技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Foresight・未来洞察・スキャニングの手法と実際

Zoomを使ったライブ配信セミナー

Foresight・未来洞察・スキャニングの手法と実際

~企業における中長期戦略立案、新事業創出の実践例~
オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

本セミナーでは、未来を考えるための方法論を俯瞰したうえで、不確実性の高い時代により適したForesight手法にフォーカスを当て、実施方法と企業事例、及び実施効果について解説いたします。
また、Foresight手法の中で特に重要となる「スキャニング」について、その実施方法と実践例 (デジタル社会の未来シナリオ) について紹介することで、手法の可能性を体感いただきたきます。

開催日

  • 2021年1月28日(木) 13時00分 16時00分

プログラム

 COVID – 19 (コロナウイルス感染症) を例にとるまでもなく、世の中の不確実性は増大し、「未来が見通しづらい」世界になってきています。しかし、「未来はわからないから考えても仕方がない」と思考停止してしまうと、新たな変化への対応を機動的に実施することができず、事業や組織の発展が停滞してしまいます。
 人類はこれまで、「未来を考える方法論」を編み出し、進化させてきました。適切な目的設定で適切な手法を導入した企業は、新たな未来を構想したうえで、戦略、事業や製品に他社との違いを生み出すことに成功しています。
 本セミナーでは、未来を考えるための方法論を俯瞰したうえで、不確実性の高い時代により適したForesight手法にフォーカスを当て、実施方法と企業事例、及び実施効果について解説します。また、Foresight手法の中で特に重要となる「スキャニング」について、その実施方法と実践例 (デジタル社会の未来シナリオ) について紹介することで、手法の可能性を体感いただきたいと考えています。

  1. 未来を考える方法論
    • 外挿法
    • 有識者デルファイ法
    • シナリオプランニング
    • Foresight
    • スペキュラティブ・デザイン
  2. 非連続・不確実な未来をどのように洞察するか
  3. 未来の兆しのみつけ方 (スキャニング)
  4. 未来の共有方法
    • 未来年表とは
    • 未来年表の作成
    • 未来年表の更新・活用
  5. Foresight手法の導入・実践事例
    • A社
    • B社
    • C社
  6. 不確実な未来の洞察事例 (デジタル社会の未来シナリオ)
  7. 誰がどのように未来を考え、提示するか?
    • 各社内での実践方法とポイント
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,000円(税別) / 33,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/26 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) オンライン
2021/1/26 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) オンライン
2021/1/27 変革の時代にこそ、捉えるべき 特許出願・知財戦略の本質とコロナの先を見据えた技術・事業戦略 東京都 会場・オンライン
2021/1/27 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2021/1/28 研究開発におけるリーン・スタートアップ/アジャイル開発の活用法 東京都 会場・オンライン
2021/1/29 消費者が五感で得る知覚という現実: 知覚品質・感性的価値の要諦 オンライン
2021/1/29 再生医療・遺伝子治療の産業クラスター/市場動向と医療経済評価 オンライン
2021/2/3 やさしい技術の棚卸し、コア技術の抽出と技術戦略・IPランドスケープの進め方 オンライン
2021/2/9 戦略視点を活かす技術マーケティング オンライン
2021/2/10 研究開発へのDX導入とR&Dテーマ探索、意思決定への活用 オンライン
2021/2/12 研究開発に直結する情報収集のポイント オンライン
2021/2/12 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2021/2/12 化粧品広告の実務者が押さえておくべき広告法規制動向と広告表現の重要ポイント オンライン
2021/2/15 技術者・研究者がやるべき市場分析・競合他社ベンチマーキング分析と情報収集の進め方 東京都 会場・オンライン
2021/2/16 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり オンライン
2021/2/17 研究開発部門にしか実現できない高収益を生む組織的・継続的なビジネスモデルの構築 オンライン
2021/2/17 競合品との差別化を図るための製品ポジショニングとプロモーション戦略 オンライン
2021/2/18 未来予測の思考法 オンライン
2021/2/19 新規事業創出のための知財情報分析の仕方 オンライン
2021/2/19 研究開発と技術人材育成のための技術部門マネジメント オンライン