技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ISO9001 & ISO14001 2015年改定の概要と組織の対応課題

改正における現行規格と比較、企業としての取り組み課題と対応方向について解説する

ISO9001 & ISO14001 2015年改定の概要と組織の対応課題

東京都 開催

概要

本セミナーでは、ISO9001・ISO14001新規格要求事項を現行規格と比較しながら解説し、変更に伴う必要な対応について網羅的に解説いたします。

開催日

  • 2015年11月18日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • ISO9001・ISO14001の現行規格と新規格の変更点
  • 変更に伴う必要な対応

プログラム

 ISO9001及び14001_2015年版の新規格では、各規格間との整合性が図られ、また、組織の内外環境やリスク分析に基づいた計画を策定するといった全く新たな要求が加わりました。一方、組織戦略や事業プロセスとの統合を目指し、マネジメントシステムのパフォーマンスがより重視されます。さらに、QMSには、組織の知識や変更の管理等、EMSには、製品のライフサイクルを俯瞰した環境側面の考慮、及び、サプライチェーンを見渡した環境保全への関与等が要求事項となりました。
 本講演では、このような内容を含め、ISO9001及びISO14001新規格要求事項を現行規格と比較しながら説明します。また、これらの変更に対する企業としての取り組み課題と対応方向を解説します。

  1. ISO9001_2015 規格の特徴概略
    • 他MS規格との整合性
    • 事業戦略との整合性、ビジネスピロセスとの統合
    • リスクに基づく考え方を組み込んだプロセスアプローチ
    • 組織の意図した結果、パフォーマンス重視
    • 文書化要求の削減、規範的な要求事項の削減
    • サービス業への適用配慮
    • QMS固有強化/追加点 (変更管理、組織の知識、ヒューマンエラー他)
  2. ISO9001_2015 規格要求事項と 現行規格との差異
    • 現行規格と新規格の対比表
    • 4章.組織の状況
    • 5章.リーダーシップ
    • 6章.計画
    • 7章.支援
    • 8章.運用
    • 9章.パフォーマンス評価
    • 10章.改善
  3. ISO14001_2015 規格の特徴概略
    • 他MS規格との整合性
    • 事業戦略との整合性
    • ビジネスプロセスへの統合
    • リスクの分析と対策
    • ライフサイクルマネジメントの視点
    • サプライチェーンにおける環境影響
  4. ISO14001_2015新規格要求事項と 現行規格との差異
    • 現行規格と新規格の対比表
    • 4章.組織の状況
    • 5章.リーダーシップ
    • 6章.計画
    • 7章.支援
    • 8章.運用
    • 9章.パフォーマンス評価
    • 10章.改善
  5. 組織の対応課題 – マニュアル改訂戦略を中心に
    • オプション1:現品質マニュアルと現環境マニュアルの個別改訂
    • オプション2:共通箇条構造に基づいた統合マニュアルの作成
    • オプション3:ビジネスプロセスアプローチベースの統合マニュアルの作成
  6. おわりに
    • 移行審査について
    • 関連情報
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/25 EU GVP Module I 要求におけるQMSの構築及び運用 (CAPAの立案・遂行) 東京都
2019/2/26 信頼性試験と故障解析 東京都
2019/2/28 製造業にIoTがもたらすもの / 活用・導入の実践・事例と付加価値の実現 東京都
2019/3/5 事故や失敗事例から学ぶHAZOP実践講座 大阪府
2019/3/5 開発手法を中心にした信頼性工学の基礎 東京都
2019/3/8 医療機器開発のための薬事承認申請と対応 大阪府
2019/3/14 車載用半導体の信頼性認定ガイドラインと要求品質、信頼性 東京都
2019/3/18 体外診断用医薬品における品質マネジメントシステムと設計開発手法 東京都
2019/3/25 ICH E6 (R2) にて要求されるClinical QMS/RBM導入の留意点 東京都
2019/3/26 超入門 ワイブル解析 東京都
2019/3/28 信頼性設計・評価の基礎と加速試験の効率的な進め方 東京都
2019/3/29 「開発・設計時の安全係数」と「量産展開時の管理閾値」決定方法 東京都
2019/3/29 グローバル監査・海外当局査察を意識した臨床試験記録と必須文書の作成法、記録の残し方 東京都
2019/4/4 外注先の品質指導・育成と不良品防止のための仕組み作り 東京都
2019/4/12 製造業における人工知能を使った非線形実験計画法 愛知県
2019/4/15 信頼性の評価・予測・データ解析と加速試験の進め方 東京都
2019/4/23 信頼性の基本と効率的な開発のための加速試験入門 東京都
2019/4/24 品質工学 (タグチメソッド) 実践入門 東京都
2019/4/24 ICH E6 (R2) にて要求されるQMSにおけるRBM (リスクベースドモニタリング) の考え方 東京都
2019/4/25 周辺視目視検査法の進め方と実施法 東京都