用、DXの専門組織の設置など、企業は多様な流行に追われている。しかし、消費者は最先端を求めているわけではない。人工知能と名のつく商品/サービスを欲しているわけではない。これらはすべて企業における手段であり、消費者の価値ではない。毎年のように、大量の商品/サービスが世に生まれ、大部分が消えていく背景には、そもそもの研究開発プロジェクトの目的から的が外れているケースが散見される。
 研究開発部門では「どうつくるか?」、営業部門では「どう売るか?」という手段の議論からは価値は生まれない。価値づくりに不可欠な出発点は、「何をつくるか?」という目的の設定である。より具体的には、「解決したら消費者が喜んで高いお金を払ってくれる、実用的・心理的問題は何か?」の設定である。これが定まらないまま、プロジェクトを進めても、金と時間だけでなく自社の優れた技術さえも無駄にしていく。
 本講演では、研究開発部門にこそ備えるべきマーケティングの考え方と、組織のあり方を含めた実行方法について述べる。

  1. マーケティングとは「販売を不要にする価値づくり」
    • 「なぜ他社より高いお金を出してでも買いたいか?」 を考える技術者はどれだけいるか?
    • 価値づくりの出発点と意思決定の基準であるコンセプトを全メンバーが即答できるか?
    • デザイン・ユーザビリティを高めても価値が高まらない根本原因を理解しているか?
    • 未来のトレンド予測という”無駄な”仕事をしていないか?
    • 固定費回収モデルである製造業において固定費マネジメントをしているか?
  2. 価値づくりに不可欠な科学的検証のあるべき姿
    • 価値づくりの考え方の共通認識がないまま、いきなりブレストしていないか?
    • 意思決定の根拠が曖昧なまま、決断できない会議になっていないか?
    • 評価者の意思決定は座る椅子の硬さで容易に変化してしまう認識はあるか?
    • 成功事例をマネしても、成功を再現できないことを認識しているか?
    • 仮説なきまま、手元のビッグデータを扱い、相関に溺れていないか?
  3. 組織のあり方
    • プロジェクトを開始する前に組織のあり方を整備しているか?
    • 価値づくりに貢献している人に報酬を与える人事評価になっているか?
    • 価値づくりを妨害する人材の配置転換をしているか?
    • 議事録は科学的根拠が記載され、メンバーに開示されているか?
    • 意義の乏しい指標が乱立し、その管理業務に忙殺されていないか?
  4. まとめ&質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/9 研究開発部門でDXを活用するためのデータベース構築と運用の仕方 オンライン
2022/8/10 後発で勝つための市場分析と経営層への説明・説得の仕方 オンライン
2022/8/19 医薬品マーケティングにおけるキーメッセージ策定とKOLマネジメントのポイント オンライン
2022/8/29 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント オンライン
2022/8/29 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/8/30 研究開発部門が実行する革新的なR&Dテーマの創出とその評価方法 (2日間) オンライン
2022/8/30 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくりと方策・活動 オンライン
2022/8/30 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/8/31 競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 オンライン
2022/8/31 研究開発テーマの (定量的) 評価、選択方法とそのプロセス オンライン
2022/8/31 R&D部門における効果的なデータ共有・利活用法と体制づくり オンライン
2022/9/5 技術者のための実践的競合調査、市場調査の基本手法 オンライン
2022/9/5 特許情報・マーケティング情報の収集・分析と商品開発への活用 オンライン
2022/9/6 研究開発部門が実現すべき高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2022/9/7 研究開発におけるアジャイル型開発の導入、推進と運用のポイント オンライン
2022/9/7 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/9/8 医薬品開発R&Dマネジメントのリスクマネジメントと解決代替案 オンライン
2022/9/8 トラブル事例から学ぶ大学との共同研究契約のチェックポイントと留意点 オンライン
2022/9/8 次世代ビジネスに向けた新規事業構想プロセスとアイデア発想&テーマ創出法 オンライン
2022/9/9 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法 東京都 会場・オンライン