技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

顧客の潜在意識から読み解く化粧品マーケティング入門講座

顧客の潜在意識から読み解く化粧品マーケティング入門講座

~百貨店から百円ショップまで商品開発 & 販売促進の2つの売上拡大ソリューション~
オンライン 開催

視聴期間は2024年3月29日〜4月4日を予定しております。
お申し込みは2024年4月2日まで承ります。

概要

本セミナーでは、消費者心理、特に脳の働きの95%を占めると言われる潜在意識・無意識に焦点を当て、多様化・複雑化するブランドやカテゴリー、販売チャネルとのつながりや法則性を明らかにするとともに、飛躍的に売上拡大を図る2つの手法をお教えします。
また、国別 (日・中・米の3か国比較) の消費者心理の違いと要因についても解説いたします。

開催日

  • 2024年4月2日(火) 13時00分 2024年4月4日(木) 16時30分

プログラム

 飽和・成熟化する国内化粧品市場では、様々な品種やカテゴリー、販売チャネルなどが増え一層複雑化してきています。またコロナの長期化などからインバウンド需要も伸び悩むなど売上拡大が難しい状況にあります。このような中で、化粧品に携わるメーカーや販売店の皆さんはどのようにして売上拡大に取り組むべきでしょうか?
 本講演では、そのキーポイントとなる消費者心理、特に脳の働きの95%を占めると言われる潜在意識・無意識に焦点を当て、多様化・複雑化するブランドやカテゴリー、販売チャネルとのつながりや日・中・米の国別の消費者心理の違いなどの法則性を明らかにするとともに、飛躍的に売上拡大を図る2つの手法をお教えします。
 具体的には、商品開発の視点から「店頭陳列のみでヒットする〜インサイト&アウトサイト思考によるカテゴリー・イノベーション」と販売促進の視点から「商品はそのままでもワン・フレーズの情報で見違えるように売れるコマーシャル・イノベーション」です。化粧品の企画・開発や販売に携わる全ての方、是非ご参加ください。

  1. 化粧品の市場トレンド
    • 人気の注目ブランド
    • 潮流のキーワード
  2. 化粧品市場の体系・構造と成り立ち
    1. 資生堂のチャネル別ブランド戦略 (日本と中国の例)
    2. カテゴリー分類と進化の経緯 (スキンケアを中心に)
    3. 販売チャンネルの体系と進化
    4. 国別の消費者心理の違いと要因 (日・中・米の3か国比較)
  3. カテゴリーやチャネルを生み出す消費者心理のメカニズム
    1. 国内200のブランドに対する消費者の認識
    2. 消費者心理のバイアス
      • カテゴリー知識
      • 価格バイアス
      • ヒューリスティクス
      • 意味ネットワーク
      • 反応階層モデルなど
    3. 化粧品のマーケティングを考える上での戦略要素
      • 価格戦略
      • 消費者行動の4分類
      • ブランドづくりの理論
      • ブランド拡張
  4. 現代市場の問題点
    • コモディティー化
    • 情報爆発など
    • ヒットが出しにくい構造的要因
  5. 売上をブレイクさせる2つのマーケティング手法
    1. 商品開発:店頭陳列のみでヒットする
      • インサイト&アウトサイト思考によるカテゴリー・イノベーション
    2. 販売促進:POP1枚、声掛けの一言で見違える売上に!
      • インサイト発見と情報開発によるコマーシャル・イノベーション

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年3月29日〜4月4日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/15 アンメットメディカルニーズの発掘法と戦略構築への活用 オンライン
2024/4/16 化粧品・部外品のGMPと品質監査のポイント オンライン
2024/4/16 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスとその活動の全体体系 オンライン
2024/4/16 化粧品・医薬部外品製造時の微生物制御及び適切な試験・評価技術 オンライン
2024/4/18 革新的な製品を生み出すエンジニアのための製品開発思考法 オンライン
2024/4/18 開発者が主導する「事業につながる開発テーマ」創出法 東京都 会場
2024/4/19 人間中心製品開発のための生理測定方法と評価・実験プロセス オンライン
2024/4/22 Excelで作成可能な医療用医薬品の販売予測のポイント オンライン
2024/4/23 医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法 オンライン
2024/4/24 医薬品・食品・化粧品工場における異物混入の具体的防止対策 東京都 会場・オンライン
2024/4/24 化粧品・部外品のGMPと品質監査のポイント オンライン
2024/4/25 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2024/4/25 潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動 オンライン
2024/4/25 化粧品主要国成分規制と広告規制及び輸出入の留意点 オンライン
2024/4/25 マーケティング基礎概論 (全2回) オンライン
2024/4/25 マーケティング基礎概論 (基本戦略と具体的施策) オンライン
2024/4/26 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 会場・オンライン
2024/4/26 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/4/26 Excelで作成可能な医療用医薬品の販売予測のポイント オンライン
2024/5/7 医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/1/31 不純物の分析法と化学物質の取り扱い
2023/3/31 “使いやすさ”の定量評価と製品設計への落とし込み方
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2014/10/27 化粧品に求められる使用感の共有と感性価値の数値化・定量化
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/8/20 文具大手7社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/20 文具大手7社 技術開発実態分析調査報告書
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/25 化粧品13社 技術開発実態分析調査報告書
2010/3/1 シリコーン製品市場の徹底分析