技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器における薬事規制対応

ライブ配信対応セミナー

医療機器における薬事規制対応

~承認申請書作成、添付資料 (STED) 構成事例~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

概要

本セミナーでは、医療機器における適切な承認申請書と添付資料の作成方法について詳解いたします。

開催日

  • 2020年9月14日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 医療機器の承認審査
  • 承認申請書、添付資料の書き方
  • 薬事戦略と医療機器開発の考え方
  • 医療機器の開発と申請書類の関係

プログラム

 開発した医療機器の性能を十分に発揮し、安全に使用するためには、承認審査の内容を理解し、適切な承認申請書と添付資料を作成することが求められます。
 本セミナーでは、承認申請書類作成上のポイント、各種評価試験等の実施や添付資料へ記載する上での留意点に加え、設計開発やQMSとの関係、販売やマーケティングを見据えた戦略として申請を行うための考え方についても解説します。

  1. 薬機法による医療機器規制の概要
    1. 医療機器の定義と分類
    2. 承認申請等の概要
  2. 承認申請区分
    1. 承認申請区分の概要
    2. 申請区分の考え方
  3. 承認申請書類
    1. 承認申請書
    2. 添付資料 (STED)
  4. QMSと申請書類
    1. QMSの概要
    2. リスクマネジメント
    3. 設計開発
  5. 臨床評価
    1. 臨床試験データの要否判断
    2. 治験
    3. 臨床評価報告書
  6. 医療機器の保険適用
  7. 申請にあたっての考え方
    1. 審査の考え方
    2. 医療機器の開発と申請にあたっての考え方
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第4講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 30,400円(税別) / 33,440円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 申込みフォームの通信欄に「オンライン受講割引」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/11/29 グローバルGMPをふまえた最新バリデーションの理解 オンライン
2021/11/29 炎症性腸疾患の病態 / 治療の現状と臨床試験の留意点 / 現場が求める新薬像 オンライン
2021/11/30 医療機器における生物学的安全性試験の基本的な考え方と申請/評価の進め方 オンライン
2021/11/30 ISO9001によるICH-GCPが要求する医薬品開発QMSの解釈とSOPマネジメント オンライン
2021/11/30 QMSの要求をふまえた医療機器における設計管理とデザインレビュー、バリデーション、ベリフィケーション実施 オンライン
2021/12/1 日常生活下における体表面生体信号の計測と応用 オンライン
2021/12/2 再生医療等製品におけるCMC薬事・申請の主な課題とそのポイント オンライン
2021/12/7 癒着防止剤の医療現場ニーズと製品開発のポイント オンライン
2021/12/7 臨床研究法や新倫理指針等の臨床研究を取り巻く最新動向と臨床研究の運営・管理、その手続きの実際 オンライン
2021/12/8 深紫外線によるウイルスの不活化と発光出力・安全性の両立 オンライン
2021/12/8 企業の独自性に即したSOPの作成と活用及び維持管理 オンライン
2021/12/8 改正薬機法の押さえるべきポイントと規制対応における留意点 オンライン
2021/12/10 医療機器のEO滅菌の基礎と滅菌バリデーション、EO残留物測定のポイント及びQMS適合性調査の指摘事項と対応方法 オンライン
2021/12/13 治験・市販後でのアジアPV規制の最新動向と安全性情報の収集・報告の違い オンライン
2021/12/14 デジタルヘルスケア製品研究・開発における薬機法と保険制度 オンライン
2021/12/14 臨床試験における臨床検査値の読み方・判断および有害事象症例の検討 東京都 会場
2021/12/15 メディカルライティング・治験翻訳の基礎と必須英語用語 オンライン
2021/12/15 医療機器 SaMD開発・申請要点セミナー オンライン
2021/12/16 臨床試験・リアルワールドデータ研究の計画と統計解析のポイント オンライン
2021/12/17 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2021/2/1 ISO13485:2016対応 QMSひな形集一式
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集